スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

チャレンジすればよかった・・・

2008年04月04日 06:00

団塊の世代の方の大量退職が始まっています。

私の会社でもそうです。


とある雑誌に、こんな興味ある記事が・・・

「サラリーマン生活を全うして、思うことはなんですか?」

と言うアンケートに対して、

最も多かった回答が、

「もっと、リスクを冒してでも、いろんなことにチャレンジすればよかった。」

その次に多かったのが、

「家族ともっと多くの時間を過ごせるよう、努力すればよかった。」


・・・なんか、考えさせられるアンケート結果です。


日本の高度経済成長を支え、会社に忠誠を誓い、「会社が家族」と言われた時代を生きてこられた団塊の世代の方々が、その生きがいとも言える会社を去るときに口にしたのは、

「チャレンジ(自己表現)」と、「家族」。

自分のやりたいことを殺して、会社に尽くしてきた。

家族とのふれあいの時間よりも、会社の付き合いを優先してきた。

そういう時代だったんですね。


今、この世代の方々で問題になっているのは、

会社に全てを捧げてきた人たちが、定年を迎えて、何を生きがいにすればいいのか分からない人が多いということです。

その結果、会社に延長雇用を申し入れて、大幅に下がる給与体系であったとしても、会社に雇われること、会社の名刺を持つこと、組織の一員であること、で安心を得る人がほとんどだそうです。

自分を犠牲にして、組織のために働くことが美徳とされ、そうしていれば、組織も一生面倒を見てくれた時代。

だから、定年を迎えて組織から解放されるというのに、まだ組織に入りたいと感じ、組織に忠誠を尽くすことを求めるのでしょうか?


時代は変わり、会社に忠誠を尽くす人は少なくなっています。

私も会社(組織)への忠誠心は薄い人間のひとりです。

「会社のために働く」

という概念が基本的にありません。

「自分のやりたいことをやるために、会社を使わせてもらっている。」

表現はよくないかも知れませんが、

「自分の夢の実現のために、会社という組織を利用している。」

と言えます。

完全に主体になるものが違います。

「会社のため」じゃなく、「自分のため」に働いています。

「会社の発展」ではなく、「自分の成功」を夢見ます。


団塊の世代をはじめとした、作れば何でも売れた高度経済成長時代。

国民、みな中流。国をあげての護送船団方式。一生懸命働けば定年後は、企業が、国が面倒をみてくれた時代。

自分の親を含めた、こうした時代を生きた諸先輩方には、こうした私の思考、ライフスタイルは理解し難いものがあるかも知れません。

しかし、こうした私のような考えを持った若者は、間違いなく増えています。

この世代間の価値観ギャップの境目にいるのが、私のような35歳から40歳くらいまでの人ではないでしょうか?


私の会社でもここ数年、社員旅行、ソフトボール大会、ボーリング大会といった、会社のイベントの参加者が激減しています。

こうしたイベントはともかく、仕事帰りの飲み会にさえ、参加する者は減っています。

若い20代の社員はほとんど来ません。来るのは失礼ですが、オジさんばかり。

若い世代は自分たちの趣味や、やりたいことがありますから、休みの日や定時後まで、会社のイベントに束縛されたくないのです。

それとは逆に、45歳を超えたオジさんの多くは趣味があまりないのでしょうか?

家に居てもやることがないのでしょうか?

必ずと言っていいほど、会社のイベントには参加します。

いや、そういう会社のイベントには参加しなければいけないという教育を、これまで受けてきたんでしょう。

「イベントに参加しないヤツは強調性のないヤツだ。」

とか言われ、昇進などにも影響があった時代なのかも知れませんね。


結局会社に尽くしてきた団塊の世代の方々も、会社を去るときには、「自己表現と家族」を口にしたのです。

自分を犠牲にして、会社に尽くした結果、後悔の言葉を発する人が多かった。。。

そういう親を見て育った子供たちは、自分が会社(組織)に入ったとき、会社とどう接するか・・・おのずと答えは見えてきます。

あと5年くらいしたら、もしかすると、会社のこういったコミュニケーションイベントは衰退していくでしょうね。


結局、自分のやりたいことをやらないと、待っているのは後悔だけ。

人間多かれ少なかれ、後悔はあると思いますが、自分のやりたいことをやれる人生を歩みたいと思います。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. 雲太 | URL | -

    こんばんわ。お久しぶりです。

    ちょっと考えさせられる記事でした(というか過去に結論を出した部分なんですが)

    雲太は技術職なので、「自分の時間を削って、技術向上」というのは当たり前の感覚だったのですが・・・。

    家族が出来てからは、その狭間で揺れることに。

    数年前に出した結論が、「家族との時間を第一に」でした。

    それ以来、会社にいる時間、イベント事にあまり参加しなくなっています。

    その選択が正解だったかの結果は、もうちょっと大きなスパンで見ないと分からないですけどね。

  2. 優希 | URL | mQop/nM.

    おはようございます!

    会社が大きい時は『会社は家族』っていうイメージはなかったですね~

    自分は自分を大切にって思っていました。

    しかし、店舗を運営する時には変わりました。
    みんな可愛いんです。

    一緒に働いているこは家族みたいに感じるんです。
    お互いが認め合って成長しあうんです。

    高度経済成長時もこんな感じなのかな~
    って、読ませていただいて感じました。

    その会社も小さく、家族みたいな関係で
    作り上げてきたんだな~って。

    会社が大きくなり、人間関係が薄れて
    お金をもらうために働く人が増えたのは
    残念ですね~

    なんか、昔は良かった的な考えになっちゃいましたね。。

  3. 吉野 成人 | URL | -

    こんにちは。

    考えさせられるアンケート結果ですね。

    確かに、チャレンジと家族というのは最重要キーワードだと思います。

    がむしゃらに働いて家族を養っていく。
    家族のために・・・と思っていたことが、振り返ると、本当に家族の為だったのだろうか?
    と疑問が生まれる。

    収入を得るために会社で働く、会社に貢献すれば収入に跳ね返ってくる。
    チャレンジしたいが、リスクを背負ってしまう。会社のため家族のためと思って一所懸命だったことが、あとになって思うと、もっとこうしたかった。
    と感じてしまう。

    なんか皮肉なかんじがしますね。

    すごく考えさせられる内容です。

  4. 仙台っ子FPしょうちゃん | URL | Fq.t1ZMk

    同じスタンスです♪

    私も会社(組織)への忠誠心は薄い人間のひとりだと思います。
    自分のためという気持ちがあって、結果的に会社に貢献できることが理想ですね。

    ただ、最近視点を日本に変えて考えることがあります。自分のため=日本のため?
    自分のためが個々の自分勝手になってしまえば、日本国の組織力が落ちて、世界に通用しない国になるのではないかと・・・

    その日本で暮らす私たちもレベルが落ちてしまうのかな???
    わかりません。答えがでませんが、ここまで考えるのは政治家の仕事なのかもしれません。
    整理できていない感じで失礼しました。
    これからもよろしくです!

  5. SON | URL | wLMIWoss

    自分で生きる力を

    こんにちは 
    SONも同じ思いですね。

    会社が平気でリストラを実行する時代です。
    最終的には自分の面倒は自分でみる力を今のうちにみにつけておきたいですね。

  6. 借金男 | URL | -

    会社人間・・・

    こんばんは
    借金男は、オジさん世代ですが飲み会には参加していません。
    仕事終われば、直に家に帰っています。
    もっと、大事に自分の時間を使いたいと
    思っています・・・
    また年一回10日以上の休みを、取っています。
    会社人間には、なれない借金男です。
    ・・・いつかは、芦屋に住みたいな
    実現出来ているリックルハングさんが、羨ましいです。

  7. 拓 | URL | -

    >社員旅行、ソフトボール大会、ボーリング大会といった、会社のイベント

    あるんですかぁ?
    まだこーゆーの???
    私はリックルハングさんとタメですが、、、
    うちの会社では私が新入社員、少なくとも2~3年のうちになくなりましたねこーゆーの。
    会社側で意識的になくしていったように思います。

    大筋では私もリックルさんと同感です。
    が、
    忠誠心とは違う、会社への感謝の気持ちや愛情は強いかもしれないと感じますね、私。

    大なり小なり共に作り上げる、共に成し遂げる場である限り、「絆」が重要だと思っています。
    「絆」を育てるために有効に活用できる場であれば、各種レクに対しても私は肯定的な見方です。

    そういった考えがしっかりと伝わっていれば、若手社員も自ら率先して参加してくれることを実感しています。

    団塊のころには、そういった動機付けが希薄だったんでしょうね。

    行くのが当たり前なんだよ!バカヤロウ!!
    みたいな 笑

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. takatakago | URL | -

    非常に考えさせられます。

    「もっと、リスクを冒してでも、いろんなことにチャレンジすればよかった。」

    後悔が残るという先人のコメントは、我々に重要な事を教えてくれているのではないか?

    私自身、食べていける収入さえあれば後はチャレンジしていいのではないかと思います。

    私も企業務めですが、何かが違う気がしています。

    「会社のため」ではなく「同じ志をもった仲間のため」というベンチャー企業に元気があるのは、このためではないかと思ってます。

    人生は一度きり、リセットもコンティニューもできない。

    せめて最後、笑って人生を終えれるような人生を送りたいと思います。

    応援ぽちりです。

  10. にじ色いづ | URL | -

    リックルハングさん、こんにちは☆
    わたしも、どちらかと言えば勤めてる会社に対しての忠誠心(?)は薄いほうだったと思います。ただ、上司や同僚や経営者が前向きだったり頑張っていらっしゃったり尊敬できたりすると、わたしも頑張って皆さんの役に立ちたい!なんて意気込んだり…。逆の場合もありました。失望しちゃって、やる気がナッシングになってしまったり…。
    とっても遠い将来の夢ですが、日本で一番待遇の良い会社というものを作ってみたいななんて思ったりします。個人にある程度の決断権が認められていて、休暇などは自由(仕事さえ滞りなくこなしていればいつ取ってもOK)、昇給額は自己申告で…など♪夢みたいな会社ですよね☆ただ、待遇の良い(社員一人ひとりを大切にする)会社には自然と能力の高い人材が集まってくれるんじゃないかと思うんです。そしたら、質の高い事業ができそうです。
    なんだか、自分の夢を長々と書いてしまって、失礼しました。書いてる内に熱くなっちゃいました(笑)

    追伸
    リンク、ありがとうございます。とっても嬉しいです☆

  11. がら | URL | 0MXaS1o.

    ん~

    私は微妙かもです。
    年齢的に団塊Jr.よりは上で
    一概に「自分のやりたいことをやれる人生」
    だけとは思えないものがあります。
    勿論、やりたい事をしていないか?
    と言われれば、たぶん人よりは恵まれた
    環境で行なっている方なんだと思います。

    ”やりたい事”と言う言葉を後悔しない事と
    置き換えるだけであれば、当然、賛同は、
    いっぱいしてしまいますが、その次元が
    身勝手な事をする事だと勘違いしている
    方があまりにも多すぎる。
    会社の為とは思わないまでも、一時的な
    自分の感情を満たすためのモノだったり、
    後先、考えずに行なった結果が結局は
    尻拭いを先輩や上司がしていたり・・・
    この”やりたいこと”の言葉の意味は余りにも
    深すぎるような感じも致します。。。

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  13. ジェイ | URL | -

    こんばんは

    リックルハングさん、こんばんは。

    私は40歳ですので価値観ギャップの境目
    にいる人間です。
    そういう意味で、私より年配の方、お若い
    方の考え方はわかるような気がしています。

    私の意見を言わしてもらうと「バランス」
    が大事なのかなと思っています。

    自分自身、会社、そこで働く仲間、
    お客様、そして家族。
    どこかに偏ることなく、全てが満足できる場所に、身を置く。判断軸を置く。

    抽象的な話で、理想論かもしれませんが、それが大事かなと思います。

    そして人生は、何かに依存することなく、
    主体的に判断し、責任は自分でとる気持ち
    が大切だと考えます。

    あとから、ああしておけば良かったという
    のは好ましくないと思います。

    何が真の意味で自分のためか?
    よく考えて、その時々、意思決定していく
    ことが大切だと思います。

  14. リックルハング | URL | -

    雲太さんへ

    おひさしぶりです。コメントありがとです^^
    家族ができる、特に子どもができると、価値感変わりますよね。
    特に働き盛りの30代の頃って、子どもが一番可愛いとき。
    年輩の方の中には、「オレは子どもの出産のときも、子どもの入学式のときも会社を休んだことなんかないゾ!」って自慢気。
    それって、僕的には惨めに映りましたよ。。。
    何が正解かなんてないし、自分で納得できるか、後悔しないかどうか、ですよね。

  15. リックルハング | URL | -

    優希さんへ

    いつもありがとうございます!
    ウチの会社でも、たしかに小さな営業所はなんか家族のような付き合いしています。
    組織が大きくなりすぎると、その一体感が得にくくなるんでしょうか?
    高度経済成長の時は、恐らく皆が同じ夢「豊かになりたい」を共有して、家族のように共に走ってきたんでしょうね。
    ある種、その情熱の共有は、うらやましいと思います^^

  16. リックルハング | URL | -

    吉野さんへ

    会社のため、家族のため・・・
    結局、”誰か”のために頑張ったところで、自分が後悔するようじゃいけないんじゃないか?最近そう思うのです。
    犬を飼うとき、ブリーダーの人が言ってました。
    犬のため・・・犬が喜ぶには・・・
    こればかり考えると、犬を飼うことが重たくなって、飼ったことを後悔するようになってしまう。
    あなたが楽しむことを考えて下さい。犬はあなたが(ボスが)喜ぶのが、一番嬉しい。

    これって、家族すべてに通ずると思いました。

  17. リックルハング | URL | -

    しょうちゃんへ

    スゴいですね。スケールが大きい。。。^^
    たしかに日本は、個の力よりも、組織力でここまで来た国。今のサッカー日本代表もそう。
    組織力を落とさずに、個の力を上げていく方法・・・結局行き着くところはコミュニケーション、絆、人間関係なのでしょうか^^

  18. リックルハング | URL | -

    SONさんへ

    はじめまして、コメントありがとうございます^^

    ですね~
    会社や国に依存して生きる時代は、もうとっくに終わっているのに、気付いている人は意外と少ない。
    自分の身は自分で守らないとね~^^

  19. リックルハング | URL | -

    借金男さんへ

    自分の時間をキッチリ取られ、自分のビジネスも確立され、しっかりと自分の人生を自分の責任で歩かれている借金男さんは、ほんと尊敬します。
    ボクも目指しますよ~^^

  20. リックルハング | URL | -

    拓さんへ

    あるんですね。これが。。半ば強制チックな雰囲気で。。。
    若いもんのほとんどが、休みを潰してイヤイヤ参加している現実。
    会社の金も、時間もムダだし、これを企画してくれる人の努力も報われずかわいそう。。だって幹事さえもイヤイヤなんだから。
    なんかウチの会社もヤバいかも(汗

    絆はイベントなど強制しなくても、自発的に生まれる。
    これからの時代の組織の絆は、もっと違うカタチになると思う。

  21. リックルハング | URL | -

    takatakaさんへ

    >人生は一度きり、リセットもコンティニューもできない。
    やらなかった後悔より、やって失敗した後悔の方が自分的にはスッキリする。
    好きな女の子に思いを告げられなくて、ウジってるより、告って砕けた方がスッキリするハズ。って言うか、スッキリした。砕けた経験多数。。。(汗

  22. リックルハング | URL | -

    にじさんへ

    遊びに来てくれてありがとう!
    夢を語りだすと、熱くなって止まりませんね。(ニヤ
    ボクと同類だな~^^
    やっぱり思った通りだ。。。^^;

    いいですね。
    主体的な人間を育てる会社。そしてそういう人が自然と集まる会社。
    やりましょう!!

  23. リックルハング | URL | -

    がらさんへ

    やりたいこと=身勝手なこと
    そう捉えて、暴走している人はたしかに多いですね。
    「誰にも縛られず、オレのやりたいようにやらせてもらうぜ。」みたいな。
    組織にいる以上は、主張する前に義務を果たさないといけません。
    主張ばかりするヤツはクビでしょう。
    そんなヤツはそれまで組織に”守られてきた”ことを分からせないといけません。
    自分ひとりで何でもできると勘違いしてる系ですね。
    がらさんは経営者のお立場から、貴重なご意見ありがとうございます^^

  24. リックルハング | URL | -

    ジェイさんへ

    >人生は、何かに依存することなく、主体的に判断し、責任は自分で

    まさにコレに尽きますよね。。
    ボクの言いたいことの核心をついて下さる^^
    サラリーマン、とくに大手企業に勤めてると、このことが欠如してしまうような気がします。

    いつもありがとうございます^^

  25. ひまわりさん | URL | zATydYt2

    リックルさんに賛成です*(≧ω≦)/*
    あたしのお仕事でも、海外のステイ先で、
    お食事に行かない=協調性がないって思われたり、
    割と一匹狼のあたしには、正直しんどいこともあります・・・ε-(;-ω-`A) フゥ…
    でもリックルさんのような方が上司だったら、
    逆にすすんでお食事に行きたいなんて思っちゃうんだろうなぁ・・・(*´ο`*)
    自分のため=プライベート優先 は、本当に望むところです・・・

  26. リックルハング | URL | -

    ひまわりさんへ

    ひまわりさんはマイペースな感じの人っぽいので、わかる気がします^^;
    ボクが上司だったら、ひたすら語ってますよ?イヤがられると思う(汗

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/tb.php/260-931c4312
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。