スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

世界一のお金持ち

2008年03月10日 07:29

世界億万長者ランキングで、マイクロソフト創業のビル・ゲイツ氏が、13年間君臨し続けた世界一お金持ちの座を譲りましたね。

新たに世界一のお金持ちになったのは、あのカリスマ投資家ウォーレン・バフェット氏。

株式投資で、ついに世界一お金持ちになっちゃいましたね。


彼の本は非常に多く出版されていますけど、株式投資に関して多くの名言を残しています。

その中で私がとても気に入っており、自分自身の投資判断以外にも、生きていく上で肝に銘じている言葉があります。

「バカでも経営できる企業を探しなさい。いずれ、そういう人間が経営者になるのだから」

私はこの言葉が大好きです。

有能なリーダー、カリスマ経営者によって、大きく業績を伸ばしている企業よりも、

親会社などから天下ってきたボンクラ経営者によって、安定的に業績を上げている企業に投資することをバフェット氏は説いています。

このことは、私なりの解釈によると、

強いビジネスというのは、”個”に依存してはいけない。

誰がやっても同じ結果を得られるような、”仕組み”を構築しているビジネスが強い。

ということになります。

キーワードは、”個”よりも、”仕組み”。


確かに、”個”に依存すると、その人がいなくなると、その企業の業績が悪化します。

その依存された個人は、会社の業績のために、休むことなくひたすら働き続けることになります。

結果的に後継者を育てる時間もなく、その人の引退とともに、企業も衰退していくのが、カリスマ経営者の居る会社の典型。

カリスマシェフのいる有名高級レストランよりも、マクドナルドやケンタッキーフライドチキンのように、たとえジャンクでも、誰が作っても同じ味が出せる”仕組み”のある企業の方が、投資対象としてはいいようです。


この点で私は、自分の投資経験上、苦い思いをしました。

私は33歳頃まで、もともと本など読まないタイプの人間だったのですが、とある人の本を読んで、すっかり感銘し、その人物に興味を持ちました。

そして、その人はある上場企業を経営していることを知り、

「こんなスゴイ人が経営している会社だから、必ず成長するはず。」

と、その会社に投資しました。

ところがドッコイ。

私がその会社の株を買って、1年後、その人は経営の一線から退き、後身に道を譲ったのです。

するとどうでしょう・・・

株価は一気に低迷し、業績不振のため社長の交代も続き、未だ業績回復の道筋は見えておりません。

私の出資したお金は1/4ほどになってしまいました(泣

その人だけで持っていた会社だったんですね。


個人に依存しすぎない。

私はこの原則を、投資以外にも、実生活でも取り入れています。

FPとしてお金にうるさい私ですが、家族の中では自分が家計を管理し過ぎないようにしています。

このことは、以前に「入ってくるお金と出て行くお金」の記事でも触れましたが、万が一、私に何かあったとき、家族が路頭に迷っては困ります。



人に頼られることは、結構気持ちのいいコト。

自分だけにしかできないようにして、自分の存在価値を高めて、満足している人が多くいますが、往々にして自己満足であることが多い。

自分がいなくなったときに、まわりに迷惑がかかったり、守るべきものが守れなかったりしたら、それはその人の責任かも知れませんね。

子供の教育でもそう思います。

自分が居なくても、しっかりと生きていけるように教育したい、そう思っています。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. ひまわりさん | URL | zATydYt2

    なんでも自分でやっちゃおうとしちゃうのが、ただのできる人で、
    自分がいなくても困らないようにしてあげるのが、本当にできる人なのかなぁ。。。
    あたしも、面倒見がいいおかん系なので、
    自分がいない間のごはんまで作って行くようなタイプです・・・(^-^;)
    時には、崖から落っことす冷たさも必要だわ!(ん、なんか違う!?)
    リックルさんのお話は、凸ヾ(・ω・`*)ヘェー が多くて、
    そういう話好きなあたしは、いつも楽しみなんですよ(*´∀`*)

  2. あぶりしゃけ | URL | MY55Xq8c

    人の命はやがて終りがきますが、技術やシステムは後進にうまく伝えていければ、少しずつ時代に合わせて姿を変えていくかもしれませんが、ずっと生き続けていくものですよね。

    本当に優れた人は、自分で何でもできてしまう人ではなく、人の話を良く聞き入れて構築し、それをまたうまく伝えていける人なんだと思います。
    そう考えると、人にとって一番大切なのはコミュニケーション能力になるのかしら?

  3. リックルハング | URL | -

    ひまわりさん、こんばんわ

    なんでも自分でやっちゃう→100のことができる。
    人にお願いして引き受けてもらう→ひとり80としても、5人のお願いしたら400のことができる。
    一人で400はちょっとムリだし、5人の人にお願いして気持ち良く引き受けてもらう能力は、とても難しい。。

    いつもウンチクばっかりですけど、お付き合いありがとです^^

  4. リックルハング | URL | -

    しゃけさん、いつもありがとございます^^

    「名選手必ずしも名監督にあらず」
    自分のことは超一流にできても、誰かを超一流の人を育てるのは、かなり難しいんですよね。
    ほんとしゃけさんの言うとおり、コミュニケーション能力。。。
    デキる人はこの能力が例外なく、長けていますね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/tb.php/259-6873d262
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。