スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフェッショナルサラリーマン

2008年10月20日 07:24

私はプロのサラリーマンです。

会社勤めをして、お金を稼いでいるワケですから、プロです。

私と会社が、今の給料で契約しているのです。

プロ野球選手と同じように、活躍に対する期待をお金に換えて契約し、その期待に応えるべく働いているのです。


仕事中(勤務中)の私の人格は、こうしたプロサラリーマンを演じていると、私の普段の人格とは少し違ってきます。

そう、会社の期待に応えるという人間を演じていますから。。。

二重人格、いや多重人格と言われることがあります。


私は今、いわゆる中間管理職です。

上司と部下の間に見事に挟まれた、典型的なジャパニーズ中間管理職です。

上司から厳しいオーダーが出たときは、真っ先に思うことはただひとつ。

どうやってそれを部下に伝えるか?

ただでさえ、忙しいこの時期にさらにオーダーを詰め込むのか?

部下が素直にその指示に従うかな?モチベーションが落ちてしまわないか?



「それはできません。」

こんなことを言うのは超簡単です。

言いたい。

でも、プロのサラリーマンはそのオーダーが会社の経営上必要なものと理解すれば、

「了解しました。」

と、返答します。

そして、

「こんなオーダーを出さないといけない課長もツライですね。」

と一言。



で、部下を集めて、そのオーダーを噛み砕いて、それぞれの役割期待に応じて指示するワケですが・・・

そりゃもう、ブーイングですよ。

「また、そんな無茶を言う。今どれだけ忙しいか分かってるでしょ?」

「なんでそんなオーダーを簡単に出せるのか理解できませんよ!」

批判の矛先はどちらかというと、私よりも、そのひとつ上の課長へ。

ここでは一緒になって課長の文句を言います。

「だろー、オレもそう思うねん。」



いわゆるカメレオンです。

どちらにもいい顔をする。

相手によって言うことを変える。

上司の前ではやらなければいけない事実を踏まえて、快く引き受ける。

部下の前では課長の愚痴を一緒になって聞き、共感する。

このやりとりに対して、当初は自己嫌悪に陥ることがありました。

しかし今はこれをうまくこなして、組織をうまく回すことが私のミッションであると分かって来ましたから、ここはプロに徹しています。

そう、モチベーションを落とさずに、上位の方針や指示を最前線に伝えて実践させるのが私の仕事。

その仕事・立場に対して、給料を得ているのであり、その仕事をプロ意識を強く持ってやり遂げるのです。

サラリーマンの鏡ではないでしょうか(笑)



自分のポリシーという、ワケのわからない主張をして、チームで動くことを拒む人がサラリーマンの中にも多くいます。

自分のポリシーを貫く。

カッコいい言葉ですが、ポリシーに反することは絶対にやらないのなら、サラリーマン失格ですね。

独立すればいい、起業すれば。

でも、そんな主張をする人に限って、そんな勇気もビジョンもない。

サラリーマンプロフェッショナルなら、「ポリシーに反する」なんてワードは使わない。

”柔軟に対応する”

”臨機応変に対応する”

ただそれだけなんだ。



私はこのことを、学生時代からの腐れ縁の友達に教えてもらった。

ずいぶん以前に、当時、上司とソリが合わなくて、飲み屋でブー垂れていた私を見て、

「リックル、相手は変わらんぜ。お前が上司(会社)に合わせられないなら、サラリーマン辞めて、自分でやるしかないな。会社に合わせることはサラリーマンの基本だろ。お前ともあろうものが、そんなに要領が悪くてどうするよ。」




ガーン・・・・・・

ときましたね。


またコイツに言われたよ。。。

いつも私に厳しい、いい友人を持ちました。

それと同時に、

「それなら、自分でやるしかないな。」

の言葉が妙に心に残りました。


そうか、そういう選択枝があったのか・・・



ありがとう、芝。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. 仙台っ子FPしょうちゃん | URL | Fq.t1ZMk

    私も目指しています!

    リックルさん、ターンオーバーで釣れない!?
    今の私もターンオーバー状態です^^;

    さて、私もFPである前にサラリーマンですから、
    しっかりサラプロ目指して励んでいます!

    入社3年で1/3の社員が退職するこのご時勢、
    辞める社員の考え方が変化しているだけでなく、
    上司側にも問題がある場合もあるでしょうね。

    辞める若者の大半が、
    「仕事がやりたいことではないから辞める」
    「やりたいことを探すために辞める」
    ようなマスコミ報道を見ましたが、
    どうなんでしょうね?

    教える側も営業とかのプロでしかなく、
    教えるプロでないことを自覚して、
    それなりの訓練が必要だと思います!
    勉強しないと伸びませんね~

    良いご友人と共に考えること。
    とっても大切なことだと感じました。
    ありがとうございます。

  2. らん | URL | -

    今日の記事は、まったく同感です。
    自分も同じ中間管理職として、同じやり方をしていますよ!
    だってサラリーマンですからね^^

    なので、そんな多重人格をしなくてもいいような世界を作るために、平行して起業準備も進めています。
    サラリーマンが勤まらないからって、逃げるように起業に走りたくないですしね~

    どっちも勤まる人間になりますよ^^

  3. ドクエメット | URL | b3OHxi0g

    こんばんは~。

    まあサラリーマンであっても言いたいことは言ったらいいし、ポリシーも持ったらいいと思いますが、現実には常にそれを貫くのは難しいですよね~。
    起業をすればそれが解消されるのかどうかはよくわかりませんが、ともあれ、諫言してくれる友人を持ってらっしゃるのはうらやましい限りです。

    ああ、僕も誰かと議論したいなあ。

  4. やまいも | URL | -

    サラリーマンの悲しい性と、現状を嘆かずに前向きに取り組む姿に、リックルさんの柔軟性を感じます。

    柔軟性。極論すると、この部分がありさえすればサラリーマンは勤まるといえるかもしれませんね。

    ただ、ちょっと無理なオーダーには、
    上司に理由を聞いてもいいかもしれませんね。
    自分も説明責任がメンバーに対してあるのだから、上司に対しても、それを求めてもいいかもしれません。

    そして、難しい状況にもなるべく気持ちをひとつにして、ことにあたりたいなぁ、と。


  5. やっちゃばの士 | URL | -

    会社での位置は会社から与えられたもの。
    バカで能力がなくても
    給料が多かろうが少なかろうが
    その位置は絶対的です。
    (上司)のバカ指示が納得できないならば、何度も話し合うべきです。
    それでも上司が譲らなかったら
    最終的に従うしかないのが会社で働くいうことです。

    私はかつて、会社の方針に背を向けてクビになったことがあります。

    今、上司ですが言うことを聞かない部下に頭を悩ませています。

    部下と上司この立場を経験すると会社で働くということがどういうことかよくわかりますね。

     

  6. SON | URL | -

    コミュニケーションかな?

    こんにちは
    無茶な仕事もチームの雰囲気だけで無茶じゃなくなったりしますよね。

    チームのモチベーションをうまく操るのはやっぱり上司やチームリーダーの仕事だと思います。

    うまくコミュニケーションを取れていればきっと厳しい仕事にもいい結果が出るのではないでしょうか。

    コミュが悪いと・・・
    かなりギクシャクしますからね。

    ギクシャクしてる時って仕事は進みませんし後味悪かったりで・・・(経験者っす)

    どうせやるなら楽しくいやりたいもんですね

  7. プラスハートのけこぴ | URL | -

    自分の立場を客観的に見て、
    最善の行動がとれるリックルさんはすごいと思います。

    なかなかできることじゃないと思います。

    組織って、それぞれ役割があって、
    自分の役割はなんだろうって、みんながきちんとつかめて
    納得していればうまく回るんでしょうけど、
    現実、難しいですよね。

  8. リックルハング | URL | -

    しょうちゃんへ

    上司は仕事のプロでも、教えるプロではない。
    たしかにそうですね。
    しかし、それに気づいている人はほとんどいない。
    「オレはできていたのに、なぜお前はできないんだ。」
    と部下の能力を卑下する前に、自分の指導力を考えるべきかも。
    まず、自分を変えるんですね^^;

    ぼちぼちターンも終わってきます。
    お疲れ気味のしょうちゃん、元気を取り戻して下さいね!

  9. リックルハング | URL | -

    らんさんへ

    らんさんも一緒ですか・・・^^;
    サラリーマンが勤まらなくて起業に走るケースよく聞きますけど、ボクもらんさんと同感です。
    セルフコントロールできるようになれば、両方対応できる人間になれるはず!

  10. リックルハング | URL | -

    ドクさんへ

    >起業をすればそれが解消されるのかどうかはよくわかりませんが・・・
    まさにそうですね。
    隣の芝は青く見えるだけであって、それぞれの苦労はあるはずですもんね。

    ガンガン議論しましょうよ。ボクと^^

  11. リックルハング | URL | -

    やまいもさんへ

    ボクもそう思います。
    サラリーマンをうまくやるキーワードは、「柔軟性」。
    悪い言葉かも知れませんが、世渡り上手であり、要領のいい人。
    起業しても、それは一緒なんだろうなという気もしています。。。

  12. リックルハング | URL | -

    やっちゃばさんへ

    上司と部下、両方経験するまで分かりませんでしたね。
    上司も文句ばかり言ってました・・・^^;

    >最終的に従うしかないのが会社で働くいうこと
    これを柔軟にできない人が、心が病んでいくのかも。。

  13. リックルハング | URL | -

    SONさんへ

    ボクもそう思います。
    チームを率いる上で最も気にしている点、時間を割く点は、モチベーションの維持。
    やる気のなくなったチームほど寒い職場はありませんもんね^^;

  14. リックルハング | URL | -

    けこさんへ

    なんだかハンドルネームにサブタイトルがつきましたね!
    ますます気合いを感じます^^

    組織の中の自分の役割。
    コレってめちゃくちゃ大事だけど、誰もが「オレがオレが・・・」になってるケースが多いですね。
    ほんと、分かっちゃいるけど、難しいってヤツです。

  15. あぶりしゃけ | URL | MY55Xq8c

    また1個前の記事へのコメですみません。(^-^;)ゞ

    「プロサラリーマンになりなさい」って、大学を卒業するときに、はなむけの言葉として恩師からいただきました。
    プロの技術者や営業になるのは、知識も必要ですし、それなりの時間もかかります。
    でも、プロのサラリーマンになるにはそんなに時間がかからないはず。

    相手をよく観察して、相手が求めるものやそれ以上のものを出していけるようにすればいいこと。
    良い仕事ができるようになるには、プロのサラリーマンを目指すことが、一番の近道なんですよね。

    でも、その場に応じた役割を演じるっていうのは、実は仕事においてだけではありません。
    専業主婦をしていたって、母親として学校の先生と接するときや、ご近所と接するとき。
    妻として夫と接するときも接し方は変わりますし、友達と接するときも。
    多分、ブログで文章を書いている時と、実際の私もちょっと雰囲気が違ったりするかも。(;´▽`A

    リックルハングさんも仕事以外の場面でも、家庭の中や、一人でいるとき、お友達と会っているときって、客観的に自分を見てみると変えてませんか?

    私は、変わることよりも変わらないことのほうがかっこ悪いなぁって思いますね。

  16. 悠華 | URL | -

    今日、鴻上尚史著「孤独と不安のレッスン」を図書館で読みました。今、手許にないので、覚えている限りで書きますね。

    ぐさっときたのが、「自分の夢がわからないと言っている人は、有能なサラリーマンが多い」ということです。

    お客様、上司、部下、常に相手の欲望を見抜いてそれに対して行動していくことで、仕事では成功していくが自分の欲望が分からなくなっていってしまうということでした。
    女性の場合でしたら、よくできる主婦というのもあてはまるそうです。いわゆる優等生で育ってきた人もそうでしょうね。

    リックルさん、身に覚えはありませんか?
    私は、ぐさぐさ刺さりまくりましたよ~。
    今、悩んでいるのはある意味100%予想されていたことなんだ!と思いました。

  17. リックルハング | URL | -

    しゃけさんへ

    たしかに、仕事以外でも変えまくっています・・・
    そんな変わりすぎる自分が嫌になることも。
    でも、変わる方がカッコいいんですね^^
    何だか元気になったような気もしますが、
    周りを気にしすぎる自分は、これでいいんだろうかという気も。。。(悩)

  18. リックルハング | URL | -

    悠華さんへ

    あっ、ヤバい。
    マジ、やばいですよ。
    身に覚えありまくり。。。(汗)
    そして図星。
    人が何を期待しているかばかり考えて、自分が自分に何を期待しているのかボヤけてる。
    ちょっと、その本チェックです^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。