スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ヘルプとアシスト

2013年08月11日 12:27

会社のとある会議で、部下育成について討議しているときに、こんな話題がありました。

”「ヘルプ」と「アシスト」の違い”


上司がついついしてしまう過ち、「ヘルプ」。

「ヘルプ」をすると、

部下は頼りになる上司だと喜び、

救世主になった気分の自分も気持ちいい。

そして何より手っ取り早く結果が出る。

能力のある上司ほど、この「ヘルプ」をしてしまうのだという。


ところが、この「ヘルプ」ばかりしていると部下は育たない。

困ったら上司が助けてくれる。

そう思っている以上、自分自身の問題解決能力は磨かれない。

そして自分が困ると、上司が助けてくれるのが当たり前と思っているので、何より責任感が身につかない。

”部下のケツ拭きをするのが上司の仕事!”的な発想になり、

「すみません、お客様からクレームを受けました。上司を出せと言ってます。私には手におえませんので、対応よろしくお願いします。」

「ヘルプ」ばかりする、デキる上司の部下は、こんなことを言ってくるのが日常茶飯事だそうです。



少しドキっとしましたね。

私の部下育成は「ヘルプ」になっていないだろうか?


子どもの教育も同じですね。

最近は「ヘルプ」ばかりしている親がほとんどだとか。

自立しない、自立できない子どもが多いのは、親が「ヘルプ」をしているからだそうです。



子育てにしろ、会社での部下育成、組織構築にしろ、

親が、

上司が、

リーダーが、

目指すべきスタンスは、

ヘルプではなく、


「アシスト」


なんですね。

「アシスト」の必要性は分かっちゃいるけど、

いらいらするし、短期的に結果を求めたくなるから、

ついつい「ヘルプ」をしてしまうんですよね。。



今一度、自分自身が「ヘルプ」ばかりして、

”お山の大将”になっていないか?

を振り返る、いい機会になりました。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。