スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

本田健さんに会ってきた!

2009年09月30日 07:26

先日、ずっと楽しみにしていた講演会に行ってきました。

大好きな作家 本田健さん の講演会です。

「ピンチはチャンス!どんな時代でも自分の夢を叶えよう」



私は本田健氏のメルマガを読んでいて、そこで無料招待講演の抽選申込があったので、

ダメもとで申し込んだら、当たっちゃたんですよねー^^

前にも何度か申し込んだことあったんですけど、当たったのは初めて。

夫婦で行く予定だったんですけど、子どもの運動会の前日の夜ってこともあって、妻はパス。

友人と行ってきました。




これまでいろんなセミナーに参加してきましたけど、1000人超のセミナーは初めてでした。

中之島公会堂メインホール、満席です。

音響や演出も素晴らしく、講演会というよりは、コンサート会場のようでしたね。

本にも顔を出さないし、メディアにも露出のない本田健さん。

顔は全然見たことがありません。

どんな人だろう?と興味深々でした。


開演すると、最初にスライドが流れました。

いきなり、今の私にはヤバいフレーズを投げかけられます。


**********************************************

目の前に2つの道があります。

ひとつは昨日から続く、安定の道

もうひとつは何の保障もない挑戦の道

あなたはどっちを選びますか?

**********************************************


金持ち父さんでも、同じようなフレーズはありましたが、

やはり言葉というものは、それを聞いた時期や、心理状態によって、受け取る反応は違ってきますね。

今の私には思わず涙腺の緩みそうなフレーズでした。


そんなことを考えていると、本田健氏 登場!!

バス釣りの名人、菊元プロになんか似てるぞ(笑)



本田健さん、やっぱり話がウマい。

1000人がクギ付けです。

笑いを随所に取り入れて、聴衆を飽きさせませんね。

まさにプロだと思いました。

もちろん、講演そのものは、多くのいい話を聞かせてくださいましたが、

最も心に残ったのは、

「絶対に失敗しないという保障があれば、あなたは何をやりたい?」

という問いです。

大好きなことをして生きる、

ライフワークの見つけ方の手段として紹介されましたが、

とても深くて、思わず考え込みましたね。

皆さんもぜひ考えてみてください^^



それにしても、さすが、本田健さんでしたね。

期待を裏切らない、素晴らしい講演でした。

ひとつ驚いたのは、本田健さんが今、全国で立ち上げようとしている「スタディグループ」と呼ばれる勉強会のコミュニティ。

講演の中でその紹介があったのですが、私がFP仲間と主催しているお金の勉強会
「リーマンインテリジェンス」と、コンセプトが極似なんですね。

お金の問題を中心として、さまざまなテーマについて、ファシリテーターを中心にグループワークするような勉強会だとか。

まさにリーマンインテリジェンスがやってることと同じです。

なんかちょっと嬉しくなりました^^


それと今回、本田健さんの本を読んだことの無い友人と一緒に行ったのですが、その友人が講演中にこんなことをボソっと。

「本田さんの言ってること、全部、リックルのやってることやん」

「はは、オレが影響受けて、パクってるだけやで」

とは言いながら、影響を受けたことを実践に移せていることを知った私は、密かに喜んでいたのでした^^



講演会が終わると、その友人と2人で、酒を片手に人生論を酌み交わしました。

10年後には今日の本田健さんみたいに、多くの人を勇気付ける講演をしていると思うよ。

今勤めている会社で働き続けたときの10年後の自分の姿と、

会社を辞めて、独立してガムシャラに走って、多くの人に勇気を与える仕事をしている10年後の自分の姿を想像すると、

やっぱりオレは起業しようと決めた。

だって、そっちのほうが断然ワクワクするし。

やりたいと思ったことをやりたいもんな。


そんなこと、あんなこと、語ってたら、気づけば、もう日付が変わっていました・・・




今日、私は37歳を迎えました。

勝負の年です。

私を起業の道に進ませようとする血は、同じように脱サラ→独立して身を立てた親父の血、

それと、ずっと商売人の娘として小さい頃から店に立っていた母の血

の影響だと思います。

そう考えると、私はサラブレットじゃないのか?(笑)

このような運命に生んでくれてありがとう。

明日の僕との約束を守ります。

スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

あなたの知らない世界、私が知らないだけの世界?

2009年09月27日 01:46

先日のお金の勉強会「リーマンインテリジェンス」では、FXのセミナーを実施しました。

実施しましたと言っても、講師は勉強会を一緒に主催しているSONさんで、

私は場づくりだけです。。


主催者ではありながら、私はFXはまったくの初心者で、はじめから受講者としての気分で楽しみにしていました。

セミナーが始まって講師のSONさん、しょっぱなから専門用語連発。

自分のトレードの様子を動画で流しながら、横文字の言葉を連呼するんですよね(汗)

いつも思うんだけど、投資の世界って、なんでこんなに専門用語多いンでしょ。。

入門セミナーなのについていけないよ~


一応、セミナーの流れは事前打ち合わせはしていましたが、少し参加者の反応が気になりました。

特に私と同じ初心者の方のアタマの上に、「?」がいっぱい浮かんでましたから・・・




でもでも、それは講師のSONさんの作戦なんですね。

そこから細かな説明に入りました。

最初にワケの分からない言葉を連発された私を含めた初心者たちは、

さっきまでの「?」が、順番に消えていくようにセミナーが進行されます。

全員が学ぶ姿勢になる見事な展開でした。

初めての講師とは思えない、SONさんの独特のワールドがそこにはありましたね。

皆さんからのアンケートの反応も上々でした。



セミナーが終わると、いつものように懇親会です。

近所の居酒屋でワイワイやりました。

全員に自己紹介してもらって、いろんな人とお話しました。

今回はFXの入門セミナーということで、初心者向けの講座にもかかわらず、

SONさんへの友情応援ということでしょうか、投資のプロが2人もいました。


1人はブログを通じて私も交流させてもらっているアキちゃんです。

FXのプロで、独立系のFX専門FPとして活躍しておられます


彼のブログを見てもらったら、そのスゴさは分かると思うのですが、私がド肝を抜かれたのは、

同じFPとして、超難関のCFPを6教科1発合格。

人間じゃありませんよ。

この資格は、普通は1年に1~2教科を複数年に分けて受験するもんなんです。

「CFP 難易度」なんてキーワードで、ググってみてください。

いかに難しいかがよく分かると思います。

私は手を出すつもりは毛頭ございません(汗)

FXの世界ではアキちゃんを師と仰ぐ人が多いですね。

FXのサークルも主催されていて、私がリーマンインテリジェンスの立ち上げをするときに、何かと参考にさせて頂きました。



もう1人のプロ投資家は、やんたさんです。

プロのトレーダーです。

証券会社のディーラーを経て、今は日経225先物オプションのトレーダーとして活躍されています。

この方もそのスゴさはブログを見ればよく分かりますが、

ディーラー時代から7年間、ずっと月間収益プラスという恐るべき実績を引っさげている方なんです。

昨年のリーマンショック、世界金融危機でも、ちゃんとプラス。

私なんか・・・(泣)

どんな勝負の世界でも勝つことはそんなに難しくないと言います。

勝ち続・け・る・ことが難しいんだと。

その偉大さはイチローに匹敵するかもしれませんね。

あの「エンジュク」でも講師をされているやんたさん。

ちょっと覗いて見ました↓

http://www.youtube.com/watch?v=dnTTExiOCF0&feature=player_embedded














は?


・・・

・・・・・


ご、ごめんなさい。。。

マジで、何を言ってるのか、サッパリ分かりません(泣)


あ、入門編ってあるから、こっち見てみよう。。

「やんたの日経225先物・オプショントレード戦略セミナー≪入門編≫」




お金の勉強会を主催する身ではありますが、こんな世界知りませーん(大泣)

思わず懇親会でいろいろ聞いてしまいました。

「プロのトレーダーって、やっぱりパソコンの画面が3つくらい並んでいて、画面とにらめっこしながら、ずっと取引してるんですか?」

「はは、そうですよ。画面は8つありますけど。」

「や、8つっすか?いったい何を8つも見るンですか・・・」

ってな感じで、まったく知らない世界の人と話している気分でしたね。



今回のFXセミナーは、大学生も来てくれていましたし、女性も多かったです。

勉強会をやってると、いろんな人には出会えて、刺激ありまくりです!

参加してくださった皆さん、ほんとにありがとうございました^^





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リーマンインテリジェンス FXセミナー開催報告

2009年09月25日 14:54

リーマンインテリジェンスの第4回勉強会が開催されました。

今回は参加者がテーマに沿って意見を出し合う(ファシリテーション)による勉強会ではなくて、

セミナー形式にチャレンジしました。

過去の勉強会で人気の高かった「FX」についての入門セミナーです。

講師はリーマンインテリジェンスを共催するSONさんです。

これまでのアットホームな勉強会とは違った、ピリリとした雰囲気でのスタートでした。




当日、急遽来れなくなった人もいましたが、プロジェクターを使ってのセミナーですので、

いつもの勉強会よりもスペースが必要になり、狭い会場はギュウギュウ詰めになりました。

結果的にベストな人数だったのかも知れません。

これも経験。

今後、セミナー形式にする場合は、もう少し大きな部屋を借りないといけないなと学びました^^;





私はこれまで、多くのセミナーを受講してきました。

多くの学びや気づき、刺激、をもらえるセミナーはとても大好きです。

そしていつか、私も自分がそうした企画を発信する側になりたいと思っていました。

これまでの勉強会でも、その充実感は味わっていましたが、

今回セミナーにも挑戦して、新たな充実感を得ました。

私は講師ではありませんでしたが、初めてのセミナーにチャレンジしたSONさんの充実感、達成感に満ちた表情を見ると、嬉しくなりました。

私はリーマンインテリジェンスの勉強会でファシリテーターとして、いつも進行役をしておりますが、

つくづく思うことがあります。

「人は自分のことをアウトプットできる機会に望んでいる。」

知らない人の前で自分の意見を言うのは、とても勇気のいることですが、

そのうちそれは快感になってきます。

単なる自己満足の快感ではなくて、

自分の発した言葉で、まわりの人が反応する様子を見て、あらためて自分を振り返ることができる。

人前で話すことで、自分の考えが整理できる。

という、自分自身の成長や気づきにつながるのです。


私はこれまで、今の会社でも自主勉強会を開催してきました。

毎月の定例会議で、1時間の持ち時間で、自分の得意な分野をメンバーに講義する。

これはメンバー全員に強制で実施しました。

毎月ひとりづつ講師になって、順番に研修を実施するのです。

狙いはただひとつ。

アプトプットすることによる自己成長。

受講者の学びによる成長よりも、もっと効果が大きいのは、講師の成長です。

人前で話すことは、とても勉強になります。

学びを深めるには、話すことが最短距離だと信じています。



今回はFX入門ということで、全くの未経験者として私も受講者の一人に入らせて頂きました。

質問もたくさんしてしまいました。

私自身、大きな学びを得ました。

今回は、FXのプロや、専業トレーダーの方も参加してくれていて、

懇親会でも私の知らない世界を純粋にいろいろ教えてもらいました。

私がしている投資なんて、いかに”なんちゃって投資”なのかも知る機会になりました。

その話はまた後日書きたいと思います。



おかげさまで、リーマンインテリジェンスは口コミや評判を中心に、

新たな仲間がどんどん増えてきました。

参加してくださった方はもちろん、

友情応援してくださった方、

いつもリーマンインテリジェンスを盛り上げてくださる会員の方々、

皆さまにほんとうに感謝しております。

何かにポジティヴに取り組む人たちが集まるこの勉強会が、

どんどんとパワーを蓄積してきて、何か大きなことを生み出す原動力になるような気がしてなりません。


次回開催もすでに決まっております。

近日ご案内させて頂きますので、興味がございましたら、ぜひご参加を!!




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

安定を求めるほどに不安定

2009年09月23日 12:45

最近、身の回りで将来に不安を感じているサラリーマンが多いことに気づきます。

本来、「安定」が欲しいために身を投じたサラリーマンのはずなのに、

そのサラリーマンの多くが不安を感じるなんて、なんだかナンセンスな話です。


ちょうど1年前のリーマンショックがありました。

実感のない景気回復と言われ続けた時代から、再び不景気に突入しました。

GMが潰れたり、TOYOTAが赤字になったり、

何が起こるか分からない時代になりました。

そして、政権交代がありました。

これまでの常識を覆すことが、ずっと続いています。

そんな時代ですから、やむを得ないでしょうね。

たとえ、サラリーマンでも、

いや、公務員でさえ、

これまで「安定」の代名詞だったものは、もはや何も通用しないような感じさえします。

よく言われていることですが、

今の時代は、新しいことにチャレンジするリスクよりも、

その場にとどまり続けることの方が、リスクが大きいような気がします。



私の勤めている会社は、ビジネスモデルからして、そう簡単には傾かないと思われますが、内部の疲弊が続いています。

収入面での「安定」はありますが、

精神面の「安定」はほど遠いものがあります。

先日、三洋電機の希望退職者を募ったところ、800人超が手を挙げたというニュースがありました。

たとえ、割り増しの退職金が出るにしろ、

退職を募って、大量に挙手があるっていう現実には、その会社の魅力の無さを感じました。

ウチの会社ではどうだろう?

同じような現象が見られるような気がします。

収入だけじゃない、充実感。

働くことによる”自己実現”

これがない場合、こうした仮面社員が増えることになるんでしょうね。。


これも以前、たまたま見たドキュメンタリーの話ですが、

ビジネスマンの精神病、鬱病が多発していて、その医療施設を取材していたその番組。

患者の9割が、イギリスの有名な金融街「シティ」に勤めていたエリートビジネスマンだというではありませんか。

年収は軽く1~2千万の人がほとんどだとか。


収入のリスク以外に、

その仕事を続けることによる健康のリスクも考えないといけない。

つくづくそう思いました。

大企業に勤める私が、「収入の安定」を捨てて起業したいと思う点には、

少しその一端もあるのかも知れません。


サラリーマンでも、起業するにしても、同じ不安を抱えるなら、

先が見えない青天井の楽しみがある起業の道がいいんじゃないか?

何歳で部長になって・・・とか考えるより、

「これから自分がどうなるんだろう!」

って、楽しみがありますもんね。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

新しいパートナー選び

2009年09月20日 15:11

シルバーウィーク。

昨日は久しぶりに神戸の街をショッピングです。

家族で、三宮から元町をゆっくり歩きました。

大阪(梅田)で働いてるので、最近はなかなか神戸の街をウロウロすることがなくなりましたが、

この街は私の青春そのもので、震災なんかもあって、

神戸の街に対する私の思い入れは大きいものがあります。

いろんな新しい店ができていたり、

昔よく行った喫茶店がまだあったり、

なんか観光客のようにキョロキョロしてしまいました。

やっぱり神戸はキレイだし、大阪より適度に人も少なくていいよなぁ。。

つくづく思うのでした。



この日のショッピングの目的は、15年以上使ってきた財布が、あまりにもボロボロになったので、その買換えです。

少し早いのですが、私の誕生日プレゼントとして、妻に財布と小銭入れを買ってもらいました。

はっきり覚えてはいないのですが、たしか二十歳頃に、同じように当時の彼女(今の妻)に、

誕生日プレゼントとして、財布を買ってもらいました。

二十歳の時だとすれば、17年間も使っていることになります。

おお、恐ろしや~(汗)

何回も修理して使ってきましたが、さすがに寿命でしたね。


これから人生の大きな転換期を迎えるにあわせての財布の買換えですので、しっかりしたモノを選びました。

またあと十年以上使っていきたいです。



これまでの財布には、私の社会人としての人生設計の基礎部分をサポートしてもらいました。

サラリーマンとしてしっかり歩んできた部分です。

毎月しっかりと給料を持って帰ってくる。

毎年少しづつでもいいから、給料が上がるように努力する。

給料が安定してきたら、結婚して、

しっかりお金を貯めて、車や家を買う。

そうして生活基盤が安定してきたら、子どもをつくって、

子どもや妻により良い生活をさせられるよう、もっとしっかり働く。


まさに絵を描いたような、サラリーマン街道を突っ走ってきた私を、

お金の出し入れのたびに、常に見守ってきてくれた財布でした。

私はこのゾーンでは結構成功したと思っています。

正直、サラリーマンとしての「安定」は保証された地位まで登ってきました。

「私が望めば」の話ですけど。。



新しい財布には、これまでと違う人生をサポートしてもらうことになります。

これまでとは違ったお金の出し入れを見守ってもらいたいです。

そんなパートナーを選ぶ気持ちで、財布を選びました。

自分自身と、新しい財布に期待です^^

お世話になった古い財布は、来年の正月に神社で供養してもらうことにしよう!!

Eクワドラント時代の私を、立派に支えてくれて、ありがとう。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

その時の自分のレベルに合ったものを選んでいる

2009年09月18日 01:25

一生に一度の家づくりのはずが、なぜか私には再び縁が巡ってきました。

両親が神戸の家を手放して、第2の人生を故郷である滋賀県で暮らしたいと言い出し、

空家になっていた祖父母の家を建替えることになりました。



住宅展示場に軽い気持ちで足を運んだ両親は、某ハウスメーカーの調子のいい営業マンにつかまりました。

どんどんと押し切られ、一方的に期限を切ってくる営業マンのペースで話が次々に進められました。

息子の分際で「でしゃばるまい」と、こらえていた私に、ついに父がヘルプを求めてきました。


それから私は、両親をクライアントに見立て、契約までを全面サポートしてきました。

そのハウスメーカーの営業マンは一旦出入り禁止とし、まったく一から家づくりをスタートです。

まずは、ライフプランニングから。

そこで家づくりにかけるべき予算を、両親にはっきりと認識してもらいました。

家づくりは何千万円もする大きな大きな買い物です。

日頃、何百円を節約する生活をしているためか、家のことになると経済感覚が狂い、予算が立てられない人が多いですから、

まずは、家づくりにかけていいお金の把握からスタートしました。

両親は私がFPであることは知らなかったのですが、このアドバイスの過程でそのことを知り、

余計に真摯にアドバイスに耳を傾けてくれるようになりました。


そこからは業者選びです。

かなり手間ひまをかけて、業者さんを選びました。

主に父と一緒に実際に多くの業者さんと会いました。

意識したのは、

私がいいと思うかどうかではなくて、

両親と相性が合うかどうか?の視点です。

基本的に私がいいだろうと思う業者さんをどんどんとマッチングさせていって、

最終的には2社まで絞って、予算や仕様を含めて、結論を出しました。

7月の末に契約を交わすことができましたが、半年以の時間をかけました。


私なりに非常に納得のいく契約ができたと感じています。

先日、父が親戚の人に自慢げに、新しい家の図面を見せて説明している姿を見て、尚一層嬉しくなりました。



こんな言葉を聞いたことがあります。

「結局は、その人のその時のレベルに合ったものしか選べない」


何かを選択するとき、(今回であれば家づくりの業者を選ぶとき)

自分自身よく勉強して、経験を積んで、人間性も高めて、

そうした人が選んだものにハズレはない。

逆に、欠陥住宅や不満だらけの家をつかまされた人は、

それを選んだ時点のその人のレベルが低かっただけの話。


私自身、3度目の家づくりにおいて、契約まではとても満足できる進め方ができております。

人間としての成長を、自分で褒めておくことにします(笑)

まだ家が建っていないし、住んでもいないので、まだまだこれからですけどね。。


先日、工務店さんから連絡が来ました。

社長さんからのメールの抜粋です。



「チルチンびと地域主義工務店の会」では、「長期優良住宅先導的モデル事業」の集団的認定をいただきましたが、その中の滋賀県の枠を一つ、わが社がもらっています。

申し込み期間の関係で早いもの順になりますが、せっかくですので、リックル両親邸で挑戦してみたいと考えました。

この事業の助成金は国から約200万円出るのですが、一旦、全体の予算をギリギリに抑えた仕様になりましたので、その範囲(200万円)で、設計変更をして、その条件を満たす仕様まで、グレードアップができるかどうかは微妙な線ですが、なんとか検討したいと思います。

用件が厳しくて できるかどうか、私たちもまだ確証はありませんが、うまくいけば、リックルさんの予算のままで、「次世代型・チルチンびと仕様長期優良住宅」が建つことになります。

結果はどうなるか判りかねますが、並行して、準備を始めることにいたします。



こんな嬉しい提案をしてくださいました。

長期優良住宅、いま話題の100年住宅とも言える優良住宅を、私たちの要請した厳しい予算の中でチャレンジしてくださるというのです。

これからまた家が建っていくところを見られるなんて、楽しみでなりません。

長期優良住宅、どんな構造になるのか興味深々です!




旧家の解体が終わって、広い更地になりました。

神戸や芦屋では考えられない広さです。

うらやましいかぎり・・

おじいちゃんが大切に育てた門被りの松は、残してくれています。

いよいよ来週、地鎮祭です。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

惚れたら負け?

2009年09月13日 00:58

今日は、このブログでは珍しく、少し夫婦関係について考えてみます。


昔から、恋愛では「惚れたら負け」とかよく聞きますね。

惚れられてなんぼ。

そうした方が、優位な恋愛ができるというもの。

恋のかけひきですね。



私は昔からあまりそう思ったことがありません。

ま、惚れられることより、惚れることの方が多かっただけかも知れませんが(汗)

でも、キレイごと抜きにしても、

「惚れたら負け」

なんていう発想はまったくありませんでした。

そもそも恋愛に勝ち負けなんてあるのでしょうかね?



夫婦関係でも同じことが言えると思います。

先日読んだ本でも書かれていましたが、夫婦は最初は自然と、主導権争いをするそうです。

自分が出したお金の額とか、

結婚によって犠牲にしたものとか、

そんなものを引き合いに出して、自分を主張し、主導権を取ろうとする。

独身の頃の自分の貯金を、パートナーに教えないで、こっそり持っている夫婦も多いとか。。

なぜ、そうしてるのか?聞くと、

「別れたときのため。」

ですと・・・

別れることを前提にして、結婚しているのでしょうか?


”惚れたら負け”という概念も、結局は、

「ご破算になったときに、惚れた方が、ダメージが大きいから」

という考えの裏返しであって、破局したときのことを考えて、付き合っているんですよね。


恋愛でも、夫婦関係でも、「勝ち負け」とか「主導権争い」は無用だと思います。

カッコつけてるワケじゃありませんが、私はそういう発想をしたことが正直ありません。

夫婦円満の最高のカタチは、

「相互依存」だと言います。

お互いに、

いなければ困る、

頼りにしている、

あなたのその部分が私には必要だ、

と思っている状態ですね。

このカタチになると、夫婦は恋愛関係を越えた、協力なパートナーシップに発展すると聞きました。


私は明らかに、妻に依存している部分が多々あります。

彼女のおかげでここまで来たと、はっきり言えます。

震災ブログを読んでくださった方はご存知だと思いますが、

特に、震災後の鬱経験を早期に乗り越えられたのは、当時付き合っていた現在の妻のおかげです。

そしてこれからも、彼女なしでは人生を強く歩むことはできませんし、

起業などできるはずはありません。

ちょっと恥ずかしいですが、妻にも聞いてみました。

「俺に依存してるところある?・・・」

「は?そりゃ、しっかり稼いできてもらわんと、生活できないからね。頼りにしてるけど。」

「いや、その、、経済的な依存じゃなくて、人間的になんかないんかな?」

「私は尊敬できない人と、一緒に生活なんかできませんから!」


お互いをリスペクトし合える関係。

私が描く最高の夫婦関係です。

自分にないところを相手が持っていて、

それをお互いが分かっていて、

それをほとんど無意識で補いあえる関係。

まさに、「相互依存」の関係ですね。


もちろん、人によって千差万別だとは思いますが、「相互依存」の関係というものは、

恋愛や、夫婦関係に限らず、

すべてのパートナーシップにおいて大切な要素だと思っています。

上司・部下・同僚・ビジネスパートナー、

取引先など、お客さまとの関係もそう。

しいては、友人関係もそうではないでしょうか?

「相互依存」の関係が築かれると、末永い付き合いができることは明白です。


私は今、起業に向けて、

末永く付き合ってもらえる人脈と、

困ったとき、苦しいときに支援してもらえる仲間を、

増やしていかなければなりません。

そのためには、私のとんがった部分で誰かの役に立つ事が大事なワケで。。


年齢・性別を問わず、

素敵な「相互依存」の関係を、これからもどんどん築いていきたいと思います。




「最近記事に心が入っていない」と指摘された友人に、この記事を贈ります(^^





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

こづかいもらってる場合じゃありまへん

2009年09月09日 06:00

サラリーマンの間で、よく話題になるのが、

「お前んとこ、こづかいどれくらいもらってんの?」

「おおっ、スゲェな。ええよなー、俺なんか○万円やで。飲みに行って、パチンコ行ったら速攻でなくなるわ。。」

なんていう、こづかい談議。

奥サマからいくらこづかいをもらうか、これに凌ぎを削っている人を多く見ます。


これって、いったい何歳からやってるんでしょうね?

子どもの頃から親に対しても、同じようにこづかいをネダってきて、

社会人になって、自分で給料を持って帰ってくるようになっても、何も変わってない。。

そう思ったことはありませんでしょうか?

いつまでこれやるんでしょうね。

おじいさん、おばあさんになっても、

「ばあさんや、こづかいおくれー」

なんてやるんでしょうかね。

このままでは、お金のことは一生、人に任せたまま。



私は今、こづかいをもらっていますので、大口は叩けませんが、こづかいをネダったことはありません。

上げて欲しいと思ったこともありません。

こづかいも所詮は家計ですから。

こづかいが上がっても、家計が苦しくなるだけ。

資産は家族全員でつくるものと思っていますので、自分のお金=こづかい という概念がありません。

私は学生時代、18歳以降は親からこづかいをもらうのをやめました。

部活をやめてバイトをしっかりやれる時間が取れるようになりましたので、自分で遊ぶ金は自分でつくろうと思ったからです。

当然だと思っています。

人それぞれでしょうが、こづかいをもらうことに固執するのは、私の価値感からはあり得ない考え方なんですね。。



世の中にはこづかいをもらっていないサラリーマンもいます。

私と一緒にお金の勉強会を主催しているSONさん

小遣いゼロサラリーマンです。

このSONさんは、こづかいを自分でつくっています。


FXを独学で勉強して、

時には痛い授業料を払うことも経験して、

その失敗から学んだことが、エンジニアとしての本能に火をつけ、

オリジナルメソッドを確立させました。

そのトレード手法は、雑誌マネーポストに取り上げられるほどの成果を上げ、

一時は大きな注目を浴びました。

しかし、投資は生き物。

ずっと同じ手法で勝ち続けられるほど、甘い世界ではありません。

そこからも日々改良を加え、

テクニックだけでなく、メンタル面の重要性も考えた、

その独自の投資方法を駆使し、

今も自分のこづかいを生み出し続けています。



自分は自立している!

と思っている皆さん。

おこづかいはどうしていますか?

もし、奥サマにねだっているようなら、SONさんのFXセミナーは必見です。

私も勉強させていただくつもりです。



この記事はもう少しあとで書くつもりでしたが、残席あとわずかになってしましましたので、

慌てて書いています。

おそらく今週中には、満席になりそうです。


先着順ですので、お急ぎください。


リーマンインテリジェンス勉強会

今月はセミナー形式です。

2009年9月24日(火) 19:00~21:00

大阪市立総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル 5階 第4会議室)

15名(先着順)

参加費 2,000円

テーマ「FX入門 自分のトレードをスタートしよう」


詳細内容と、お申込みは、リーマンインテリジェンスのホームページから申し込んでください。

皆さまとお会いできることを楽しみにしています!!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

成功のその先に

2009年09月05日 13:57

ちょっと前になりますが、ブログ友達がおもしろい記事を紹介していました。

とてもおもしろく、深い内容だったので、私も紹介したいと思いました。






メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。

その魚はなんとも生きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。


すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」

と答えた。

旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」

と言うと、


漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。



「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」

と旅行者が聞くと、


漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。

戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…

ああ、これでもう一日終わりだね」


すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、

きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、

漁をするべきだ。それであまった魚は売る。

お金が貯まったら大きな漁船を買う。


そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。

やがて大漁船団ができるまでね。


そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。

自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。


その頃には、きみは、このちっぽけな村を出て

メキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出して

いくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから

企業の指揮をとるんだ」


漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」


「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」


「それからどうなるの」


「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、


「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」


「それで?」


「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、

日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、

子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、

歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」








どうですか?

考えさせられませんか?

自分は成功したら、どうなりたいのか?

ワークライフバランス
(仕事と生活のバランス)

の重要性、

ワーカーホリック
(仕事中毒)

という病気の怖さ、

こうしたことにとても興味のある私にとっては、シリアスで深い話でした。


こうしたテーマも取り上げて、

賢い生き方を目指す

「リーマンインテリジェンス」

でも討論してみたいと思います。



ちなみに、今月のリーマンインテリジェンスは、通常の勉強会形式ではなく、セミナーです。

リーマンインテリジェンスを共催しているSONさんが、FXの入門セミナーを行います。

毎月の自分の小遣いはすべて投資で生み出しているという、小遣いゼロサラリーマンです。

雑誌マネーポストにも取り上げられたそのメソッドは、小遣いを奥サマにネダっているあなたにとって必見です!!


2009年9月24日(火) 19:00~21:00

大阪市立総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル 5階 第4会議室)

15名(先着順)

参加費 2,000円

テーマ「FX入門 自分のトレードをスタートしよう」


詳細内容と、お申込みは、リーマンインテリジェンスのホームページから申し込んでください。

司会進行はもちろん、私、リックルハングです。

皆さまとお会いできることを楽しみにしております^^




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

露天風呂で仁王立ち^^;

2009年09月02日 09:53

夏休み最後の週末は、ささやかな家族旅行に行ってきました。

我が家の家族旅行は、家計が生んだキャッシュフローによって、その旅行の内容が決まります。

投資による収益を、家族旅行に使うというルールがあるからです。

私は自分のこずかいだけでなく、家計でも投資させてもらってます。

主に株式投資です。

家計ですから、得た収益で旅行なんぞ計画するのは当たり前。

素人投資家ですので、まだ、隣県に1泊程度の旅行しかできませんが、

久しぶりにホテルライフを楽しみました。


子どもたちも、日ごろキャンプしか行かないので、ホテルライフが楽しくて仕方がなかったようです。

いろんなイベントを企画したのに、何が一番楽しかったかと聞くと

「ホテルでお風呂に入ったり、寝たりしたこと」

ですと・・・


ま、私自身も、

高台に立つのホテルの露天風呂で、

壮大な大海原の夕焼けを前に、

仁王立ちして、

 

春からいろんなことにチャレンジして、ずっと突っ走ってきたことを思い出しながら、

これからの人生の青写真を描いていたことが、

一番いい思い出になりましたけどね(汗)

 

それにしても、

高台の露天風呂で、

海を眺めながら、

人類の英知が作り出した造形美(瀬戸大橋)を見ながら、

仁王立ち。

サイコーですね!

(貸切状態でしたので、ご勘弁を・・露出魔ではありませんので。。)



あ、いつもの大げさな表現になってますが、近県の普通のホテルです。

しかも、会社の契約保養所として格安で行っております(汗)

写真を見れば、どこかだいたい分かりますね。。



今はこの程度の旅行ですが、

連泊できるリゾートへの旅行や、海外にも行きたいので、

しっかりとキャッシュフローを生み出せるよう精進しなければなりません。。



我が家のポリシー

「ニーズは給料、ウォンツは投資で」

このポリシーで海外旅行にいける日はいつのことやら(笑)





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。