スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

「自分が売りたいもの」と「お客さんが欲しいもの」

2010年05月30日 19:34

気候のいい時期ですね。

この季節、週末はいつも家族で公園に行ったり、山に登ったり、川原で遊んだりと、お弁当を持ってのアウトドア三昧なのですが、昨日は久しぶりにショッピングに出かけました。

スーツやら靴やらが買替えの時期になってきたので、いつものショップにGO!


まず最初に、「Uア○ーズ」へ。

シューズやらスーツを見ていると、スタッフが接客に来ました。

非常にいい距離で対応してくれます。

私は足が小さいので、いつもシューズ選びに苦労するのですが、その店員さんも同じ悩みを持っているとか。

結局、シューズはサイズに合うものがなく、このショップではスーツのみの購入に。

感じのいい店員さんは、

「スーツと合わせて、シューズをお揃えできなくて、申し訳ありません。」

「○○さんとか、△△さんはもう行かれましたか?あそこならお客様のサイズも置いているかも知れません。」

と、超紳士的。

私のニーズに応えるために、自ショップ以外の情報もくださいました。



気持ちのよい買い物をして、次に「シッ○ス」へ。

ここはドレスシャツがいつも気に入っているので、買い足しに来ました。

先ほど同様に、スタッフが接客に近づいてきます。

妻と話しながらシャツを見ているところへ、その店員さんがこんなアドバイスをくれました。

「私のイチオシはこのシャツです。ここがこうなってて、カッコいいんですよ~」

と、全く興味のないシャツをどんどん出してきたので、

その手のシャツは興味がない旨を丁重にお伝えし、自分の探している感じのものを伝えました。

「それならこれがお奨めですね。色は私なら絶対、青で。」

と、またも”この店員さんの好み”のシャツを提案してくれました。

その中に結構いいのがあったので、それの37ってありますか?とサイズを申し入れると、

「申し訳ありません。そのサイズはもうありません。」

というオチになりました。



営業をやってる私としては、2つのショップのスタッフの接客に改めて勉強させてもらいました。

1件目のスタッフは、

私のニーズ・悩みをまず聞き取り、それに合うものを提案してきた。

2件目のスタッフは、

自分自身が好きなものを一生懸命に提案してきた。


お客さんの欲しいものを売る人と、

自分の売りたい商品を売る人。


今の時代、誰が考えてもどっちが求められているか一目瞭然で分かることなんですけど、

以外と、自分の好きなもの、自分の売りたいものを必死で売っている人が多いと思います。

私の会社でもそう。

「新商品が出たので、今月はこの商品を重点販売しよう。」

なんて発想は、まさに”売りたいものを売る”やり方ですね。

モノがあふれるこの時代には通用しません。


お客さんが欲しいものを提供する。

そして、お客さんの期待以上のものを提供することができれば、自動的にファンになってもらえますよね。



それにしても、自分のショップ以外の情報を提供してきたあの店員さんは、かなりの顧客目線の持ち主でした。

思わず、

「いい接客(営業)されますね。とても気持ちよく買い物ができました。」

と、感謝&さぐりを入れてみると、

「以前は外回りの営業していました。」

とのことで、「ナルホド!」とうなずいてしまいました。

スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

人は人、自分は自分

2010年05月28日 23:21

3月~4月の送別会、歓迎会ラッシュが終わったと思ったら、自分の転勤で、変な時期に歓送迎会が立て続けに入ってきました。

故障者がらみの急な異動でしたので、すでに新しい職場で仕事をしているのですが、正式な人事異動は6月1日付けです。

自分以外の人事もありますので、6月もしばらく飲み会が続きそうです。



昨日は新しい職場での、前任者の送別と、私の歓迎を兼ねた飲み会。

私は新参モンですので、主役はやはり去る側としての前任者です。

前任者はユーモアあふれる人望のある人でしたので、多くの人から惜しまれる声がありました。

皆、口々に

「○○が居なくなると、寂しくなるなー。事務所に笑いがなくなるかも?」

のようなことを言ってました。

いつも明るく笑いを飛ばしていた彼の後釜ということで、なんだか重責を感じていましたが、

私は笑いをとれるキャラではありませんので、やる気やモチベーションで雰囲気を盛り上げていきたいです。

前任者と私は違いますので、マネはできませんし、

するつもりもありません。

そのうちすぐに、私のカラーに変えてやるぞーって、思ってます。



最近、仕事の記事ばっか、書いてるな。。

妙に一週間が早く、あっという間に週末が来てしまう今日この頃です。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

自分のペースで人に貢献する

2010年05月25日 22:49

新しい職場の顧客引継ぎが一段落して、ようやく自分でスケジュールを立てられるようになってきました。

焦らず少しづつ環境に適応していきます。


それにしても、新任挨拶に回っていてよくあるのが、お客さんからのいわゆる「試し」です。

一日の挨拶まわりを終えて、事務所に戻ってくると、先ほど挨拶したお客さんから電話のメモが・・

何だろうと思って電話すると、

「さっきはわざわざご苦労さんでした。ところでさっそくなんだけど、○○ってどういう構造になってるか教えてくれない?」

と、ちょっとした質問を投げかけてきます。

これが数件ありました。

質問の場合もあれば、

「いきなり申し訳ないんだけど、契約料金は何とかもう少し安くならない?」

とか、

「前任の○○クンから、聞いてもらってると思うけど・・・」

みたいな宿題を出してきます。


「あ~、試されてるな。。」

なんて思いながら、ちゃっちゃとサバくんですが、私の実力やスピードを確認してくる人がいるんですよね。

お客さんの意図が分かってますから、最初にハートをガッツリ掴むため、何でもない処理でも気合い入れて対応してます。

信頼を勝ち取るまでが勝負ですからね。



4月にハートを壊して長期休暇に入っていた前任者も何とか出勤できるようになって、聞きたかったことが聞けるようになって、仕事はスムーズにまわり始めそうです。

私が仕切るチームは年上ばかりですが、とにかくメンバーがいいので、わきあいあいの雰囲気が好きです。

やっぱりチームの人間関係が職場のストレスの大きな原因になりますから、ここは大事にしないとね。


まだ同僚の中で療養中の人が二人います。

一人は心の病、もう一人は十二指腸潰瘍で入院中です。

現代はストレス社会ですから、ストレスを無くすことはできません。

ストレスとどううまく付き合っていけるか。

これが現代社会の生きる術なのかも知れませんね。


新しい職場での私に課せられた期待は大きいものがありますが、焦らず、強いチームに仕上げていきます。

私自身がチームづくりを楽しみながら、一歩づつ前に、確かな道を進んでいきます。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ワールドカップ メモリーズ♪

2010年05月23日 22:58

もうすぐ、サッカーW杯が始まりますね。

いまいち盛り上がりに欠けると言われている今回の大会ですが、最近はいろんなテレビ番組で過去のW杯を特集するようになり、そのときの自分を思い出して懐かしんでおりました。



一応、私は「キャプテン翼」世代でして、

スポーツといえば、サッカーしか知らない少年でした。

始めてワールドカップを見たのは、86年のメキシコ大会。

マラド-ナに始まり、マラドーナに終わった伝説の大会でしたね。

中学生の私は大会の興奮の余韻から、猛烈に部活の練習に打ち込んだことを思い出しました。

この頃は、日本がワールドカップに出るなんて夢のまた夢の話。

サッカー部の仲間たちも、プロになりたいというヤツは一人もいませんでした。

当時はヨーロッパか南米に行かないとプロにはなれませんでしたからね。。


その次は1990年、イタリア大会。

遊びほうけた学生時代の真っ最中でしたが、これも結構見ました。

イタリアのスキラッチの泥臭いスーパーサブぶりをよく覚えています。


1994年のアメリカ大会。

本大会はあまり記憶がありませんが、何と言っても、最終予選の「ドーハの悲劇」が忘れられませんね。

とんでもない絶望感に打ちひしがれ、日本中が泣きました。。


そして、98年フランス大会。

ジョホールバルの歓喜の瞬間をテレビで見て、興奮が抑えられなくなり、

絶対に本大会はナマで応援すると決意しました。

で、彼女(今の嫁さん)と一緒にフランスへGO!!

私の初めての海外旅行は、フランスでのW杯観戦でした。

チケット問題などで一時はどうなるかと思いましたが、無事にジャマイカ戦を観戦できました。

日本が史上初めて、W杯で得点をしたシーンを目の前で見ました。(ゴン中山)

近くの知らない日本人と抱き合いました。(嫁が白い目で見ていましたが・・・)

外国で聞く「君が代」に鳥肌が立ったことを、今でも忘れられません。


次は、2002年日韓大会ですね。

これも見に行きました。

大阪の長居スタジアムの日本-チュニジア戦。

あらゆる手を尽くして、チケットを入手。

嫁さんと行くつもりでしたが、長女の出産と重なり、サッカー部の幼馴染と行くことに。

その他の日本の試合も、会社を早退してTV観戦してました。

なんか仕事で、エラいさんから表彰をもらうことになっていましたが、それよりサッカー観戦を選んだことを覚えています(汗)

今思えば、若かったな~


んで、06年ドイツ大会。

家を建てて芦屋に引っ越してきた年で、さすがにお金は無く、

長男出産を控えていたこともあり、とてもドイツまで行こうという発想はありませんでした。

それでも、日本サッカー黄金世代の成熟期の大会ってこともあって、テレビに釘付けでしたね。

結果は散々でしたけど。

まだまだ世界は遠いということを実感しました。

中田ヒデがこの大会でピッチを去ったのも、寂しい記憶となりました。



と、まあ、これまでのMYワールドカップをフラッシュバックしてきましたが、記憶の一番古いものは中学の頃の大会ですから、もう24年前のことです。

恐ろしいですね・・・^^;

上の子は今、小学校2年ですから、私が少年サッカーを始めた年になります。

最近は子どもとボールを蹴ることがありますが、すぐに息切れをする情けない状態。。

ワールドカップの歴史とともに、自分の体力の低下を痛感します。

運動不足なだけですけどね。


さて私はこの2010年という年、南アフリカW杯をどんなふうに記憶するのでしょうね。

6月の開幕が楽しみです♪



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

今となればよき経験と思えることばかり

2010年05月16日 21:16

転勤に伴い、15年通った事務所を離れることになりました。

引越しの身支度で書類などを整理していると、いろんな懐かしいものなんかが出てきたりして、ふと寂しさを感じました。



震災の年に転勤になり、この事務所に来ました。

新規事業の立ち上げとして、少人数の特殊な部署に配属されました。

超ハードでした。

休みの日も昼夜を問わず、会社からの電話がしょっちゅうあり、自宅から緊急出動が何度もありました。

心の病気になって、会社のトイレで顔を覆って涙をこらえていたこともありました。

とにかく鬱病になるまで働いた20代の頃を思い出しましたね。


その部署は今や大きな組織になり、新規事業とは呼ばれなくなりました。

支店の売上の中で1割にも満たなかったため、苦労のわりには存在感のなかった部署でしたが、

今や、4割を超える事業にまで発展し、支店の中でも大きな存在感を発揮する部署になりました。


私はその部署の立ち上げ期を経験したあと、営業職に転換し、また一から勉強し直しました。

営業になってからの最初の1年は猛烈に働きました。

「半年以内にまわりの営業マンに追いついてやる!」

そう思って、ガムシャラに働きましたね。

そうして、結果が出せるようになってくると、なんとなく一目置かれるようになってきて、

営業に転換して3年後には、部下を持たされ、グループリーダーを任されるようになりました。


順風満帆といえば、そうでした。

この事務所での得た経験としては、

「とにかく最初はガムシャラにやって、周りが認めてくれれば、そこからは自分のペースでできるようになる。」

ということ。

また、新たな場所でガムシャラに働く私がそこには居るのでしょうか・・・?



転勤は2度目ですが、転居を伴う転勤ではありませんし、比較的近い距離の転勤なので、たいして大きな環境の変化とは考えていませんが、やはり多少の緊張はあります。

明日は新しい事務所での初出勤です。

今週は本格的に引き継ぎが始まりますし、以前の担当顧客を後任に引き継がないといけませんので、両方の引継ぎをでハードになりそうです。。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

動物園の動物たちは幸せですか?

2010年05月13日 23:29

少し前にニュースで、野生のサルが、動物園のサル舎の中でエサを食べているところを捕獲されたとのニュースがありました。

そして先日、会社の後輩が私にこんなことを聞いてきました。


「動物園の動物と、野生の動物、どっちが幸せだと思いますか?」



なかなか考えさせてくれる質問でした。


生きている間は、毎日の安全と食事は担保された動物園の暮らし。

万が一病気になっても、獣医さんがすぐに駆けつけてくれます。

しかし、自由はありませんね。

それに対して、明日が保障されない野生の暮らし。

でも、自由です。


この対比は、すぐにサラリーマン(公務員)と、起業家・自由業の人を連想してしまいました。

最近はサラリーマンでも明日が保障されているとは言えませんが、

これは動物園が倒産するのも同じこと。

自分のオリの中で、いいパフォーマンスをしてお客さんをたくさん集めることができれば、動物園も繁盛して経営安泰なワケで、これはまさにサラリーマンと同じだと思います。


「そりゃ、野生の方がええに決まっとるやろ!」

カッコいい答えをするなら、そう答えるところでしょうが、

なんだか究極の選択だなぁと考え込み、答えを出せませんでした。

小学校の頃から動物園に行くたびに、そのことを考え、今でも答えが出ないというその後輩。

そして、二人で

「幸せって何なんだろうな・・・」

と、残業で疲れた帰りの電車の中で、しんみりしておりました。



子どもや愛犬、そして妻、

私は家族とともに笑っている瞬間が最高に幸せを感じます。

そして、自分の趣味に没頭しているときも。

そうした幸せを手にするために、仕事としては動物園のオリの中に居てもいいんじゃないか?

と思うこともある一方で、

男として、このまま平々凡々と中流に終わりたくないという野心もあるワケで。。

簡単には選べませんね。



ただ一つ確かなことは、

私は今、はっきり言って幸せだということです。

家族にも、友人にも、仕事にも恵まれ、何不自由ない生活をしています。

どちらかというと裕福な家庭に生まれ育ち、好き勝手やって生きてきました。

大げさかもしれませんが、私の前世はきっと行いの良かった人だと思うくらいです。

なぜかしら、何をやってもうまくいくことが多いですし、

今の生活を「自由のないオリの中」と思ったこともありません。


そんなことをひしひしと考えていると、

犬飼ターボ氏の名著「CHANCE」の見出しに書かれた、インパクトのあるフレーズを思い出しました。


「あなたは仕事で成功したいのですか?それとも人生で成功したいのですか?」



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

転勤

2010年05月12日 01:01

かれこれ15年ちかく通ってきた事務所を離れることになりました。

季節外れの転勤です。

とは言っても、プチ転勤かな?

今の事務所から最も近い営業所に異動になります。


昨日、突然の辞令を受けて、ビックリ!

しかも、正式には6月1日付けの異動なのに、一刻も早く移れるように現行業務の引継ぎを急げとのこと。

昨日も今日もバタバタです。。



時期はずれですし、普通ではあり得ない急な異動。


これにはワケがあります。



毎年の春の激務の最中に心を壊した同僚が、その営業所の営業リーダーをやっていたのですが、

4月中旬からゴールデンウィークを挟んでの長期療養のあと復帰のメドが立たず、

私がその後任として着任することになりました。

4月中旬から実質リーダー不在で運営してきたその営業所は、やはり限界に達したようで今回の急な人事異動となりました。


辞令を受けた私は、ま、新しい環境でまたイチから頑張ろうと気を入れなおしていましたが、

問題は今の私のチームのメンバーです。

つまり残されるほう。

私は常に自分が居なくても回るチームを意識してつくってきたので、問題はないと自負しているのですが、

やはり、残されるほうは不安が大きいようです。

かなりメンバーに動揺がはしっていましたが、2日ほど経って、私も含めて現実を受け入れるようになってきました。



慣れたメンバーに、

慣れた職場、

慣れたお客さんと、

慣れたルーチン。

これまでの実績から、何を言っても私の意見が通る環境。

一目置かれた立場は、やりようによってはサボることも容易でした。

はっきり言ってここ数年は、こうした慣れに甘んじ、ラクを覚えていましたが、

また新しいイチからの環境で、異なるメンバーのリーダーを張らないといけません。

部下はいずれも年上の人です。

マンネリ化した日常から、こうして刺激的なチャンスを与えてくれるカミサマにちょっと感謝します。

顧客の層も、これまでと全く異なります。

めちゃくちゃいい経験になりそうです。

わずかな不安もありますが、「今」できることにとにかく集中して、また早くラクできる環境を築きたいですね!


しばらく慌しい日が続きますが、

修行するぞ・・

修行するぞ・・・

修行するぞ・・・・・

とにかく眠いので、こうしてつぶやきながらおやすみなさいzzz



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

自分の居場所

2010年05月07日 08:00

日ごろのうっぷんを晴らすかのように、釣り三昧のGWでした。

日焼けでパンダのような顔になっていますが、なんとか仕事をしています。



会社の昼休みは、GWどうしていたか?の話題が中心でした。

部下、上司、同僚の休日の過ごし方を聞いていると、なかなか面白い傾向があることに気づきます。

これは以前から思っていたのですが、

比較的若いメンバー(20代~30代)の特徴は、

自分の趣味や家族など、会社以外のコミュニティで余暇を楽しんでいる。

それに対して、大先輩(40代~50代)の方々は、

特に何もしていないか、もしくは仕事をしている。

全員が全員そうではありませんが、私の勤務先では、こうした傾向がかなり強いです。


この傾向は、会社の定時後にも同じことが言えます。

ある世代を境に、家族や社外コミュニティで休日や定時後を過ごす者と、

社内コミュニティの中で過ごす者とに分かれます。

飲み会はほんとに若手は来なくなりました。

そして、飲み会に来ない若手の文句を言いながら飲んでいるのは上の世代ばかりです。

私のような30後半世代は、その狭間のビミョーな世代かも知れません。。



ところで、なんでこうなんでしょうか?

狭間の世代になって、少し気づいてきたことがあります。

それは、

上の世代は、ある程度の年齢になり、それなりの役職にもついていますので、会社というコミュニティの中で威張ることができます。

発言力も、権限も増し、会社の中での存在が大きくなっていきます。

それに対して、若い世代は会社の中ではペーペーですから、コキ使われるだけ。

休みの日は気を使わずに開放されたいという思いが強いでしょう。


逆に家族から見た場合はどうでしょう?

40後半から50代になってくると、子どもの手は離れ、休日も家族バラバラの過ごし方が増えてきます。

プライドがどんどん高くなる亭主の扱いに困る奥様も、休日に旦那が家に居るとご機嫌ナナメ。

反対に若い世代は、家族一緒の行動が多く、まったく対称的です。


そうなると、

上の世代の構図はこうです。

家では居場所がないけど、会社では威張れる。

だから休みなのに仕事ばかりしているし、社内コミュニティしか人間付き合いがない。

逆に若い世代は、

会社じゃ下っ端でコキ使われてばかりだけど、家では妻も子どもも慕ってくる。

だから会社は一目散に抜け出して、家族や自分の活躍できる社外コミュでの付き合いが多くなる。



これまで私は、休日も自主的に会社に出てきて、サービス残業で仕事をしている人の気持ちが理解できませんでしたが、

会社で一目置かれるようになり、自分の発言力が大きくなってくると、なんとなくその気持ちが分かるようになってきました。

会社でものすごく認められてくるようになると、居心地がよくなるんでしょうね。

でも、それにハマりすぎると家族からは拒絶され、そうして歴史は繰り返されるのでしょうか・・・?



自分の居場所の中心は、いつまでも家族でありたい。

そう思いつつ、明日は11回目の結婚記念日を家族で祝福したいと思います。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

至福の時

2010年05月01日 23:53

7連休に入っていますが、予定はビッシリです。

1年で一番遊びまくる時期に入りました。

釣り三昧のGWがスタートして、2~3時間睡眠と、11時間睡眠の繰り返し^^

バス釣りが最もアツい季節です。

日頃、浪費はしないタイプの男ですが、この時期ばかりは貯金を取り崩してでも、全力で遊びます。

ま、お祭りみたいなもんですね(汗)


中でも、1年で最も贅沢に遊ぶ日があります。

去年もブログにアップしてますが、コレ↓です。

 


 


今年もバスプロのボートに乗せてもらってきました^^

バス釣りを愛するものにとっての最高の贅沢です。


私は初めてこのバスボートに乗せてもらったとき、そのあまりに猛烈なスピードに不覚にも腰を抜かしてしまいました。

ポイントについたのに、あまりのスピードの恐怖で立ち上がれない・・・

やっとの思いで立てたものの、足が震えて、しばらくまともに釣りができませんでしたね。

顔も、走行中の涙と鼻水で、かなりキケンな顔になっていたはず。。


もうだいぶ慣れたとは言え、琵琶湖をかっ飛ぶように走るこのボートは、今でも乗ってるだけで最高の気分になります。

さらに大物が釣れりゃ、この世の天国なんでしょうけど、

今日は大きいのは釣れませんでした。

ま、楽しみは置いとこうじゃないの・・・って感じでしょうか。。



それにしても、

昨日は2時間の睡眠で、

今日、朝6時間から夕方6時まで12時間立ちっぱなしで竿振り続けて、

昼間はコンビニおきぎり3つだけ、

食べる間も惜しんでの釣り三昧。

最後の1分になっても、まだまだやりたいって思うのは、釣りをやらない人から見たら、狂気の沙汰だろうな。。

仕事中のあれほど気分がすぐれなかった日々がウソのような体調。

いつもはめちゃくちゃ疲れやすいのに、人間って不思議な動物ですよね(汗)



一人で興奮気味の記事を書きましたが、さすがに失速してきて、まぶたが重いです。

ブログ友達?のKBさんと二人で、毎年ボートに乗せてくれる杉山プロ

今年もありがとう!



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。