スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

プロの力を最大限に引き出せ!

2009年04月06日 06:27

”家づくりの成功のポイント”

前回の記事で、このネタを引っ張ってきました。


私はこれまで家づくりの機会に何度か触れてきましたが、何度経験を重ねようが所詮は素人です。

私は建築の専門家ではありません。

自分で家は建てられません。

大工さんにつくってもらいます。

図面は設計士に書いてもらいます。

その他にも家づくりにかかわる多くの専門家が、実際に家を建ててくれるのです。

そこを勘違いさえしなければ、家づくりは必ず成功します。


中途半端に知識のある素人が、専門家に口を出す光景ほど、滑稽なものはありません。

きっと専門家は心の中で笑っていますよね。

私は家づくりにかかわるとき、そこに最大限の注意を払いました。

その道のプロに、プロらしい素晴らしい仕事をしてもらう。

そうしたいと思ってもらえるように接する。


つまり、家づくりの成功の秘訣は、

家づくりにかかわるそれぞれの専門家の能力を、フルに発揮させること

に尽きると思っています。


このことが家づくりを成功させたいと考える「施主」の最大の仕事です。



私は両親の家づくりサポートにおいて、同時に5社の工務店を天秤にかけるようなことをしています。

それぞれの会社に特徴があり、考えがあり、学ばせていただき、どの工務店さんにも感謝しています。

私は複数の工務店を天秤にかけて、価格を競わせる、いわゆる叩きあいをさせるために相見積もりを取っているのではありません。

工務店にはそれぞれいいところ、得意なところ、独自の知恵・ノウハウがあって、それぞれをよく勉強させてもらって、

つまりいいとこ取りさせてもらって、一番気に入った工務店に、それらの総合案で、家を建ててもらうのです。

そのためには、各工務店さんのいいところを最大限に引き出さなければなりません。

相手はその道のプロであることを認識し、リスペクトし、自分の主張もさせてもらいながら、必ずアドバイスを求める。

「ボクはこう思うんですけど、プロの目から見てどうですか?」


時間と労力が相当かかるんじゃない?

そう思うかも知れませんね。

でも、人生最大の買い物と言われる「家づくり」で、時間と労力を惜しむなんて、いつそれをかけるのかって思いますね。

こうして工務店さんとの距離を最大限に縮めて、いっぱい教えてもらって、自分スタイルの家づくりを楽しむ。

長い人生の中で何度も経験できることじゃないので、目いっぱい時間かけて、楽しめばいい。

そうして相手を尊敬しながら接していく中で、最終的に家を建ててくれるプロの方たちと、どこまで距離を縮められるか?

狙いは業者さんと、「身内になる」レベルまで距離を縮め、人間関係を築きたいですね。

このことは、「芦屋に家を建てるまで」の中でもさんざん書いてきましたが、

どんな業者さんであれ、自分の親、兄弟、親戚、友達・・・つまり身内の家を建てることになったとしたら、手抜き工事なんてするでしょうか?

しませんよね。

業者さんと、身内レベルまで距離を縮めることができれば、家づくりは成功したも同然だと思っています。

私自身の家づくりのときは、
こんな考えでこんな取り組みなど していましたね。



私の考える「家づくり成功の秘訣」

いろんな検査機関に頼んだりして、専門家にお金を払って、チェックしてもらうよりも、

最も安価で、楽しい家づくりが実現できる方法だと思っています。


これは家づくり以外の様々な人生のステージでも応用できますね。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. アキちゃん | URL | -

    Re: プロの力を最大限に引き出せ!

    こんにちは!

    「その道のプロに、プロらしい素晴らしい仕事をしてもらう。
    そうしたいと思ってもらえるように接する。」

    というのはなるほど!と思いました。

    確かに家づくりはプロの方々の協力が必要ですね。
    ありがとうございます!

  2. 岡本達也のCFOなBlog | URL | -

    Re: プロの力を最大限に引き出せ!

    リックルさん、こんばんは!

    プロに限らずですが、特にプロにはお金を
    払う以上、最大限利用しないと損ですね!

    私は基本的にクライアントの会社は自分の
    会社と思って接していますが、やはり人間
    ですから、親しくなると+αは付きますよね(笑)

    本当にうまい人いますよ。
    採算考えたらこっちは厳しいですが、
    そういう人は長い目で紹介してくれそうで、
    余計にはりきりますね!

  3. やまいも | URL | -

    Re: プロの力を最大限に引き出せ!

    私が家を立てるときも、複数の業者の意見を聞きました。
    複数の業者の意見を聞くというのは、とても大切なことだと思いました。
    いろいろな観点から考えてみて、決めると、結果は同じでも納得感が違うような気がします。

  4. SON | URL | -

    家にかぎらず

    こんにちは

    プロの力を最大限引き出す。
    家作りにかぎらずこれができればその依頼は成功したも同然ですね。

    最大限能力を発揮できたと思える仕事とモチベーションが低い状態でやった仕事の出来は考えなくても仕上がりに差がでるわけです。

    お金も大事ですけど人のつながりこそが一番モチベーションに影響するのかな。

    最近は特にそう思うようになりましたね。
    リックルさんの影響かな?

    ではまた!!

  5. プラスハートのけこぴ | URL | -

    Re: プロの力を最大限に引き出せ!

    さすがですね~。
    私は頭ではわかっていながら、
    自分のこだわりの部分を捨てることができず、
    あ~だこ~だ口出しをする、
    うるさい施主になってしまっていたような・・・(汗)

  6. リックルハング | URL | -

    アキちゃんへ

    ベタな話ですけど、よく言われてますよね。
    自分より優秀な人を上手く使え

  7. リックルハング | URL | -

    岡本さんへ

    やっぱ、親しくなると+αありますよね^^
    お互い人間ですから。
    好きな人にはよくしてあげたい、誰でもそう思いますよね。
    そこが上手な買い物のツボのような気がします。

  8. リックルハング | URL | -

    やまいもさんへ

    どんな消費行動っでも、数ある選択肢の中から”自分”が選んだという満足感は大事ですよね。
    手間はかかるけど、やまいもさんの言うとおり、”納得感”が違いますもんね^^

  9. リックルハング | URL | -

    SONさんへ

    SONさんもそうだし、ボクもそうだったので、
    自分がエンジニアだと技術者(家の場合、大工さん)が、どんなときに嬉しいと感じるのか、よく分かりますよね。
    ボクは家のとき、自分が仕事でお客さんにしてもらって嬉しかったことを、そのままやりました。

    もっと応用を利かせて、家づくり以外でもこの黄金律を実践しないといけませんね^^;

  10. リックルハング | URL | -

    けこさんへ

    いえいえ、主張するところは大事ですから、口出しはしまくりましたよ。
    でも自分が客だと言って、高飛車な上から目線で口出しするのだけはしてません^^
    そこだと思うのです。

  11. あぶりしゃけ | URL | MY55Xq8c

    Re: プロの力を最大限に引き出せ!

    家づくりって、本当にたくさんの専門家(職人さん)が関ってくださいますよね。
    そういう人たちが、いかに同じ方向を向いて一つの目標に向かって一致団結してがんばってくださるか・・・コレによって完成した家の良し悪しも変わってきますし、何より家づくりの楽しさや経験としての幸福感も全然変わってくると思います。

    一つの目標に向かって進んでいくチーム。
    施主もこの中にもちろん入っていて・・・、いや、むしろ現場監督さんや棟梁とはちょっと違ったスタンスでチームの中心にいてもいいかも。

    施主は、”その家で暮らす人”、”その家で暮らす家族を一番理解している”専門家ですから。

    たま~に、「お金を払ってるんだから、やってもらって当然」って上から目線のお施主さんとか、逆に「造ってもらうんだから、口出ししたりせずに大人しくしておいた方がいいかも」なんて引いちゃったりするようなお施主さんがいるみたいですが、どんどんチームに入っていってもいいんだと思います。

    どちらが上とか下とかなくて、施主も含めてみんなが一つのチーム。

    そのチームを良いチームにするのは、とっても簡単で、リックルさんのおっしゃるようにお互いを尊敬し、よく話を聞き、お互いの専門性を学ばせていただくことですよね。

    家を建てるために、工法とか難しいことを独学でものすごく勉強されてるお施主さんもいらっしゃるみたいですが、こういうことって本来建てながら専門家に教えていただけばいいことなんじゃないかなって思います。

    職人さんもね、皆さん日々努力されてるわけだから、やっぱり施主も努力が必要なんですよ。。。
    なめられないようにとか、そういうことじゃなくてね。(汗)

    でもこれって、家づくりだけじゃなくて他のことにも共通することだと思います。(^-^*)
    我が家の建築中には、結婚するまでやっていた添乗員(ツアーコンダクター)の仕事と家づくりは似てるなぁなんて度々感じていました。
    添乗員の仕事も、バスのドライバーやバスガイド、キャビンアテンダントやホテルのスタッフなんかとチームを組んで、お客様に楽しい旅をしていただくと言う目的のために日々努力してましたから。
    もちろん、お客様自らが旅を楽しもうとしていただかないと、どれだけ添乗員ががんばってもその目的は達成されなかったりします。

    あぁ~、また熱く語っちゃった。(笑)

  12. リックルハング | URL | -

    しゃけさんへ

    うぉっと!しゃけさん、いつも熱いコメントありがとうございます^^
    家づくりのチーム、まさに!!
    家づくりが人間を成長させると信じてやまないのが、この点ですね。
    チームを調和させる人間力や、一つの目的に導いていくリーダーシップを磨くのにはサイコーじゃないですかと思います^^

    このチームは完成後、一旦解散しますが、結束が固ければ、もしくはそのリーダー(施主)の人間力しだいでは、いくらでも再結成できるんですよね。
    これが充実したアフターにつながる。

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  14. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。