スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

人生の転機

2011年11月11日 23:43

10月末で、お世話になった先輩が異動になりました。

私が営業職に転換したときの師匠で、エンジニアだった私に「営業とは何ぞや」を叩き込み、私をここまで育ててくれた恩師です。

天狗になっていた頃は、この先輩に教えていただいたこと、お世話になったことも忘れて、

「もう、教わることなんかない」

と思った時期もありました。

営業に変わりたての頃、仕事がうまく回らなくて、どんどん追い込まれたときに、

この先輩の前で涙を流したこともありました。

兄貴格のこの先輩にたくさん甘えさせていただきました。

私の人生の転機を支えてくれた大切な先輩です。



人生には大きな転機が何度か訪れると言いますが、

私にとって営業職への転換は、かなり大きな転機になりました。

技術職のままの私だったら、今の私の立場や職務、責任、権限は与えられていなかったかも知れません。

妻もよく言います。

営業になってからのあなたはかなり変わったと。

いい意味なのか、悪い意味なのかは深掘りはしていませんが、自分でも変わったことは認めています。

学生時代から理系の道を歩み、当然のように技術系の会社に入り、

何の疑問もなく、ただひたすらエンジニアとしての腕を磨いて、

ただただ愚直に会社の仕事をこなしていた20代の頃の私。

勉強することと言えば、仕事に直結するスキルばかり。

技術系の資格はいろいろ取りました。

技術系の国家資格を取ることが、エンジニアとしての自分の価値を高める手段であると思っていました。


ところがそんな私も、とある出来事がキッカケになって、まったく知らなかった世界に足を踏み入れるようになりました。

そのキッカケとは、


住宅の取得です。


もともと家には強いこだわりがありました。

その背景に、震災の経験があったことは、このブログを読んでくださっている方はご存知かと思います。

結婚し、家を買って、一家の主としての責任を持って生活して行こうとしたとき、

自分があまりにも世の中のことを知らなさ過ぎることに気づきました。

特にお金のこと。


それに気づいた私は、仕事でも営業職を希望するようになります。

このまま機械やパソコンの画面としか向き合えない人生を送ってはいけない。

そう思うと、営業のことを貪欲に学び始め、

サービスエンジニアをやりながら、大きな受注をどんどんとってくるようになりました。

これが大きな転機を迎えるキッカケとなりました。

当時の支店長が、私の営業の才能を認めてか、はたまた既存の営業マンへの刺激のためか、

技術職からの営業職への転換を命じられます。


本格的に営業になった私は、自分の才能に目覚めるようになります。

エンジニアのときには、自分の強み弱みというものなど考えたこともなかったのですが、

今では、はっきりと自分の強み、弱みを認識しています。

もちろん商談や交渉ごとでは、自分の強みを全面に押し出してパフォーマンスし、

それが成果に繋がって、やはり自分の強みであると自信を深めるいいパターンができ始めました。

営業になっていなかったら、今の仕事での自分以外に、

一人の人間としての自信や誇りを持てていなかったんじゃないか、

と思えるくらい、自分の能力、才能に目覚める転機でした。


そして、自分でもそれまで全く気づかなかったその才能は、更に磨きをかけて、また次の転機を迎えようとしています。

これまでさんざん引っぱってきましたプロジェクトの内容を、皆さまにお知らせできる日が近づいてきました。

ほぼ私のやるべきことは完了し、今は一緒にプロジェクトを進めているパートナーがブラッシュアップしてくれて、

私がそれを確認する段階に来ています。


ここまで来てつくづく思うのが、

多くの人がいいものを作り出したい一心でチームを組むと、自分では想像もしなかったようなものができる。

たくさんのプロ、たくさんの才能が集まってできあがる作品、完成が待ち遠しくてなりません。

家づくりをしているときもそうでした。

リックルハング家新築工事のチームを組んで、私の認めたパートナーとともに一緒に家をつくりました。

その過程が楽しくて、家が完成したあとに、その楽しさを思い出しながら、このブログがスタートしました。


チャンスは準備ができた者にだけやってくる。


私は準備ができていたから、このチャンスが来たのだろうか?

そうだとしたら、今までやってきたことに間違いはなかったということか。

いや、間違いがあったとしても、失敗があったとしても、

それも含めて、これまでやってきたことに無駄なことなどひとつもなかったってことだと思う。

人生で起こる出来事にはすべてに意味があると言うけれど、

本当にそうかも知れないと思う今日このごろです。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。