スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

一輪車な働き方

2008年08月06日 06:00

幼稚園に通う娘の誕生日に、前から欲しがっていた一輪車をプレゼントしました。

喜んだ娘はそれからずっと、家の前で一輪車を練習しています。

これまでコマ回しや、けん玉、竹馬、自転車など、私が子どもの頃やっていた遊びをよく子どもに教えていましたが、一輪車はさすがにやったことがありません。

もちろん私自身が乗れないので、乗り方のコツなどを教えることはできません。

「ここまで来てごらん」

「大丈夫、できる。できる。」

と、精神論で導いてきました。

少しでも具体的な方法論で教えてあげたいなと思い、自転車の練習の時のように、少しだけ下りの傾斜のある道で、距離を少しづつ延ばして練習させました。

自転車のときは、傾斜があれば漕がなくても進むのでバランスを取るためのいい練習になったのですが、一輪車ではこの練習をしていて、ハッっと気づきました。



一輪車はハンドルもブレーキもありません。

ペダル操作だけでブレーキの役目も、ハンドルの役目も果たします。

ペダルとタイヤが一体化している一輪車では、たとえ下りの傾斜がある道で乗っても、タイヤが回る以上はペダルも漕がないといけないのです。

ペダルを漕ぐのをやめれば、一輪車は止まります。

前に進むには、ペダルを漕ぐしかないのです。

たとえ下り坂でも、休むことなく漕ぎ続けなければならないのです。

快適なハズの下りの坂道を汗びっしょりになって、懸命にバランスを取りながらペダルを漕ぐ我が娘を見て、何かしら考えることがありました。



一輪車・・・

それは自分自身の力、その能力、技術を元手に、お金を稼ぐ人、生活をする人に例えられます。

具体的には、自営業者(Self Employee)を想像します。

医者や弁護士などもその部類だと思います。

自分自身の磨き上げてきたそのスキルで、お客様の役に立ち、報酬を得る。

この人たちは、ハンドルもブレーキもない一輪車のように、自分自身のバランス感覚ですべてをコントロールします。

その結果、スピードの出る下り坂でも、休むことなくペダルを漕ぎ続けます。

むしろ、下り坂であればあるほど(繁盛すればするほど)、激しくペダルを回さなければ(多くの仕事をこなさなければ)なりません。

ペダルを止めた瞬間(仕事を休んだ瞬間)、一輪車は止まります(報酬はなくなります)。

忙しさ、仕事量(ペダルを漕ぐ多さ)と、得られる報酬(スピードや走る距離)が完全に比例する人たちです。

自分自身のペースで、自分自身のさばける範囲で仕事をコントロールできますが、自分の能力の範囲を超えた大きな稼ぎを得る(何十キロも遠くの距離を一輪車で走る)ことはできません。



私の両親は自営業者でした。

いい時流に乗った商売をして、とにかくよく売れました。

私も小さい頃はよく店の手伝いをしました。

ひっきりなしにお客さんが来て、とにかく目が回るような忙しさでした。

両親とも朝から晩まで働き詰めで、夕食は夜10時頃が常でした。

稼いだお金を使うヒマさえないくらい、よく働いていました。

両親はその仕事が好きだったので、毎日生き生き働いていたように記憶しています。

その後、震災の影響もあって、商売は辞めたのですが、会社勤めの稼ぎより、やったらやっただけ稼げる自営業の魅力に未練を残していました。

自分で仕事をコントロールする楽しさを覚えると、なかなか会社勤めはできないようでした。


今ではすっかり自由自在に一輪車を乗りこなせるようになった娘ですが、汗だくになってペダルを漕ぐその練習を見ていて、尊敬する両親の自営業での働き方に似ているなと、感じた私でした。


一輪車は、「自営業(Self Employee)」に似ている。

では、今の私の働き方、サラリーマンは何だろう?

これから目指す私のスタイルはどんなものだろう?

次回に続きます。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. らん | URL | -

    な~るほど~
    そう繋げましたか・・・(笑)

    相変わらず文章力がすばらしく、流石って思いました。

    自分は自営業に向けて走り出しています!
    一輪車のように自分次第で自分に返ってくる生き方を目指して自分探しの旅です!!

    ワクワクしますね♪

    PS:幼稚園の娘さん、その年で一輪車って凄くないですか?やり手ですね!

  2. リックルハング | URL | -

    らんさんへ

    はい^^、こう繋げました!

    一輪車、ボクらの時代じゃ、サーカスの世界だったんですけど、今は幼稚園で多くの子どもが乗れるんですよね^^;

    いつもありがとうございます^^

  3. ++拓++ | URL | -

    え~~~~~~!?
    コメント2つだけ~~~!??
    リックルさんのブログで珍しくないですか?

    せっかく上げた記事にコメがつかなかったときって悲しいですよね!?

    なのでコメしときますね♪

    あ~、サラリーマンは乗り物に例えるとなんだろうなぁ?わくわく
    さっきチラッと見えちゃったけど・・電車・・とか・・笑

  4. リックルハング | URL | -

    拓さんへ

    ありがとです。
    ボクのウンチクも、そろそろ飽きられたようです(泣
    このシリーズ中はコメントも、ランキングも寂しくなるのかな~
    不評シリーズということで、何がダメだったかあとで考えよ(笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/tb.php/326-ea255d00
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。