スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

永遠の価値を持つ相続品

2010年07月31日 16:31

今年の夏は、例年にも増して黒くなってしまいました。

家族で毎週のように川遊びに行ったり、

会社のゴルフのコンペがあったり、

一番大好きな夏のバス釣りと、

炎天下でのレジャーばかりで、特に顔と腕がかなりコゲております。

特にボートで釣りをするときは、何一つ障害物のない琵琶湖の上で、直射日光と、水面からの反射で、2倍焼いてくれるんです。

春スキーのような、ちょっと過激な焼け方になるんですよね。。

そんな中でずっと帽子をかぶって、偏光サングラスしてるもんですから、

これがみっともない焼け方してしまうんです。

オデコは白いまま、顔の下半分だけ、まっ赤っか。

サングラスの跡もクッキリ。

私は普段メガネなので、サングラスの跡は隠せるのですが、オデコだけは隠しようもなく、

いわゆるツートンカラーの顔になっとります(汗)



会社の同僚からも、「あちゃ~」的な視線を受け、何食わぬ顔で仕事をしてると、

上司から、

「こら、リックル、お前その顔でよく営業やっとるな。笑いで仕事とってるだろ?」

「確かに客先に出向いても、切り出しの会話に苦労することはありません。お客さんから突っ込んできてくれますから(汗)」

「よし、じゃあ次は、顔のタテ半分のツートンカラーにしてこい。今度釣りに行ったら、顔の左半分だけ焼いてこい!!(爆)」

などと、イジられる始末。


もう何回も皮がむけてしまいました。

もともと色白ですから、焼けている部分と焼けていない部分の色の差がクッキリ。

夏ですから、まあ全然OKなんですけど、

さすがに歳を感じるのが、大量のシミです。

これはいけません・・・

学生の頃はサッカーをしていたので、一年中黒かったのですが、あの頃はこんな見苦しいシミはなかった。。

ああ、これが肌の衰えを感じる瞬間ですね(泣)



でも、釣りはもちろん、

家族みんなが大好きな川遊びもやめることはできませんね。

太陽の日差しを浴びながら

小魚やカニ、エビなどを捕まえたり、

水の音に耳を傾け、

川の流れに身を委ねて、

冷たい水のを吹き抜けるさわやかな風を肌で感じ、

マイナスイオンを思いっきり吸い込んでいると、

これ以上ない心の洗濯、真っ白になれる自分を感覚として得られます。

そして、子どもの頃遊んだ記憶に似た懐かしい気持ちを感じることができます。


最近はこうして遊べるところが、なかなか少なくなってきたのですが、

夏休みの子どもたちには、こうした遊びの経験をさせてあげることで、

生き物を大切にし、自然を愛する、心豊かな人間に育ってくれると信じてやみません。


最近はムシを触れない子どもが多いと聞きます。

セミやカブトムシが怖い、

カエルが気持ち悪い、

・・・

私が小さいときは、これらの生き物は夏のヒーローだったのに。。

虫カゴいっぱいにセミをとってたし、

両親の田舎に里帰りしたときの一番の楽しみはカエルをとることでした。

そうした幼少期の経験が、私のアウトドア好きの原点になっているし、

子どもたちにもそれを伝えたいと考えるのは、同じように自然とのふれあいが大好きな妻も同じです。

おかげで、我が家の子どもたちは元気いっぱいに家の前の公園でセミを捕まえ、

田舎に帰ると、カエルを追いかけております。

この前行った川は、イモリもいたし、ヘビもいました。

上の娘は、家に帰って、我が家に住み着いてる「ヤモリ」と、川で見つけた「イモリ」の違いを調べ、

夏の絵日記に書いていました。

私もよく知らなかったので、とても勉強になりました。


おそらく私の子どもたちは、将来家族を持ったときに、こうして自然の中で遊ぶことが多くなるでしょう。

こうして自然は人を育て、

歴史をつくっていくんですね。




「子供に相続できるもので永遠の価値を持つものは二つしかない。

”ルーツ”と”翼”である。」



大好きな言葉です。

ルーツとは、家系。すなわち、信頼関係で繋がれた家族の絆。

翼とは、そのイメージ通り、自ら羽ばたくことのできる能力。



「人生で最大の成果物は、家族である。」

大前研一氏の、これまた深い言葉です。

世間体を重視する日本人は、

妻や子ども、もちろん親や兄弟、親戚など、

大切な人を後回しにしてしまい勝ちだと言われています。

人生のプライオリティをよく考えて、「今」という時間を大切にしていきたいですね。
スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

昔はよかったと口にしながら、生きていくのはイヤだから

2010年07月26日 22:10

ブログを長いことやってると、更新しないと心配されてしまうのですが、

私は生きております(笑)



気がつけばアクセスカウンターが40万アクセスをオーバーしていましたね。

昨年の6月末が30万アクセスでしたから、約1年で10万ペース。

ペースはなんとか、これまで通りを維持できています。

いつも足を運んで下さる方々に感謝しています!


でも今年はさっぱり更新ができていませんし、

週1更新がやっとで、「ひとりごと化」しつつあるこのブログ。。

皆さまに見捨てられないように、クオリティを上げていかねばと思うしだいなのですが、

なんとかマイペースでやっていきます。



そんな私の最近は、

平日は猛烈に仕事をし、週末はこれまた猛烈に遊んでおり、

例年にないほど本能のままに生き、充実した夏を送っています!

そのせいか体調もすこぶるよく、公私ともに質の高い仕事ができていると自負する毎日です。

特にプライベートの充実が、仕事のモチベーションにもつながっており、いいリズムというかサイクルを感じています。

去年は定時後や休日も、社外の活動や自己啓発に取り組んできましたから、プライベートの時間があまり取れませんでした。

今年はそれを取り戻すかのように、家族や昔からの友人との時間を大切にしています。

ま、そんな風に時間を仕分けているワケじゃないんですが、

今の私の立ち位置で本能のままに過ごすと、こうなっただけのことで・・・


先日も、中学時代からの親友と数年ぶりに朝までウダウダやりました。

学生時代の懐かしい、それでいてちょっと恥ずかしい話なんかで盛り上がってました。

そんな青春時代の楽しかった話、アホな話をしながらも、悩める世代の生き方談議にも火がつき、

互いの方向性を飾ることなく、隠すことなく、素の自分で話すことができました。

で、早朝の4時を回った頃に、

「何歳になっても、オレらの遊びは変わらんなー。ちょっとは成長してるんかなー」

なんてお互いに言いながらも、タクシーでそれぞれの自宅に帰れるようになったことは、昔より少し出世したのかも知れませんね。

金の無かった若かりし頃は、2時間くらいかけて歩いて帰ったりしてましたからね。。



私は古い友人や同僚と、過去の話をしながら盛り上がるとき、必ず気をつけておく心構えがあります。

それは、

「過去にすがらず、これからのお互いの健闘を誓うこと」



昔はよかったねと、

いつも口にしながら、

生きていくのは

本当に嫌だから・・・



古いフレーズですが、まっきーの名曲です。スコット・マーフィー版がカッコイイ!






ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブルーレイって必要なの?

2010年07月18日 00:58

先週末、ついに薄型テレビを購入しました。

我が家は新築してからアンテナを立ておらず、JCOMのケーブルテレビなので、すでに地デジ対策はできているのですが、

さすがにデジタル放送の文字をブラウン管テレビでは読みづらく、ついに購入を決意しました。


今年買い換えるのは決めていましたが、ワールドカップ後が一番の買い時との情報を得て、その作戦に便乗しました。

ワールドカップ前や大会中は、キレイな映像でこの大きなイベントを観戦したいとの需要が多く、電器屋も強気の商売をしてくるとか。

そしてそれが終わると、チャンスなんだって。

でも、それからのんびりしてると、今度は来年の7月でアナログ放送が終了するわけだから、電器屋としては絶対に売れると睨んで、ある意味強気に逆戻りするんだとか。

ほんとかウソか知りませんが、とにかく我が家としての需要が高まりを受けて、11年使ってきたブラウン管TVを手放す覚悟を決めました。



家電にうとい私。

とにかくまずは、近所の量販店をハシゴしました。

ヤマダ、ミドリ(エディオン)、ケーズ、ジョーシン・・・

ハシゴして、率直な感想、

「薄型テレビって、こんなに安くなってるの~♪」


結局、冷やかし程度で覗いたジョーシンで、めちゃくちゃ安いの見つけて、

そのあと、ヤマダにその価格ぶつけてみたら、あっさりついてた値札から15000円も引いてくれて、ビックリするような価格を出してくれたので、ヤマダでお世話になることにしました。

関西資本でなんとか頑張ってるジョーシンを応援したい気持ちはあれど、

やっぱり業界のガリバー「ヤマダ」の前には、接客といい、価格といい、大きな差が出てしまいましたね。


合わせて、テレビと同じく11年間使ってきたビデオデッキも買換えました。

こっちはブルーレイをどうするかが焦点になりましたが、映画をレンタルしたり、買ったりする習慣のない我が家では、

たまにテレビ番組を録画できればOK程度なので、今回、ブルーレイは見送りとしました。

店員はキョトンとしてましたが、どうーしてもブルーレイにしなきゃいけない理由を見つけることができず、この選択となりました。



とにかく、アナログな我が家にデジタル家電が仲間入りです。

ほとんど見ないテレビを少しは楽しんでみようかな・・・


なんやかんやで、一時リッチな気分にさせてもらったボーナスやら臨時収入のお金たちは、これを機にキレイさっぱりに消え去りました。、

つまり我が家のタンスから、日本経済の活性化に貢献しておいたワケなんです。



なのに、なのに・・・

株価は低迷したままですね(泣笑)



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

青空に恋焦がれ

2010年07月15日 22:26

心のバランスを崩して戦線離脱中の同僚から、ランチのお誘いがありました。

自宅に居ても気が滅入るので、ちょくちょく街に出てきてるとのこと。

一見普通に見えましたが、話しているとやはり心の中の波を感じます。

私も一度、ウツの経験があるので、とてもその反応がよく分かりました。

感覚的には、まだしばらく現場復帰はできそうにない感じでした。

奥さんや小さなお子さんが心配です。



同じように心を壊して3月に退職した女の子からも、最近相談を受けるようになりました。

彼女の送別会のときに、私がハートを病んでいた時のことや、現在でも持病としてある病気を持っていることをポロっと話したことを覚えてたみたいで、アドバイスを求めてきます。


今の職場でも数人が精神疾患で長期療養中ですが、今度は逆に、心を病んでしまった部下を持つ同僚が悩んでいます。

「どう接したらいいのか分からない」

「いつ復帰させるべきなのか、判断が難しい」

と、自ら精神科医に足を運び、どう接していくべきか勉強しに行ってます。

実際に心を病んでしまって病院に来る人も多いけど、こうして身内や部下・同僚が病んでしまい、その接し方のアドバイスを求めて病院に来る人もかなり多いようです。



先の見えない混沌とした時代。

夢や希望を持てない環境下では、心の閉塞感というのは助長されてしまうのでしょうか?

医者によると、前線が停滞しているこの梅雨どきは、自律神経系の疾患を発症したり、症状がひどくなる傾向にあるそうです。

たしかに、うっとしい日が毎日毎日続くと、気が滅入ってくるのは事実ですね。


心の病気の経験者として、いろんな人の相談を受けながら、

エラそうにアドバイスなんてできませんが、

自分がよくなったキッカケや、

今でもかなり意識している適度なストレスの解消法やリラックス法など、

そんな話しをしていると、そのたびに自分の今の状態を見つめなおすいい機会になっています。


毎日の雨模様で、ちょっと暗い話題になりましたが、

早くあの透き通った青い空を見せて欲しいものですね!






ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

思考硬直

2010年07月09日 01:48

娘がとあるシンナー系の香りを臭ったときに、

「あっ、カネダインの臭いがする。」

と言いました。

「カネダインって何?」

と私が聞くと、

「えっ、お父さん知らないの?図工の時間に使う接着剤。」

と教えてくれました。


しかし、私はピーンときました。

あー、セメダインとまちがえとるな・・・

「それって、セメダインのことやろ?カタカナの「セ」と「カ」は似てるから間違えやすいけど、ホントの名前はセメダインやで。」

「違うよ、カネダインって書いてたよ。みんなもそう言ってる。」

「あ~、それ間違えとんな。学校行ったら、もっかいよ~見てみ。セ・メ・ダ・イ・ンって書いてるから。」

「えー、そーかなー」
















んで今日、仕事から遅くに帰ってくると、娘からのメモが机の上に置いてありました。



「セメダインもあるけど、カネダインもあるんだよ。ほらね↓」


20100709013601.jpg












歳をとると、思考が固くなるって言うけど、

思い込みって、よくないね。。

猛省(泣)



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。