スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

著者サイン 練習する?

2011年12月08日 01:06

皆さま、ありがとうございます。

12月7日、無事出版の日を迎えることができました。


朝から多くの方に、お祝いのメールをいただきました。

多くの方が、ブログで宣伝してくださいました。

私はfacebookはやってませんが、多くの方がfacebookで話題にしてくれました。

今日はfacebookフェイスブック経由での、このブログへのアクセスがすごいです。

本当にありがとうございます!



今日は仕事が忙しく、なかなか時間が取れなかったのですが、

昼休みに少しだけ時間をとって、書店に走りました。

紀伊国屋梅田本店で探してみると・・・


ありました、ありました。


住宅のコーナーに5冊平積みされていました。

てっきり1冊だけ本棚に入れられているんだろうと思っていましたが、

平積みしてもらえるなんて、嬉しいな。

「誰か手に取らないかな~」

なんて見ていましたが、待っている時間もなく、

「写メールとりたいな~」

とも思いましたが、”店内での写真撮影お断り”のハリガミを見て、そそくさ仕事に戻りました。


でもやっぱり、自分の書いた本が、書店に並ぶというのは格別な気分でしたね。

嬉しかったです♪


親友からも、ジュンク堂にも平積みされていたとメールが来ました。

仕事中も、出版おめでとうメールがたくさん来ます。

しかし、会社の中ではごくわずかな人しか言ってないので、

何事もなかったように、ひたすら仕事していました。

遅くに仕事から帰りましたが、記事を書いている今は、日付は変わっていて、すでに昨日の出来事になっています。

何人かから、「サインしてくれへんの?」と言われ、

「勘弁してください。。」

と、焦りっぱなしの昨日の私でした。



少しでも多くの方に読んでもらいたいので、

このブログ上でいろいろプロモーションしてきましたが、

本日、出版社である、主婦の友社から下記のようなプレスリリースがされたため、

多くのメディアを通じて、かなり露出も増えてきました。




株式会社主婦の友社は2011年12月7日に書籍『33歳年収600万円のサラリーマンが「芦屋」に家を建てるまで』を発行いたしました。ごく平凡なサラリーマンでありながら、33歳にして関西の一等地に土地を取得し一戸建てを建てた著者。なぜ、そのような決断をしたのか、そこには阪神淡路大震災で実家が全壊するという経験があったからでした。後悔しない人生設計、その実現のために行き着いた答えは「芦屋に家を建てること」。強い信念と行動力で目標に立ち向かう若きサラリーマンがその過程をブログに書き記したドキュメントの待望の書籍化です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阪神淡路大震災で住まいを失った経験から
「リスクに備え、今を楽しむ生活設計」の必要を感じた著者が、
考え抜き、行動したこととは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 阪神淡路大震災で実家の全壊を経験したことで、「家(=生活基盤)」と「リスクに備えた生活設計」の2点が人生においていかに大切かということを考えるようになった著者。結婚と同時に中古の戸建てを購入したことを機に、独学でファイナンシャルプランを学ぶなど、勉強し、考え抜き、行動した記録を丹念に綴っています。
 自己責任時代、不安定な時代に関心が集まっている「ライフプラン」、「マネープラン」とは一体どんなものか、その中心となる住宅購入はどのようなスタンスで臨めば良いのか、家族と幸せに生きていくために不可欠な知恵を著者の経験を通じて知ることができる、人生設計へのヒントがたくさんつまった家づくりストーリー。
 また、不動産購入を考えるときに多くの人が遭遇する、ローンを組んで住宅を購入する際に「いつ売っても、災害に遭っても借金だけは残らない」ようにするための7つの確認ステップや、不動産業者や建築事業主の見極め方、固定金利を選ぶのか変動金利かなど、実用的な考え方も豊富です。


===================================

【著者プロフィール】
東川立来(ひがしかわ・りく)
阪神淡路大震災で一度家を失う。26歳結婚と同時に神戸に中古住宅を購入し、33歳で芦屋に一戸建てを建てる。その経緯を綴ったブログ「33歳年収600万円のサラリーマンが芦屋に家を建てるまで」が人気・話題となり、「家づくり奮闘記コンテスト」2007年奨励賞を受賞。家づくりの途中で、独学でファイナンシャルプランナー資格を習得。


【書籍概要】
タイトル/33歳年収600万円のサラリーマンが「芦屋」に家を建てるまで
著者/東川立来
定価/1260円(税込み)
発売日/2011年12月7日(水)
体裁/並製本 あじろ綴じ 四六判 288ページ
ISBNコード/978-4-07-280212-0





そこそこの大きさの書店に並んでいます。

もちろん、amazonをはじめとした、あらゆるネット書店でも購入できます。

一度書店で手に取って、立ち読みしてみてください。

このブログと違った面白さが発見できると思います。



主婦の友社ホームページでの紹介

33歳年収600万円のサラリーマンが「芦屋」に家を建てるまで




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. kb | URL | -

    Re: 著者サイン 練習する?

    早速読んでます。
    書店に並んでた時は鳥肌立ちました。
    なんか本になるとまた一味違う文章に見えますが
    結局のところまんま出版出来るブログでしたね。。。

    こうなることを考えてたんかいなぁと思った次第です。

    それでは日本で最初に読破します!!!

  2. リックルハング | URL | -

    kbさんへ

    書店で誰か手に取らないかジロジロ見てしまいます・・・
    見てるときは誰も手にしないので、落ち込んで帰りました(笑)

    アタマのどっかで、書籍化はずっと考えてました。
    っていうか、もともと本を書きたくて、その代わりにブログを書いたという方が正解かも^^

    今日も書店の状況報告ありがとね。

  3. hihi156 | URL | -

    勉強なりました。

    たまたまツタヤでみかけて買いました。73生まれのものです。楽しみながら読めてまたとても勉強になりました。今後参考にしたいと思います。ありがとうございました。

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. リックルハング | URL | -

    hihi156さんへ

    ありがとうございます。
    本の読者から、このブログにコメントくださった方は初めてです。
    本屋さんで手にしたキッカケは何だったのか知りたいです(^^

  6. hihi156 | URL | -

    こんにちは!

    お返事ありがとうございます。友人が芦屋で家を探したいと言ってたこともありますが、私にとってもあこがれの地でどんなことを考えて購入にいたったのか興味を持ちました。私事ですが、4年ほど前に私の自宅不在が多いため妻の実家近くに建て売りを購入しました。妻の両親にはよく子供の面倒も見ていただいたり、妻も安心して過ごせているという面では満足していますが家としては住んでみてやはり気に入らないところがでてきています。
    今後自分で設計デザインなど選んだ家を建ててみたい夢もあり家を建てることの詳細を知ってみたいと思いました。

  7. リックルハング | URL | -

    hihi156さんへ

    家づくりが好きでしたら、設計から関与できる注文住宅の醍醐味は計り知れないと思います。
    興味を持っていただいてありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。