スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

営業マン?販売員?

2008年03月01日 06:00

私は今、会社では営業の仕事をしています。

どんな仕事かと言いますと、お客様に自社の商品やサービスをご用命いただく仕事です。

わかりきってることですけど、注文をとってくる仕事です。

もともと理系で、エンジニアだった私ですが、4年前に営業職を希望して、配置転換になりました。

エンジニアの頃から”しゃべり”が出来たので、営業を希望したら、すぐに行かせてくれました。

営業マンの中では最もキャリアの短い私ですが、今は自他ともに認めるスーパー営業マンです。


今日は誰も聞いてもいない私ごときの武勇伝を、聞いて頂きます。


スーパー営業マンの私は、営業の体質でキラいなものがありました。

「営業は足で稼げ!注文もらうまで帰ってくるな!!」

「とにかく押せ!営業は押しが肝心だ!!」

「売り上げ上がってないな、根性入れろ!営業は気合いと根性だ!!」

「最後は泣きつけ!かわいそうやから注文あげるわ、と言ってもらえ!!」

と、まあ、こんな感じのヤツです。

言葉にしてハッキリと、こういうことを言われるワケではありませんが、このようなニュアンスの発言は上司や営業マンの間で飛び交います。

ちなみに私の勤めている会社は、ヤバい訪問販売しているような会社じゃありません。

世間でも名の通った、従業員7,000人超の会社です。

私に言わせれば、こんな古い体質の営業手法を、私はハナから否定しました。


営業は足で稼ぐ・・・

私の外勤率は誰よりも低く、お客さまにしょっちゅう出向くようなことはありません。

今の時代、通販や、ネット販売など、顔が見えなくても商売が成り立ちます。

お客さまによっては、会うのが煩わしい、接客されるのがイヤ、セールスかけられるのがイヤ、という人は意外と多いんです。

最近はアパレル関係でも、”接客しない”ことをウリにしているショップがあるくらいです。

私は、TEL、FAX、メール、お手紙、これらのツールで顧客接点を保つことが多いです。

よって私は足で稼ぎません。靴の減りは誰よりも少ないかも。


営業は押しが肝心・・・

これもやりませんね。

人間って、押せば、引きますからね。(私自身がそうですから)


営業は気合いと根性・・・

気合い入りすぎて、闘志メラメラ、ギラついた人からモノを買うのは私は嫌いです。

自分が買うときにイヤな思いをしたことは、普通しませんね。


最後は泣きつけ・・・

「かわいそうだから・・・」なんて理由で買ってもらっても、お客さんに何のメリットも生みませんので、その後リピーターにはなってくれないでしょう。

それどころか、今後、「買ってくださいよ~」って泣きつかれるのがイヤで、会ってくれなくなるでしょうね。


じゃあ、どうやって売るのか。

簡単ですよね。

今まで言ってきたととおり。

自分が不快に思ったことはしない、自分が買いたいと思った、そのことをやるだけです。


プロの営業は「(問題)解決」を売り、素人は「商品」を売る。

営業の世界でよく聞く言葉です。

私は「販売員」と言われたくありません。

「商品」は売っていませんから。

「リックルハングに相談したら、何かいい知恵くれそう」

お客さんにそう思ってもらうことが、私のミッション。

だから私は「営業マン」という言葉が好きです。


日本ではまだまだ「営業」の地位が低いようです。

生産立国「ニッポン」ですから、基本的に優秀な人材は生産部門へ送り込まれる傾向にあるようです。

営業部門には生産系で役に立たない人が、

「お前みたいなヤツは、営業でもやってろ!!」

と、言われて行くような部署になっていたようです。

それは、これまで私が書いてきたような、「営業」=「押し売り、あつかましい、強引、体育会系」といった風潮が根付いていたからでしょう。

本来、営業という仕事は、「解決」を売るような職種、たとえば医師、弁護士のように、多くの人から尊敬されるような仕事なのです。

アメリカでは「セールスマン」の地位は、弁護士、医師と並び称されるそうです。

別に地位は欲しくありませんが、「営業」がバカにされるのはイヤですね。


そうだっ、今度から名刺の肩書きに

「スーパー営業マン リックルハング」

って入れておこう。

んで、その下にでも、

「お客さま、私が担当になってラッキーですね!」

ってやってみようかな^^;





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. あぶりしゃけ | URL | MY55Xq8c

    あ~、なんかすごくわかります!
    私は、営業マンはサービス業、接客のプロだと思っています。
    お客様に幸せな気分になっていただいて、それに対してお金を払っていただくのもじゃないのかなって。。。
    営業マン自身も、楽しく仕事をできないといけないですしね!

    私自身が、大学を卒業して1年ほど広告の営業をやってたのですが、何もわからない新人は根性営業、お願い営業をしろっていう命令でやってたのですが全然面白くなかったですね。
    もう、しんどいだけで、当時のお客様にも申し訳ないなぁって思ってます。

    その後、いろいろあって旅行業界に転職したのですが、添乗員としておもてなししてるうちに、売ろうと思わなくてもお客様から貸切ツアーなどのオーダーが自然に入ってくるようになりました。

    売る商品にもよるかもしれませんが、自分がしてもらって嬉しいかもって思うことをしていれば自然に売れるようになるって言うのは、同感です!

  2. リックルハング | URL | -

    しゃけさん、ありがとう^^

    自画自賛記事へのコメントありがとうございます・・・(汗
    さすが元添乗員のしゃけさん、お客さんを喜ばせることの快感を知ってらっしゃいますね。
    これって、家族でも、友人でも一緒ですよね。
    「欲しければ、与えよ!」ですもんね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/tb.php/257-37fc3d82
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。