スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

マイホーム年金化計画

2008年12月12日 06:00

昨日、私のFPとしてのクライアント(=親父)との面談がありました。

両親のリタイアメントプランを含めた、Uターンでの家づくり計画。

前回の記事でも触れましたが、FP協会の会員誌「FPジャーナル」から情報を得て、今の両親の住む神戸の家を賃貸化するプランについて、提言しました。

単なる賃貸化ではなく、「移住・住み換え支援機構(JTI)」によるマイホーム借り上げ制度を利用したプラン。

子どもが独立し、半分程度の部屋が空室になっているシニア夫婦が、自宅を手放すことなく、郊外で家庭菜園のできる広い敷地を家に移住するといったリタイアメントプランを実行する制度。

詳しくはJTIのホームページで。


両親はまさにそのパターン。

子どもは皆、独立して、所帯を持っており、実家は両親二人だけです。

私の部屋もまだありますが、今は遊ばせています。

実質、両親が生活に使っている部屋はわずか。

子ども部屋にしていた3部屋は丸々空いています。

こういった家を賃貸化して、逆に広くて、安価で、良質な住宅を求める子育て世代に供給する狙いもあります。


通常の相場よりも低めの家賃が設定されますが、何と言っても空室保証がつくのが魅力です。

マイホームを第2の年金に。

家の資金化の選択肢のひとつですね。


この制度を利用するには、さまざまな制約があります。

・原則、50歳以上

・建物の耐震性が確保されていること(調査あり)

・土地、建物に抵当権が設定されていないこと

など。

両親の家はどれも文句なしでクリア。

立地がいいのでこの制度を利用しなくても、いい家賃で、空室リスクも少なく賃貸化はできるんじゃないかと、私自身は考えていますが、

年金生活に入る両親のリタイアメントプランを考えると、リスクはできるだけ少ない方がいい。

それに、国の基金がサポートするこの機構を利用するプランは、「国のお墨付き」という安心感を両親に与えることができる。

そんな気もして、この制度を紹介しました。



で、肝心の親父の反応は・・・











以外と興味深々。





でも、家賃収入でローンを返すという発想には、イマイチ不安を感じているようでした。

基本的に借入れなしで今回の家づくりを進める予定だった親父は、借入れそのものに否定的でした。

借入れ・・・

借金・・・・・

そういうイメージが拭えないんでしょうね。

私としては、借金って言うより、レバレッジって思ってるんですけど、それを理解するのは簡単ではないかも知れません。

このプランだと、万が一の場合に、また神戸に戻ってこれる点についても説明しましたが、

やはり家を建てるときって、誰でもそうなんですけど、新しい家に夢ふくらませていますから、その家を去ることなんて考えていないんですよね。

私の持論として、

「家を買うとき(建てるとき)は、必ず、売ること(貸すこと)を考えて買うこと。」

というのがありますので、その家を手放すときのことを常に考えていたいのですが、今、親父はそれは考えていないようです。



とはいえ、正直、

「ややこしい。よー、分からんわ。」

って、一蹴されると思ってましたから、話を聞いてくれて、質問なんかもどんどんしてきてくれたことに驚きと、喜びを感じました。

まだ分かりませんが、このプラン、可能性なくはないな、という感じです。


今、不動産相場は非常に低迷してますので、この時期に売るのもったいないんだよな・・・

収益還元価値が、売却価値を上回っている今の時期は、賃貸化がいい。

私としてはそう思ってますが、意思決定は両親です。

選択肢を示して、メリット・デメリットを説明するのがFPとしての私の役目ですからね。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. Yuki | URL | -

    読んでいて嬉しくなりました^^
    お父様のことをクライアントだと思って話したのが良かったんじゃないですか?
    家族には途中で感情的になってしまったりすることがありますもんね。リックルさんのこの件に関する姿勢が伝わったのではないですか^^
    家が残るという案は気分的にも安心ですよね。田舎にはいいところも沢山ありますが、近所付き合いや不便さなどありますから。もし戻るとした場合は金銭的なことはどうなるのでしょうか?
    こんな制度があるの初めて知りました。
    勉強になります。

  2. らん | URL | -

    リックルさんの説明が「相手を思っての提案」だから、お父さんも聞く耳をもっていたのだと思いますよ!

    あとは借金というマイナスイメージを払拭できればですね^^;

    これからの展開が楽しみです^^

  3. taka | URL | -

    こんにちは!
    綺麗なブログですね☆
    ブログランキングもポチしときました♪

    あと、今takaもブログランキングやってるんで
    応援して貰えるとうれしいですо(ж>▽<)y ☆

    また遊びに来ますね♪
    これからもよろしくです!

  4. リックルハング | URL | -

    Yukiさんへ

    いつもありがとうございます。
    もし戻った場合、やはり経済的損失は大きいです。
    それでも戻りたいとなったとき、都市部なので再び戸建を手に入れるのはほぼ不可能です。
    両親はマンションを好みませんので、都市部の戸建を手放すことなく、田舎に帰ることは、子としても安心感が違います。
    最終的にはどうなることやら・・・(笑)

  5. リックルハング | URL | -

    らんさんへ

    親父はサラリーマンを長くしていませんので、基本的に借金を好みません。
    個人事業主だとローンが付きにくいというのもあると思います。
    なんで、余計にローンに対するイメージ悪いようなんですよね。
    そこが最大のネック。
    奥の手も現在思案中です^^

  6. リックルハング | URL | -

    takaさんへ

    ポチありがとうございます。
    また遊びに来て下さい^^

  7. ユウ | URL | -

    素晴らしい!そんな制度や機構があるなんて始めて知りました。
    リックルさんは一生懸命やられているからそんなに成長されていくのですね!

  8. リックルハング | URL | -

    ユウさんへ

    意外と知られていないみたいです。
    ボクも知りませんでした。

    自分の成長を感じながら、日々過ごしたいです。
    他人との比較より、昨日の自分の比較。
    ですよね^^
    いつもありがとうございます。

  9. 忠告 | URL | -

    自信があるのなら、リックルさんが家賃保証すれば?
    保証料取って。

    株するよりよっぽど手堅いのでは・・・・

  10. リックルハング | URL | -

    忠告さんへ

    それも選択肢ですよね^^
    いろいろ考えてます!
    また記事にしますので、ご期待下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。