スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

機関車と新幹線、あなたはどっち?

2009年08月20日 00:18

組織論として、

「機関車型」

「新幹線型」

って、聞いたことありますでしょうか?


私は「新幹線型」が昔から大好きです。

自分で主催しているお金の勉強会「リーマンインテリジェンス」も、「新幹線型」で運営しています。



機関車っていうのは、

強い動力を持った機関車が先頭で、あとの(無動力の)客車を引っぱるというもの。

つまり、「機関車型」の組織っていうのは、

強いリーダーが先頭に立って、大多数のメンバーを牽引するスタイルの組織ですね。

高度経済成長期の日本は、こうしたカリスマ的リーダーや経営者が、組織を引っぱる構図が多かったそうです。


それに対して、「新幹線型」はというと、

ご察しの通り、先ほどの逆で、各車両にモーター(動力)がついていて、全体として大きな出力を得るスタイルの組織のことです。

組織を構成するメンバー全員が自らの力で走る「新幹線型」の方が、実際の新幹線のようにスピードに勝るということはよく知られた話です。


私はこれからの時代は、特定の強いリーダーに引っぱられる組織ではなくて、

まさに各メンバーが動力を持って、自分ひとりでもしっかり走れる組織が生き残っていくと思っています。

これは組織論だけの話でもなくて、絶大なリーダーシップを持った政治家や指導者に引っぱってもらうことばかり期待する私たち一般国民の考え方もしかり、

会社の上司や経営者の能力批判ばかりして、自分では何もしない一般サラリーマンもしかり。

つまり、「してくれない病」ってやつですね。


自分が動力にならないと、これからの時代生き残れない。


よくいう自己責任とかいう言葉は、こうしたことを指していると、私は理解しています。



リーマンインテリジェンスでも、基本的には参加者の皆さん一人一人が動力(パワー)です。

セミナーのように、講師のパワーに引っぱられるような勉強会ではありません。

私はいつも思っています。

誰かのパワー(講師の知識や、本に書かれているノウハウ)をインプットしても、

それを自分のパワーに変えて、アウトプットしないと、本当に自分の実力にはならない。


私はセミナーで学んだこと、本で得た知識、人から聞いた素晴らしい考え、これらは、

ブログで発信するか、

片っ端から、あたかも自分の知識のようにして話まくっています。

アウトプットをめちゃくちゃ意識しています。

そうすると、すごくアタマに残っています。

「この言葉は、あの場面でしゃべったなー」

「あの感動した話は、ブログの記事にしたなー」

アウトプットしない(できない)知識など、持っていないのと同じですよね。

しつこいようですが、大事なこと、


人前でアウトプットできてこそ、その知識は自分のものと言える。



リーマンインテリジェンスで、あなたの知識をアウトプットしてみてはいかがでしょうか?

シャイな方でもご心配なく、

主催者の容赦ないファシリテーションで、アウトプットせざるを得ないような環境にやさしく導きます^^


「人様にアウトプットできるような知識も経験もないよ。。」

そういう方は、

人のアウトプットを最大限に引き出してください。

人のアウトプットを引き出す能力。

実はこれは、自分の知識をアウトプットするよりも難しいスキル。

これまた、あなたの実力を試す絶好の機会なのです。

ぜひ、リーマンインテリジェンスでお試しください。



8月27日の勉強会の募集が、間もなく定員に達します。

参加するかどうか迷われているなら、早めの申込、参加表明をお願いします。


「やるかやらないか迷ったら、やってみてください。最悪の選択肢は何もしないこと。」

皆さまのアウトプットを楽しみにしております!!

スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。