スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

普通という幸せに気づくとき

2010年03月22日 00:34

3歳の息子が入院しています。。

もともと喘息持ちでしたが、3連休初日の朝に発作が出てしまいました。

いつもの小児科に連れて行くと、血中酸素濃度がかなり低く、よくない状態とのこと。

すぐに市民病院へ行くよう指示され、紹介状を書いてもらいました。

あわてて車を飛ばして、神戸市民病院の救急へ。

点滴を受けても、酸素濃度の値が戻らず、そのまますぐに入院となりました。



上の娘も喘息を持ってて、今のような季節の変わり目は咳がひどいです。

娘も一度、これで救急車を経験しています。

息子も娘も、小さなカラダでゼイゼイ呼吸しており、苦しそうな顔を見るのがとてもツライです。



妻は息子に付き添っているため、私は娘と愛犬の世話&家事です。

愛犬の散歩を連れて行って、

イージーな料理つくって、

洗いものして、

洗濯機まわして、

干して、

たたんで、

掃除して、

買出しして、

病院へ持っていく荷物まとめて、

ゴミだしして、

子どものハミガキして、

風呂いれて、

布団ひいて、

子どもを寝かしつけて・・・


ほんと家事って、

とにかく、いくらでもやることありますね。

あらためて、妻の日常に感謝です。




ここんところ私の身の回りの「普通」が崩れ、

これまでの「普通」に感謝する機会が多いです。


一時は自分で崩しかけた、当たり前のように働ける会社と、ちゃんと給料がもらえるという環境。

妻が家のことはしっかりやってくれて、私は家ではほとんど動くことがないという環境。

子どもたちが元気で走り回り、はじける笑顔ですべての人を幸せにするという環境。


この3連休は、初日家族と遊んで、

真ん中の日は釣りに行って、

最終日はダラダラ家でくつろぐという、ごく当たり前で普通なはずの休日でしたが、

これまで気づかなかった多くの「感謝」に強制的に出会うこととなった連休になりました。


失って初めて気づく、「当たり前」や「普通」に対する感謝。

震災の避難生活のときもそうでしたね。

今の私に来るべくして、こうした機会が訪れました。

家事の大変さを改めて実感。

「できるだけ自分でできることはやるようにしよう。。」

いつもしっかり家庭を守ってくれている妻に感謝します。


あと子どもの病気は、何事にもまして心が痛みます。

子どもが苦しむ姿を見るのは、この世の地獄です。

いつもまとわりついてきたり、いらんことばっかりする子どもたちだけど、

健康で笑顔でいてくれることが、どんなに素晴らしいことか、

そんな思いを改めて噛み締めました。




このブログを書きながらも、娘が咳き込んでいます。

寝苦しそうで、とてもかわいそう。。

妻が家に居ないので、情緒不安定ですぐに涙を浮かべます。

私がいくらやさしくして、好きなものを買ってあげても、

母親のかわりはできないんですね。。

こうした経験を経て、娘も少しずつ成長してくれるような気もしています。


病院の息子はどんな夜を過ごしているんだろう?

ほとんど眠れない夜が続く妻の体調も心配です。


早く元の幸せな「普通の日々」が戻ることを祈ります。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. Yuki | URL | -

    Re: 普通という幸せに気づくとき

    リックルさん、息子さんがよくなるように祈ってますね。
    大変ですね。
    私も昨晩、テレビで小児ガンの子や、生まれながらの障害を持つ子のドキュメンタリーを見て、普通の幸せのをありがたいと噛み締めているところでした。
    子どもの病気が一番つらいですね。
    お姉ちゃんのフォローもお願いしますね。
    家事は大変です!
    いろいろ手伝ってあげてくださいね^^

  2. SON | URL | -

    Re: 普通という幸せに気づくとき

    こんにちは

    心配な時ですね。
    そんな時こそ、お父さんはどっしり構えてください。

    それがお父さんの役割だと僕は思います。

    全てが良い方向に向かいますように!!

  3. マキロン | URL | -

    Re: 普通という幸せに気づくとき

    お子様心配ですね、早く元気になるようお祈りしてます。親が不安になると子供も不安になるので、大変でしょうが笑顔を忘れないよう・・・

  4. リックルハング | URL | -

    Yukiさんへ

    子どもが苦しんでいる姿を見るのは、ほんと耐え難いものがありますね。
    どんな親も「変わってあげられるものなら・・・」という気持ちが、よく分かりました。
    幸せボケしていたボクに、いろんな教訓がふってきます。
    でも、今回のことで家族の絆が一層強くなると感じています。
    Yukiさん、ありがとう!

  5. リックルハング | URL | -

    SONさんへ

    SONさん、ありがとう。
    子どもは快方に向かっています。
    病院にはたくさん入院している子どもたちがいて、付き添う家族がいて、みんな疲れていました。
    今さらながら、健康である日常に感謝しないといけないなと思いました。

  6. リックルハング | URL | -

    マキロンさんへ

    おっと、そうでした!
    笑顔を忘れてました。
    マキロンさん、ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。