スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

相手目線 VS 自分軸

2010年03月03日 00:00

最近よく思うことがあります。

私は昔から人の顔色を伺うことが多い生き方をしてきました。

よく言えば、空気を読みまくるということなんですが、

常に、


相手が何を考えているか?

相手がどう思っているか?


を考えていたような気がします。

そのため、まわりの人からも、「気つかいすぎ」と言われることが多いです。


こればっかりは性格だなーと思いますが、この性格を活かして仕事では営業をやっています。

いつも、


お客さんが何を考えているか?

何をしたら喜ばれるか?

私に何を期待しているのか?


こんなことばかり考えています。

これは営業という職種だけじゃなくて、お客様目線という意味ではビジネスの基本中の基本。

おかげで、営業成績はいい結果を残し続けていますし、

顧客の私に対する評判も悪くはないと自負しております。



しかし、他人の目線に自分を合わせ続けることは、時に「自分軸」を見失うことにも繋がります。

名前は忘れてしまいましたが、何かの本で読んだことがあります。


「優秀なサラリーマンは、”自分が何をやりたいか”という問いに答えることができない」


上司、部下、他部門、取引先、いろんな人間関係の軋轢の中で、

組織がうまく回るためには、時には自分を殺しながらうまくやっていくことが要求される世界。

その中でうまく舟を漕いでいける人、つまり優秀なサラリーマンは、常に相手目線で生きてきた人なので、”自分”を見出すことができにくいのかも知れませんね。

自分がそうですから、とてもよく分かります。



先日、学生時代からの親友2人とランチしてるとき、恐ろしいほどの自分軸を持った友人の一人が、

「誰かに何かを言われるから、こうしている。」という発想が理解できないと話していました。

つまり自分の行動や選択の基準が、「他人」とか「誰か」の目線で判断するなんてナンセンスだというものです。

自分の行動は、「自分がどうしたいか?」という判断基準で選ぶべきだと彼は言いました。


私も自分の好きな言葉に、


他人と比べて劣っていることは何ら恥ずべきことではない。

しかし、昨年の自分と比べて成長がないことは、最も恥ずべきことである。



という、D・カーネギー氏の言葉があります。

評価の基準は他人ではなく、自分自身。

敵は他の誰でもない、自分自身。

これは本当に大切なことだと思います。









が、しかし、


今の時代、ビジネスの世界においては、

よく成功本に書かれている、「自分のやりたいことをやれ」では成功できないと言います。

自分がや・り・た・い・こ・と・ではなくて、

「お客様が望・む・こ・と」をする。

これがビジネスにおける成功の定石。

それが、結果的に「自分のやりたいこと」に繋がると、大成功間違いなしなんですが。


いずれにしても、「お客様が望むこと」を考えるっていうのは、つまり相手目線なんですよね。。

自分軸と相手目線・・・


うーん、どっちが大事なんだろう・・・?

















なーんてことは考えるつもりは毛頭ありません^^;



お客様目線、つまり相手の立場で物事を考えられるから、私は営業として成果が出せているワケで、

それは私の武器なんですよね。

私の友人はブレない自分軸を備えているが、私のような営業はできないワケで。

私は私の良いところがあり、それを世の中で発揮し、社会に貢献している。

友人は友人でその確固たる信念があるから、全国各地を飛び回り、多くの職人を使って、大きな工事をやり遂げる。

もう一人の友人も、持ち前のサービス精神と、高いスキルで、朝から晩までクライアントから引っ張りだこになる。

誰でもない私は私。

友人は友人。

お互いのいいところを認め合って、その良さを知るから、人間って助け合うことができる。

そしてもっと素晴らしいことは、心底互いを認め合うことで、それぞれがもっと伸びる。

互いを磨きあうライバルでもあるから、彼らとは20年以上も付き合ってるんですね。



友人って、ただの仲良しこよしじゃ長続きしない。

互いが切磋琢磨して、いい意味でのライバルであるような関係、

つまり認め合う関係だからこそ、人生を通じての友情を築くことができるんだと、

親友と人生を語るたびに、そう思います。





これって、夫婦関係もいっしょだよね(笑)





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。