スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

住みたい街ランキング

2007年01月11日 22:07

芦屋は誰もがご存知の通り、東の田園調布」「西の芦屋」と呼ばれる高級住宅街です。
2006年関西住みたい街ランキングでも昨年に続き1位となっています。
住んでみたい街(関西)トップは「芦屋」
2位の西宮とは大差をつけています。(3位は神戸、4位夙川、5位岡本 と上位5位はすべて兵庫県のいわゆる阪神間と呼ばれる地域です。)

私たち一般サラリーマンは住宅を購入するとき、この地域には普通は手を出しません。
なぜか?
「めちゃくちゃ高いからです!」
手を出す人たちは、いわゆる富裕層か、すでに定年を迎えた退職金ガッつり組か、どちらかです。実際私のご近所もだいたいそういった人たちばかり。

なのに私は手を出しました。大きな借金をして。
なぜ手を出したのか?
それは皆さんと少し「家」「ライフプラン」「ライフマネー」に対する考え方(思考)が異なっているからかも知れません。

 私は家を買うこと、建てることは完全に「不動産投資」だと考えています。
「いや私はこの家を売るつもりないし、一生住むつもりだから投資じゃないよ!」
と考える方も多いと思います。
このブログを呼んで下さる、おそらく30代のサラリーマンの方、「本当にその家に一生住むのですか?住めるのですか?」

私たちはサラリーマンです。
いつ転勤になるかわかりません。
こんな時代です。いつ転職・退職せざるを得なくなるかもわかりません。
さまざまな事情により住宅ローンが払えなくなり、家を売らざるをえない場合もあります。
本人だけの問題でもありません。親の都合、子供の都合で引越しを余儀なくされることもあります。
ご近所とのトラブルも引越しの原因の上位に数えると聞きます。
地震、台風等の天災、火災などの事故、これらによって瞬時に家を失うこともあります。

私は臆病もので、リスク(予測していなかったこと)に対して非常に敏感です。
なぜそうなったかは前回報告の通りですが、人生の中で大きなイベントである住宅購入については、完全にリスクを考えた不動産投資として考えております。

これから家を買おうと思っている方にリスクの話をすると、二の足を踏んでしまい「もうちょっとお金が貯まるまで待とうかなあ」と思うかもしれませんね
しかし、

リスクばかり考えて行動を起こさず、今を楽しめないのは決して豊かな人生設計と思えません。

私の考える「不測の事態に備えながら、今を楽しめる人生設計」は、将来のリスクに対する備え””今の生活の充実”を両立させる思考なのです。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

  1. 麒麟 | URL | wr80fq92

    以前西宮に住んでましたが本当良い所でした。
    大阪も神戸も近いし。
    その前は夙川に住んでました。これまた
    並木とかすごい良い所だったなぁ。
    さらにその前は神戸。
    なんだかランキングを住みまわってるようなw

    芦屋には縁がなかったなぁ

  2. リックルハング | URL | -

    麒麟さん、コメントありがとうございます。

    住みたい街ランキングめぐりですか・・・?すごい!!

    確かにきれいな街が多いので、このあたりに住むと、なかなか出られません・・・^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seikatsusekkei.blog88.fc2.com/tb.php/100-1fc5bf9f
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。