スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

モチベーションはコントロールするな

2010年03月09日 07:19

先日NHKで、長周期地震についての番組がありました。

「長周期地震」というのは、通常よりも揺れの周期の長い地震のことで、

つまり、ゆーっくり、長く揺れる地震です。

この揺れ方だと、普通の住宅のような低い建物は壊れませんが、

高層ビルのような背の高い建物はこの振れに共振して、普通の地震よりも大きく揺れてしまい、被害が拡大するというものです。



話しは変わって、「三角波」ってご存知でしょうか?

今度は海の波の話で、

様々な方向から風が吹いたり、

低気圧で発生したうねりとか、

その地域独特の海水の流れによって、

多方向から波が押し寄せ、重なり合うことで、あるタイミングで波が異常に高くなる現象を言います。

海洋事故など、船舶に重大な被害をもたらすことが多いようです。




ネガティヴな話題から入りましたが、

最近の私は比較的、ゆーっくりした周期の日々を送っています。

昨年は早い周期の生活をしていましたから、自分の中では普通のペースに戻っただけと思っていますけども、

今は昨年できなかったことをゆっくり時間をとって楽しんでいます。

そうしたことができる幸せを感じながらも、

ま、ちょっと遊び呆けているということなんですけどね(笑)



人生の波の中で、

周期が長いときと、短いとき、

また、波が高いとき、低いとき、

いろいろあると思います。

ずっと、早い周期で高い波を維持できれば最高だと思いますけど、早死にする気もします・・・

誰しもモチベーションの波があって、それをなるべく安定させるようにコントロールしていると思います。

私もずっとそうしてきました。

ローテンションのときにも、無理矢理自分を追い込んでテンションを上げてきました。

それはそれで、それなりの成果を上げてきたと思いますが、

私はこうしたモチベーションの波って、無理矢理コントロールする必要ないんじゃないかなーって、最近思うようになってきました。

先に触れました話でもありましたが、

たとえ波がゆっくりとしたものであったとしても、

また低い波であったとしても、

出会うものによっては、大きな衝撃を与えることができます。
(これはいい意味で)

さらには、相性の合う他の波とぶつかることで、その波は想像もできないくらいに増幅されて、大きな波に化けることもあります。
(もちろんこれもいい意味で)


つまり、自分のモチベーションの波はコントロールしなくても、

日々起こる出来事によって、

また出会う人によって、

その波が活かされるときがあるのではないでしょうか?

そんな気がしています。

ただし、勘違いしてはいけないのは、起こる出来事や出会う人を”待つ”という、受動的な発想ではなくて、

今の自分のモチベーションが活きるステージはどこか?

自分の波と共振する相手は誰か?

こうしたことを能動的に見つける努力はする必要がありますね。

そうしないと、自分をコントロールできないタダのだらしないヤツになっちゃいますので(汗)



波があるタイミングで、とても高くなる現象を「コヒーレント」というそうです。

セルフコントロールも大事ですが、コヒーレントを意識するって、とても重要だと思います。

ビジネスの世界では、まさにコヒーレントの発掘が成功のカギのような気もします。

もちろん、ビジネスだけじゃないですけどね。


コヒーレントを意識して、

マイペースながらも、大きな成果、充実感を得られる人生を歩みたいですね。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。