スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

出版プロジェクトはこうして始まった

2011年11月20日 10:18

今年の春、4月1日に、1通のメールがこのブログの問い合わせフォームを経由して届きました。


***********************************************

リックルハング様

はじめまして。

私、東京の出版社で出版編集の仕事をしております○○と申します。

リックルハングさんのブログ”33歳年収600万円のサラリーマンが「芦屋」に家を建てるまで”

を大変楽しく、興味深く拝読をさせていただきました。

そこで突然ですが、このブログの書籍化について御相談をさせていただきたいと願っております。

つきましては、一度、以下のアドレスに御連絡をいただけませんでしょうか。

ぜひ、よろしくお願い申し上げます。

************************************************


実は私は以前にも、この類のメールを頂いたことがありました。

この手のメールで一番を気をつけたいのが、自費出版の勧誘です。

以前に届いたメールは、最初は自費出版であることは一切触れておりませんでしたが、

単刀直入に質問してみると、結局は「自費出版しないか?」という勧誘メールでした。


今回いただいたメールも、届いた日がエイプリールフールということもあって、しょっぱなから懐疑的な私。

「自費出版の勧誘ですか?」

「出版するのにお金を出すつもりは一切ありません。」

「本当に○○出版社の方かどうか、名刺をPDFで送ってください。」

これがプロジェクトの始まりのやりとりでした(汗)



こんな私の失礼なメールに対して、

「まだ編集者としての私の構想段階であり、企画会議、編集会議、販売会議、役員の決裁という手順を踏まなければならず、刊行が決まっているわけではありませんが、企画そのものを進めてもいいかどうか?というお願いです。」

と、さらりと返信をくださり、名刺が添付されていました。

よく知っている有名な出版社ですし、

「一応、信用できそうだな。」

と、胸をなでおろしながらも、念には念を入れて、出版社の事務所に電話を入れてみました。

メールをくださった方を呼び出すと、

「○○はただ今、外出中です。」

とのこと。

その出版社に実際に在籍する人物であることが分かりました。

「ふむ、どうやらホンモノのようだな。」

私の疑い深く、用心深い性格に、自分自身でちょっと呆れながらも、

出版のオファーをいただいたという事実に、正直喜びを隠せませんでした。


しかし、まだまだ編集者個人の構想段階であり、

企画出版なんてそんな夢みたいなことが、簡単に実現するなんて、過剰な期待はしないと心に決めていました。

というのも、以前に活動していた勉強会で、NHKから取材のオファーをもらったことがありましたが、

それも同じように番組担当者が構想段階で接触を図ってきたのですが、企画は通らず、結局ボツ。

気分が舞い上がっていただけに、落胆したことをアタマの片隅に覚えていましたからね。。



こんな懐疑の念と、

夢みたいな話を現実視できない、けどなんだか自分の発したメッセ-ジがどこかに通じたような喜び。

そんな気分が入り混じった出版プロジェクトのスタートでした。



でもなぜか、今回いただいたオファーはうまく行くような気がしていたのも事実です。

それは、今回スポットライトが当たったのは、家づくりのブログであったから。


会社以外の場で、私という人間に何ができるのか?

そんなことを模索して、いろんなことをやってきましたが、

実力が伴っていないのにやってきたことも多々ありました。

しかし、家づくりに関しては、豊富な経験と確固たる自信、ゆるぎない信念を持っています。

多くの方の相談に乗ってきたのも、お手伝いをさせていただいたのも、やはり家づくり。

家づくりにおける私のコンピタンスは、

「住宅を取得するという決断を支援するというもの」

生活設計(ライフプラン)において、住宅取得が人生に何をもたらすのか?

私は建築を学んだことはありませんし、不動産業界も知りません。

俗に言う、住宅・建築・不動産・金融のプロではありません。

しかし、私が本気で取り組んできた家づくりの経験は、実際に住宅購入を考える人の役に立てる。

心の中に、そういう自信を持っていたことが、

今回いただいた出版オファーの、明るい未来を予感していた原因なのかも知れません。




33歳年収600万円のサラリーマンが「芦屋」に家を建てるまで

このブログが本になります!

12月に全国の書店で発売されます!!

詳細は続々とお知らせいたします。

お楽しみに



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. クーハー | URL | -

    Re: 出版プロジェクトはこうして始まった

    おめでとうございます。
    ブログが形になるってすごい!!

  2. taka | URL | -

    Re: 出版プロジェクトはこうして始まった

    はじめまして、takaと申します。
    この度の書籍出版、おめでとうございます。
    close前に、家ブログを拝見させて頂きましたが、
    非常に私自身の経験と酷似しており驚きました。
    私は、34歳・・・で建てましたが、ここだけを変更すると、
    自分の体験記かと錯覚するほどです。(笑)
    ご近所さんの、活躍は自身への励みにもなりますので、
    今後とも頑張ってくださいね。


  3. 仙台っ子FP:ライフプランクリエーター | URL | Fq.t1ZMk

    Re: 出版プロジェクトはこうして始まった

    リックルさん、おめでとうございます!
    ついに作家デビューですか、凄いですね。

    そういえば、ブログから感じる書くパワーを知ったのは
    リックルさんが初めてでしたよ。

    次はマンガ化、そして最終的には映画化ですね。
    ますますのご活躍を応援しております♪

  4. リックルハング | URL | -

    クーハーさんへ

    何でも、一生懸命やってきたことがカタチになるって嬉しいですね。
    クーハーさんもお店がカタチになって、素晴らしいと思います。
    ありがとうございます^^

  5. リックルハング | URL | -

    takaさんへ

    ありがとうございます!
    書籍では芦屋に住んでからの秘話や、ブログでは記載のない話題も盛り込んでいます。
    その部分もtakaさんの体験と比べてみてくださいね^^
    これまた同じかも知れませんよ~

  6. リックルハング | URL | -

    しょうちゃんへ

    >ブログから感じる書くパワーを知った

    嬉しいです。
    書くことによって、多くの人にパワーを与えられるなんて、嬉しいの一言に尽きます!

    夢はどんどん膨らみますが、今やれることに全力で取り組みます。しょうちゃんを見習って頑張ってますよ♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。