スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

優雅な街のゆったりとした時間

2011年09月24日 00:13

先日、基準地価の発表がありました。

全国的に地価の下落が目立ち、住宅地で3年連続、商業地では4年連続の下落となっています。

しかし、いずれも下落幅は縮小傾向で、関西で人気の「阪神間」や神戸の東灘区などの人気住宅地は、上昇に転じる地点が多かったようです。

全国では上昇地点が88地点ありましたが、そのうち38地点が兵庫県内と、その人気の高さ、土地取引の活発さが伺えます。

週末の新聞折り込みチラシの中で、マンション・不動産のチラシの数はハンパではありません。

今日も20枚ちかく入ってましたね。

爽やかな秋晴れの中、ご近所の閑静な街並みを散歩していると、ゆったりとした気分になれます。

この地域が人気があるのもよく分かります。


基準地価上昇地域の中でも、芦屋市は市区町別上昇率で全国1位になりました。

新聞記事によると、どうやら東日本大震災のあと、富裕層の中には、度重なる余震や原発事故の影響が心配される東日本を離れ、

関西に住まいを求める動きがあるようで、高級住宅街で知られる芦屋への関東在住者からの問い合わせが3倍に増えているそうです。

阪神大震災のあとは、兵庫県から多くの人が離れて行きましたが、今はその逆の状態になっているようですね。



この3連休は某プロジェクトの仕事がありますが、それ以外はゆったりとさせてもらって、

いよいよ来週は期末の大詰めを迎える激務の一週間に向けて、しっかりと英気を養っておきたいと思います。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。