スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

目標の達人

2010年02月13日 21:36

営業マンの私にとって、期末の追い込みの時期に入ってきましたが、この時期は来期の体制や方針を決める重要な時期でもあります。

今期のラストスパートはとても重要ですが、

来期の方針や、その先の構想を考えるのはもっと大事で、私自身が最もチカラの入る仕事です。

先日は経営陣に混じってファミトレがやりましたが、週明けには自分のチームでファミトレをやります。


私の会社では、日々の仕事に追われて、

今の自分の立ち位置やら、

仕事の意義、

将来の自分と今の仕事との関係、

今できること、やるべきこと、

なんてことを、考えるヒマがない人がほとんどです。

「緊急」で「重要なこと」に一日の時間の大半が割かれて、

「緊急でない」「重要なこと」を意識して取り組んでいる人は少ない。

その結果、夢や目標のない、その日暮らしみたいな生活になってしまう。

これじゃあ、毎日が楽しくないワケで。。

これはもちろん、私の勤めている会社だけのことではないですね。




私はこのブログでよく、「夢」とか「目標」とか、「ビジョン」とか「ゴール」とかを述べてきました。

それぞれの言葉の意味は深く考えることもなく、

なんていうか「将来の希望」みたいな位置づけで、

夢、目標、ビジョンなどをごちゃまぜにして語ってきました。

結果として、いつも「漠然」とした感覚を拭い去ることはできませんでした。


「夢」

「ビジョン」

「目的」

「ゴール」

「目標」

この言葉の意味と、それぞれの違いをはっきりと答えられる人はどれだけいるでしょうか?

これらの違いを分かろうとする人もいないと思います。

私はその両方で、意味も分かっていませんでしたし、分かろうともしていませんでした。

全部ごっちゃまぜ(汗)


お世話になってる経営コンサルの先生に奨められた本を読んで、このことを学びました。

すーっと腑に落ちました。

「夢」、「ビジョン」「目的」、「ゴール」、「目標」

これらは全く意味が違いますし、使い方も違います。

それが分かると、義務感がなくなります。


自分に厳しくして、「やらなきゃ」っていう目標を掲げすぎると、

夢を追って輝いているはずの自分が、

なんだか目標に追われて義務感に変わり、

自分で立てた目標に追い込まれるという、なんとも本末転倒な状況になってしまう。



会社では売上目標が必ずあります。

私は営業をしていますから、必ずつきまとうものです。

目標という言葉にするとキレイに聞こえますが、俗に言うノルマとか言うやつで、これに押しつぶされる人は少なくありません。

先ほど言った、「目標に追い込まれる」という状態です。

夢や目標を追うことは、楽しいことだし、充実感を得られるはずなのに、それに追い込まれるなんて悲しいですね。


私は「芦屋に家を建てる」という夢を追いかけていたときは、最高に充実感を得ていました。
(厳密には、たまたま見つけた土地が芦屋だっただけですが・・・^^)

家づくりの過程で、追い込まれたり、悲壮感を感じることはありませんでした。

地震やあらゆる災害に負けない安全で安心な家をつくるという「目的」が根本にあって、

カギが引き渡され、引越し日の最高の充実感をありありと想像していました。(=ビジョン)

家の完成イメージ(=ゴール)は常にアタマに描いていましたし、

そのゴールに向けて、頭金を貯めたり、物件を探したり、間取りを考えたりと、細分化した「目標」を、期限を決めて進めてきました。

すべては、「目的」が明確になっていたので、「目標」に追い込まれることはありませんでした。

その頃は、目的とか目標とか全然意識してませんでしたけど、

今思えば、自然にそれができていました。

だから充実していたんですね。


家づくりだけじゃなくて、これまでの自分の人生の中で、

「うまくいった」

「最高に楽しかった」

「充実していた」

と思えることは、すべて「目的」が明確になっていたように思います。

目的のない目標は追い込まれるだけで楽しくない。

だから、目標が未達に終わり、結果としてゴールにたどりつけないんですね。




今私は、「夢」「ビジョン」「目的」「ゴール」「目標」の意味と、違いを知りました。

まず直面している来期の自分のチームの活動方針を決めるファミトレで、その効果を試してみます。

単なる数字目標だけじゃなく、自分自身の「夢」や「目的」と、重なりを見出せる目標設定ができれば、

ノルマに追われることなく、

義務感で仕事をすることもなく、

高いモチベーションで仕事を楽しめることができるはずです。



この本を読んでから、まわりの人に「夢」とか「目標」とかの意味をベラベラしゃべっていると、

「変な宗教にハマったか?」

と言われてしまう今日この頃・・・(汗)



目標を立てても、義務感(ノルマ)のように感じて、その過程を楽しめない。

目標がなんだかブレてしまって、いつも「何か違う」と感じている。

こんな目標でいいんだろうか?と、自分で決めた目標に自信が持てない。

結果的に何も達成できない。

私もそうでしたが、こういった人には、超オススメできる本です。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. プラスハートのけこぴ | URL | -

    Re: 目標の達人

    わわわわわ、おもしろそう~!
    最近日々の仕事に追われることが多くて、
    なかなか自分自身を振り返られなくって・・・。

    今の私にかなりストライクな本のようです。

  2. 忠告 | URL | -

    Re: 目標の達人

    そんなに気にいったの? 笑

  3. リックルハング | URL | -

    けこさんへ

    コレ、面白いっす!
    &読みやすい^^
    一気に読めます。
    ボクには思いっきりストライクでした。

  4. リックルハング | URL | -

    忠告さんへ

    ハイ、気に入りました(笑)
    でも、実践するのめちゃ難しいです(汗)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。