スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

人の行く裏に道あり花の山

2008年11月07日 06:00

この前の三連休で、おそらく今年ラストのバス釣りに行ってきました。

もちろん母なるフィールド、琵琶湖です。

今回はいつものメンバーに、会社の後輩(新人君)も初参戦でした。


私はもうこのフィールドには何十回と足を運んでいます。

ですから、どのポイントでどんなルアーがよく釣れるのか、なんて情報はギッシリ詰まっています。

その日も、数々の実績を残している自信のルアーで意気揚々と出陣しました。

新人君は初めてのボートでの釣り。

「船に乗れるだけでもドキドキですよー♪」

なんて、興奮が抑えきれない様子。

「うんうん、分かるな~、オレも初めてボート乗ったとき感動と緊張で足震えたもんな。。」

と、先輩面。

そして、ふと新人君のタックル(釣りの仕掛け)を見てみると、そのポイントではどれも実績のないルアーばかりがセットされています。

「おーい、新人君。気持ちは分かるけど、ここじゃ、そのルアーは厳しいと思うよ。」

なんて、さらに先輩風を吹かしていました。


釣りスタート。

厳しい状況とは聞いていましたが、ウワサ通り。

フィールドが完全に沈黙していました。

最低限の結果は出しましたが、同船のメンバーは大苦戦。

なんとなく不満の残る結果でした。

まあ釣りなんて趣味は、ほとんどが結果の出ない日ばかり。

年に1度か2度訪れる、素晴らしい日に想いを馳せ、いつもフィールドに出るのです。

それでも琵琶湖に浮かんで、キャストし、釣り糸を垂れて、そのときが訪れるのを待っているだけでも、私のメンタルリフレッシュになるんですけどね。。



ストップフィッシュです。

時間になりました。

続々と戻ってくるボート。

他のお客さんも含めて、その日の釣果には満足できていない様子。

ところが、あの新人君の乗っているボートに、何やらボート屋さんのスタッフやら、他のお客さんやらが集まっています。

「おおっ、もしかしていいのが釣れたかな?」

近くに行こうとしても、桟橋は人が多くて近寄れません。

そのとき、あの新人君が、ネットに入れていたそのビッグフィッシュを持ち上げました。

「げっ、デカっ!!」

店員さんに写真を撮ってもらっています。

バスの産卵期である春ならまだしも、秋にあのサイズは見事です。

ボート屋の店員さんに名前や、住所、ヒットルアーを聞かれています。

「新聞に写真載せてもいいですか?明日のサンケイスポーツ見て下さい。」

ですと。。。

琵琶湖デビューで、いきなりの新聞デビュー・・・

「コイツもこれで琵琶湖にはまるな。。。フフフ」

(そしてうらやますぃ・・・泣)


それにしても、驚いたのがそのヒットルアーです。

私がスタート前に「それじゃ厳しい」と指摘した、超強気のルアー。

「そんなの投げたらウィード(水草)にかかって、釣りにならないよ」

と思っていたルアーです。

そのポイントでは、誰もそんなルアー使いません。

私も持ってますけど、ここでは実績なさすぎて、家から持ってきていません。

しかし、結果は、

とんでもないビッグフィッシュ!!


まわりに合わせる必要はない。自分を信じる道を、しっかりやればいい。

人の行く裏に道あり花の山


相場の有名な格言は、釣りでも健在でした。

新人君から大きな学びをもらいましたよ^^




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. らん | URL | -

    マジっすかぁ~!!!
    何センチだったんですか?

    これは新人君は、確実にハマりますね^^

    分かんないもんです。絶対は無いのでしょうが、奇跡的な結果だったのでしょうね~
    とりあえずやってみる!これが吉と出た出来事でしたね♪

  2. ひまわりさん | URL | zATydYt2

    凸ヾ(・ω・`*)ヘェー
    新人君も、はまって行くのかな( *´艸`)フフフ
    そこからまた何かを学んだリックルさんの道にも、
    花がたくさん咲いていますね(*ゝ∀・*)☆

  3. ドクエメット | URL | b3OHxi0g

    こんばんは~。

    慣れてくると体に常識が染み込んでしまって、なかなか新しい発想って出てこないですよね。
    やる前から「そりゃあ無理だよ」なんて疑いなく思うようになってしまう。ヤバイ兆候ですけど、ときおりふっと「あ、いかんいかん」と気づくことがある。僕もよくあります。

    しっかし、何でもない日常からいろんなこと学べますねえ、リックルさんは。
    これはもう「特技」と言ってもいいと僕は思います。

  4. となりの芝 | URL | -

    方程式

    奇襲は短期決戦か劣勢の場合のみ有効。
    やっぱ、手堅く行かないとペナントを制することはできないよ。
    同期の貴乃花のように「理詰めの相撲」じゃないと磐石とは言えないよ。
    勝ちたいんだろ。そんな「ささやかな発見」でプチ感動してたらおいてかれるぞ。

    おいらも旅に出たら必ず騙されてきます。
    騙されるのも旅の醍醐味の一つ。
    構えていてもダメなんだよ。奥様に言っといて。

    オーナー殿もたまにはマスコミに流されてみては。違った発見あるかもよ。

  5. リックルハング | URL | -

    らんさんへ

    帰りの車は新人クンの自慢話が止まりませんでした。
    彼は確実に琵琶湖の虜でしょう^^

    ちなみに55センチです・・・
    ボクの今シーズンは50アップ出ませんでした(泣)

  6. リックルハング | URL | -

    ひまわりさんへ

    今回はボクの行く道に花は咲いていませんでした。。
    しかし、これからですよ。
    花の咲く道を探しますよ。
    いや、ボクの歩いた道に花を咲かせますよ^^

  7. リックルハング | URL | -

    ドクさんへ

    長いキャリアを積めば積むほど、頭が固くなってきがちですけど、そこでもより柔軟になれた人が、もうひとつ上のステージに行くんでしょうね。

    日常から学べる気づきのスキル、そんな特技。
    何かの誰かの役に立てるかなー^^;

  8. リックルハング | URL | -

    芝さんへ

    >奇襲は短期決戦か劣勢の場合のみ有効
    たしかに・・・一理ある。
    しかし、芝クン、学あるよね。
    その教訓は何から?
    旅?

    勝利の方程式について、朝まで語りたいね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。