スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

自分の欲しいものを買っているか?

2009年01月23日 06:58

今日はちょっとかたい話を。

両親の家づくりをアドバイスしている前回の記事で、

「消費行動の基本である「比較検討」

自分にとって、一番ベストな選択はどれか?

買い物の基本形ですね。」

こんなことを書きました。

この概念は私にとっては当たり前のことなんですが、両親にとっては当たり前ではなかったみたいなんです。

先日読んでいた新聞記事で、ハッと気づかされました。



世代間の「消費」に関するギャップが書かれていました。

高度経済成長時代を生きてきた団塊の世代は、いわゆる大量消費の時代

「となりが車を買い換えたから、ウチも買い換えよう。」

「○○さんが、家族でハワイ旅行に行くんだって、ウチも行こうか。」

「△△さんが、ついに家を新築したらしい。ウチもそろそろ。」

消費の基準が、

「誰かが消費したから、私も消費する」

この連鎖で大量消費がなされていくんだそうです。



ところが、現在は個人消費の時代

となりが何を買おうが、

友達がどこに行こうが、

誰が家を建てようが、

そんなものは関係なし。

消費の基準が、

「自分にとって必要かどうか?」

だから大量生産で規格ものの一辺倒な商品は売れなくなり、

高くても、希少価値があり、個性のあるものがも売れるとか。


うーん、なるほど。

たしかにそうだ。

私は完全に「個人消費タイプ」だ。

まわりが何を買おうが、一切興味は持ちません。

まわりにつられて一瞬欲しくなりますが、本当に必要かどうか10回くらい確認してから買うタイプです。

何回も確認しているうちに、

「やっぱ必要ねぇや」

って、なりますね。



この「大量消費」と「個人消費」の考え方の違いで、世の中は大きく変わってしまいました。

男は家を建てて、はじめて一人前・・・

一家の主たるもの・・・

男だったら、いつかはクラウン(高級車の代名詞として)に乗らないと・・・

大量消費時代の名言ですね。

ある時期になったら、こうしないといけない、これを所有しないといけない、という固定概念です。

消費行動を起こすトリガ(きっかけ)は、まわりの声や風潮です。

まわりから見られて、よく見えるかどうか?

それがものを買う基準。

つまり消費の主導権が自分じゃない。

家の間取りなどで、日ごろは使わない来客スペースが大量にあるのは、その象徴です。

私の親父も、家の間取りで来客スペースのことばかり気にしています。


それに対して、個人消費時代は主導権が自分。

「みんなこうしてますよ」

なんて、セールストークではものが売れなくなりましたね。

「まさにお客様にピッタリです」

で売る時代。

「家なんて、一生賃貸でOKさ。その方が身軽だし、自分に合ってる。」

こんな人は今の時代山ほどいますが、大量消費の時代の人から見れば、

賃貸暮らし⇒家を建てない⇒稼ぎが少ないのでは?⇒甲斐性がない⇒一人前じゃない

という構図になるんでしょう。

こっちの人の方が、もしかしたらキャッシュフローは優れているかも知れないのに。



両親と家づくりをする。

ライフスタイルの生き写しとも言える「家づくり」では、こんな世代間ギャップが見事に出ます。

大人になった親子は、そんなに密着して会話することもありませんから、こんな機会でもなければ気づかなかった価値観の相違です。

もちろん両親の主張を最大限に尊重しながら、それぞれの良さをミックスさせ、いい相乗効果の出せるアドバイスをしていきたいですね。

この経験は私が進むこれからの道の中で、必ずや大きな肥やしになると信じて疑いません。

このタイミングで、こうした機会に巡り合った私は、やはり強烈なシンクロを感じながら爆進して行きます。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. 岡本達也のCFOなBlog | URL | -

    Re: 自分の欲しいものを買っているか?

    リックルさん、こんにちは!

    現在、私は「家なんて賃貸で十分さ!」なんですよ。
    家はいらないのか?っていうとそうでもなく、
    家賃もそれなりに払ってるので、キャッシュフローが
    良いこともない(汗)ですが、今、自分が欲しいもの
    じゃないんですよね。でも、いつかは欲しいけど…。

    リックルさんの記事読んで思いました!
    家を欲しい!って思ったときに買えば良いんですよね!

  2. SON | URL | -

    考え方は人それぞれ

    こんにちは

    世代間による消費行動には傾向があるでしょうね。
    今後はうまく傾向をとらえることも考えていかないといけないかも

    それにしても自分が求めてるものはちゃんとやってくるようにできてるんですね。

    また一つ自分のステージを上げるチャンス
    無駄にはできないですね。

    ではまた!!

  3. あぶりしゃけ | URL | MY55Xq8c

    Re: 自分の欲しいものを買っているか?

    「昔は、『みんなと同じがいい』って言われることが多かったのが、最近は『特別がいい、特別にして』って言われることが多くなり、教育の現場も難しくなっています」
    息子がお世話になった幼稚園の園長先生が、こんなことをおっしゃっていたことを思い出しました。(^-^;)

    特別を好む親たちに育てられた子どもたちが大人になっていく今後、こうした個人消費時代はさらに加速してくるのかも知れませんね。

    最近、整理収納の勉強をしているのですが、そういえば、私たち団塊ジュニアの世代は、比較的自分に必要なものとそうじゃないものをちゃんと区別できて、自分に必要じゃないものだと判断すれば、比較的簡単に整理(処分)できる傾向にあると思います。
    一方、団塊世代以上の方たちは、必要じゃないものとそうじゃないものを見分けるのがあまり得意ではなく、なかなか整理(処分)出来ない傾向にあるのかも。
    ウチの母も、「どれも必要だと思う」とか、「必要かも知れない」なんていって、私から見れば明らかに必要のないものだと思っても、なかなか整理(処分)できずにいます。

    でも、リックルハングさんの記事を読んで、なんか納得がいきました!

    団塊世代以上の年齢層の人にとっては、所有しているものどれもが、「自分は、コレを購入できるまでになった」とか「こういうものをいただけるまでになった」っていう、自分自身の価値とか成長度(?)のようなものを表すものなのかも知れませんね。
    写真などと同じように、想い出が深く関わってくるようなものなのかなぁ。

    う~ん・・・そうすると、所有しているものに関しては整理(処分)するよりも、それを出来るだけ生活の中で活かしていけるような収納の方法を考えていかないといけないかも知れませんね。。。

  4. Yuki | URL | -

    Re: 自分の欲しいものを買っているか?

    私も、周りが持っているから買おうとか、ブランド物じゃなきゃ、みたいなのが一切ありません(笑)
    まあ余裕もないので、買う前にじっくり考えてやっぱりいらないやってことがよくあります。
    でも直感で買っちゃうこともたまにはありますが^^
    そういうものは長く大切にするかな。
    世代で買い物の考え方も違うんですね。おもしろいです。

  5. ユウ | URL | -

    Re: 自分の欲しいものを買っているか?

    今回も良い話ですね!俺は何年も前20歳の時にマルチ商法にハマってしまい、成績トップって言われる連中が喋ってる場に何度も行きました。高そうなスーツにベンツ。俺は外見だけで「かっこいい!」「自分もああなりたい!」そう思いました。

    今はそういう見た目のハデさに全く興味がわかなくなりました。いかに実用性のあるか、自分にとって必要かが今は購入の決め手です。

    「みなさん~されてますよ」は俺も契約とる仕事してた時によく言いましたが確かに効果的でした。その逆に自分がそれを言われると「バカかこいつ?人は人俺は俺。他人が●●しようが知らねえよ。」って思ってしまいます。

    ユダヤ人大富豪の教えにもありましたが、気になるものがあってもちゃんと考えることが大切ってことですよね。

    当時、見た目は金もってそうに見えたマルチの会社の連中もおそらく実際は借金まみれだったんだろうな。というのが今はわかります。

  6. ◆リックルさん! | URL | Fq.t1ZMk

    釣りと買い物とわたし

    リックルさん!先日はありがとうございました。

    まだ原因が特定したかどうかは別としても、
    まさか自分が・・・。と思うことって大事ですね。

    さて、自分の欲しいものを買うこと。
    これはまさに今実践中です。
    家電に続きコートも新調しました。
    妻がカッコイイパパでいて♪ なんて言ってくれて^^;
    すみません、おのろけですね。

    うちはもともと大切にものを使う家系で、
    なかなか駄目になるものがないという良い欠点が。
    モノを買うタイミングを見定めるのは、
    釣り道具を買うのと基本的に一緒です!!

    どうせ後でイイの欲しくなるから、
    最初からイイの買っておく。
    リールもロッドも同じですよね!
    家もそんな感覚で買えたらイイのに・・・(^^;

  7. リックルハング | URL | -

    岡本さんへ

    ほんとそう思います。
    自分が欲しいかどうか?
    持ち家を持たないと一人前的風潮はもはやナンセンス。
    車もしかり。
    欲しくなったら買いましょ^^

  8. リックルハング | URL | -

    SONさんへ

    >今後はうまく傾向をとらえることも考えていかないといけない
    まさに!!
    コレを掴めると、その時代の潮流に乗れるンですよね。

    「家」をキーワードに、なにか活かせるものを模索中です。
    また、知恵出しにご協力を(笑)

  9. リックルハング | URL | -

    しゃけさんへ

    親の世代がモノを処分しないのはそういうことか・・・
    モノがなかった時代だったから、余計にそうなんでしょうね。
    幼稚園の先生の話も、超納得。
    世代間で移り変わる価値感の違いを敏感に感じながら、様々な価値感を理解しあいたいですね^^

  10. リックルハング | URL | -

    Yukiさんへ

    直感で欲しいもの、コレまじで大事ですよね。
    まわりの風潮で買ったもの、例えば流行りものとか・・だと、すぐに飽きちゃう。
    ボクも直感でいいと思ったものは、買います!
    土地がそうだったかな(汗)

  11. リックルハング | URL | -

    ユウさんへ

    いつもありがとうございます^^
    「いいな」「そうなりたいな」っていう基準が、他人と比較してではなくて、自分の将来像と突き合せたいですよね!!
    ボクも今一度思い返します。

  12. リックルハング | URL | -

    しょうちゃんへ

    >カッコイイパパでいて♪
    コレ大事っすよ!我が家も言われます。
    お父さん、お母さんなんだけど、男と女なワケだし。
    だらしない男にならないように、服装や体系には、ほんの少し気をつけてます(笑)ソリャ、チョットヤバイケド・・・
    当然ボクも、妻にそれを求めますしね。。

    ボクは12月にコート買いましたよー^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。