スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

レッテルをはがせ

2008年04月19日 12:33

ずいぶん以前の話です。

NHKでやってた番組が、今でも私の心に強く印象付けられています。

固定概念や先入観が、どんな影響を与えるか?を検証している番組でした。


幼稚園の子ども20人を、10人づつの2つのグループに分けて、一輪車教室を開催する企画です。

子どもたちは全員、一輪車に乗るのははじめて。

一輪車を子どもたちに教えるために、一人の先生がこの幼稚園に招かれました。

もちろん子どもと先生は、まったく面識がありません。

約2週間、子どもたちに一輪車を特訓するのです。


ここから実験が始まります。

この一輪車の先生に、ある固定概念を植えつけるのです。

「こっちのAグループは、運動神経のいい子たちを集めました。すぐに乗れるようになると思います。」

一方、

「Bグループの10人は、運動の苦手な子が多いので、ケガをさせない程度にお願いしますね。」

もちろん根も葉もない情報です。

グループは無作為に分けられており、運動神経の差でグループ分けなどしておりません。

コッソリと一輪車の先生に、こんな固定概念を植えつけておいて、一輪車の指導がスタートしました。


先入観を植え付けられたこの一輪車の先生は、

運動神経がいい(と思っている)Aグループに対しては、

「わ~、さすがだねー!君たちだったら、その調子ですぐにできるようになるよ!!」

うまく乗れない子を見ても、

「大丈夫、大丈夫、最初は皆そうだよ!君はできる!!さあ、一緒に頑張ろう!!!」

と、指導しています。

一方、運動の苦手な子(と思っている)Bグループに対しては、

「おっとっとぉ、ケガしないように、あまり無理しちゃダメだよ。」

「一輪車は難しいからね。乗れなくても仕方ないよ。何回も練習しないと乗れないもんだよ。」

と、指導しています。


それから2週間、一輪車に乗れるようになった子どもの数。

ご想像の通りです。

Aグループは10人中8人。

80%の子どもが成功体験をしました。

一方、Bグループは・・・・・

10人中4人。

Aグループの半分でした。


固定概念、先入観が、教育に大きな影響を与えることを検証していました。

先入観により、その教育方法に差をつけてしまい、結果、勝手な思い込みで指導された子どもたちは、そうでない子どもたちに比べて、半数しか成功体験を積むことができませんでした。

この先入観がない状態で一輪車の練習をしていたら、もっと多くの子どもが一輪車に乗れるようになっていたハズです。


子どもの将来は、親やまわりの大人が決めつけた通りになってしまうと言うことの裏返しです。

「この子はそんな大物になれるハズがない。だって私の子どもだから。。。」

って、教育すると、その子は大物にはならないでしょう。

子どもの可能性を勝手に決めてしまってはいけませんね。


これは組織での人材育成にも通ずると思いました。

部下、同僚、いや上司でさえも、勝手に決めつけてしまうと、そういう接し方になってしまい、結果的に決めつけた通りの相手になってしまいます。

自分自身に対してもそう。

「自分はそんな器じゃ・・・」

って、自分に言い聞かせてたら、小さくまとまってしまう。


こんな固定概念・先入観・思い込みを「レッテル」って言いますね。

「レッテル」は相手を枠の中に入れてしまう、恐ろしい考え方。

子どもや自分のまわりの人間に、勝手な「レッテル」を貼らないようにしたいものです。

もちろん自分自身にも。


子どもに、
「○○ちゃんなら、絶対にできるよ!頑張ろう!!」

部下・後輩に、
「お前の実力なら、間違いなくできるゾ!行けー!!」

同僚に、
「お前、やっぱスゴいな!また教えてくれよ!!」

上司に、
「さすが○○部長ですね!ありがとうございました。また助けて下さい!!」

妻に、
「お前のおかげで、オレがいる。喧嘩もするけど、オレたちの相性って、やっぱ抜群やな!!」

自分に、
「オレは言ったことは必ずやるし、やれる人間だ!!」





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. SON | URL | -

    枠を取り除く

    こんにちは
    子どもの頃から植えついている枠を取り払うことができれば
    別の道が開くような気がしますね。
    きっといろんなことが面白くなると思います。

    面白い生き方をしたいですよね

  2. 優希 | URL | mQop/nM.

    素敵な話ですね~

    こんにちわ!
    夢は叶えたいと強く願っている人に
    必ず叶えさせてくれるといいます。
    プラス思考の方が成功するのは
    こういう考え方にあるんですね~

    楽観的に行動しすぎるのもよくないですが
    悲観的に行動しても何も生みません。

    だからといって、安易なお金儲けに走るのは
    違う気もするし、、難しいです。

  3. takatakago | URL | -

    重要だと思います!

    この間は熱いコメント
    ありがとうございました。

    人材の教育は、
    どれだけ相手のポテンシャルを
    発揮させてあげるかですよね。

    特に、子供さんや、
    新入社員に対しては、
    可能性を否定せずに、
    色々取り組ませてあげる事が
    重要だと思います。

    誰がどういう道を選んで、
    どういう成長をするかは、
    誰にも分かりません。

    だからこそ無限の可能性があり、
    働く意欲、頑張る意思が
    芽生えてくると思います。

    私も死ぬ間際まで、
    この無限の可能性を信じて
    頑張っていきます。

    応援ぽちり!

  4. アナタを180倍ハッピーにするぱぱ☆きんぐ | URL | -

    こんばんは!
    固定概念は時として
    可能性を狭めてしまいますよね。

    子供にいろいろなものを
    教えるとき、自分の一言が
    子供の可能性を狭めていないか
    いつも考えてしまいます。

    自分自身も○○でなければ…と
    いう固定概念をなるべくはずすように
    していきたいですね♪

    応援ぽちっと!

  5. 借金男 | URL | -

    う~ん 考えさせられます

    仮に、リックルハングさんと同じテレビを
    見てても、
    何も考えずに見ている借金男は・・・成長していません。
    もっと人生を有意義に生きなければと
    考えます。
    しかし、変わったことがあります。
    リックルハングさんのブログに出会って
    から、
    購入する土地の規模がますます。
    大きくなっています・・・
    前回の駐車場購入から
    今回は、4桁の広さになり、都市公園法を含んだ開発行為で行政に許可申請しています。ああ・・・借金増大しまくりです。

  6. 仙台っ子FPしょうちゃん | URL | Fq.t1ZMk

    おかしな世の中!

    レッテルを相手に貼り自分にも貼り・・・
    みんながそう感じていたら・・・

    おかしな世の中になりますね。
    コミュニケーション不足かな?
    社会全体が・・・

    見えない時代だからこそ、
    一人で生きられないからこそ、
    共に歩んでいくスタンスが大切ですね♪

  7. となりの芝 | URL | -

    私も、某社製の製品で固め「社長になる」と豪語してた君に、多くは望めないと感じてましたが・・・。
    バーチャルな世界でも1等賞になった君の可能性は無限大です。
    管理職になった今、接待費を使いまくって、今度は「チョウワル親父」になってマタマタ一等賞をゲットして、我々を驚愕させて下さい(笑)

  8. ユウ | URL | -

    う~ん、考えさせられる話ですね。
    子育てにおいて、『誉めて育てる』って良く聞くし、意識はしていました。
    こうやって文章を読み、実験の結果をみると差は歴然ですね。
    ただ漠然と過ぎていく毎日の中で、
    リックルハングさんのブログにくると、いつも目が覚める思いになります。
    いつか本、出してください(*≧▽≦)ノ☆
    絶対に買います♪

    話は変わるのですが、ブログタイトルを変えました。
    時間がある時でけっこうですので、変更お願いします。

  9. 拓 | URL | -

    激しく共感!

    この話、激しく共感です^^
    ちょっと前に私のブログで紹介した「名言セラピー」という本。
    この中にもコレと同じような話があり、数年前読んだときには思わず唸ってしまいました。

    以来、自分に対しても他人に対してもレッテルは貼らない、先入観を持たないということを強く意識しています。
    これはマネージメントにも非常に大切な考えだと思いますね。

    また、自分に対しては自らコレを逆手にとった刷り込みをする習慣を持ち、周囲からは自分が望むレッテルを貼ってもらえるようなブランディングを意識しています。

    ポチしていきます♪

  10. がら | URL | 0MXaS1o.

    なるほど~。

    何か新しい取り組みをする時に
    私自身、超ポジティブ人間から
    最悪の状態を考えて、失敗しても
    この位と・・・ネガティブ発想が
    継続されちゃうんですよね。。。

    成功しても浮かれないように、
    失敗しても想定の一つ。と考える。
    自分コントロールがなかなかウマク
    いかない私なのでした。。。

  11. miya244 | URL | -

    まさしく

    まさしくその通りですね。
    共感します♪

    自分の枠を決めるのは、誰でもなく自分。
    他人でも、能力でもなく、自分の感性こそが枠を作ってしまう。

    枠を取り払う為には…
    ともかくプラス思考こそが解になると想います。
    どんな時にも、先があると信じること。
    少しでも向上する事ができると信じること。

    これを、考え無しに地でできるようになれば、何が起きても強く生きられるでしょう♪

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  13. ひまわりさん | URL | zATydYt2

    いい意味でのレッテルを、貼っちゃえばいいんですね(*´∀`*)
    あたしも、今のお仕事になりたくて仕方がなかった頃、
    (あたしがならなくて、誰がなるのよ!ぜ~~~~ったいに、あたしはなるの!)
    って思ってました(*´ω`*) もちろん、根拠はありません(・∀・;)
    仲良しのお友達が、お母さんに、「なりたいと強く強く思うと叶うんだよ」って
    言われたと言っていたのを聞いて、それを必死で信じてたからです。
    結果は、リックルさんもご存知の通り(*ゝ∀・*)☆
    言葉のマジック、思いこみのマジックは、なかなか捨てた物ではないですよね(*´▽`*)
    素敵なレッテルなら、ペタペタ貼っていきましょう♪
    ペタペタ、ペタペタ♪

  14. ジェイ | URL | -

    こんにちは

    リックルハングさん、こんにちは。

    ほんとに大事なことですね。

    我々は、ほんの一面しか観ていないのに、
    色眼鏡をかけてみていて、必ずしも真実
    が観れてもいないのに、相手に勝手な
    レッテルを貼り付けてしまって、可能性を
    制限していますね。

    それにセルフ・イメージについても、
    過去の体験から無意識の内に制限を設けて
    います。

    自分も他人も、真実ではないことに束縛
    されない・しないようにしないといけ
    ませんね。

  15. リックルハング | URL | -

    SONさんへ

    そうですね。
    ボクたちは小さい頃からの教育によって、これが当たり前と思ってることも、意外と「枠」だったりする。
    枠を外せば、まったく違うものの見方ができる。
    それに気付いた者は、おもしろい生き方できるかも知れませんねー^^

  16. リックルハング | URL | -

    優希さんへ

    願えば叶う。
    逆に言えば、願わない人は先に進めない。。
    プラス思考、ポジティブな発想は「願う」ことを助けることに繋がるンですね。
    いつもありがとうございます♪

  17. リックルハング | URL | -

    takatakaさんへ

    夢を否定されたとき(そんなことはできないと言われる)ほど腹立つものはない。
    人の可能性を否定する権利は誰にもありませんもんね。
    夢を語るとき、人は模索中であることが多い。だから否定するのではなく、そっと見守ってあげることが大切だと思います。
    自分がそうされたいと思ったから^^

  18. リックルハング | URL | -

    ぱぱきんぐさんへ

    いつもありがとうございます^^
    ボクもいつも考えてしまいます。
    自分の価値感を押し付けすぎないように。
    自分の時代と違っていることをよく知ろう。。
    自分のときはこうだった、という固定概念は払拭しなきゃ^^

  19. リックルハング | URL | -

    借金男さんへ

    いつも考えているのはよく知ってますよ♪
    借金さんが何も考えてないハズがありません^^;
    それにしても、スケールがどんどん大きくなってらっしゃいますね。
    良く分かんないんですが、公園を買うんですか?スゴすぎ・・・

  20. リックルハング | URL | -

    しょうちゃんへ

    レッテルを貼って、そのレッテルの内容を皆で確認し合う作業、これがいわゆる悪口ってヤツですね。
    人間関係が疎遠な最近は、特にレッテルを貼りたがる傾向にあるように思います。
    言われるようにコミュ不足でしょうね。。

    琵琶湖でボート焼けして、顔が痛いデス(泣

  21. リックルハング | URL | -

    芝クンへ

    「チョイワル」じゃなくて、「チョウワル」なのね^^;
    ∞ありがとう。
    なんか褒められてるのか、呆れられてるのか・・・(汗
    芝クン夫妻の会話のネタになるような活躍を期待してくだされー^^

  22. リックルハング | URL | -

    ユウさんへ

    この実験マジでおもしろかったですよ。
    運動神経のあまりよくない子が、「できるできる」と言われ続けて、一輪車に乗るンですから。。
    おだて上手にならないとね^^

  23. リックルハング | URL | -

    拓さんへ

    名言セラピー読んでみようと思います。
    どんな風に書かれてるんだろう?

    なるほど、レッテルを貼りたがる人の心理を逆手にとって、自分の望むレッテルを「貼ってもらう」ようにする。。
    いいですね。いただきです(ニヤ

  24. リックルハング | URL | -

    がらさんへ

    ポジティブな考え方のウラに、最悪のケースに対する対処法を考えておく。
    さすが経営者だと思います。
    プラス思考と、リスクマネジメントの両方を兼ね備えて始めて経営ができるんでしょうね。
    実際にそのゲームに参加したことのないボクはただ感心するばかりです^^

  25. リックルハング | URL | -

    miyaさんへ

    うわー、お久しぶりです。
    コメントありがとうございます^^
    「自分」を信じれること、ホント大事ですよね。
    自分自身へのつまらないレッテル。こんなもの一番不要なものだと感じます。

  26. リックルハング | URL | -

    ひまわりさんへ

    ひまわりさんも、自分に言い聞かせ続けて、願い続けて、手に入れたンですね^^
    すごいな~
    競争率激しそうですもんね。
    ボクも負けてられないな。やるゾー!!

  27. リックルハング | URL | -

    ジェイさんへ

    ほんの一面だけ見て、すぐにレッテルを貼ってしまう。。
    ボクもずっとそうでした。
    そんな人がほんとに多い。
    気をつけよう。
    今でも無意識にレッテル貼ってるかも知れないデス(汗

  28. 借金男 | URL | -

    公園は、買いません 借りるだけです。

    リックルハングさん
    なかなかするどいですね。
    今回の計画は、公園(緑地)は、購入出来ないので、専用道路の取り付け(1350平米を自己負担で)と、占有します
    河川の占有と、鉄道の駅誘致などを含んだ、関係機関の許可と承認および水利組合の許可を、都市公園法・河川法などなどの法規遵守
    と、占有を国・県・市・自治会・水利組合と協議しています。開発面積は、個人住宅としては、少し大きい30000平米位です。緑地含んだ周囲10万平米以上・・・なんだか個人レベルではなく事業になってきました・・・借金しまくりで首まわらない。借金男です。

  29. リックルハング | URL | -

    借金男さんへ

    な、なんかものスゴい規模ですね。。
    なんかケタが大きすぎて、想像できませんよ^^;
    首もお金もまわりまくりの借金さん!

  30. けこぴです | URL | -

    こんばんは!
    先入観って危険ですね!
    常に冷静に見るクセをつけておかないと、
    伸びるものも伸びないのですね~。
    私も、勝手に子供の芽を摘んでしまわないよう、
    気をつけます。

  31. リックルハング | URL | -

    けこぴさんへ

    おはようございます^^
    身近な人ほど、なかなか客観的に見れないですよね。
    親のせいで子どもが伸びないなんて、やっぱり教育恐るべし^^;
    ボクも気をつけます!

  32. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  33. リックルハング | URL | -

    秘密コメントさんへ

    この記事がそんな影響を与えていたなんて、嬉しいです^^
    ありがとうございます!

    バス釣りシーズン来ました!!
    楽しみ~(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/tb.php/280-238f0732
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。