スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

傲慢さと謙虚さと

2011年12月25日 19:55

先週は年末の忙しい時期にもかかわらず、新任管理職の研修が3日間びっちりあって、久しぶりに勉強してきました。

ま、その分、仕事は山のようにたまっているワケなんですけどね。。

週明けも忙しくなるので、この3連休は前倒しで大そうじやったり、

家族で焼肉ディナーに行ったり、

サンタにもらったおもちゃで子どもと遊んだり、

妻にスマホをプレゼントするために一緒に下見に行ったりと、

しっかり家族サービスしてきました。



明日からは、仕事も年末モードに向けてフェードアウトしていきたいところなんですが、

これがまた最終日までとんでもなく忙しいスケジュールでして・・・

昼も夜も全部埋まってます(泣)


連休中に仕事行って、少しでもさばいておこうかなとも思ったんですが、

今週はしっかり家族サービスすることと、

中学時代からの親友と飲む約束をしてたので、

仕事は切り離して、徹底してプライベートで遊んだ週末でした。


テレビ番組では、今年1年の振り返り的な番組が多く、震災関連の話題が圧倒的に多いのですが、

この週末に親友と、神戸の三宮で飲む店を探しながらウロウロしていると、

入る店入る店どこも予約でいっぱいで、

「神戸もここまで元気になったんだな~」

と感慨深いものを感じてしまいました。


17年前の阪神淡路大震災で壊滅した、神戸の中心、三宮。

私の青春時代はこの街とともにありました。

震災直後の惨劇を見て、この街の復活は想像などできませんでした。

5年後の三宮は、見た目は少し戻りつつありましたが、まだ人や活気は戻っていませんでした。

10年経った頃でも、イマイチ神戸は元気を取り戻していなかったように思います。

もう神戸は、あの賑やかさは戻らないのかとさえ思いました。

夜の賑わいのなさがそれを象徴していました。

職場が大阪なので、なかなか神戸で飲む機会も少なく、

いつからこんなに活気が戻ったのかは定かではありませんが、

最近の三宮は、私が行く日はいつも元気です。

嬉しいです。



私は17年前に、

「想像をはるかに超えることが現実に起こるという、いわゆる想定外というものの経験」

「人と人の絆の大切さ、家族の大切さ」

「自分の身は自分で守る、備えることの大切さ」

を身をもって体験しました。

今、東日本を中心としてそのことが再認識されようとしています。

私は阪神淡路大震災の経験を経て、とても臆病になりました。

自分のチカラの小ささを知りました。

恐らく、3・11の経験を経て、多くの人が臆病になったはずです。

と、同時に謙虚になったのではないでしょうか?

自分のチカラではどうしようもない出来事に遭遇したとき、人はおのずと助けを求めるため謙虚になる。

私もそうでした。

人間は、謙虚さを忘れ、傲慢になったとき、行き詰まりを感じるような気がしています。

私は人生で行き詰るとき、いつも天狗になっていたと感じます。

謙虚さを思い出したとき、また歩みを前に進めていけたような気がします。


人生って面白い。

天狗になって、つまづいて、

謙虚になって、また進む。

この繰り返しで、少しづつ成長していくんでしょうか。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。