スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リーダーとマネージャーの違い

2012年02月01日 22:17

少し前に、会社で新人管理職の研修がありました。

その研修で、

「理想の上司像というものを書き出してください」

という課題があり、それぞれ受講者が理想の上司像を何点か書き出しました。

そして、その書き出した理想の上司像のうち、

「あなたが最もなりたい上司像はどれですか?」

という質問がありました。


書き出された理想の上司像、

・他部門との調整をうまく図ってくれる人

・常に同じ目線で配下に目配り、気配りができる人

・困ったことがあれば、率先して支援してくれる人

などなどが、受講者の意見の中から書き出されていました。

私はそんな中で、最もなりたい上司像として挙げたものは、

「現状にとらわれず、新たなチャレンジを推進する人」

だと発表しました。

すると、講師(社外講師)の方から、

「保守的なこの会社では珍しいですね。うまくやらないと出る杭になる可能性があります。ちなみにあなたは歴史上の尊敬する人や、好きな経営者はいますか?」

「ソフトブレーンの宋文州さんが好きです。あと、最近では橋下大阪市長も好きです。」

「彼らのどこが好きですか?」

「現状突破力というか、常識とされていることに疑問を持ち、それをブレークスルーするチカラです。」

「なるほど、筋が通ってます。頑張ってください!」

こんなやりとりがありました。



”ブレークスルー(現状突破)”

私が常に身に付けたいと思っている思考、スキルです。

すべてのブレークスルーは、常識を疑うことから始まったと言います。

「常識なんて誰が決めた?」

なんて、若かりし頃は唄の歌詞に共感しながら、世の中の”理由なき当たり前”に反発したものでした。

しかし、大人になると、

それが常識だという理由で、よく理解できないこともやり続けています。

常に常識を疑い、ブレークスルー思考を高めておくことがこれからのリーダーには必要ですね。

橋下市長をはじめ、求心力を有している人には、

このブレークスルーの思考、行動が、多くの人には魅力的に映っているのだと思います。



最後に、このブレークスルーするチカラが、今の時代に求められていると確信した、

今回の研修で一番記憶に残ったことをまとめます。


講師がおもむろに言いました。

「リーダー」と「マネージャー」の違いは何でしょうか?


最初は、パッと言われても、明確にその違いは説明できませんでしたが、

腑に落ちる確かな違いを分かりやすく教えていただきました。



マネージャーとは、電車を定刻通りに走らせる人


リーダーとは、原野に線路をひく人



安定しているときや、右肩上がりの時代は、マネージャーが求められましたが、

有事のときや、変化の時代には、リーダーが必要とされる。


リーダーとはすなわち、ブレークスルーできる人なワケですから、

今の時代に求められるのは、やはり、真のリーダーですね。


まずは、自分の身近なところから、リーダーになっていこう。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。