スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

消えることのない記憶

2010年01月17日 22:15

15年目の震災の日。

節目の年の今年は、なんらかの追悼イベントに参加しようと思っていましたが、

家族みんなで、復興住宅が建ち並ぶ「HAT神戸」という場所で行われた、追悼式典に参加してきました。

被災地を歩くメモリアルウォークのゴール地点にもなっていましたので、多くの方が集まっていました。

すでに風化しつつある震災の話題ですが、

多くの方があの日を忘れないようになんらかのアクションを興していたり、

テレビの取材が多くきていたり、

ヘリコプターが一日中飛び回っていたりと、

神戸にとって、特別な日であることを再認識しました。



小学校一年の娘は地震のことを学校で教えてもらったり、震災給食を食べたり、テレビで震災のドラマを見たりと、

”地震”というものを意識するようになったこともあり、

震災を子どもの世代に語り継ぐ意味でも、何らかのイベントに参加しようと思いました。

なんだか戦争の話をよくしてくれたおじいちゃんのことを思い出して、

自分が伝える立場になったんだなぁと、複雑な気分にもなりましたね。。



HAT神戸の追悼式典が行われる会場の隣に、

「人と防災未来センター」という施設があるのですが、今日は無料開放(笑)ということもあって、初めて見学しました。

どういう施設なのかよく知らないまま入場したんですが、

いきなり案内された部屋で、ビックリというか、ショッキングな映像を見ました。

部屋全体がシアターになっていて、真っ暗闇の中で地震発生の瞬間が、これでもか、これでもかというくらい、大音量の轟音とともに流されるんです。

その轟音は、まさに「あのとき」を思い出しました。

演出だと分かっていながら、正直、恐かったです。

子どもたちも恐さのせいで妻に抱きつき、ほとんど映像を見ていません。

これがその映像のダイジェスト版です。

興味があればどうぞ↓(注意:音が出ます)

(1.17シアター)



シアターを出た後は、壊れた街を再現したジオラマの中を歩いていきます。

「あ~、こんなんやったな・・・」

私と妻は、言葉少なにそのリアルな街並みに釘付けになっていました。


そのあと震災のドキュメンタリーを見たんですが、これがまた生々しくて・・・

私は目頭が熱くなることを感じながら必死でこらえていましたが、妻は抑えることができませんでした。



他にもいろんな展示があって、お客さんもたくさんいましたが、私たち家族は言葉少なく、足早にそこを立ち去りました。

ちょっと刺激が強過ぎましたね。。

妻も、

「ここは遠くから来た人が見るところだね。地元の人にはちょっとツラいね。」

私もそうだと思いました。

特に震災で親しい人を亡くした方は、ちょっとまともには見れないと思います。

15年経っても、やっぱりダメですね。

これからも消えることのない記憶と、一生付き合っていくことになりそうです。



「人と防災未来センター」を出て、きれいに晴れ渡った空を見上げました。

そして、私の大好きな六甲の山並みを眺めながら、改めて思いました。

「この平和な日常がとんでもなく幸せだ・・・」

そして、妻と子どもとともに、当たり前のようにキレいに舗装された道を歩いて、家路につきました。



1年に1回、こうして、”当たり前の日常”に感謝できる機会を噛み締めて、

奢らず、昂らず、地に足をつけて、歩んでいきたいと思います。




やっぱり震災の日は、すごいアクセスを頂きました。

多くの方に紹介頂きまして、ありがとうございます。

私の震災手記です。

私だけは大丈夫、そう思ってました



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. tomo+ | URL | -

    Re: 消えることのない記憶

    リックルハングさま。
    はじめまして。どこからか忘れましたが「震災手記」の方のブログを読ませていただき、こちらにたどり着きました。どこにコメントをさせていただこうかと迷いましたが、ここが一番かなと。
    私も被災者の一人で、2つ下の弟を震災で亡くしました。私の拙いブログには1度だけ記事にしています。
    今も神戸に住んで子供も小6小4二人に恵まれ家族4人で暮らしています。毎年震災の日あたりには一日参観があり、震災授業があります。観に行けるときは行くようにしています。
    私はまだ「人と防災未来センター」には行けていません。車で5分もあればすぐなんですが。いつかは子供達を連れて行ってみたいとは思っているのですが、まだその勇気がないんですね。15年経っても・・・
    上の子が嵐の櫻井君のファンで彼が主演の震災ドラマを家族で観ました。当時の写真や映像はかなりつらいものがありましたが、忘れたらあかんと必死の思いで観てました。
    何を書きたいのかわかりませんが、私もリックルハングさんご家族のように家族で防災センターに行ける日がいつか来るといいと思っています。私の気持ち次第なんですけどね。
    でも、いろんなことがあっても今この世に生きていられることだけでも感謝だと本当に思います。
    私もリックルハングさんのように震災当時のことは今でも鮮明に覚えています。書こうと思えば書けるのかもしれませんが、その勇気はないです。なので手記にされたことは素晴らしいと思います。私もどんな形であっても伝えていくことは大事だなと思っているのでどんな形でも機会があれば伝えていけたらと思います。少なくとも我が子には必ず・・・
    初めてなのに長々とすみませんでした。

  2. リックルハング | URL | -

    tomo+さんへ

    ご家族亡くされた方には、ボクは何も言えません。
    震災のことをブログに書くときに、そのことばかり気にしていました。
    ボクは家族が全員生きていたから書けた。
    ただそれだけです。

    ボクでさえ、心のキズが消えないのに、tomo+さんはなおのことですよね。
    六甲山と神戸港と、美しい神戸の街に、ゆっくりと震災のキズを癒してもらっています。
    軽々しくは言えませんが、お子さんにはぜひ伝えて頂きたいと思います。
    コメントありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。