スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

未来の大金より、今使える100円?

2008年07月30日 01:00

時間は万人に平等。

このことは誰もが知っているし、時間の使い方の大切さを語る上で必ず言われる言葉です。

一日が24時間で、1年が365日であることは、大人も子どもも同じ。

しかし、実質的な時間の長さではなくて、”時間の感覚”は、大人と子どもでは大違いです。

大人が感じる1ケ月と、子どもが感じる1ケ月。

同じ1ケ月でも、感じる時間の長さは全く異なる。

今日はずいぶん以前に読んだ「パパ銀行のマネー哲学」という本

(絶版になってますので、新品は手に入りません。私はアマゾンマーケットプレイスで購入しました。1円で販売してたのでラッキーでした♪)

から、私が感じたことを話したいと思います。


子どもの頃(イメージとしては小学校低学年くらい)、おじいちゃん、おばあちゃんからお年玉や、おこづかいをもらったことは、多くの人が経験しているはずです。

「はい、○○君。好きなもの買っていいよ!」 

と、日頃、目にすることのない、お札をもらい、喜び勇んで、

「ありがとう!!さっそくおもちゃ屋さんに・・・」

と、返事が終わる間もなく、お父さん、お母さんの登場。。

「まあ、御父さんありがとうございます。いつもすみません。」

と、握り締めたお札を取り上げ、

「これは一旦お母さんが預かるからね。大きくなったときに使えるように貯めておこうね。」

・・・・・

子どもたちは絶句です。

これが何年も繰り返されると、お年玉をもらっても、何も嬉しくなくなります。

子どもにとっては、大人になるまで・・・なんて、とてつもなく長い時間のように感じます。

もう一生あのお金は自分のものにならない、という風にさえ思えることでしょう。

子どもにとってみると、大人になってからしか使えない大金よりも、今使える100円の方が嬉しい。

「大人になるまで」の名目のもとに、自分の手から取り上げられるお金なんて、嬉しくとも何ともないのです。


私たち大人は、5年後の自分の姿などは比較的想像しやすいものです。

目標なども1年後、3年後、5年後、10年後などと定めて、それに向かって努力することを日常的に行います。

しかし、子どもはそうはいきません。

自分が子どもの頃を思い出すと、よく分かります。

今の楽しみが大きなウェイトを占めていますから、自分が大人になる10年後なんて、はるか遠い未来。

その未来を容易に想像できる子どもなんて、まず居ないでしょう。

もし居たら、その子は神童です。

とんでもない大人になるかも知れませよ。

10年先はおろか、5年先、いや3年先でさえ、子どもにとって見れば、ものすごい未来の話に聞こえます。

小学校高学年の時に、自分が高校生の姿を想像できた人がどれだけ居るでしょう?

高校生になったら、アレを買いたいから、このお金は貯金しとこう!

なんてあり得ないですよね。

ある意味、未来を深く考えずに楽しめるのは、子どもの特権であり、素晴らしいところですから。。


子どもの頃の時間軸と、大人になってからの時間軸。

万人に平等なハズな時間ですが、その”感じ方”は大きく異なります。


そんな、今楽しむことしか発想できない子どもが、貯金という未来に備えることを覚えるためには、大人が貯蓄に魅力を感じる「利息」を、子どもの時間軸に合わせて設定することが大切だと、「パパ銀行」では述べていました。

大人が魅力に感じる金利が仮に1%だったとしたら、時間の感じ方に10倍の違いのある子どもには、金利として10%を提示してあげると、「貯めて来月使おうかな」という気になるそうです。

つまり、「今我慢して、後に大きな楽しみを得る」といった、自分でお金を管理するような習慣が身に付くと筆者は言っていました。

なるほど一理ある。

時間軸とお金の関係。

ある種、大人でも、日銭でギャンブルなどの一時の快楽を求め消費を繰り返す人などは、時間軸が極端に短い人。

子どもと同じ時間の感じ方をしている人なのかも知れないですね。



自分の時間の感じ方、

どれくらい先の未来まで想像可能か?

改めて考えてみる必要を感じました。

先日、おおいに刺激をもらった社会人交流会でも、「5年後の自分」を全員がスピーチしました。


皆さんは自分の何年先まで、具体的に想像できますか?

5年後の自分を人前で語れますか?

私も改めて、自分の未来を見つめなおしています。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. サービス業 稲葉 | URL | -

    おはようございます

    リックルさんへ

    私は先の目標もありますが、今を精一杯
    生きて来ました。

    後悔なく!

    そしてそれの積み重ねが新たなる
    目標も出来て自分の活力に
    なっているように思えます。

    PS.メールありがとうございました^^

  2. 優希 | URL | mQop/nM.

    こんにちは!

    子供のとき、時間が長く感じられるのは
    心臓の鼓動が早いからという説が有力です。

    同じ1秒でもこどもの方が
    長いんですね~

    私の考えは少し違っていて
    初めてみるCMって同じ15秒でも長く感じませんか?

    情報を得よう!学習しよう!
    興味を持ったものを学ぼうとする時は
    頭が回転しまくって
    時間が長く感じるんだと思います。

    多分、社会人交流会も
    充実していて
    平凡な1日と
    比べられないくらい充実し
    長く感じたのかもしれません。

    楽しい時間ほどあっという間に過ぎる
    という捉え方と
    楽しい時間ほど後から考えたら
    長く感じていたという捉え方があります。

    時間の考え方は
    色々ありますが
    私は、今、この時間を充実できるように
    全力で取り組みたい!
    そう考えています。

    5年後は凄い事になっていたいけど
    まずは目の前の事に真剣に取り組む!
    その結果、5年後は凄い事になってればいいかなと
    そう考えたりします。

    また、別の所では現実とは別の夢があって、5年後の自分も想像してたりするんですけどね~

  3. やっちゃばの士 | URL | -

    こんにちは。

    こんにちは。

    私は昔、岡山から新幹線で大阪によく行きましたが、子供の頃は六甲トンネルが非常に長く感じられたものです。

    時間軸について

    「今」が満たされていないから、本心のままに生きていないから、お金で、モノで「今」の満たされていない心を満たそうとするのではないでしょうか。今を自分の本心の願うように生きている人は、自然に先の目標やビジョンが見えてくるのではないかと思っています。

  4. ドクエメット | URL | b3OHxi0g

    こんばんは~。

    時間生物学によると、エネルギー消費量が増えれば増えるほど、つまり年をとればとるほど、時間の流れはゆっくりになるそうです。
    つまり、エネルギー消費量の多い子供は、大人より時間の流れが速い。

    だけど実感としては逆じゃないですか?
    今は一年がすっごく速いけど、子供の頃は長かったよなーって。

    なぜ、そんなこと(実感と現実の逆転)がおこるのか?

    子供の時間は速いから、同じ時計が進む時間内にたくさんのことをしている。
    で、あとから振り返ると時間が密に詰まっていて、長かったと感じる。
    ってのが真相のようです。
    後から振り返る時間というのは、「現在」の時間と逆の長さに感じるんでしょうね。

    というわけで5年後ですが、
    「いや~、あのころは一年が長かったな~」
    と言えるようになってないなあと思います。抽象的ですが。

  5. らん | URL | -

    毎日仕事しながら、夜はブログや情報収集、そして起業に向けての準備・・・
    時間はどれだけあっても足りないくらい早く感じています。

    でも、それを受止め自分に与えられた時間を有効に使いながら前進しているという実感はあります。
    今を一生懸命!これの積み重ねですよね~

    PS:自分の5年後はドックカフェの経営をしながら、クラフト教室も開いていて、忙しいながらも充実した日々を送っていますよ!きっと(笑)

  6. takatakago | URL | -

    おはようございます。
    日本ほど金融教育が遅れている国はないとききます。普段からこのようにお金のリテラシーを学ばせるのは大事な事ですよね。
    応援ぽちん

  7. SON | URL | -

    投資教育

    こんにちは

    子供たちに楽しみながら投資についての考え方を覚えてもらうのにいい方法だなと思いました。

    目先のことではなく長い目で見た場合どうなのかを徐々に鍛えていくことができそうですね。

    この方法で今度やってみようと思います。
    ではまた

  8. にじ色いづ | URL | -

    リックルさん、こんにちは☆
    時間軸とお金の関係…
    なるほどなあと思いました。
    お金に対する価値観って、同じ大人の中でも全く人それぞれだけど、そこにもきっと時間軸の捉え方が関わっているのですね。そう考えると、わたしと、わたしのある身近な友人のお金の使い方の違いも納得できるような気がしました。片方は未来ばかり見ている貯蓄型。もう片方は今を楽しむ豪快型☆さて、どっちがわたしでしょう(笑)
    いつか姪っ子におこづかいをプレゼントするときには、投資意欲を燃やさせるべく、この方法試してみようかな…☆

  9. リックルハング | URL | -

    稲葉さんへ

    後悔なく、今を精一杯。。
    稲葉さんがおっしゃると重みを感じます。
    ありがとうございます^^

  10. リックルハング | URL | -

    優希さんへ

    子どもの時間の感覚は、鼓動の早さと関係ありですか?
    ナルホド。。
    説得力あります。
    しかし、優希さんはいつも、もの知りですね^^

    優希さんも「今を全力で!」ですね。
    ボクも肝に銘じます!!

  11. リックルハング | URL | -

    やっちゃばさんへ

    ボクもそういえば、六甲トンネルめちゃくちゃ長く感じた。。超共感です!

    >本心のままに生きていないから・・・
    グサリきました。
    言うとおりだと思います。
    満たされない部分を何かで埋めようとしているのかも。。
    いいこと教えて下さいました。
    ありがとう!

  12. リックルハング | URL | -

    ドクさんへ

    うわー、ドクさんらしい、説得力ありまくりの解説ありがとうございます。
    皆さんそれぞれに説をご存知で、勉強になります^^
    なるほど、蜜であればあるほど振り返ると、時間が長いんですね。
    ボクも長いと感じないと。。^^;

  13. リックルハング | URL | -

    らんさんへ

    らんさんも、今を一生懸命、これの積み重ねですね!
    それでいて、5年後も具体的に、しかも「なってる」と言い切っているところは素晴らしい!!
    (なりたい・・・じゃなくてね)

  14. リックルハング | URL | -

    takatakaさんへ

    子どもにお金を握らせない日本の風潮はどうかと思います。
    だから大人になってもお金を責任持って握れない。
    自分で持つのが不安で銀行に預ける。。
    お金を手にしたとき、そのお金を活かす方法を考えられることが大事ですよね^^

  15. リックルハング | URL | -

    SONさんへ

    ボクは子どもにはしっかりお金を管理させようと思ってます。
    投資を教えるとかそんなじゃなくて、「お金の管理」です。
    お金という道具を操ることができるように^^
    多くの人は操られてますモンね。。

  16. リックルハング | URL | -

    いづさんへ

    ボクも子どもがもう少し大きくなって、おこづかいをあげるようになったら、試してみたいんです。

    「はい、おこづかい1000円。使ってもいいし、貯金しといてもいいよ。ただし、来月になったら、おこづかい1000円+残ってるお金の10%をあげよう。」
    使ってしまっても1000円は入る。
    全額貯金なら、1100円。(計2100円)
    その次の月は1310円(計3410円)
    さらに次の月は1341円(計4751円)・・・
    うわー、複利のチカラだ。
    こんな魅力、子どもはどう感じるだろうか?
    貯金しようと思うかな??^^

  17. ひまわりさん | URL | zATydYt2

    tashikani!
    kodomono koro no jikan to ima no jikan kankaku ha
    mattaku no betumono desune...(。-`ω´-)ンー
    5nen go no jibun kaa...
    omoi egaita youni narerukanaa....(。-`ω´-)ンー
    onnna no atashi ha kodomo ga ite toka kangaerukedo,
    otoko no hito ha motto shakai ni micchaku shita koto wo
    kangaeru nokana...
    izure ni seyo waratte isshoukenmei
    ganbatte itai desune... +゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+ 

  18. リックルハング | URL | -

    ひまわりさんへ

    笑って、楽しく、健康な人生を送る!
    これって、最高な夢なんですよね。
    夢を語るのって、何か具体的に職業とか、あるべき姿を言わないといけないと思い勝ちですけど、
    そーなんですよね。。。
    根本は、笑って過ごせる人生を手に入れたいんですよね。
    ボクは今うまく笑えていないな・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/tb.php/327-fedd1b1a
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。