スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

勝ち組の街

2008年11月29日 02:13

ふう・・・

久しぶりに更新を一週間も空けてしまいました。

何度も見に来てくださった皆様、すみませんでした。


今週は前半が軽い風邪で、喉がはれまくって、なんだか気力ダウン。

そして完治を待つ間もなく、仕事で接待が入ってしまったんです。

このおかげ体調も、仕事のペースもすっかり狂ってしまいました。

さらに、今週末に行われる両親の新しい家の商談に同席するため、両親の今後のライフプランニング表の作成。

普通にFP事務所に頼んだら、いい金を取れそうなシロモノです。

今週はこれを最優先で作っていたので、ブログがほったらかしになりました。



それにしても接待は久しぶりでした。

とあるビルのオーナーで、遊び好きで有名な人です。

終電で帰ることは、まずできません。


まず1軒目は、魚の美味しい店で軽く飲みながら、舌鼓を打ち、

そのあと、タクシーに乗って新地(北新地)へGO!

新地ではキレイなお姉さんが横についてるもんだから、帰る気配ゼロ・・・

やっと、新地の店を出たと思ったら、

「ラーメン付き合え」

と、一風堂のラーメンまで登場して、夜のフルコースをお伴させて頂きました。


接待はどちらかと言うと苦手(キライ)な分野に入る私としては、

いくら美味しいものが出てきても、

新地でいくらキレイなお姉さんが横についてくれても、

飲んだ後の一風堂のラーメンがサイコーでも、

正直キツかったです。。(泣)


お客さんとほぼ同じペースで飲まないといけないし、

(やっぱりお酒は一緒に飲んでくれる相手がいると、一層美味しくなりますからね)

かといって、酔っ払って、へべれけになってもいけませんから、

基本的に接待中は気を使いまくってますから、まず酒には酔いません。

私の場合、決まって、お客さんをタクシーに乗せて見送った後で一人になった瞬間に、

グルグル目が回り始めて、ぐったり疲れが出ます。

そして酔いが一気に・・・

先日もそのパターンでした。

家についたとき、時計は3時を指していました。



それにしても、一気に不景気に突入した日本のハズですが、北新地の賑やかさには驚きました。

人が溢れています。

「あれっ、大阪元気やん!?」

なんて思いました。

ましてその日は金曜日でもなく、普通の平日。

少し前の新地に比べると、ずいぶん活気を取り戻しているよう見えました。

あるとこには、あるんですね。。

まさに二極化。

勝ち組と負け組がはっきりしてくる時代ですね。

新地は勝ち組の街なんだろうか?


そういえば、街の盛り上げに、「北新地クイーン」なんかも選ばれてましたね。

うーん、新地らしいキレいな人だ♪

スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

また家を建てることになりました・・・

2008年11月23日 03:34

久しぶりに、また家づくりに深く関与しています。

両親が家を建てることになりました。

震災後に建替えたばかりの家ですが、ワケあって売却に出して、新たに家を建てます。

これまで親父がハウスメーカーの営業マンと交渉を進めていましたが、親父に頼まれて、今後、私が窓口になって進めることになりました。

私の家づくりでのこだわりを知っているからでしょうか・・・

特に買換えですから、資金繰りも、売りと買いのタイミングも、念入りにうまくやらないと損する可能性があります。

買換えという点に関しては、私の方が経験者ってこともあったのでしょうが、親父にこんなに頼りにされたのは初めてです。

正直嬉しいですし、基本的に「家」のことが好きな私は、久しぶりに燃えています(笑)



営業マンはどうやら私くらいの年齢だそうです。

なかなかの敏腕営業マンだとか。

ますます燃えるじゃないですかー

私は普通のサラリーマンですが、何かと縁あって、多くの家づくりに関与してきました。

震災後、両親が家を再建するとき。

自分が、結婚と同時に購入した中古戸建。

3年前に建てた今の家。


家づくりだけじゃないですけど、やっぱり何でもキャリアを積んでいくと、上手くなる。

自分でも買い物として、今の家がやっぱりうまく買えたと思ってます。

ですから、今回の親の家はもっと上手に買いたいと思ってます。

そしてそれが少しでも親孝行になるなら、尚嬉しい。


明日(もうとっくに日付が変わっているから今日か・・)、初めて私が交渉に入ります。

敏腕営業マンのお手並み拝見♪


値段の交渉じゃなく、基本的なプランニングからちょっと納得がいってないんですよね。

基本的なプランニングって言っても、設計がどうとか、間取りがどうとか、構造が・・・

なんていうんじゃなくて、両親のライフプランを考えた「家づくり」になっていないのが、大いに不満でして・・・

11月中に契約して欲しいという、ハウスメーカーの営業攻勢ですが、根本的に見直してもらおうと思ってます。

もちろん、他メーカーへの相見積なんかも含めて、私も少し汗をかく覚悟です。



家やマンションがまた売れない時代になってきましたから、ハウスメーカーさんも必死ですね。

営業マンは私みたいな人間が出てきて、きっと嫌だろうな(汗)

あ、でも、そのハウスメーカーで家を建てたブログでの友人なんかも居て、結構評判はいいみたいだから、強行な交渉はしません。

基本的に私の交渉は

「ソフトに主導権を握る」

がモットーですから。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログなんて所詮・・・

2008年11月19日 00:51

最近つくづく思います。

ブログをはじめてよかったと思っていること。

いっぱいあります。

いっぱいあるから、長いことやってられるわけで。。



まずは、文章能力。

文章力は間違いなく上がりました。

自他ともに認めます。

文章を書いて自分の気持ちを表現することが、比較的簡単にできるようになりました。

できるだけわかりやすい言葉で気持ちを伝える。

これは仕事でも、かなり役立っています。

部下の営業日報へのコメント書き。

ブログのコメレスや、おもしろい記事へのコメント書き込みの習慣は、

実際の仕事でも、日報にすばやくコメントを書いて処理するチカラを養ってくれました。

部下って、このコメントの内容で、上司の器を結構見てますからね。

自分も見てましたから(笑)

かと言って、コメントに悩んで時間を取ってるようじゃ、次々に押し寄せる仕事の波に溺れてしまいます。

気のきいたコメントを瞬時に書く能力。

これは間違いなくブログのおかげで鍛えられました。

他にもお客さまへの提出文書や、社内文書、企画書、提言書などなど。

自分の言いたいこと(やりたいこと)を十分に相手に伝える文書を、早く書くことができるようになりました。



他にも、ブログをやっててよかったことはあります。

自分の吸収(インプット)したものを、発信(アウトプット)する習慣がついたことで、

より吸収力が高まりました。

新聞、ニュース、書籍、体験などによって得られた知識や理解を、ブログで多くの方に見てもらうために、思考を整理し、文章にまとめる。

この習慣は明らかに吸収力をあげました。

復習しているのと同じですからね。

研修を受講するよりも、倍以上成長できるのは研修の講師をやることだと、昔先輩に言われました。

アウトプットすることは、やはり自分自身の成長はに欠かせないですね。

私の尊敬するジェイさんのブログでも、アウトプットの重要性を説く素晴らしい記事がありました。

この記事を読んで、共感を受けた私は、さっそく自分の子どもの教育にも取り入れましたよ。



ブログは、他にもいろんな人の多くの価値感を学ばせてもらったし、

日本のあちこちに、ぜひお会いしたい友人もできましたし、

日常に埋没しそうなときも、刺激をもらったり、

自分がビジネスを始めるときに参考になるであろう、起業の先輩方の経験を聞かせて頂いたり、

・・・・・

はっきりと自信を持って言えるのは、

間違いなく

「人生の視野が広がった」

そう思います。


これからも、まだまだ収穫をもらえそうな、このブログという存在。

私は最初、虚空の世界で、バーチャルの中でしかその存在をアピールできない、

電車男もどきのオタクのやってるネット上の世界と思い込んでいました。

まして、ブログ繋がりの友人とリアルでも会うなんて恐ろしい。

ヤバい世界だと、私自身マジで思ってました。

私のまわりでは、今でもそう思っている人は多いです。

でも私はそう思う人を否定はしません。

実際自分がそう思っていましたから。

こればっかりは、

やらない人にいくら説明しても、

自分でブログつくって、

一生懸命考えて記事を書いて、

コメントもらって、

また人のブログも読んでみて、

そこでまたコメントもしてみて、

アクセスが増えてくると、少し記事を書くのに緊張なんかもしたりして、

ランキングが上がると嬉しくなったり、

最初は自分の書きたいこと、自分本位の記事を書いていたのが、

そのうち読む人の身になって、

誰かが読みたいと感じる記事を書きたいと思うようになってきて、

それは実はビジネスの原点であったりすることに気づいたりする。


・・・

まだまだブログは続けられそうです!!




それにしても、ジェイさんはどうしたんだろう。

8月に体調を崩した記事が最後で、更新がバッタリ止まってる。。

心配している仲間からと思わしきコメントが60近くもあるし・・・

いつも本当に素晴らしい記事で、たくさんの気づきを下さったジェイさん。

ぜひ復活して頂きたいです。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

高額所得者に嫌われませんように・・・

2008年11月15日 20:10

定額給付金。。。

景気対策として国民の消費を促すために、国がお金をくれるんだって。

つい先日も、昼飯のときに、会社の同僚たちと、

給付金もらったら何に使うか?

の話題に花が咲きました。


「忘年会で出費が重なる時期だから、こずかいが助かるわ。」

「子どものクリスマスプレゼントで、新しいDS買ってあげる約束してるから、家計的に助かるな。」

「忘年会とか新年会なんかで、2回ほど飲みに行ったら終わりやろ。」

なんて、意見でした。

営業まわりをしているとき、お客さんともその話題になって、

「ボーナスで仕事用のスーツ買い換える予定だったから、それに使うつもり。今年はボーナス少なそうだからねぇ」

なんて、おっしゃってました。


この定額給付金の目的って、

「国民におこずかいを渡して、そのお金を新たな消費の足しにして欲しい。」

つまり、消費拡大が目的。

でも、同僚やお客さんの話を聞いたり、自分がこのお金を手にして何に使うかなどを考えたとき、

”新たな消費”

に回す可能性って、極めて低いと思いました。

忘年会も

新年会も

クリスマスプレゼントも

仕事用のスーツも

この給付金が出なくたって、最初から出費を考えていた。

それがタダになった、ラッキー!

ってな感じに終わるような気がします。

飲み会の料理のコースがワンランクアップしたり、クリスマスプレゼントやスーツが少し高価になったりすればいいのですが、しないでしょうね。。。

少なくとも私はしません。


あと、この定額給付金に「所得制限を設けるのか?」という話も連日報道されていますけど、

最終的にその判断は、各市町村に丸投げになりそうですね。

こうなると、地方自治体は制限しない方向に走りますよ。

所得を調べるのが面倒くさい、手間がかかるという、物理的な問題だけじゃなくて、

自治体ごとに、所得制限する、しないっていう違いができてしまうと、これはやっかいですよ。

自治体は高額所得者にそっぽ向かれるのは、嫌がりますからね。。

だって、地方自治体は高額所得者の納める住民税のおかげで、多くの税収を確保しているんですから。

自分のところの自治体だけ、高額所得者に対して、給付金の支給をしないなんて決めると、高額所得者はふるさと納税なんかの制度を使って、その自治体にそっぽ向きますからね。。

私の住んでる芦屋市なんて、ご存知の通り金持ちばかりですから、市民税の半分を1000万円以上の高額所得者が納めています。

つまり彼らにそっぽ向かれると、市民税が減ってしまう懸念があります。

高額所得者のおかげで税収を成り立たせている芦屋市は、やっぱり所得制限しない方向で検討しているそうです。



さて、私は何に使うかな。

すっからかんになった、投資資金の軍資金の補填にするだろうな。

消費???

今、お金を少々手にしたところで、消費に回すことはありませんね。

だって、私の大好きな言葉

「投資が先、消費は後」

by 「CHANCE」成功者がくれた運命の鍵

の原則に従いますから!!

そうはなかなか、うまくいきませんけど(笑)


しかしこの給付金、最終的にはやっぱり、任天堂のような勝ち組企業がかっさらって行きそうだと、つくづく感じました。

話をしていて、このお金でクリスマスにゲーム買うっていう人、ほんと多かった。

子どもにも自分にも。

私はゲームしないのでよく分かりませんが、不景気だと家から出なくなるし、まだまだゲームは売れるのかなぁ。

でも、今の私には任天堂の株を買える資金はありません・・・(泣)




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

俺のお金に手を出すな!

2008年11月12日 02:13

年末調整の時期ですね。

サラリーマンが払いすぎた税金を取り戻す、唯一のイベントです。

サラリーマンである私は、金持ち父さんがしきりに言っていた言葉で、心にいつも引っかかっていることがあります。

それは、

「サラリーマンは自分の稼いだお金を、自分が手にする前に、国に持っていかれる。そして、残ったお金の中で生活をやりくりする。」


源泉徴収のことですね。

それに対して、自分でビジネスを持つ人は、

「自分で稼いだお金を、自分で賢く使って(経費の活用)、残ったお金の中から税金を払う。」


この違いは大きい。

「自分が手をつける前に税金で持っていかれる」

のと、

「自分が手をつけた後で税金を払う」

の違い。

年末調整っていうイベントは、自分が手をつける前に勝手に持っていかれた税金を、

取りすぎっ!

って、申し入れることなんです。

申し入れ(年末調整)をちゃんとしないと、国にしてみれば、

「ラッキー、あいつら何も言ってこんかったな。アホやなぁ。」

って、思うんです。


ところが、自分でビジネスをする人は違います。

年末調整って何?

自分で、

「私は今年はこれだけ稼ぎました。だから、こんだけ税金を払いますね。」

ってな感じで、自己申告です。

自分の取り分と、国の取り分を、稼いだ本人がコントロールする。

確定申告ですね。



自分で稼いだお金を、自分が手をつける前に、国が先に横取りするって、ちょっと嫌な感じですよね?

だって、後期高齢者医療制度ができたときも、国民は大ブーイングだったじゃないですか?

自分の年金を、自分が手にする前に、国が先に天引きしてしまうなんて、けしからん。

って、今さら怒っている人たくさんいましたけど、現役時代にサラリーマンだったあの人たちは、源泉徴収の制度には何も感じなかったんでしょうか?

私としては、源泉徴収に違和感はなくて、後期高齢者医療制度にブーイングはよく理解できません。

源泉徴収って、後期高齢者医療制度と同じ仕組みの制度なんですよね。

取りやすい人から、確実に取る制度。

私はどっちも違和感ありまくりですっ

ちなみに前期高齢者医療制度も始まっているようですね。。




私はサラリーマンという働き方がイヤなんじゃなくて、サラリーマンだとこの税金徴収制度のおかげで、自分のお金を自分でコントロールできない点に、大きな不満を感じているんです。

お金をコントロールすることに楽しみ・喜びを感じる私は、勝手に私のお金を搾取する税金制度に不満があります。

だから、私は自分でお金をコントロールするために、自分のビジネスを持ちたいと考えます。

源泉徴収制度は、言ってみれば国が私たち給与所得者の所得をコントロールしている。

国は財政が厳しくなれば、すぐに取りやすいところから予算を確保する。

自分たちの失政や、組織効率の悪さを棚に上げて・・・

と、政治にほとんど感心のない私は、政策批判などするつもりはなく、

私が頑張って稼いだお金を、自分でコントロールできない歯がゆさを感じているだけです。


しかるべき税金はきちんと払う。

だから人のお金に勝手に手を出すな!!


お金に支配されないためにも、私はお金をコントロールする人生を歩みます。

ですから、おのずと「給与所得者」での生き方は限界が来るでしょうね。

事業所得

不動産所得

利子所得

配当所得

譲渡所得

・・・・・

あ~、なんていい響きなんだろう(笑)





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

思ったことは全部やれ、すぐにやれ、必ずやれ

2008年11月10日 06:00

今日で連載シリーズ「行動する言葉、大募集!?」、最終回です。

頂いた言葉の紹介をしながら、私のブログ友達を紹介してきました。

最後を飾って頂くのは、

4時起きキャリア・コンサルタントの田辺 拓也さん。

通称、
拓さんです。

特に意味はありませんが、コメントをもらった順番に紹介してきたので、一番遅くにコメントをくれた拓さんに、最後を締めてもらいます。


「思ったことは全部やる、すぐにやる、必ずやる」


拓さんは、名言の宝庫で、ひとつだけ教えて下さいって言ってるのに、他にも言葉をくれました。

■ 今日が残りの人生の初日だという希望と、今日が人生最後の日だという危機感を持って生きる

■ 始めるのに遅すぎることなんかない

■ 困難だからやろうとしないのではない、やろうとしないから困難なのだ



拓さんのブログに行くと、こんな心に突き刺さる言葉が、ズラーっと並んでいます。

そして、それらに共通するのは、とんでもない魂の叫びを感じるられるということ。

もはやこれらの名言に説明は不要です。

一度、覗いて見て下さい。

そして、そのとき何を自分が感じるか?

「うん、それは私のやってることだ。いつも心がけてる。」

そう思えるか?

「うわっ、ヤベ。わかっちゃいることだけど・・・どれもできてねーよ。。」

そう負い目を感じるのか?

自分自身の生き方に自信があれば、それほどは何とも思わない言葉なんでしょうね。



この拓さんとは、彼の主催する社会人交流会で初めてリアルでお会いしました。

そしてその後も、私の担当するお客さんの近くに、拓さんの職場あることを知って、仕事中に2回ほどお会いしました。

一度は突然訪問したので、サクっとお茶をして、

二回目は時間をちゃんと取って、昼飯を食いました。

2時間半も自分たちのこれからのことや、目標、夢について、そしてブログ仲間のこと、家族のことなんかも語りました。

歳が同じで、高いモチベーション、上昇志向は何らかの共通するオーラを感じる拓さん。

しかし、その圧倒的なパワーは私のそれをはるかに凌ぎます。

自分でも思うのは、私の今感じている様々な葛藤は、拓さんが3~5年前に感じていたことであり、私はやはり起業という面に関して言えば、拓さんの考え方や歩みの足元にも及びません。

なにせ、行動力がすごい。

そして、求心力。

すごいチカラで人を惹きつけます。

自らを、天性の詐欺師(笑)と言うだけのことはあります。


ビジネスプランを語る拓さんの目は輝いていました。

そして、やりたいことを見つけた人間の熱きハートがビンビンと伝わってきました。

少しうらやましいとも思いました。

私は拓さんに会うと、自分のベンチャースピリットを再燃させることができるので、とても刺激になります。

私の身の回りには、残念ながら、独立、起業を目指すベンチャースピリットを持った人は居ません。

ですから、日常の仕事の中で、目の前のことに追われる日々を過ごしていると、その志は風化して、だんだんと薄れていくのです。

やはり朱に交わってしまう。。。

そして月日があっという間に流れ、結局何もできていない。

そんな繰り返しのこれまで。

しかし、今は拓さんをはじめ、なるべく多くの起業家や、高いモチベーションを持った人とブログやリアルでお会いできるようになり、刺激を定期的に受けられるようになりました。

いや、あえてそういう環境に自ら身を置いていると言う方が、正しいかも知れません。

ブログはもう2年近くやってますが、こうしてリアルで交流を持てるようになった、持ちたいとおもうようになったのは、拓さんのおかげですね。

そして、背伸びをしない等身大の自分をブログで表現できるようになったのも、そうしたキッカケのおかげ。


彼のよいところを吸収させてもらいつつ、良き友人として、これからも刺激をもらい続けたいと思っています。



私はこの「行動する言葉、大募集!?」を企画をするときに、心に決めていたことがあります。

多くの方から良い言葉を頂戴できたら、決して「言葉コレクター」にならないように、「実行」に、「行動」に移そう。


今回、そんな私に多くの方が勇気の出るコメントを下さいまして、ありがとうございました。

また、コメントはなしでも、いつも遊びに来てくださる読者の方に、少しでも私の成長をお見せできればと思っています。

がんばります!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

人の行く裏に道あり花の山

2008年11月07日 06:00

この前の三連休で、おそらく今年ラストのバス釣りに行ってきました。

もちろん母なるフィールド、琵琶湖です。

今回はいつものメンバーに、会社の後輩(新人君)も初参戦でした。


私はもうこのフィールドには何十回と足を運んでいます。

ですから、どのポイントでどんなルアーがよく釣れるのか、なんて情報はギッシリ詰まっています。

その日も、数々の実績を残している自信のルアーで意気揚々と出陣しました。

新人君は初めてのボートでの釣り。

「船に乗れるだけでもドキドキですよー♪」

なんて、興奮が抑えきれない様子。

「うんうん、分かるな~、オレも初めてボート乗ったとき感動と緊張で足震えたもんな。。」

と、先輩面。

そして、ふと新人君のタックル(釣りの仕掛け)を見てみると、そのポイントではどれも実績のないルアーばかりがセットされています。

「おーい、新人君。気持ちは分かるけど、ここじゃ、そのルアーは厳しいと思うよ。」

なんて、さらに先輩風を吹かしていました。


釣りスタート。

厳しい状況とは聞いていましたが、ウワサ通り。

フィールドが完全に沈黙していました。

最低限の結果は出しましたが、同船のメンバーは大苦戦。

なんとなく不満の残る結果でした。

まあ釣りなんて趣味は、ほとんどが結果の出ない日ばかり。

年に1度か2度訪れる、素晴らしい日に想いを馳せ、いつもフィールドに出るのです。

それでも琵琶湖に浮かんで、キャストし、釣り糸を垂れて、そのときが訪れるのを待っているだけでも、私のメンタルリフレッシュになるんですけどね。。



ストップフィッシュです。

時間になりました。

続々と戻ってくるボート。

他のお客さんも含めて、その日の釣果には満足できていない様子。

ところが、あの新人君の乗っているボートに、何やらボート屋さんのスタッフやら、他のお客さんやらが集まっています。

「おおっ、もしかしていいのが釣れたかな?」

近くに行こうとしても、桟橋は人が多くて近寄れません。

そのとき、あの新人君が、ネットに入れていたそのビッグフィッシュを持ち上げました。

「げっ、デカっ!!」

店員さんに写真を撮ってもらっています。

バスの産卵期である春ならまだしも、秋にあのサイズは見事です。

ボート屋の店員さんに名前や、住所、ヒットルアーを聞かれています。

「新聞に写真載せてもいいですか?明日のサンケイスポーツ見て下さい。」

ですと。。。

琵琶湖デビューで、いきなりの新聞デビュー・・・

「コイツもこれで琵琶湖にはまるな。。。フフフ」

(そしてうらやますぃ・・・泣)


それにしても、驚いたのがそのヒットルアーです。

私がスタート前に「それじゃ厳しい」と指摘した、超強気のルアー。

「そんなの投げたらウィード(水草)にかかって、釣りにならないよ」

と思っていたルアーです。

そのポイントでは、誰もそんなルアー使いません。

私も持ってますけど、ここでは実績なさすぎて、家から持ってきていません。

しかし、結果は、

とんでもないビッグフィッシュ!!


まわりに合わせる必要はない。自分を信じる道を、しっかりやればいい。

人の行く裏に道あり花の山


相場の有名な格言は、釣りでも健在でした。

新人君から大きな学びをもらいましたよ^^




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

経済が躁鬱病になっている!?

2008年11月05日 00:13

日銀が金利を下げましたね。

昨年のサブプライム問題が顕在化するまでは、今後金利は上昇するものという風潮が日本にはありました。

実際にゼロ金利政策も終止符を打ち、金利が上がりました。

しかし、上がったとはいえ、他の先進国に比べるとまだまだ超低金利。

その後ももっと上がると言われていました。


がしかし、

金利上昇から3年もしないうちに、下がりましたね。

この金利の変更で最も家計に影響を与えるのが、住宅ローンです。

住宅ローンを抱えている方なら、この金利情報に敏感なはずです。

「私は固定だから関係ないし・・・」

っていう人も、実はこの金利の変動を気にしています。

ゼロ金利解除後、2度にわたり金利が上がった2006年。

このとき多くの人が、銀行や世間の風潮に影響を受け、住宅ローンを新たに借りる人は高い確率で固定を選びました。

また、もともと変動で借りていた人や期間固定だった人は、長期固定へと借り換えを進めました。

ファイナンシャルプランナーや多くのアドバイザーは、全員クチを揃えて「固定への借り換え」を勧めました。

今、固定金利で借りているのに、金利の変動を気にしている人は、このとき固定へ借り変えた人たち。

「うわっ、下がったやんか。あの人これからは上がり続けるって言ったのに・・・」



私も大きな住宅ローンを抱えていて、せっせと返済中です。

ローンを組んだのは、家を建てた2005年のこと。

相当迷いましたね。

変動か?固定か?

いろいろ考えて私が下した判断は、これ

金利の動向を気にしないはずがありません。

実際に金利が上がった2006年は、ちょっと焦りましたが、固定への借り換えムードが世間を賑わせている中、私は断固それを考えませんでした。

しかし、昨年くらいから金利上昇の気運はどこへやら。

あっという間に世界金融不安が押し寄せ、上昇どころか金利引下げです。

下げ幅は小さく、少しもの足りない気もしますが、住宅ローンのことを考えれば、歓迎すべき決定です。

来年春には、銀行の金利見直しで、この恩恵が反映されてくるはず。



株価下落で資産が目減りしていますが、その補填を住宅ローンの金利負担減少で補いたいものです。

我が家の場合、銀行預金がほとんどありませんので、金利引下げによる、利子収入減少の痛手は少ない。っていうかありません。

この先、さらに金利は下がるのか?

何とも言えない状況ですが、再び上昇局面を迎えるのは、もう少し後になるでしょうね。

変動金利の住宅ローンは金利見直しは半年ごとですが、返済額の再計算は5年おきですから、2005年にローンを組んだ我が家は、あと2年後に見直しがかかります。

これまで二度の金利上昇を経ていますから、来年春に金利が下がったとしても、間違いなく返済額が上がるでしょう。

これは変動金利を選択したからには、覚悟の上です。

これまで2回ほど、まとまった金額を繰上返済しましたが、返済額見直しまでのあと2年の間に、どれだけ繰上返済できるか?(元本を減らせるか?)

これが大きなキーになってきます。

金利はもっと下がってくれればいいんだけど、金利の下がる局面って、景気が悪いわけだし。

そうなると、私の保有する株式資産もダメなわけで。

そういうポートフォリオを組んでるわけだから、ブツブツ言っちゃいけないですね^^;




しかし、昨今の経済情勢からも、2年後の金利情勢や景気の先行きなどは、全く想像できませんね。。。

バブル崩壊、

失われた10年、

いざなぎ超えと言われる戦後最長景気、

サブプライム問題、

リーマンショック、

世界金融危機、

・・・・・

早すぎますね、展開が。

乱高下が激しすぎる。

これは、「経済の躁鬱病」とも呼ぶべき状態のような気がします。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

やらないでする後悔、やってする後悔

2008年11月02日 13:15

シリーズ連載、ブログ仲間からもらった「行動する言葉」の紹介です。

今日は、
ひまわりさんです

ひまわりさんと言えば、


「やらないでする後悔より、やってする後悔の方が百倍素敵」


ご存知、いつも存在感ばっちりの、このカラーでのコメントですね。

やらない後悔と、やったあとの後悔・・・

ずいぶん前に記事に書いたことがありました。

団塊の世代のサラリーマンが定年を迎えて、口にしたコメントで最も多かったのが、

「もっとリスクを冒してでも、いろんなことに挑戦すればよかった。。」


私はこの言葉だけは、口にしたくない。

それだったら、

「あ~、頑張ったけどうまく行かなかったな。。」

の方が、絶対いい。

失敗するのって、めちゃくちゃ怖いですよね。

できればしたくない。

でも、最近の友人のブログ記事であらためて、気づいたことがあります。


人間が筋肉を鍛えるときって、厳しいトレーニングをします。

いわゆる筋トレ。

このトレーニングによって、カラダの中では、ブチブチと筋肉の繊維が切れていくんだそうです。

これが筋肉痛のもと。

繊維を切られた筋肉は、次は切れないように、より強く太い繊維になって再生される。

そして、どんどん筋肉が強く、太くなってくるとか。。。


人間は潜在的に、そういった能力を持ってるんですよね。

だから失敗すれば、本能的に、「次は失敗しない能力」が身に付く。

この繰り返しで、人間は成長してくんですね。

そもそも挑戦しなければ失敗はできない。

トレーニングしなければ、筋肉は強くならないのと同じだ。

ひまわりさんの言葉は、あらためてそのことを思い起こさせてくれました。



ひまわりさんは、私のブログに遊びに来てくれる人の中では、少し異色の存在です。

私のブログにはどちらかというと、ほとばしる情熱を持って、がんがん進んでいる人たちが多く遊びに来てくれています。

そんな中にあって、ひまわりさんは「超癒し」

ひまわりワールドは、一度ハマると抜け出すことができなくなります。

もともとひまわりさんは、私が震災手記の執筆中に励ましのコメントをくださるようになったのが、このブログに遊びに来てくださるようになったキッカケです。

記事を書き上げるのに躊躇していた私を励ましてくださり、あの手記の完成にチカラを頂きました。

そして、今も励ましや癒しをもらい続けております。

でもこの人、単なる癒しキャラじゃなく、芯は強いんですよね。

ずっと目指してきた女性の憧れの職業に、不屈の精神でチャレンジし、その夢を実現されているのですから。

癒しと強さを兼ね備えた素敵な方です。


最後に”燃える闘魂”の引退メッセージで有名になった、一休和尚の、こんな言葉も付け加えてくれました。

この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

踏み出せば

その一足が道となり

その一足が道となる

迷わずゆけよ

行けばわかるさ




今日一日、少し疲れたなと思ったら、ひまわりワールドへどうぞ^^




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。