スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

何度でも経験したい、家づくりのワクワク感

2010年01月29日 11:28

第二の人生を家庭菜園しながらのんびり暮らしたい、という両親が、故郷に家を建てています。

契約までいろいろお手伝いしてきましたが、その後の工事も順調で、今頃は最後の追い込みにかかっていると思われます。


滋賀県なので、なかなか見に行くことはできませんが、年末に見に行ってきたときに工事中の家を見て、

「あ~、やっぱりいいなぁ」

とため息が出ました。

自分が家を建てているときの、あのワクワク感。

芦屋に家を建てるときは、都会の小さな家ですし、防火や地域制限の関係で実現できなかった様々な制約が、ここではほぼ実現できます。

まさに、のんびり暮らす家。

完成が待ち遠しいです。



もともと私の家好きは、親父の血です。

若い頃から家を建てて、何度もリフォームを重ね、

震災で全壊したあとも、また建て直し、

今度は生まれ故郷に家を建てる。

今の芦屋の家は大好きですが、私もまだあと一回くらいは家を建てたいな~^^


両親の神戸の家はすんなり売れました。

こっちも微力ながらお手伝いしましたが、

だいたい想定していた価格でしたので、両親も売却についても満足しています。

売却せずに賃貸の構想もありましたが、やはり両親は確実に清算したいとの思いが強く、賃貸構想には興味を示しませんでしたね。

これは人それぞれです。



完成まであと1ケ月程度。

棟梁さん、職人さん、

毎日寒い日が続きますが、完成までラストスパートよろしくお願いします。

上棟の様子(12月)

最近の様子




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。