スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

最高にハッピーな気分で寝る方法

2008年09月22日 08:05

少し時間が経ってしまいましたが、オリンピックに次いで開催されたパラリンピックが終わりましたね。

私はこれまで、あまりパラリンピックというものを見たことがなかったのですが、今回は嫁さんが

「感動するよ。」

と言ってテレビを観ていたので、一緒に見ることにしました。

パラリンピックのハイライト番組でした。


素直に感動でした。

言葉を失いました。

涙が浮かびそうになりました。

「何でこの人たち、こんなに強いんだろう?すごいよ。」

同じく感動している嫁さんと、短い言葉を交わしました。

「この人たち見てると、辛いとか、きついとか、しんどいとか言えないね。」

まさにその通り。。。


足をなくしたり、片手を失った人が泳いでいる。走っている。跳んでいる。

目の見えない人が水面に飛び込んでいる。

きっとものすごい恐怖に違いない。

目の見えない人がフルマラソンを走っている。

ただでさえ過酷な競技なのに、2時間台で完走するなんて。。。

車椅子マラソンでは、疲労困憊の状態で車椅子が倒れてしまった。でも自力で起き上がってゴールしている。



仕事では気丈な私ですが、その反動が家では出てしまいます。

「しんどい、きつい、やりたくない、疲れた、休みたい・・・」

こんな弱音をすぐに吐きまくる自分が、恥ずかしくなりました。

そして、「自分は恵まれている」ことを、つくづく感じました。

あのパラリンピックのテレビを見て以来、

「私はなんて幸せなんだ。」

と、感謝することが一層深くなりました。


また、怖がりな性格でプールが苦手な娘も、このパラリンピックを見て、

「すごいね。足がないのに泳いでるね。」

「そうだよ。頑張れば何でもできるんだよ。○○ちゃんは足あるんだし、頑張って練習したらすぐ泳げるようになるよ。」

と、幼い子どもにも勇気を与えてくれました。



今ちょうど読んでいる本が、デール・カーネギーの名著

「道は開ける」 です。



かなり古い本で、戦争の辛い体験をどう乗り越えたか?のような、

いわゆる”悩み”から解放される方法を、延々と事例を交えて紹介していく本です。

やはり外国の本は、訳し方の問題もあると思いますが、正直読みにくい・・・

特に前半の方は、読むのが辛かった。

しかし、後半の方は、いい言葉が連発します。

やはり名著と呼ばれるだけのことはある。

時が経っても売れ続けている意味が分かりました。

小さなことにクヨクヨしがちな私にとっては、グサグサと刺さる言葉がありました。


そんな中でも特に良かった言葉は、これです。

「愚痴の多い人は、自分にないものばかり考える。自分にあるもの、自分が恵まれている点ばかり考えていたら愚痴などない。逆に幸せを感じる。」

この言葉を読んで、少々愚痴が多めの私は、毎晩寝る前に「自分にあるもの」を考え、幸せに浸って眠りに入るようにしました。

ベッドに入るときに、「オレにはこの素晴らしい家がある。おかげで快適に深い眠りに就ける。」

子どもたちの寝顔を見て、「こんなかわいい子どもに恵まれた。」

怖いけど、献身的に私を支えてくれる妻の隣で、「こんなにできた嫁もいる。」

今日の夕食を思い浮かべて、「毎日美味しいものが食べられる。」

仕事を少し思い出して、「今日もいろんな人に助けてもらった。」

ブログのネタをイメージして、「いつもたくさんコメントもらって嬉しいな。」

・・・・・

「あ~、なんてオレは幸せなんだ。サイコー!」

って、寝る。

毎日疲れきってますから、そんなに簡単にそのテンションに持って行けないのが実情ですけど、この作戦が大成功して”幸せ”を感じて寝られるときもあるんです。

何か宗教チックと思われるかも知れませんが、結構オススメです。


パラリンピックの感動と、読んでた本がなんだか見事にマッチして、

「幸せはなるものじゃなく、感じるものだ」

という大好きなフレーズが身に沁みた、今日このごろです。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. 優希 | URL | mQop/nM.

    おはようございます!

    道は開ける!読みましたよ~
    悩みって見えない不安に恐れているだけなんだ~って改めて感じました。

    しかし、それを受け入れた時に
    人間ってこうも強くなれるんだな~って。

    無いから出来ないという発想よりも
    あるから出来るという発想の方が
    楽しいですよね~

    どんな状況でも希望さえ失わなければ
    人は生きていけます!
    生きていることの幸せを
    もっと多くの人に知ってもらいたいです。

    私は犬を通して命の大切さを
    教えるつもりです!
    愛犬との別れを知った子どもは
    自ら命を絶つとどれだけ苦しむ人がいるか
    知るはずですからね~

    命の大切さ
    生きていることの幸せを
    もっと感じて欲しいです!
    (ん?若干逸れたかな?)

  2. やっちゃばの士 | URL | -

    こんばんは

    リックルハングさん

     本当に自分にないものを、私たちはうらやましがってしまいますね。

     落ち込むこともたくさんあるのですが、家に帰って、3人の娘のあどけない寝顔を見ると、いつも「これ以上何を望むというのか。自分は幸せだ」という気持ちで満たされます。

     子供は力を与えてくれるし、時には本以上にいろんなことを教えてくれるし、自分の愛の器を広げてくれます。この世で代わりのいない妻と子供の存在。仕事の成功ばかりを気にしていた私。リックルさんに教えられることは本当に多いです。ありがとう。

  3. らん | URL | -

    寝る前に1日の感謝を思い返す!
    これは自分も嫁さんも実践してます♪

    最高にいい習慣だと思います。

    幸せは感じるものだし、そのほとんどが感謝からくるものだと思いますね。

  4. やまいも | URL | -

    いい記事ですね。

    読んでいて、すーっと清らかな気分になりました。素直でまっすぐなお人柄が感じられます。

    >怖いけど、献身的に私を支えてくれる妻

    には、ちょっと笑いました。(笑)


  5. リックルハング | URL | -

    優希さんへ

    >無いから出来ないという発想よりも、あるから出来る

    そうそう、そうですよね。
    できない理由を見つけるのは超簡単。
    ボクも「あるからできる人間」になるぞぉ。

  6. リックルハング | URL | -

    やっちゃばさんへ

    >これ以上何を望むというのか・・・
    ほんとそう思います。
    子どもの寝顔に幸せを感じなくて、いつ幸せを感じるのか?とさえ思います。
    子どもに育ててもらってますよ(^^;

  7. リックルハング | URL | -

    らんさんへ

    さすがです!
    しかもご夫婦で!!
    らんさんところは、ほんと同じベクトルでご夫婦が歩まれていて、素晴らしい^^
    家庭の中でシナジーが生まれて、いい意味で刺激を与えあって、受けあっているんでしょうね。

  8. リックルハング | URL | -

    やまいもさんへ

    >素直でまっすぐなお人柄
    ドキっ、いや・・・クロいです(汗)
    なにか美しい印象を与えてしまったような記事になっちゃいましたね(苦笑)

  9. joe | URL | -

    カーネギーですが他の本もお勧めですよ。

  10. リックルハング | URL | -

    joeさんへ

    あー、joeさんだ、うれしいな^^
    次はもうひとつの名著「人を動かす」を買っております^^;
    ほかにオススメあれば、ぜひ教えてくださいね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。