スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

FPはセカンドオピニオン

2009年01月12日 01:35

ファイナンシャルプランナーって、結局何ができる資格なんだろう。

前にも記事に書きましたが、維持費もかかるこのライセンスに、一体どんな強みがあるんだろうか?

FPの資格取得に必要な教科は6つ。

①金融資産運用(投資のこと)

②タックスプランニング(税金のこと)

③リスク管理(保険のこと)

④不動産(そのまま)

⑤相続・事業継承(相続とか贈与のこと)

⑥ライフプランニング(年金とか生活設計のこと)

基本的に上記のようなスキルを広く、浅くといったところでしょうか。。


それぞれの分野により高度な専門の資格があって、

投資関係なら、「証券外務員」や「証券アナリスト」

税金なら、「税理士」

不動産なら、「宅建」

相続関係は、「弁護士」

年金、社会保険なら、「社労士」

こういった専門的な資格があるのに、なぜFPのような資格があり、人気を博しているのか?



両親の家づくりをサポートしていて、つくづく感じました。

先ほど挙げた6つの分野は、それぞれ密接に絡んでいて、これらを包括的にアドバイスできなければ、今の時代のクライアントは納得しない。

だから、不動産屋も、ハウスメーカーの営業マンも、保険のセールスレディも、税理士、社労士といった士業の先生方も、ダブルライセンスとしてFPを取得するんですね。

私の両親に熱心に売り込んでいたハウスメーカーの営業マンは、私に言わせると、

「家しか売っていない」

一生懸命、自社の家のいいところを語っていました。

そして、他社や小さな工務店のよくないところも、大変よく教えてくれました。。。

私より若いのに、「家」を売らせたら、きっと優秀な営業マンだと思います。

ひと昔前ならね。。

今の時代は、「生活」を売らないと。

「ライフスタイルを売る」

それにはFPの知識が欠かせない。



FPは何をする人?

私はこれまでこの疑問に対して、

「専門分野と専門分野の間を繋ぐ、潤滑油のような存在」

と位置付けていましたが、今、両親のリタイアメントプランに関与して、新たに考え直しました。


FPとは?

「ライフスタイルのセカンドオピニオン」


誰でもそうですが、さまざまなライフステージで、それぞれの専門家に相談したり、アドバイスを仰いだりすることが多いことでしょう。

たとえば、両親の場合、第2の人生を故郷で家庭菜園をしながら、のんびり過ごしたいと思いました。

そのために、田舎に家を建てたいと思いました。

そして、家の建築の相談に、住宅展示場に行きます。

そこで、「家」を徹底的に売り込まれました。

両親は田舎に家を建てたかったが、「家」が欲しかったワケじゃない。

田舎の「ライフスタイル」が欲しかった。

「何か違う・・・」

両親はそう思って、私に相談してきました。

私が両親の家づくりに対するセカンドオピニオンになったのです。


そう考えると、FPって、すばらしいスキルだと思います。

そもそも資格取得の動機はまったく違いますが、今になって私の人生の役に立ってくれようとは。

ブログ仲間にも多くのFPの方がいます。

今年はFP協会のセミナーなんかも参加して、ネットワークを広げたり、自分自身をブラッシュアップしたいですね。

もしかしたら、ブログの仲間とも出会えるかも^^





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 岡本達也のCFOなBlog | URL | -

    Re: FPはセカンドオピニオン

    リックルさん、こんばんは!

    最近はクライアントのニーズも多様化していて
    一つの専門性では対応できないですね。
    自分で複数の知識をもつのも大事ですが、
    各分野のビジネスパートナーをもつのも
    重要になってきますね!

  3. SON | URL | -

    セカンドオピニオンは・・・

    こんばんは

    >ライフスタイルのセカンドオピニオン
    ぴったりだと思います。

    もちろんリックルハングさんのいう良い意味もありますが、残念ながらお医者さんにかかってセカンドオピニオンを考える人が少ないようにFPに相談してくる人も少ないのが現状だと思います。(実際はしりませんがイメージです。)

    何かセカンドじゃないアプローチを考えないとって思ってるんですけどね・・・

    SONも近々AFP登録しようと考えてます。(まだなんです。遅い・・・)
    セミナーに参加する時は教えてくださいね。

    ではまた!!

  4. リックルハング | URL | -

    秘密コメントさんへ

    ご訪問ありがとうございます。
    また遊びに行かせてもらいます^^

  5. リックルハング | URL | -

    岡本さんへ

    ほんとそうですね。
    それぞれの専門分野の人脈、ネットワークこれにつきますねー
    自分ひとりじゃ所詮ちっちゃいし^^;

  6. リックルハング | URL | -

    SONさんへ

    FPの裾野ですね。
    広がってるのは間違いありませんが、たしかにまだ狭いと思います。
    セカンドじゃないアプローチ^^
    ボクもそんな企みしてますよ!(思いっきりぼんやりですけど・・・)
    セミナー誘います!
    そのときにそんな企ての話しましょう。

  7. アキちゃん | URL | -

    いい記事ですね。

    リックルハングさん

    こんにちは!
    コメントありがとうございました。

    いい記事ですね。
    「ライフスタイルのセカンドオピニオン」
    というのはそうかもしれませんね。

    FPに相談したい方は結構多いと感じています。
    相談内容は様々ですね。

    自分の核となる専門分野を一つもって、
    苦手な分野は他の分野のFPや専門家と協力するのが
    現実的な方法ではないかと思います。

    今後ともよろしくお願いします。

  8. 仙台っ子FPしょうちゃん | URL | Fq.t1ZMk

    Re: FPはセカンドオピニオン

    リックルさん、こんにちは!

    確かにそうそう!と思える内容でした。
    何のためにFPになったのか?、
    そして、いま何のために活動しているのか?
    と自問自答を繰り返す毎日です。

    そこで出した答えが、QOLの向上♪
    リックルさんと同じくライフスタイルのセカンドオピニン
    のような役割を担ったアドバイスですね。

    大袈裟に言えば国民の暮らしを支える16万人のFP。
    所詮は16万人分の1に過ぎないのか・・・、
    それともオンリーワンFPになれるのか、
    模索していきたいところです。
    異業種を結ぶコネクターとしての役割は外せませんね!

  9. リックルハング | URL | -

    アキちゃんへ

    さっそくの訪問ありがとうございます。
    自分の核となる専門分野・・・
    ボクもすでに決めていますが、専門分野としてPRできるくらい、ブラッシュアップせねば!と思ってます。
    アキちゃんは近いので、どこかでお会いできそうですね。

  10. リックルハング | URL | -

    しょうちゃんへ

    しょうちゃんに「なんちゃってではダメだ」と叱咤激励されて、本腰を入れよっかなと思ってるリックルです(笑)
    いろんな交流会やセミナーにも顔を出してきましたが、FP関係に手を出していなかった。
    今年はフルに活用します。
    そして報告しますよ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。