スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

祝!30万アクセス

2009年06月29日 20:32

ブログのアクセスカウンターが30万PVを記録しました。


ブログをはじめたのが、2007年1月9日ですから、今で約2年半。

900日くらいですね。

それで30万アクセスを記録することができましたので、1日のアベレージに換算すると、

300PV/日

ということになります。



もちろんブログをはじめたばかりの頃は、一日のアクセスが一桁ばかりでしたし、

途中でまったく更新をしなかったときが、

家づくりが終わったあとに約1ケ月と、

震災手記ブログを執筆中に約2ケ月ありました。

また、特に今年はブログに注いでいた力を、リアルの世界に移していますので、週1か、多くて2回ほどしか更新できていません。


でも、こうして足跡をたどってみると、30万という数字を積み上げることができました。

このブログを応援してくださっている方々のおかげです。

ありがとうございます。



最もアクセスが多かった時期は、家づくりブログのときです。

その頃はランキング上位を目指して、毎日更新していましたし、

いわゆるブログ営業も相当していました(笑)

そのときはよく1000PVを超える日もありましたね。


人気ブロガーからしてみれば、30万なんてチョロイ数字かも知れませんが、私にとっては偉大な数字です。

これまで2年半の毎日の積み上げの結果ですからね。

”継続”が成しえた仕事の大きさを感じています。



2年半前、私はブログという言葉を知りませんでした。

学生時代からの友人2人にそのことをからかわれ、なんか悔しくて、やってみることにしたんですよね。

まさかそんな私が、こんなブロガーになっているなんて、自分でも想像していませんでした。


しかし、ブログは私を大きく変えました。

ブログを通じて世界観を広げたばかりでなく、相当、人脈も広がりました。

今や、ブログで知り合った仲間とビジネスパートナーとして組んでいますし、

その仲間と企画した勉強会の集客にも、ブログを通じた仲間が大きなチカラを貸してくれています。



ブログの30万アクセス。

単なる通過点ではありますが、自分にいろんな意味で進化を与えてくれたブログに感謝しています。

そして、何でも”やってみること”、”続けること”

の大切さを学びました。

いつかその足跡が残した偉大な功績に、自分を称える日が来るはずです。

スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リーマンインテリジェンス 勉強会開催

2009年06月27日 03:32

関西サラリーマン勉強会 「リーマンインテリジェンス」

無事開催することができました。



まったくの無の状態から企画し、

スケジュールを立て、準備を進めて、

行動を起こす日がきました。


これまでの準備段階で、ゼロから価値を生み出すことの大変さを、身に沁みて感じていました。

会社生活では、すでに仕組みや価値のあるものに、改良・改善を加えて、よりよいものにしていく訓練をしてきたような気がします。

無の状態から、アタマとカラダを使って、価値あるものをつくり出していく。

ほんとに大変だなって思いましたが、これって、起業家には必須の能力なんですよね。



仕事帰りの疲れたカラダにムチを打って、栄養ドリンク飲んでテンション上げて、綿密に準備を重ねてきました。

勉強しに来たというよりも、リーマンインテリジェンスを応援しに来てくれた参加者の方々の盛り上げのおかげもあって、勉強会は主催者ながら、大いに楽しめるものになりました。

私はいろんな企画を立てるのが大好きですが、いつも思うことがあります。

「主催者が楽しめたなら、その企画は半ば成功!」

自分が楽しめないのに、ゲストが楽しんでくれるはずがない。

この日の勉強会をやり終えた充実感は、何事にも変え難い、

私の人生の大きな節目になりました。




その日は朝から緊張感が普通ではありませんでした。

うまくできるかな?という不安。

参加者はほんとに来てくれるかな?という不安。

誰も来なかったらどうしよう。。

普通に出勤して、仕事に就いていましたが、心ここにあらず。

不安モード全開で仕事が手につきませんでしたね。

もうやれる準備はすべてやってきて、あとはなるようにしかならないのに、

正直なところ逃げ出したい衝動に駆られていました。

失敗して恥をかくのが恐かったんですね。


勉強会は19時からでしたが、15時を回ってからは仕事が手につかないので、切り上げて今日はやめることにしました。

不安を紛らすため、喫茶店で一人ボソボソと、勉強会のシュミレーションをやったり、

お茶の買出しをしたりして本番に備えました。

テンションが上がらない自分に対して危機感を募らせ、いつものようにスタミナドリンクで空元気を出そうと考えたのですが、

「今日は私の人生の中でも大きな度胸だめし。そんなものに頼らない。」

そう考え、粛々と準備を進めました。


そして予定より1時間も早く会場入り。

ここで何か知りませんが、スイッチが入りました。

会場に着いて、やっと腹が座った感じです。


申込してくださっていた方が次々に来られました。

うれしかったですね~

自分たちの企画に集まってくれた人同士が名刺交換をしている姿を見るのは、

ほんとに嬉しさ爆発でした。


そしていよいよ勉強会。

私はファシリテーター(進行役)として、参加者の方の意見や考えを、最大限に引き出すのが今日のミッションです。

がんばりました。

参加者の方の緊張がほぐれてくると、狙った展開になってきました。

参加者同士の意見交換が活発になってきたんですね。

これまた感激の嬉しさで。。



あっという間の2時間が終了しました。

少人数での勉強会の狙い通り、参加者同士は勉強会が終わる頃には、かなり打ち解けあって、それぞれが思い思いの話題で盛り上がっています。

こうなれば、もうラクです。

予定通り懇親会の店に移りましたが、もはや盛り上げのための工夫にアタマを使う必要ありません。

勝手に、すばらしい場ができていました。



勉強会でも、懇親会でも、各参加者の方のいろんな価値感を聞き、自分自身もとても勉強になりました。

そして、インプットするだけじゃなく、勉強させてもらったからには必ずアウトプット。

誰にどんな収穫が与えられるかなんて分かりませんが、自分の価値感や持っているスキルを吐き出す。

気づきをもらったら、必ず自分もアウトプットする。

こうすることで、意義のある「勉強会」が成り立つんですよね。

今回はそうした目指す姿の勉強会に、少し足を踏み入れることができたんじゃないかな?って思います。




今は正直、ホっとしています。

やれたことによる安堵感です。

たかが10人程度の参加者の、今はサークル活動でしかないような勉強会の主催。

この”たかが”が私にもたらしたものは、計り知れない大きさがありました。

平日の夜中の11時半に、満面の笑顔で解散し、帰路に着いて行く参加者の方の姿は、

サラリーマンとの2足のワラジを続けて、睡眠時間を削ってでも進めてきた、これまでの準備の疲れを吹き飛ばしてくれました。



これから毎月1回、この勉強会は開催していきます。

これで終わりではありません。

これが始まりです。

そして、百も承知なのですが、

初回である今回はお情け的に集まってくれる仲間が居ましたが、

2回目、3回目くらいが、本当の実力を試される勉強会になると思っています。

中身がよくないと、人は集まらない。

やってみて初めて気づいたこと、分かったことなど今回の反省をしっかりして、次回に繋げたいと思います。


参加してくださった皆さん、

全国各地から応援のメッセージをくださったり、リーマンインテリジェンスの会員登録してくださった皆さん、

無事、リーマンインテリジェンスが始動できましたことを、ここに報告させて頂きます。

ありがとうございました。


最近、私のまわりで、いろんなことが加速度的に動き始めています。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リーマンインテリジェンスのご案内

2009年06月25日 05:03

 

 
私がFP仲間と主催している「リーマンインテリジェンス」は、

お金の勉強を通じて、「知らないことによる将来の不安」を取り除くお手伝いをしています。



今多くのサラリーマンが将来に不安を抱えています。

終身雇用制度や、右肩上がりの給与体系は、いつの時代の話でしょうか?

国の年金や社会保障制度の崩壊は、誰もがご存知の通りです。

こんな時代に、将来が不安にならない方がおかしいのかも知れませんね。

特にサラリーマンは国や会社にお金のことを任せっぱなしにしてきました。

大げさに言えば、人生を預けていたわけですから、

その親方が傾いてくると、不安になって当然です。



お金のことを誰かに任せて生きてきた私たちは、お金のことをよく知りません。

この「知らないこと」が不安の根源なのです。


まして、

子どもの将来、

マイホーム計画、

勤めている会社の将来、

老いた両親への責任、

老後への人生設計

など、お金を取り巻く問題が、一気に大きくなると言われる

ミドルエイジサラリーマン(30代~40代前半)

の方の将来への不安は深刻です。


私自身もそうです。

前述のすべてがあてはまります。

お金を取り巻く問題と真剣に向き合うために、ファイナンシャルプランナーの資格を取りました。

これまでお金のことを学んだことはありませんでした。

もちろん、学校でも、親からも教わったことはありません。

そんなことを学んだり、話したりするのはタブー視されてきた時代でした。

皆、そうだと思います。



私は、お金のことで多くの悩みを持つ、同じ気持ちの人たちとともに、気軽にお金の話をできる場をつくりたいと考えました。

かなり親しい友達同士でさえ、お金の話はなかなかできませんね。

親や兄弟姉妹でも同じでしょう。


理解のできない金融商品や保険、年金などを勧誘されることもなく、

お金という共通のカテゴリで問題意識を持っている人たちが集まり、

自分の知りたいテーマで話し合い、

気軽に会社帰りに勉強して帰れるような、

そんな場づくりを目指して、

私と同じサラリーマンFP活動を模索していた仲間と一緒に、

「リーマンインテリジェンス」を立ち上げました。



勉強会は、平日の夜に月1回開催しています。

今後はセミナーも開催して参ります。


子どもの将来

勤めている会社の将来

マイホーム計画

老いた両親への責任

老後への人生設計

このようなお金の問題が噴出しているあなたにこそ、

ぜひ、無料会員登録と、勉強会への参加を願ってやみません。


一人での参加は勇気がいると思われる方は、同世代で、同じ境遇の友人をお誘いあわせの上、ぜひ参加してください。



私は思うのです。

お金の教育なくして、経済的にそして、精神的に豊かになることはできない。

その一歩として、まずはお金と向き合うことから始めましょう。

そのきっかけに「リーマンインテリジェンス」を選んでくださった皆さんに、

あらかじめお礼を申し上げます。



会員登録は、リーマンインテリジェンスのホームページから!!




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

寝ても覚めてもビジネスモデル

2009年06月23日 01:46

5月末から通っている、大阪産業創造館の創業チャレンジゼミ。

先週の土曜日で4回目が終了しました。

全9回のうち、約半分が終了したことになります。


先日は自分自身のビジネスプランをミニミニプレゼンして、グループの人に意見を問う、グループディスカッションがありました。

これまでは、マーケティングや会計の講義ばかりで、自分自身のビジネスプランをテーマに講義を進めるのはこれが初めて。

同じグループの仲間がオーディエンスになって、プレゼンの感想を言ってくれます。

簡単な採点や、改善点の指摘も。

そんな私のビジネスプランは・・・




ダメダメでした。



仲間からも厳しい指摘を。。

そりゃそうです。

自分自身でも、今主催しているサラリーマンのお金の勉強会「リーマンインテリジェンス」を、

ビジネスモデルとして収益を上げるやり方は、まだ考えがまとまっていないんですよね。

熱い想いだけでスタートした「リーマンインテリジェンス」ですから、その先のことは進めていくうちに何か見えてくるだろって感じで。

でも、創業チャレンジゼミではそういうワケにはいきません。

しっかりとしたビジネスモデルがあって、

事業計画が立てられて、

まわりをちゃんと納得、説得できて、はじめてビジネスが始まるというスタンス。

そうですね。

リーマンインテリジェンスは今は、ビジネスなんて呼べるものではなくて、サークルの域ですからね。



さすがに少し凹みましたが、幸いなことに、8月のゼミ卒業までに2回勉強会が開催できます。

実践で、何かヒントが得られることもあると思います。

これから毎日、寝ても覚めても、リーマンインテリジェンスのビジネスモデルを考える毎日になりそうです。

思いついたらどんどん人に話して、今回のゼミのように評価してもらおう。

今日もすでにいいのが思いついたぞ!




6月25日のリーマンインテリジェンスの勉強会ですが、

おかげさまで満席となりましたので、募集を締め切らせて頂きます。

会員登録は随時受け付けておりますので、次回の勉強会開催をご期待ください。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

絶対に読んでください。そしてご協力お願いします!

2009年06月18日 00:12

今日、この記事が目にとまったあなたは幸運の持ち主です。

最後までしっかりと読んでください。






今、サラリーマンが疲れています。

サラリーマンのうつ病が急速に増え、

さらに悲しいことにサラリーマンの自殺者は、増加の一途をたどっています。

安定した企業に入ることを望み、難関をくぐり抜け大企業に就職したはずなのに、大企業ほど心の病が増加傾向にあるといいます。


給料はほっといても年齢とともに上昇し、定年までの雇用は約束され、会社の中でうまくやることが求められた時代。

まさに「会社は家族」と呼ばれた時代だった、高度経済成長期のサラリーマンと、

この物があふれた豊かな時代の、

中途半端な成果主義と、グローバルな厳しい競争の時代のサラリーマン。

今のサラリーマンがやわなワケじゃない。

時代が違うだけ。


どんな会社もいつ潰れるか分からない、サバイバルの時代。

リストラや給料カットも平気で行われる時代になりました。

でも、これは経営者なら当然の選択。

今までの終身雇用、年功序列という制度そのものが理解不能な制度であっただけで、

日本特有の、一億(国民)総中流の発想で、護送船団方式ってやつ。



高度成長時代のサラリーマンは、どんどん豊かになっていく国や、会社、そして自分の生活に思いを馳せながら、日々、夢を持って働くことができたことでしょう。

しかし、今の時代、

年金制度の崩壊をはじめ、

国が抱える借金はもはや天文学的数字に達し、

あの世界一の自動車メーカーさえもリストラが行われ、

国、企業への不安・不信は、誰の目にも明らかです。

ただでさえ組織の中で自分を殺して働かなければならないサラリーマンは、

こんな時代に夢を持ちにくいのは当たり前ですね。


これからサラリーマンは夢を持てない時代になるのでしょうか?

夢を持つには一発奮起して、会社を辞め、起業するしかないのでしょうか?

この国の生産力を支える”サラリーマン”が元気にならなくて、

この国は元気になるのでしょうか?



私はこの疲弊した時代のサラリーマンが元気になるには、「夢」が必要だと思っています。

誰だって人生を惰性で生きたいと思っている人はいません。

何かを変えたい。

何か人と違ったことをやらかしたい。

何か自分の燃えるものに挑戦したい。

寝る間も食う間も惜しんで、何かに熱中したい。没頭したい。

嫌な仕事で出世するより、好きな仕事で犬のように働きたい。

みんなそう思っているはずです。




私はそんな、

「ただのサラリーマンでは終わりたくない」

という人の思いを、プロデュースする場をつくることにしました。

関西サラリーマン勉強会 「リーマンインテリジェンス」 です。


私にできることは、ほんの小さなことですが、

この世界に最も多き人口のサラリーマンたちが、たとえ小さくても”夢”を持ち始めたとき、

この変化はとても大きなものになると思っています。

そして、不安と不信と妬みが渦巻くこの時代が、

希望と夢にあふれる世界に生まれ変わると信じてやみません。


毎日、ワクワクした気持ちで家を出て

通勤電車に乗っているサラリーマンの表情には笑顔が滲み、

仕事帰りの一杯は、愚痴ではなく、夢の話題で盛り上がる。

そんなサラリーマン社会の実現に向けて、私は立ち上がりました。



そこで、

何かのご縁で、この記事を読んでくださった皆さんに、お願いがあります。

私の思いに、ほんの少しでも、ごくわずかでも共感をしてくださったなら、

次の5つの方法どれかで、ご協力をお願いできませんでしょうか?


1.6月25日のリーマンインテリジェンスの勉強会に参加する。

2.6月25日は参加できないが、とりあえずリーマンインテリジェンスに会員登録しておく。

3.このまま、ただのサラリーマンで一生を終えたくないと口にしている友人・知人に、リーマンインテリジェンスを紹介するか、この記事を紹介する。

4.多くの疲れたサラリーマンに、リーマンインテリジェンスの活動を知らせるため、ご自身のブログでこの記事を紹介する。

5.もしあなた自身が、「夢を持って賢く生きる人」を応援できる何かしらのスキルをお持ちであれば、講師として応援を申し出る。



リーマンインテリジェンスは営利目的で行う勉強会ではありません。

多くの方の知恵を結集し、サラリーマンでも夢を実現できることを立証するための団体です。

毎月最低1回、さまざまなテーマで勉強会を開催します。

日本のサラリーマンを元気にするために、

まずは関西から波を起こします。

どんどん友だちにも声をかけて、波を大きくしていきましょう。

やるかやらないか迷ったら、”やりましょう”

最悪の選択肢は、何もしないことです。


ありがとうございます。

あなたのおかげで、今日も動き始めた人が増えました!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

童心にかえる日

2009年06月15日 07:22

動きすぎて、やることがいっぱいある中で、

この週末は家族ぐるみの付き合いをしている学生時代からの仲間と一緒に、キャンプに行ってきました。


久しぶりの家族とゆっくり時間を取りました。

自分のビジネスに邁進するのもいいですが、

何のために働いているのかということを考えると、こうした時間をとるのはとても大事ですね。

何事もバランスが大切。



緑の中では何を食べても美味しい。

子どもたちと、川遊びをしたり、

ホタルを見たり、

虫を捕まえたりしました。

子どもたちの満面の笑顔に、幸せを感じながら、自分自身も童心に帰りましたね。


グラスを傾けながらの仲間や家族との語らいも、これまた格別。

子どもたちを寝かしたあと、大人だけでの夜長。

それぞれ似たような家族構成や、ライフスタイルなのですが、

それぞれに考え方や価値感が違い、それを率直に話し合えるのは楽しいこと。

お互いの嫁さんがいる前で話すことは、普通に男同士で話すことよりも少しスパイスが効いていて面白い。

自分が大切にしている価値感を語り、主張しても、現実を見る奥サマたちに一蹴されることも(汗)

奥サマ、女性陣
から見た価値感なども知ることができ、

ひとりよがりの考え方にならないよう、いろいろ思い直されるフシもありましたね。


最近、同じ価値感や、目標に突き進む仲間と語る機会が多かったのですが、

全く違う価値感や考えを持つ昔ながらの仲間と語ることができて、すごい刺激になりました。


いろんな人の価値感から、自分自身の成長を見出す勉強会、リーマンインテリジェンス のミニチュア版といった感じだったかも(笑)



いずれにしても、久しぶりのリフレッシュ。

梅雨の合間で天気にも恵まれて、大好きな森の中でのキャンプは最高でした。

今日からまた頑張らないとね!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ほんとうに賢いサラリーマン?

2009年06月12日 03:02

サラリーマンなんて、夢のない人間の代名詞さ。

だってそうだろ・・・


満員電車に詰め込まれて、約40年も通勤を繰り返し、

タイムカードに管理されて、

残業代を稼ぐために、仕事の質(クオリティ)ではなく、時給という発想で働き、

単身赴任で大事な時期の家族との時間を離れて暮らし、

カロリーの高い、濃い味付けの外食や、コンビニ弁当の毎日を過ごし、

奥さんに見放された上司の夜の酒の席に付き合い、

たまの休日も、暇をもてあました幹部と付き合いゴルフ。

・・・・・



疑問に思わないのだろうか?

サラリーマンとはそういうものだと、受容しすぎていないだろうか?

「嫌でも仕方ないだろ。それも仕事のひとつさ。」

と、皆が口々に言う。

サラリーマンにとってこうしたことは、もはや変えがたい”常識”になってしまっているのか。。

挙句の果てには、

「これをうまくやるのが賢いサラリーマンだ。」

などと耳にする。


ほんとうにそうだろうか?



私はまったくそうは思わない。



以前読んだ本の気に入ったフレーズがここにある。


「人は当面は問題はないと思う環境を”常識”と捉える。

しかし、世界のブレークスルーは”常識”に異議を唱えることから始まる。」



たしかに、先ほど述べたような”サラリーマンの常識”の環境は、
当面は問題ないだろうね。

しかし、このまま何も異議を唱えずに、10年過ごしたとき、

私はどんな人生を歩んでいるだろう。

どんな人間になっているだろう。


今のまま、何もせずに過ごした私の10年後を想像するのは、少し恐ろしい。

何もしない10年後を想像するくらいなら、

恥をかいて、失敗をしていても、

”常識”に異議を唱えた自分を目指したい。



会社での昇進を望まないサラリーマンが増えている。

ワークライフバランスという考えを唱える人が増えている。

会社での成功ではなく、人生の成功を望むと口にする人が増えている。

会社に依存しない、自立したサラリーマンを目指して、動き出している人が増えている。

ほんとうに「賢いサラリーマン」とは何なのか?

自分らしい生き方を、自分自身で開発したい。





サラリーマンFP仲間で主催している

関西サラリーマン勉強会 「リーマンインテリジェンス」 

から、ご案内です。


6月25日(木)19:00~21:00

場所 メビック扇町(大阪市北区)

会費 500円

募集 10名様 (先着順です)

テーマ 「自立したサラリーマンとは」


勉強会を開催します。

サラリーマンのフトコロ事情を考えて、会費を抑えた分、場所が少し不便になりますが、

会社帰りのサラリーマンのための日時設定にしました。

この日は残業をせず、自身のスキルアップに時間を使ってみませんか?


立ち上げたばかりの勉強会です。

一緒に盛り上げてくださる方、

他の人の生き方や価値感から学ぶ意欲のある方、

これからの時代の「会社に依存しないサラリーマン」に興味のある方、

ご参加お待ちしております。


詳しくは、リーマンインテリジェンスのHPから申し込みお願いします。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

数字は得意なはずなのに。。

2009年06月10日 23:51

今日は創業チャレンジゼミの3回目。

ふらふらになって帰ってきました。

先週はマーケティングの勉強。

自分のビジネスプランは、どんな市場で、どんなコンペチと競い、どんなお客さまに、どんなベネフィットを与えるのか?

そんな想像、シュミレーションの講座でした。

自分の夢を想像する場ですから、これはなかなか楽しい勉強でしたね。



しかし、

前回の楽しい講座と違って、今日は数字の勉強です。

決算書、事業計画書・・・

多くの人がここで挫折するという、数字の世界。

「そんなものは、税理士や会計士なんかの専門家に頼めばいい。」

皆、そう言うそうです。

しかし、それは今は通用しないとか。

自分の口で、数字を含めたビジネスプランを語れないと、生き残れない。

しきりに講師の先生はおっしゃっていました。

私はFPですし、今、営業職をやっていますので、数字に強い自負はありましたが、なかなか一筋縄ではいきませんでしたね。

今回は理解度が低いと自分で感じていますので、よーく復習しないといけません。。

今日は、学校のテストのように設問を解くことに必死になってしまって、

その数字が何を物語っているか?を考えるところまで行きませんでした。

会計知識を身に付けるとか、問題を解くというよりは、いわゆる数字の感覚を身に付けないといけないなと、つくづく感じましたね。



毎週月曜日に行っているリーマンインテリジェンスの立ち上げに向けた定例打ち合わせ、

週1ペースの創業チャレンジゼミ、

仕事の量が一向に減らないサラリーマン業、

ここんとこ、脳ミソを酷使しています。


今週末はキャンプに行って、一息入れる予定なので、今やるべきことを全力投球します。



関西サラリーマン勉強会 「リーマンインテリジェンス」

近日、開催案内です。(サイト準備中)




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

「守る」「稼ぐ」「殖やす」 最強の法則

2009年06月08日 07:26

人間は欲の塊ですね。

欲しいものを手に入れても、またもっといいものが欲しくなる。。。



誰かの本で読んだことがありますが、

年収300万円の人、700万円の人、1200万円の人

それぞれのご家庭に、

「あとどれくらい収入があれば、生活はラクになると思いますか?」

とインタビューをしたら、どの年収の世帯も、

「あと20%増えたら、ラクになると思う。」

と答えると言うのです。


これは何を意味しているかというと、

どんなに年収が上がっても、人は常に「あと20%欲しい」と思うということです。

つまり、稼いだら稼いだだけ生活水準を上げて、どんどん使っているということ。

蛇口をひねって、バケツに水を溜めようとしているけど、

蛇口から出る水の量が増えれば増えるほど、バケツの底にあいた穴から、水が勢いよく洩れていくサマと似ていますね。

稼ぐほど、たくさん借りられますから、借りてでも消費するようになる。

バケツに全然水が溜まらないので、隣の蛇口もひねって水を出した状態ですね。

ヘタすると、3つも4つも蛇口をあけて、バケツに水を注いでいる人も多いでしょう。

そうなると、入る水の量が多すぎて、その圧力でバケツの穴はどんどん大きくなる。

これでは、水の量がまったくコントロールできませんね。


まず、バケツの穴を補修しないと水を溜めることはできない。

これ普通の人なら、誰でも分かることなのに。。

まずは入ってきたお金を「守る」ということ。



バケツの穴をふさいだら、

次はできるだけ勢いよく水が出る工夫をしたい。

つまり、しっかりとお金を「稼ぐ」ということですね。



そうして、バケツの穴をふさいで、水をしっかり注いだら、ほっといても水は溜まってきます。

十分に溜まってきたら、バケツの水は溢れさせましょう。

その溢れ出る水で、水車を回し、また水をくみ上げて、バケツに戻すんです。

これは、お金を「殖やす」と呼ばれる取り組み。

これができるようになると、バケツの中の水の安定度は格段に高まりますね。




こんな私のお金うんちくの中で、気をつけたい点が2つあります。


ひとつは、

バケツの穴をふさぐということの前に、真っ先に考えないといけないのは、

今の自分にあった大きさのバケツを選ぶということ。

無理して、背伸びをして、いきなり大きなバケツに水を溜めても、注ぐ量が少なかったら、まったく水なんて溜まりませんよ。

そして、すぐにイヤになって、まだ溜まりきっていない水をくみ出してしまう。

貯金ができないできないと言ってる人は、バケツの穴が開いているか、もしくは用意したバケツが大きすぎる人ですね。

定期預金を組んでは中途解約を繰り返す人は、自分のバケツの大きさが分かっていない典型です。

逆に小さすぎるのも問題。

コップのような小さな器に怒涛の勢いで蛇口をひねったって、コップからは水が溢れ出すばかりで、一向に溜まりませんよね。

難しいですが、今の自分の器にあったバケツをチョイスしたいものです。



次に気をつけたいのが、

どの段階のバケツでもそうなんですが、バケツがいっぱいになりそうになると、溢れる前に大きなバケツに交換してしまうケースです。

溜める→バケツを大きくする→また溜める→またバケツを大きくする・・・

日本人に多いと言われる、ひたすら貯蓄するパターンですね。

これは性格によると思いますが、私としては面白くなさすぎます。

常に稼がなきゃならないし、消費する楽しみも味わいたいですから。。

バケツは変えずに、水はあえて溢れさせたい。

で、「投資」が上手にできるようになった状態、つまり、ある程度の水をもともとのバケツに水を戻せるようになってくれば、ここで初めてバケツの大きさを変えればいい。

そのときが生活水準を上げてもいい段階だと思いますし、

お金について、自分自身がひとまわり大きな器になった証だと思う。



こうした水の流れが理解できれば、誰でも健全にお金が溜まりますよね。

お金を

「守る」

「稼ぐ」

「殖やす」

という、それぞれのステ-ジの中で、

自分の弱いところはどこか?

今どの段階のバケツに水を溜めているか?

どこかひとつに長けていてもいけませんね。

この3つのバランスがとれ、コントロールできるようになれば、そこではじめて、お金を道具(ツール)と呼べるようになるのではないか?

そう思っています。

私はまだまだ、お金を”ツール”にしきれていませんが。。(汗)





このようなお金の勉強を中心にして、

これからの時代の自立したサラリーマンのあるべき姿を考え、

夢を持って、強く生きるための知恵を自分自身で開発し、

日本のサラリーマンが元気に、賢くなっていく。

私は、同じサラリーマンFPの仲間と一緒に、そんなスピリットを発していきます。


関西サラリーマン勉強会

「リーマンインテリジェンス」

(作成中のプレサイト。オープン準備中です。)





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

クライアントの成長は、いとうれし

2009年06月06日 22:50

いろいろやることある中で、今日は両親の家づくりの支援です。

滋賀県まで車を飛ばして、工務店、外構業者と打ち合わせ三昧でした。

こちらはようやく、業者さんを選定する段階にたどり着いてきました。

これまでよく頑張ってくださった工務店さんの中で、最終の2社まで絞られました。



基本的に両親と業者さんの相性をずっと見てきましたが、残った2社はどちらも甲乙つけがたい状況です。

最終提案が今月中に出てくるので、それで決めることになると思いますが、

昨年の暮れ、某大手ハウスメーカーと契約直前になって、親父が私に相談してきてから約半年。

ようやくここまでたどり着きましたね。



いろいろ見てきた両親も、日に日に勉強して、今は納得した上で業者さんを選んでいます。

ハウスメーカーの強引な営業に、契約させられそうになったときとの不安はもうありません。

自分でも勉強してきて、いろんな業者さんと会ってきて、自分で選択してきたからこそ、不安がなくなっているんですね。

セカンドオピニオンとしての私の役割は、ほぼ終えているのですが、最終的に業者さんが決定するまでは引き続き見守りたいと思います。



クライアントが成長して、自立していく姿を見るのは嬉しいですね。

両親に対して、上から目線ですケド・・・(汗)





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

毎日が2倍の人生

2009年06月03日 23:35

学びの日々です。

ここんとこ毎日、アタマがフル回転しておりまして、知恵熱が出そうです。。


一昨日はサラリーマン勉強会「リーマンインテリジェンス」の定例打ち合わせ。

もともとブログ仲間と立ち上げてきた企画ですが、もうひとり力強い助っ人を交えてブラッシュアップに臨みました。

この助っ人もブログ仲間です。

何かやりたいと思ったときに、こうしてブログの仲間が助けてくれるなんて想像もしてませんでした。

だいたい1年前までは、ブログつながりの人と会うなんていう発想すらありませんでしたからね。

今やビジネスパートナーになろうとしています。



で、昨日は創業チャレンジゼミの2回目。

マーケティングや、ビジネスモデルのかため方を、グループワークを交えて、実践的に勉強してきました。

これまでいろんなセミナーを受けて来ましたが、今回の創業チャレンジゼミは自分の中では、全く意味合いが違います。

これまで、

「何かビジネスのいいヒントないかなー」

だったのに対し、

今回のゼミでは、

「リーマンインテリジェンスを、どのようにビジネスモデルに発展させるか?」

と、はっきり焦点を絞って受講していますので、習得することの深さが違うと、自分でしみじみ感じます。

講師の先生の言葉のひとつひとつが、自分のビジネスに置き換えて考えられる。

これはほんと、まったくといっていいほど、これまでと異なりますね。



こうして、ゼミで学んだことを、またブログ仲間と実践に落とし、また学んでは、実践に使う。

日中はサラリーマン業をめいっぱい取り組んで、定時後は自分のビジネス立ち上げやゼミでの勉強。

絶対に残業できない状況では、どうしたら早く仕事を終わらせることができるかを考えますから、日中もアタマはフル回転。

もちろん、定時後もフル回転ですね。

そりゃ、知恵熱も出るわけで。。。

日中と定時後、

サラリーマン業と、起業に向けた活動、

毎日が2倍の人生を歩んでいる気分になっています。

そういえば、最近は会社帰りに同僚と飲んで愚痴って帰ることは、まったくと言っていいほどなくなりましたね。

っていうか、そんな時間がないだけなんですけど。。



そうしたタフな日々の連続。

体力のない私にはこたえます。

でもね、

静かに燃えるものを感じてるんですよ。


関西サラリーマン勉強会

「リーマンインテリジェンス」

近日開催です。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。