スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

愛よりお金?お金より愛?

2008年07月11日 05:40

今日も反論必至のお金ネタを書きたいと思います。

お金と愛について。


「現代社会では、充分なお金を得られないストレスが最も健康を害している」

「金持ち父さん」のロバート・キヨサキ氏は、著書でこう語っていました。

いわゆる”財布の癌”です。


お金が充分に手に入らないことによる、イザコザ。

夫婦間のトラブルはお金にまつわることがほとんどだと言いますね。

自分の買いたいものが買えない。

趣味に思うように行けない。

広い家が買えない。

友達は外車に乗っている。

恋人同士の時は、気にならなかったことでも、結婚して、ひとつの財布の元に生活を始めるようになると、その金銭感覚の違いにより、イザコザを生みます。

また、子どもの教育方針でモメる夫婦もよくいますが、コレも深く掘り下げてみると、お金の問題に絡んでくることが多いようです。

習いごとに行かせたい。

有名私学を受験させたい。

将来は○○に。。。

心の奥底では、本当はできればさせてあげたい、行かせてあげたい。

でも、そこに行かせるにはお金がかかる。

それは口に出せない。

お金を理由に子どもの教育を制限してしまう自分を認めたくないのです。

だから、それをさせないことの優位性、例えば公立の学校の良さや、その習い事の不要論を自らに言い聞かせ、それをしないことの方が、いい教育方針であることのように思い込む。

その思い込みを夫婦間で納得しあえない場合は、教育方針でモメるという結果を生みます。

根本は充分なお金を得られないストレス。

(あっ、ちなみに私は、公立の学校しか行ったことしかありませんし、私学を賞賛しているワケではありません。子どもにお受験をさせるつもりも全くありません。)


ヨーロッパの古くからの格言に、

「パンを食べられなくて、愛が語れるか?」

というのがあるそうです。

食べるのに困っているようでは、「好きだ」「愛してる」は後回しになる。。。

確かにそんな気もします。

「マズローの欲求5段階説」では、

最下層にあるのは「生理的欲求」

空気、水、食べ物、睡眠など、人が生きていく上で欠かせない欲求です。

今のところ日本では、空気、水はタダに等しいですが、食べ物と快適な睡眠は、最低限のお金が必要です。

それに比べて「愛」は、上から3番目「社会的欲求」、もしくは2番目の「自我欲求」

認められたい、愛されたいなど、他人からの賞賛を求める欲求です。

下層の欲求が満たされて、始めてその上の段階の欲求が芽生える。

まずは、お金がないと、愛は語れないのは、この点にあるのでしょうか?


「お金」と「愛」

「お金か?愛か?」

「愛か?お金か?」

永遠のテーマですが、私はどっちも大好きです^^


なんかオチがありませんでしたね(汗




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. 仙台っ子FPしょうちゃん | URL | Fq.t1ZMk

    「お金」と「愛」

    リックルさん、また悩ましいテーマを!

    わたしたちの生活において、
    「お金」は必要条件
    「愛」は絶対条件ではないかと思います。

    「愛」は
    感性・感覚・感受性など見えないもの。
    言葉で感じることもありますがね^^;

    一方、「お金」は
    紙幣という形で見えるもの。
    モノの対価として成り立つツールみたいなもの。

    本当は次元が違うものを比べることは
    できないけど、
    生活には「お金」、心には「愛」に一票かな!

  2. ジェイ | URL | -

    こんにちは

    リックルハングさん、こんにちは。

    国のレベルの争いも、根っこは経済的な問題
    があることが多いですし、犯罪もそうですね。

    ただ、経済の安定は不可欠だと思いますが、
    何でもそうかもしれませんが、「もっともっと」
    という思いが生じるとダメなのかなと思い
    ます。

    禅の世界に「少欲知足」という言葉があって、
    小さい欲で足るを知る。小さなことを喜べ
    る気持ちを持つ。
    という教えがあります。

    安定は必要だけれども、行き過ぎは災いを
    呼ぶのかなと思います。
    ただ、行き過ぎのライン。これは私には
    まだ見えませんが・・・。

  3. やっちゃばの士 | URL | -

    リックルハングさん

    リックルハングさん
    初めてコメントさせて頂きます。

    私も1972年生まれで子供が3人います。一番上の子が今春から幼稚園に通っているのですが、幼稚園に通い出すと、幼稚園で必要なものや、保護者との交際費、習い事など出費がどんどん増えていきます。

     先日もバレエを習いたいというので、バレエに必要なレオタードなどを買いそろえました。バレエをしたいと聞いたとき、喜ばしさと同時に「出費が増えて困っちゃうな」と思ってしまいました。

     子供の願い、特に教育や習い事の願いは何とか叶えてあげたいと思いますが、経済的な現実も無視が出来ません。子供が一番したいことを経済的な理由によって断念するとしたら、それは親のエゴの犠牲なのかもしれない等と思ってみたりします。

     そう考えてみると、愛するためにはお金を稼ぐ努力が必要です。たとえ、妻や子供がお金を求めなかったとしても、「愛」が「何かを与えたいという情的な衝動」であるならば、より多くのお金を稼ごうとするのが自然ではないでしょうか。

     リックルハングさんは私と同じ年で、家を建て、投資もされている。これは、まさに「愛」そのものだと思います。

  4. となりの芝 | URL | -

    愛に一票

    愛は見返りを求めないこと
    金は見返りを求めるもの
    じゃないのかな。
    私の中では、愛は子供。金は仕事を連想します。

    充分なお金を得られないストレスなんて感じたこともありません。
    結局、そんなストレスを感じる方は、愛が足りない方でしょう。

    幸せは、自分の内側にあるもの。
    そう、感じるものなのです。
    自分の外側に幸せを探しても見つからないんです。

  5. ドクエメット | URL | b3OHxi0g

    おはようございます~。

    「愛」と言ってもいろいろありますからね~。
    ヨーロッパの格言にある愛は「エロス」。つまり「恋愛」の愛。
    子供を思うのは「アガペー」。つまり、いわゆる無償の愛。

    一般的に前者は最低限の生活を保証するお金が必要ですが、後者はいかなる状況であっても成立しますね。
    「お金か愛か」ってときには、「愛」の区別をちゃんとつけるのが大切かと。

    ちなみに僕は、「お金も、愛も」です。リックさんに一票。

    もひとつちなみに、村上春樹が言っていた事ですが、幸せになるには
    「小さくても、確実な、幸せ」
    をいくつ見つけられるかだそうです。
    幸せのよりどころをお金のみに求めてしまえば、「もっと上」を目指さざるを得なくなり、「ささやかな幸せ」を見出すことは困難になりますね(あれ?この話、前にしましたっけ?)。

  6. らん | URL | -

    リックルさん!この前はコメントありがとうございました!風邪は完治しました。
    いやいや、やっかいな夏風邪にかかりました~

    今回のテーマ「お金と愛」
    これは非常に深いですよね~
    この2つを比べることが、ちょっと難しい感じはしますが・・・でもつながりやすいものでもありますもんね~

    うちも子供の教育で、どこまでさせるか!で考える際に「お金」問題は必ず直面します。
    この前も乗馬を習いたい!と娘が言い出し、体験させてしまったのが失敗?だったか、余計習いたい気持ちが高まってしまいました。でも乗馬ってやたら高い!まず高い!一般市民にはちょっと・・・笑

    ここで子供に対して、どんな説明をすべきか!で正直悩んでしまいます。

    うちは夫婦間のお金の感覚が同じなので、まだマシですが、違ってしまう場合は「お金と愛」のバランスは崩れてしまうのかも・・・

  7. リックルハング | URL | -

    しょうちゃんへ

    必要条件と絶対条件か~^^
    コメントくださった皆さんそうですけど、表現がほんと上手ですね!
    生活にお金、心に愛!
    使わせてもらいますよ~^^;
    いつもありがとう!!

  8. リックルハング | URL | -

    ジェイさんへ

    もっと、もっと・・・あくなき欲求の連鎖。。
    こうなると幸せを「感じる」ことができなくなってきますね。
    幸せを感じられる、心のゆとり。
    小さな感謝や喜びを感じられるような人間にボクのなりたいし、目指しています。
    もっともっとのパワーゲームにはまらないようにしなければ。。。

  9. リックルハング | URL | -

    やっちゃばさんへ

    はじめまして^^
    ありがとうございます!
    名前はどこかでよくお見かけしていました。
    同じ歳なんですね。ブログ仲間の同じ歳、結構いて心強いです!

    稼ぐことを「愛」と言ってくださって、ほんと嬉しい!
    お金を得ることを「愛」と呼べるやちゃっぱさんは、「お金」を不浄と思わないで、「愛」と同レベルで考えられる人。
    非常に共感を得ました^^

  10. リックルハング | URL | -

    芝くんへ

    幸せはなるものじゃなく、感じるもの。
    これはKBが好きな唄のワンフレーズだね。
    ボクもこれは大好きさ^^
    でもどうだろう?
    愛は子どもで、お金は仕事。。。
    前者はいい。見返りのない愛情。ペットなんかもそうだね。ボクはここに妻も入るよ。
    後者は・・・
    お金のために働いてるのかな?
    自分の労働の見返りにお金を得ているなら、ストレスを感じないかい?
    この点についてうんちくし出すと、ここでは語り尽くせないよ!

  11. リックルハング | URL | -

    ドクさんへ

    ズバリそうですね。
    ヨーロッパの話は恋愛です。
    お腹を空かせていては、君は美しいとか、好きだは後回しというわけ。
    子どもやペットの愛とは、少し違いました。
    「愛」でくくってしまうのは語弊がありましたね^^;
    お金、幸せ、愛、恋愛、健康、時間・・・
    なんでしょうね。。
    深いところにハマっていきますよ~

  12. リックルハング | URL | -

    らんさんへ

    夫婦がお金の価値感を共有できることって、ほんとに大事だと思う。
    この価値感の違いで、どんだけの夫婦が仮面夫婦になっていることか。。
    この価値感の違いは「愛」を砕く恐れもあるからコワイ^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/tb.php/316-d723139e
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。