スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

シンプル イズ ベスト

2010年09月09日 12:36

ありがたいことに、いろんな人から食事や飲み会のお誘いをいただきながら、体力・財力ともついていくのが必死な近頃の私。

10月の人事異動がボチボチ見えはじめて、送別会などもどんどん入ってきます。

日中は上期末ということもありますし、とにかく落ち着きませんね。。

人付き合いも、会社関係や取引先の人に偏っていますので、

自分自身の視野というか、世界観が狭くなってきてやしないか心配です。


仕事自体は至って順調で、大幅に低迷していた営業所の業績も、今月には何とかカッコのつくところまでもっていけそうです。

数字が上がれば上がるほど忙しくなるこの現実に、ラットレース突入の気配も感じますが、

この会社で私に与えられたミッションは、営業所の業績達成ですから、

今はそれに向かって、全力を注ぐのみです。


先日、祖母の法事がありましたが、そのときにお経をあげてくださった住職さんがこんな説教をされていました。


1分前(過去)を悔やんでも仕方がない

1分先(未来)を憂いても仕方がない

”今”をしっかりと地に足をつけて歩めばよい



私は性格として、過去はあまり悔やみませんが、「未来を憂う」傾向があります。

仕事においても、人生においてもそうでした。

先のことをかなり心配して、シミュレーションして、入念に準備するタイプ。

もちろんそれは私の武器でもありながらも、弱点であると自覚しています。

今の会社でのキャリアの積み方については、ずっと以前からこの「憂い」に悩まされてきました。


仕事で手を抜くとか、悪い業績に甘んじることのできる性格ではないので、自分自身のためにも仕事は全力でやりたい。

でも、業績を上げすぎたり、リーダーシップをとりすぎたりすると、昇進してしまう。


昇進してしまう?


普通のサラリーマンだったら、誰もが耳を疑う発言かも知れませんが、

いろいろあって昇進を躊躇するこの憂いが、ここ数年の私の行動を起こさせた原因であることは間違いありません。

今年に入ってからは未来ではなく、「今」に焦点を絞って、毎日を過ごしていますが、

先日の住職の説教を聞いて、あらためて

「今を地に足をつけてしっかりと生きていく」

ことに思いを深めました。


今やるべきことやって、それで昇進なんて話が来たら、そのときは、「そのときの自分」がベストの判断をくだせばいい。

未来を憂いて、今の行動に制限をかけるなんて明らかにおかしな話ですもんね。

明日のことは明日にならないとわからない。

人の考えなどころころ変わるもんですし、明日の自分は、昨日の自分と考え方が違うかも知れない。

今日の自分がベストを尽くだけ。


シンプルでいい(^^



週末は久しぶりに琵琶湖に浮かんで、思いっきり釣りを楽しむぞ!



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。