スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

タダほど怖いものはない?

2008年10月31日 07:44

秋の行楽シーズン。

今年は台風もなく、週末はほぼ毎週家族でおでかけです。


いい季節。

休み前日の夜から、子どもたちが

「お父さん、明日どこ行くー!?」

の合唱です。

朝になると、妻は早起きして、お弁当が出来上がっています。

「お父さん、お弁当できたでー!!」

と、ゆっくり寝たい私の上に乗ってきます。。。

その前日、ネットで夜更かしの私は、目を腫らせながら渋々の起床。

こんな週末の繰り返しです。

この時期、世の中のお父さんは体力がいりますね。。。

行くところといえば、ピクニックができる公園とか、山、牧場など。

もち無料で存分に楽しめるところです。



先日初めて行った、とある公園でラッキーなことがありました。

広い公園の一部で、家族連れの人が何やらぞろぞろ・・・

芋掘りをしているようです。

最初、何をやっているか分からなかった私は、妻に、

「アレ、何やろ!?芋掘りかな??」

「そうちゃう。楽しそうやね♪」

子どもたちが、

「ねーねー、あれ何してんの?」

と騒ぎ始めたその時、

近くにいたおじさんが寄ってきて、

「コレあそこで渡して芋掘りしておいで!」

と、チケットをくれました。

”芋掘り券”と書いています。

そして、チケットには「○○会」と書いてありました。

「いいんですか!ありがとうございます!!」

頂けるものは拒まない性格の私は、お礼を言ってチケットを頂きました。


ところが、嬉しそうな私の反応を尻目に、妻は何やら浮かない顔。。

そして私にそっと耳打ちです。

「これ、○○会って書いてるけど、何の団体やろ・・・? 怪しくない?大丈夫かな?芋掘りしたら何か入会しないといけないんじゃ・・・」

「えー、そりゃぁ、ないやろ。大丈夫、大丈夫、普通の人ばっかりやんか。」

「そっ、そうかな・・・」

イマイチ反応の悪い妻を振り切って、二人の子どもを連れて、いざ受付へ。

「お願いしまーす♪」

と、もらったチケットを堂々と渡しました。


袋を4人分もらって、どんどん、芋を掘っては詰め込む私。

妻が、

「そんなにとったら、あかんよ。後が怖いよ。」

「大丈夫、大丈夫。今日はラッキーやで。」

がんがん、掘り進める私に不安を抑えきれなくなった妻は、一人で何やら受付に行きました。

しばらくして戻ってくると、さっきの不安顔はどこへやら。

私を上回るハイペースで芋を掘り出しました。

そして一心不乱に芋を掘りながら、

「これ、川崎重工の労組の集まりだって!変な宗教じゃないみたい!安心安心^^」

現金な妻。

どうやら受付で、

「すみません、これって、何の集まりなんですか?」

って聞きに行ってたらしい。


もうええでって言うくらい、芋を袋に詰め込んで、お茶と弁当までもらって、ありがたくその場を去りました。

妻の手づくり弁当を持って来てましたが、「弁当はいりません」とは言えず、持って帰って、夕食に化けました。


しばらく、ポテト料理が続きそうです。。

私はポテトは大好きですが、ガスに注意しないといけませんね(汗)

川重のおじさん、ありがとうございました^^

スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

なんとかなる!

2008年10月29日 01:02

シリーズ連載、ブログ仲間からもらった「行動する言葉」の紹介です。

今日は、
あぶりしゃけさんです

あぶりしゃけさんからは、こんな言葉を頂きました。


「なんとかなる!」


あ~、

臆病モノの私にとって、このシンプルな一言は、大変大きな意味があります。

基本的に「人生なんとかなる」って思ってなくて、常に備えること、準備しておくことを念頭に置いてきた私。

元々とても慎重な性格でしたが、震災の経験がさらにそれを助長させました。


しかし、最近はそうではなくなってきました。

もちろん備えることも重要なのですが、起こってもいない不快な出来事に対して、余計な不安な心配を持つことは、自分自身の精神をムダに浪費していることに気づいたのです。

これまで漠然と不安に思っていたことは、杞憂に終わることが多かった。

だったら、不安なんて持つだけムダだ。

それがカラダを蝕むなら、もってのほかだ。

不安を抱えるのはやめよう。

そうだ。

「なんとかなるんだ。」

コレばっかりじゃダメなのは、分かってる。

でも、私にはちょうどこれくらいの思いで、いいくらいだと思うのです。



あぶりしゃけさんは、今、私のブログにコメントをくださるブロガーさんの中で、一番古くから交流させていただいている方です。

そうです、このブログのスタート期「家づくりの振り返りブログ」の時代から、ずっと今までお付き合い頂いています。

もう1年半以上経っています。

途中、ブログの内容がガラっと一新しましたが、その後も懲りずにお付き合いくださっています^^;

そういう意味では、私のことをよく知ってらっしゃいます。

日々のブログを通じて、私の1年半の気持ちの移り変わりなんかも感じてくださってることと思います。

そんな私の状況を見透かして、この言葉をくださったのかも知れませんね。


あぶりしゃけさんは、私と同じ時期に家づくりブログを開設して、なんと3ケ月も経たないうちに、一日1000PVを軽く超えるような人気ブロガーになった、スゴい人です。

多いときは2000PVくらい叩きだしていたんじゃないでしょうか?

当初は、アクセスアップの秘訣なんか教えて下さい、みたいなコメントもさせてもらったと記憶しています。

家づくりの楽しさにハマったあぶりしゃけさんは、この楽しみを多くの人に提供したいと、主婦でありながらハウスメーカーの営業に挑戦した行動力もお持ちです。

とにかく一生懸命な方で、コメントなどにも手抜きはありません。

その文字からお人柄が伝わってくる方です。



いろんな角度から、多くの人にいいお言葉を頂いて、本当に感謝でいっぱいです。!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

税金返します、って有り得る!?

2008年10月27日 06:00

驚きを隠せません。

私の行政に対する固定概念が少し変わりました。



ずいぶん以前の記事にも書いたことがありましたが、この国では、

知らない者が損をして、知ってる者が得をする。

もっとも悲しいのは、知らない者は損をしていることにすら気づかない。

何が言いたいかと言いますと、税金や補助金などの公的制度。

これらは自分がアンテナを高くして、自ら申請(申告)しないと、還付や助成を得られないということ。

特に税金などは、税務署は少しでも多く徴収することには積極的ですが、還付や控除には超消極的です。

追加で税金を納めなければならないような時は、すぐさま案内が届きますが、還付や控除の対象になっていたとしても、案内がくることはまずありません。

自分がしっかり勉強していないと、その制度もムダなものになるのです。

自分の身は自分で守らないといけないな・・・

そんな思いもあって、私はFPの資格を取得したのでした。








ところがっ!



先日、そんな過去の回想を吹き飛ばすサプライズがありました。

芦屋市から届いた一通のお手紙。


「住民税の住宅ローン控除の申告漏れ」

の案内でした。


私は家を建てて、住宅ローン控除の適用を受けています。

サラリーマンですから、その手続きは初年度のみ確定申告で、翌年度からは会社で年末調整です。

しかし、私としたことが、とんでもない大失態をしていたんです。

今年度から地方への税源移譲の関係で、所得税が減り、地方税である住民税の割合が増えましたね。

この関係で、住民税からも住宅ローン控除ができる制度があったんです。

詳しくはこちら

制度自体はもちろん知っていましたよ。

自分がその適用に入ることも知っていました。

私の大失態は、その手続きに申告が必要なのを知らなかったことです。

年末調整だけで、全部処理されていると思い込んでいました。

それに気づいたのは、今年の春。

住民税の通知が来たときです。

「アレ?なんで。どうして満額徴収されちゃってるワケ?控除は??」


そこから再度、その制度を調べました。

適用を受けるには、市役所に申告書の提出が必要とのこと・・・(泣)

しかも、申告期限はとっくに終了。。。

あまりの自分のふがいなさと、FPとしての誇りが余計に自分をヘコませました。


しかし、先日芦屋市から、

「適用対象の可能性がありますが、申告書が出されてませんよ。」

「あなたは、申告書を出すと税金が返ってくる可能性がありますよ。」

「再度、申告を受け付けますよ。」

なんて内容のお手紙が来たんです。

超ビックリです。

あまりの驚きに、

「おいおい、コレ、なんとか詐欺じゃねーだろうな。。」

なんて疑いの念を。

そして問い合わせ先の電話番号へかけて、市の職員の方へ2つ、3つ質問を兼ねた、ホンモノ確認を実施しました。

どうやらホンモノのようです。

「やったー!取り返せるゾ!!」

計算ではそこそこまとまったお金が返ってくるようです。

ここんとこの株価大暴落で大きな損失を出した私の家計に、ありがたいボーナスですね。


国税は絶対ここまでしてくれないけど、地方税に関しては、その自治体しだいで、しっかりとサポートしてくれるところもある。

まだまだ捨てたモンじゃないゾ、日本の地方行政!!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

やったらええやん

2008年10月25日 00:16

まだまだ連載中、ブログ仲間からもらった「行動する言葉」の紹介です。

今日は、
SONさんです

SONさんからは、こんな言葉を頂きました。


「やったらええやん」


今は失脚してしまいましたが、同じ歳の有名人ホリエモンの

「やればいいじゃん」

の関西版だとか^^


SONさんと私は同じ歳で、同じくファイナンシャルプランナーです。

FP取得を目指すキッカケは人それぞれだと思いますが、基本的な考え方は私もSONさんと同じでした。

私の場合、

◆何も知らずにローンを組んで家を買った。

◆生命保険をよく見てみたら、ムダな保障が山ほどあった。

◆投資に興味があった。(資格のチカラで妻の理解を得たかった)

◆自分の人生は自分で設計していかないと、もはや国や企業にその体力がないことに気づいた。

◆知らない人が、知ってる人にお金を合法的に搾取されていることに気づいた。

などなど。

私は仕事に直接活かせる資格でもないのに、取得に向けてよく勉強しました。

SONさんも技術系サラーリーマンだし、直接的に会社で役立つとは思えません。

そう、自己責任の時代を生き抜くため、FPの資格で自分の身を守ろうと思ったのです。

テレビで政治家の討論を見て、ヤジを飛ばしたり、政策に文句を言うだけではなく、自分で勉強して生きる道を探そうと思ったのです。

SONさんはFPの資格を取る前から、ハイリスクハイリターンで有名なFXで投資経験を積まれていました。

自ら会社の給料や、国の年金に頼らない方法で道を切り開いていらっしゃったのです。

もちろんリスクを伴いますが、そのリスクを最小限にするため、こうして資格をとったり、FXの座談会に行ったりして、勉強されているのです。

素晴らしいですね。

私もそういう生き方には、大きく共感します。

ちょうど、私たちの年代がそういう年代なのかも知れません。

ちなみに、私やSONさんと同じ歳の有名人は、さっきのホリエモン以外に、

キムタク

ペ・ヨンジュン

貴乃花

なんて、スーパースターが名を連ねていますよ。


第二次ベビーブーマーの私たち世代が元気になれば、今後の日本は明るい。

大きな責任をしょって、がんばりましょうね!?




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

不安定に対する免疫をつけろ!!

2008年10月24日 01:38

私はこれまで「安定」の道を選んで歩んできた。

これからの私は「自由」を選んで生きていく。

・・・よく聞く、ありきたりなフレーズですが、心底、「そうなりたい」「なろう」って思っています。


そのために私自身としては、「不安定」に対する免疫を付けておかねばならない。

今、「安定」を絵に描いたような会社で働き、ぬくぬくと育っている。

世界同時不況の様相にありながらも、私の会社は何処吹く風だ。

景気の波を受けにくい業種なので、華々しい時期もないが、不景気に慌てることもない。

私が定年を迎えても間違いなく存在する会社だ。

この会社での私の将来も、ある程度は予想できる。

つまり、今の生活がそれだけ安定しているということだ。


この「不安定」に対する免疫。

これは気持ちだけではトレーニングにはならない。

今、世界経済はとても不安定だ。

この不安定さを嫌って、皆、市場から退場している。

しかし、今の株式市場に身を投じるのは、「不安定」の免疫づくりにはもってこいだ。

株式投資で大きな含み損を抱えている私は、最近こんな都合のよい考えで、評価損のショックを和らげている。

こういうときにこそ、強くなれる自分でいないと、自分でビジネスなどできるはずがない。

金銭的な不安定は、特に人間のメンタルに、直接的に影響を及ぼしてくる。

こんなトレーニングをしていれば、「不安定」に対する免疫も、少しは付くんじゃないだろうか?

「不安定」がコワくなくなれば、そこから「自由」へはもう道ができているんだ!


なんか寝ぼけて書いたので、とりとめもなく。。

おやすみなさい^^;





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

行動したい衝動を抑えて、一息置け!

2008年10月22日 07:12

連載、ブログ仲間からもらった「行動する言葉」の紹介です。

今日は、ドクエメットさん

よくコメントをくださる方ですが、ごく普通のコメントはまずありません。

必ずひとひねり、ふたひねりくらい入ったコメントをくださいます。

そしてものすごく核心を突いてくる。

グサっと、ハートをワシづかみにしてくるコメントで、読んでいるものの目をそらせません。


そんなドクエメットさんからは、こんな言葉を頂きました。


「何かを思い立ったら、すぐに行動したい衝動を抑えて、まず一息置く。そして最短のルートを見極めてから、そこを一気に突っ走る」


と、まあ、こんな感じです。

コメント的には、他の方とは少し一線を画しています。

「すぐやれ!!」

の言葉の中で、ひときわ目立つ

「一息置け!!」


ドクエメットさんの言葉はいつも説得力があって、反論に対しても、うならされることばかり。

文章力には少々自信のある私も、ドクエメットさんには全く敵いません。

そりゃそうですね。

一日一冊の本を読み、毎日そのレビューをブログにアップするドクエメットさん。

文章表現力は、多くの活字を読んで、多く書き記すことで、その能力は鍛えられますモンね。

圧倒的です。



元気を与えてくれる批評家

そんな表現がしっくりくるドクエメットさん。

本を読むことが趣味のインドア派かと思いきや、自転車オタク。

そしてヒマさえあれば旅行に出かける、アウトドア派!?


文章力を鍛えたくて、ブログを始めた方も多いと思いますが、そんな方はドクエメットさんのブログをオススメします。

自分にぴったりのビジネス書を発見するにはもってこいですし、

それよりも、ドクエメットさんのその洞察力と文章力に、ただただ感嘆のため息が出ることでしょう。

そして、毎日1冊本を読み続けると、こんなにスラスラと言葉が書け、ボキャブラリーも増えるものなのかと感じることでしょう。

逆に、ここまで文章が書けるようになるには、そんなに本を読んで、文章を書いて鍛錬しなければ、言葉の引き出しが増えないのだろうか?と少し落ち込むかも知れませんね。



ぜひお会いしたブロガーさんの一人です。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフェッショナルサラリーマン

2008年10月20日 07:24

私はプロのサラリーマンです。

会社勤めをして、お金を稼いでいるワケですから、プロです。

私と会社が、今の給料で契約しているのです。

プロ野球選手と同じように、活躍に対する期待をお金に換えて契約し、その期待に応えるべく働いているのです。


仕事中(勤務中)の私の人格は、こうしたプロサラリーマンを演じていると、私の普段の人格とは少し違ってきます。

そう、会社の期待に応えるという人間を演じていますから。。。

二重人格、いや多重人格と言われることがあります。


私は今、いわゆる中間管理職です。

上司と部下の間に見事に挟まれた、典型的なジャパニーズ中間管理職です。

上司から厳しいオーダーが出たときは、真っ先に思うことはただひとつ。

どうやってそれを部下に伝えるか?

ただでさえ、忙しいこの時期にさらにオーダーを詰め込むのか?

部下が素直にその指示に従うかな?モチベーションが落ちてしまわないか?



「それはできません。」

こんなことを言うのは超簡単です。

言いたい。

でも、プロのサラリーマンはそのオーダーが会社の経営上必要なものと理解すれば、

「了解しました。」

と、返答します。

そして、

「こんなオーダーを出さないといけない課長もツライですね。」

と一言。



で、部下を集めて、そのオーダーを噛み砕いて、それぞれの役割期待に応じて指示するワケですが・・・

そりゃもう、ブーイングですよ。

「また、そんな無茶を言う。今どれだけ忙しいか分かってるでしょ?」

「なんでそんなオーダーを簡単に出せるのか理解できませんよ!」

批判の矛先はどちらかというと、私よりも、そのひとつ上の課長へ。

ここでは一緒になって課長の文句を言います。

「だろー、オレもそう思うねん。」



いわゆるカメレオンです。

どちらにもいい顔をする。

相手によって言うことを変える。

上司の前ではやらなければいけない事実を踏まえて、快く引き受ける。

部下の前では課長の愚痴を一緒になって聞き、共感する。

このやりとりに対して、当初は自己嫌悪に陥ることがありました。

しかし今はこれをうまくこなして、組織をうまく回すことが私のミッションであると分かって来ましたから、ここはプロに徹しています。

そう、モチベーションを落とさずに、上位の方針や指示を最前線に伝えて実践させるのが私の仕事。

その仕事・立場に対して、給料を得ているのであり、その仕事をプロ意識を強く持ってやり遂げるのです。

サラリーマンの鏡ではないでしょうか(笑)



自分のポリシーという、ワケのわからない主張をして、チームで動くことを拒む人がサラリーマンの中にも多くいます。

自分のポリシーを貫く。

カッコいい言葉ですが、ポリシーに反することは絶対にやらないのなら、サラリーマン失格ですね。

独立すればいい、起業すれば。

でも、そんな主張をする人に限って、そんな勇気もビジョンもない。

サラリーマンプロフェッショナルなら、「ポリシーに反する」なんてワードは使わない。

”柔軟に対応する”

”臨機応変に対応する”

ただそれだけなんだ。



私はこのことを、学生時代からの腐れ縁の友達に教えてもらった。

ずいぶん以前に、当時、上司とソリが合わなくて、飲み屋でブー垂れていた私を見て、

「リックル、相手は変わらんぜ。お前が上司(会社)に合わせられないなら、サラリーマン辞めて、自分でやるしかないな。会社に合わせることはサラリーマンの基本だろ。お前ともあろうものが、そんなに要領が悪くてどうするよ。」




ガーン・・・・・・

ときましたね。


またコイツに言われたよ。。。

いつも私に厳しい、いい友人を持ちました。

それと同時に、

「それなら、自分でやるしかないな。」

の言葉が妙に心に残りました。


そうか、そういう選択枝があったのか・・・



ありがとう、芝。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

過去の自分を誇れるか?

2008年10月19日 00:40

今日も、「行動する言葉、大募集!?」で、コメントをくださった方の言葉を紹介します。


今日の言葉は、
けこぴさんから頂きました。

けこぴさんからは、


「あきらめなくて、よかった」


月並みな言葉ですが、

今どんなにつらくても、

明日、

来月、

来年、

5年後には、

「あきらめなくて、よかった」

って言ってる自分がいると思えば、何でも頑張れる!


未来の自分を想像して、

自分を誇れるか?

よくやったと自分で自分を褒められるか?

悔やんでいないか?

胸を張っているか?

そんな魂の叫びが聞こえてくる、いい言葉です。

ありがとうございます。



けこぴさんは、結婚して主婦やりながら、子育てもしながら、それでも夢を諦めずに、セミナー講師として活躍している強い女性です。

「あきらめなくて、よかった」

普通の言葉ですけど、けこぴさんが言うと、とても重い言葉になります。


ファイナンシャルプランナー仲間でもある、けこぴさん。

私は子どもが居ながらも、仕事をバリバリにこなし、常に向上心を持ち続ける女性を尊敬します。

私にも二人の小さい子どもが居ます。

家では嫁さんが家事に、子どもの世話に、私の世話?に大忙しです。

ほんと、休む暇がありません。

普通にそれらをこなすだけで、一日クタクタになっているはずです。

それでもけこぴさんは、自分の時間を作って、自己啓発に励み、資格取得のための勉強、ブログ更新など日々こなしているのです。

いつもブログの更新は深夜。

恐らく子どもさんが寝たあとに、自分のための時間をつくっているのでしょうが、普通の人ならヘトヘトになって、そのまま子どもと一緒に寝てしまうと思います。

しっかりと明確な目的を持っているからこそ、自分に負けずにブラッシュアップできるのでしょうね。

尊敬です。。



今日は、あともう一人。

悠華さんから頂いた言葉を紹介します。


「思い立ったら即、行動♪i-184


語尾は必ず「♪i-184」で気分を盛り上げるのがコツだそうです^^


皆さんやっぱり、おまじないのように、自分に負けそうになったときに唱える言葉を持ってっらっしゃるんですね。

そして、それぞれその人の個性が出て面白いですね。


悠華さんのことは、実はまだよく知りません。

ブログでの交流もまだ少ないです。

ただ、考え方や人生を模索している心中が、私の心に響いております。

また震災で辛い想いをされたことも、何かしら心が通ずる感じがします。

いずれ共通の友人を通じて、リアルでも会うことになるのかも知れません。

その日を楽しみに、これからもよろしくお願いします。



今日は、最後にもう一人だけ。

はじめてコメントくださった方なのですが、「みっちさん」から、こんな言葉も。


「自分が変われば世界が変わる」


ありがとうございます。

私もこの言葉で目を覚ますキッカケをもらった過去があります。

私のリアルの友人の厳しい突っ込みがそうでした。

次回その記事を書こうと思います!




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

いい仕事だけで、会社は長生きしない

2008年10月18日 01:29

ここ最近は、景気の急減速を仕事でも感じることが多くなってきました。

私の会社は特に、不動産、建設業と密接な関係にありますので、特にボロボロなこの業界は完全に市場が収縮しています。

上場企業の倒産も戦後最大のペースで増加しているとか。


先日も一部上場の某中堅ゼネコンが民事再生を申し立てました。

そのからみで、私の部下が担当していた現場で、そのゼネコン下での工事があり、とんでもない額の貸し倒れが発生しました。

債権者集会にも行ってきましたが、経営陣に対して、債権者からの罵声・怒号がひどいもんでした。

そりゃ、そうです。

自分たちの生活がかかっていますから。

ウチの会社が被害にあった債権額なんて、普通の中小企業ならそのまま連鎖倒産ですからね。

罵られて当然。

いつか起業を夢見る私も、このような企業の末路を目にすると、その大変さを痛感します。


それは倒産した経営陣を見てもそう思いましたが、むしろそれよりも、罵声を浴びせ何とか債権を回収できないかと声を荒げる、恐らくそのゼネコンの下請けの社長さん。

その人を見て、代金を確実に回収することの難しさ、大変さを感じました。



ビジネスですから、いい仕事をしたらその対価を「お金」というカタチで頂きます。

この代金回収って、結構大変なんですよね。

営業の仕事をしていると、よく遭遇します。

決められた約束通りにお金を支払わない(支払えない)人。

私は入社して10年後に営業職に変わったのですが、最初はビックリしました。

「なんでこんなに払わない人がいるの・・・?」

1件や2件じゃなく、数十件単位で支払い期日遅れの顧客がいます。

契約数(母数)が多いので、仕方ないのかも知れませんが、私にしてみれば、

「サービスを受けたのにお金を支払わないなんてなぜ?」

と素直に疑問を感じてしまいました。

いわゆる食い逃げなんですよね。

普通だったらあり得ないんですけど、ビジネスの世界では結構ありうる。

恐い習慣です。


自分でビジネスをするときは、もちろんまず、

いい仕事をする。

その次に、

しっかりお金をもらう。

本当は逆がいい。

まずはお金をもらって、その後、しっかりといい仕事をする。

これが理想です。


代金回収力、これはとても大事ですね。

起業を考えるときは、燃える宿命感でスタートするのですが、しっかりと代金回収の仕組みを構築しておかないといけません。

いい仕事だけでは、長生きできませんもんね。

黒字なのに資金繰りに行き詰る・・・

こうして窮地に追い込まれるのは、どんぶり勘定の経営者が多いとか。



経営ってほんと大変だけど、自分をよく知って、弱点を補ってくれるパートナーを得られるかがポイントになるのかなぁ。

私は自分をよく知っていると自負します。

思い込みも多いですけど(汗)

自分の弱みを客観的に分析して、自然にその部分を助けてくれる人と仲良くなっているような気がします。

腹黒い?

そうじゃなくて、人間の本能として自分にないものを持っている人に近寄っているんだと思います。

自分を守るため、高めるための自然な本能。嗅覚。

もちろんそういう場合、相手も大抵の場合、自分になくて私にある能力を求めてきます。

ギヴアンドテイク。

WIN、WIN。

互いのシナジー。


なんか話がいろんな方向に飛びましたけど、

自分だけじゃ、どうしようもない。

多くの人の力を集めて、成長していきたいです。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

知覚動考(ともかくうごこう!)

2008年10月16日 01:01

今日も、「行動する言葉、大募集!?」で、コメントをくださった方の言葉を紹介します。


今日の言葉は、仙台っ子FPしょうちゃんから頂きました。


知覚動考(ともかくうごこう!)


「読み方間違ってるよ・・・」と言わないで下さい。

この意味は、私が多くを語るより、しょうちゃんのブログのこの記事をご覧ください。

とってもいい言葉です。



しょうちゃんとは、ファイナンシャルプランナー(FP)繋がりであり、アングラー(釣り師)繋がりでもあります。

目では見えない水中の中の様子を想像しながら、あらゆるツールやテクニックを駆使して魚を追い求める「釣り」というゲーム。

これは、将来の自分たちの生活設計(ライフプラン)を描くFPという人間の性分に合っている趣味なのかも知れません。

釣りと実生活を重ね合わせて表現する記事などからも、そう感じてしまいます。
しょうちゃんの釣り記事私の釣り記事


そして、しょうちゃんのスゴいところは、会社勤めをしながら自己啓発を重ね、法人向けの生保の販売や、日本FP協会の支部活動、新聞などへのマネー講座執筆など、FP資格をフルに活かして、その人生の幅を広げていることです。

私はなんでも同時に進めることが大好きです。

何かを犠牲にして一つに集中するというよりは、多くのことを同時に進めて、自分の効率性や要領の良さを駆使し、どれかを成功に導きたいタイプです。

欲張りですが・・・(汗)

そのお手本のような、しょうちゃんのライフスタイル。

刺激を頂いております。


また、しょうちゃんは今、「CFP」というファイナンシャルプランナーの国際ライセンスの取得に向けて、勉強されています。

私の取得している「AFP」の10倍以上難しいと言われる資格です。

なんちゃってFPの私とは違って、ホンモノのFPです。

そのうちテレビや雑誌で、お茶の間に登場する人かも知れませんね。
(すでに地元の新聞にはよく出ているようです)

今から要チェックの人です!!



最近、ブログの仲間と実際にお会いして、交流させて頂く機会が増えたのですが、広い日本で、なぜか親しくしてくださるブロガーさんが仙台に3人もいます。

「しょうちゃん」、先日紹介した「らんさん」、センスの良いカッコ
いい社長「がらさん」

日本のあちこちで、こんなに優秀な方々と知り合いになれて、私はほんとラッキーです。

必ずどこかで、この人脈が活かせるときが来ると信じてなりません。

逆に活かさないと、失礼に値しますね。。。



仙台に出張する仕事を作れないか?

日々、画策しております^^





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

バクチ相場

2008年10月15日 06:17

しかし、ジェットコースターのような相場ですね。

一日に1100円も日経平均が上昇するなんて。

先週は900円以上下がる日があったり。。。

なんか新興株市場みたいです。


私が株式投資を始めた頃は、一日100円動けば大きかった方ですが、今はまさにパニック相場ですね。

テレビでも個人投資家が損失を被り、資産が半分になったというような特集が組まれていました。

私も少なからず損失を出しています。

でも、こうして大きな波が来るたびに、勉強させてもらっているような気がします。



それにしても、欧米が下落するのはやむなしとしても、日本がここまで売られるのは驚きました。

東京市場は、主要国の中でロシアに次いで2番目の下落率。

いくらアメリカがくしゃみをすれば風邪をひく国とは言え、ここまで売られるとは・・・

それだけ外国人投資家が、日本の株式相場を引っ張ってきたんでしょうね。

本国の金融危機に現金化をやむなくされた外国人投資家が、日本株を手放していった結果ではないでしょうか?

日本の場合、まだ金融機関にチカラがありますから、反発は早いと見ていますけど、外資に頼らない日本の底力が試されるときでもありますね。


先週、関西に本社のある某中堅ゼネコンが破綻してしまいました。

私の会社でも大きな取引があり、相当額が貸し倒れになる模様です。

普通の会社なら、大きく経営が傾くような損失です。

投資をやっている人にも、やっていない人にも大きな影響を与えている今回の金融危機。

昨日の大幅反発から、回復の兆しが見えてくるといいのですが・・・



私は、こうして経済うんちくを語るようになったり、新聞の経済欄に釘付けになったのも、株式投資をするようになってから。

株をやると、経済を身近に感じるとは聞いてましたが、ほんとにそうですね。

確かに今の世界的な金融危機も、投資をしていない人にとっては興味の薄い問題かも知れません。

私もこれまでなら、新聞で一面を賑わしているその記事の内容が理解できずにいたと思います。

バクチ性が高まっている感の否めない今の相場ですが、こういう局面に遭遇できたことにも、何だか嬉しさを感じることができるようになってきました。

日々勉強です。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ繋がりでコラボる幸せ

2008年10月13日 23:47

今日も、先日の記事「行動する言葉、大募集!?」に、応募くださった方の言葉を紹介します。

今日の言葉は優希さんです。

優希さんから頂いた言葉は、


感即動」


です。

感じて即動く(行動する)という事が本当の感動。 

心が動いたら、何も考えずにまず行動にする。

しかも、すぐに。明日からでも。


こうした意味を表します。

優希さんらしい言葉ですね。



以前にも記事で紹介させて頂いたことのある、優希さんですが、 とにかく熱い人です。

このブログにも、いつも多くのコメントを下さいますが、とにかく気持ちを伝えるのに、中途半端はしない人です。

いつもコメントのボリュームが圧倒的。

それはもうひとつの記事と言ってもいいくらい、充実した中身のコメントを頂きます。

今回のコメントも秘密なので、皆さんには見えませんが、なんと40行のコメントです。

行動することの大切さを、とにかく気持ちを込めて伝えてくれました。


今年の夏に個人事業主として開業され、起業家としての一歩を踏み出されたばかりの優希さん。

ネットペットショップの経営を通じて、地域社会に貢献する、社会起業家です。

実際にお会いしたことはありませんが、社会起業家として堂々と、顔出しもされていますし、ブログを通じて感じることは、

まさに、「感即動」!

動きまくってますね。


私の運営する「ウェブ寄せ書き」では、ブログ仲間で最初に試行モデルになって頂いた方でもあります。

必ずどこかで会うことを予感させる起業家。

ブログを通じて知りあった方とのコラボレーションで、ビジネスの幅をさらに広げる動きには、まさにその可能性を感じさせてくれます。

ますますのご活躍を願っております^^




今日はもうお一方。

らんさんです。

らんさんからは、こんな一言。


「行動した人にだけ与えられるご褒美が必ずある!」

「そしてそのご褒美には賞味期限があるから早い方がいい」


うまいこといいますよねー

後から行動したって、それはもう遅い。

賞味期限切れ・・・

行動は生ものだから、鮮度が命!!

おいしいものほど早く腐るって、人生でも一緒なのでしょうか?


らんさんは、今まさに起業に向けて日々邁進されている方です。

らんさんがすごいところは、ご夫婦揃って、起業に向けて準備されているところです。

夫婦で起業を目指す・・・

何か熱中できるものを夫婦で共に取り組むって、素晴らしいことですよね。

もう成功してるようなもんです。

いつも私のブログにもコメントをくださるのですが、らんさんのコメントは妙に落ち着きがあって、人生をゆとりと言いますか、スケールの大きさを感じます。


らんさんと、先にご紹介した優希さんは、

優希さんのネットペットショップで、見事にコラボレーションされています。

前にも書いたのですが、こうしたネット、ブログでの人脈が実際にビジネスでもパートナーシップを築いて、共存共栄を図ることができるなんて、素晴らしいですよね。

どんどんこのネットワークを広げたいですね^^

らんさん、優希さん、ありがとうございました。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

やってみてから考える

2008年10月10日 01:52

先日の私の誕生日の記事「行動する言葉、大募集!?」

に対して、皆さまからのあたたかいお言葉、ありがとうございました。

頂いた言葉と、それを教えてくださった方のご紹介を少しづつしていこうと思います。


最近つくづく思うのですが、ブログでの人脈の輪が、多くの可能性を生み出すような気がしています。

単なるブログでのコメントの交流から、リアルでの繋がり。

リアルで繋がらなくても、それぞれ得意なこと(武器)を持った人を知っていることで、自分ができないことをビジネスとしてお願いして、コラボできる。

実際に、「優希さん」「らんさん」のコラボも実におもしろいし、こんな事例は今後どんどん出てくると思う。

このブログの繋がりがどんどん広がれば、大きな流れ、ムーヴメントを起こすことになると信じて疑いません。



では、メッセージを頂いたブログの友人、まず最初に

にじ色いづさんです。

独身女31歳の起業奮闘記☆-金なしコネなし美貌なし、で起業は無謀???

を運営していて、「あかりWEB」の代表を務めています。

摂食障害に苦しむ方々の回復サポートを切り口に、現代社会の病理の改善に取り組んでいくプロジェクト・・・・・あかりプロジェクトを進めておられる方です。

いづさんからは、こんな言葉を頂きました。


「やってみてから考える」


いづさんの実物を知っていますし、日々の「あかりプロジェクト」の活動をブログで拝見していますから、この言葉には説得力があります。

そう、いづさんとは一度リアルでお会いしています。

そして、あかりプロジェクトの事業計画書も読ませて頂きました。

とにかく行動力のある人で、日々の活動も事業計画書通りにしっかりと進められています。

いづさんは組織の中で働くことに息苦しさや矛盾を感じて、悩んだときに、

「そっか、自分でやればいいんだ」

と思い立ち、起業されました。


これがスゴい。

多くの人はその息苦しさや矛盾に対して取る行動といえば、飲み屋で会社に対する愚痴を吐くぐらい。

その息苦しさや矛盾を解消するために、その組織を改革・変革しようとする人は組織に残ればいいし、

それが性に合わない人はいづさんのように「自分でやればいい」

組織の改革にしても、起業して事業を興すにしても、まずは自分がやるんですよね。

・・・してくれない

・・・にならないかな~

なんて思ってると、前にはひとつも進めない。


そして、いづさんはこんな言葉もさりげなく言ってくれました。

「じっくり考えて、アンテナをはって、ひらめきや時機を辛抱強く待つという姿勢もまた、行動力と同じくらい効果のある姿勢です。」

行動する言葉「やってみてから考える」とは、相反する言葉のように聞こえますが、

「その人のスタイルで行動すればいい」

ということを、いづさんはそっと教えてくれましたね。

この柔軟さにも、激動する時代を生き抜く、いづさんの人生の知恵を感じました。

持ち前のガッツと不思議な癒しオーラで、確実に事業計画を進められているいづさん。

成功を見守っています!

そして、いつかコラボできる日を目指して、私も追いかけていきたいと思います^^

ありがとうございました。



起業を目指す人、組織からの自立を目指す人、

いづさんのブログはお奨めです。

会社を辞めるときの苦しみ、

安定収入を失った後に押し寄せる不安、

事業立ち上げのために、とにかく行動する、チャレンジする勇気、

電話の開局や、口座開設など、まさに起業するときのリアルな様子を発信しており、自分が起業するときはこんなプロセスを踏んでいくんだろうなと、感じさせてくれるブログです。


また、摂食障害をはじめ、心の病に苦しむ人やそれを克服した人、

あかりプロジェクトの活動をぜひご覧ください。

勇気が湧いてきますよ。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

疲れ知らずの男!!

2008年10月08日 06:00

最近、株式市場の動きに一喜一憂する日々が続き、ちょっと反省気味です。。


ここんとこ、疲れがたまって、寝てもその疲れが取れていないと感じることが多かったんです。

なんだかリズムが悪い。

調子が出ない。

よくない周期、バイオリズムに入ったのかな?

なんて思っていましたが、とある書籍の1フレーズで、ハッとさせられました。

今日も本の受け売りネタですが・・・(^^;



「一日の終わりにひどく疲れを感じたり、イライラして神経が疲れているなと感じるときは、量的にも質的にも仕事の効果が上がらなかった日である。」


つまり疲れているのは、仕事の成果が出ていないからだ、というのです。

裏を返せば、疲れてばかりいる人は、仕事がうまくできていない人、ということなのです。



たしかにそうかも。。。

その前提に立って、私の現状を自己分析してみると、

「会社の仕事」は順調にいっており、いい成果もあげている。

これは問題ないと思っています。

けど、

「自分のこれから」という、ずっと抱え続けていた”自分の燃えるもの”への取り組みが、イマイチ充実していないんですよね。

それが明らかにイライラや、ストレスを生んでいると思います。

なんだか、以前のようなモチベーションが出ない。

考えすぎなんだろうか?

考えるヒマがないくらい、どんどん進んで行くべきなんだろうか?

今の私に足りないのは、そこなんだろうな。

リンク友達の「4時起きビジネスパーソンの拓さん」くらい、どんどん進んでいくべきなのかも知れない。



この気づきをくれた本には、他にもおもしろいことが書いてました。

「人間は過労が原因で死にはしない。悩みが原因で死ぬのだ。」

人間のカラダを蝕むのは「過労」という肉体的疲労ではない。

楽しくもない退屈な仕事を、大量に詰め込まれることによる「悩み」が原因なんだと言う。

そう言われてみれば、たしかにそう思います。

だって、自分の燃えるものを探していて、なぜか思うように「自分のこれから」が見通せなくて、毎日疲れた状態になってしまってるんですもんね。

なにも一日中走り回ってるワケじゃない。

過労などないのに、疲れてしまっている。

この原因はやはり「悩み」なんでしょうね。



実際に私はこんな経験がしょっちゅうあります。


木曜日の夜、仕事から披露困憊で帰ってきて、食欲もなくほとんど夕食を口にしないまま、ベッドに倒れこみました。

深夜の帰宅だったため、その日もロクに睡眠を取れず、また金曜日の朝を迎えました。

夢遊病のように頭がボーっとした状態で出勤です。

その日も目の回るような忙しさ。

なんとか、嵐の一週間を乗り越えました。

足をひきずるように帰路につき、自宅につくと・・・

疲れているはずなのに、部屋にこもって、せっせと何やら準備開始。

そして睡眠はごく数時間だけとって、目覚ましもせずに午前3時に起床。

そうです。

週末は私の好きなバス釣りに出かけるのです。

あれほど疲れていた私のカラダは、ウソのように軽快に動いています。

嫁さんも呆れ顔。


皆さんもこんな経験ありませんか?

ありますよね!

やっぱ人間は過労なんかで死にはしない。

悩むから死ぬんだ。

改めて思いましたね。



好きなことをやってる人は、どんなにハードワークでも過労とは無縁です。

その証拠に起業家が過労死したって聞いたことありませんもんね。

イヤなことを延々とやってる(やらされてる)から、過労死してしまうんだ。

ベンチャー企業の創業時は、想像を絶するハードワーク。

だけど、自分がやりたくて立ち上げた会社の仕事だからハードワークでも苦にならない。

私の釣りと同じですね。



私は疲労していると感じるあたり、まだまだ燃えるもの、好きなもの、やりたいものが見えていない証拠ですね。

そういや、家を建てるときは、週末も含めて相当ハードな日々を送っていたけど、疲れは不思議となかったなー。

やっぱり、キーワードは「燃えるもの」を見つける、もしくは生み出すことですね。

そのために私は今何をしようか・・・?

うーーーん、

ダメだ、また悩んでしまいそうだ(笑)





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

株大暴落、どこまで下がる!?

2008年10月07日 01:46

ここ最近の株式市場の荒れ具合を歓迎して、

「これは数年に一度のチャンス!!」

なんて思って、

調子に乗って軍資金を投入してきましたが・・・




少し汗。。




どこまで下がるの(泣)



まあ、大底なんて狙えるモンじゃないし、そんな欲はかいてませんけど、これまで仕込んでいた銘柄の損失がかなり大きくなってきました。

すぐに現金化が必要な資金じゃないので、しばらく泳がせますけど、さすがに株の取引画面で自分の仕込んだ銘柄に「マイナス」表示が並ぶと、凹みます。


今週は一時的に買戻しが入って、盛り返すのかと思ってたら、今年最大の下げ幅ですと・・・

まあ、もう一回チャンスが来たと思って仕込む予定ですけど、日経平均12,000円を割り込んで、

「よっしゃー、キター!!」

って思っていた自分が恥ずかしいです。。。

11,000円まで割り込んだと思ったら、10,000円割れまで現実的になってきた。

さすがに最後の仕込みはちょっと尻込みしてます・・・


おもしろい相場になってることは事実だし、もう一回だけ自分の不安に打ち勝って、参戦してきます。

人が逃げてるときには、参加しないとね。

やっぱ投資はメンタルだなー

精神状態が完全に投資判断を左右している。

もっと、ロジックに判断しないと、私もまだまだ甘ちゃんです(汗)




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

日経平均1万円割れ・・・

2008年10月06日 07:18

それにしても、どこまで下がるのかね・・・

先週末、ついに日経平均が11,000円割り込みましたね。

私が最初に株式投資を始めた頃の水準にまで落ちてきた。。

12,000円割れを心待ちにしていた私としてはいささか下がりすぎの印象です。

日本の企業はそこまで安くない。

今は明らかに売られすぎだ。

・・・・・

そう思って(信じて)、これまで温存してきた軍資金を投入してきました。

リーマンショックで11,500に近づく雰囲気を見て投入!

そして、その次の週でも11,500円を割り込む気配が見えてきたので、追加投入!!

そして、もう1回チャンスが来ると感じていた先週。

私が期末の忙しさに追われている間に11,000円割れ。

先週は最後の軍資金を投入するには、もってこいの相場だったと思うのですが、残念ながら土俵にさえ上がれず。。。

今週に入ったら、もう遅いな、こりゃ。

アメリカの金融安定化法案も可決され、たぶん、大きく反発するんだろうな。。

またチャンスは戻ってきてくれるかな~(笑)



日経平均はこの1年の間に1万円を切ると言う人もいる。

って・・・マジですか?

1万円を切るなんて、あの「失われた10年」の時代に戻るってか?

一度ウミ出しした日本の経済、そこまで落ち込まない(ハズ)

はてさて、日本は、いや世界経済はどうなっていくのやら。。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

結果が出ないなら軌道修正

2008年10月05日 00:11

先日は私の誕生日記事に、たくさんの祝福のコメントをありがとうございました。


祝福のコメントもらっといて言うのもなんなんですが、この歳になってくると、誕生日とかどうでもいいんですよね。

私の場合、

「36歳までに○○する。○○になっている。」

なんて、ノートに書いてるもんですから、誕生日の喜びなんかより、納期が迫るような焦りの気持ちで一杯なんですよね・・・


2年前に書いた目標にまだ届いてないな。。

達成しているものもありますけど、できてないものが多い。

本質的なものは、できていないといった方がいいかも知れません。

どんなことを書いているか?

堂々と書くのは少し恥ずかしいので、ニュアンスだけ書きます。

基本的に物欲を書いています。

「36歳までに○○を手に入れている」

って、やつです。

もちろんお金そのものも目標にあります。

今回目標を達成できなかったことは真摯に受け止め、しっかりとその原因を考え、今後に活かしたいです。

そういう意味では、私の「夢ノート」も中身を少し見直さなければなりません。

目標の軌道修正が必要です。

これまで私は目標は、はっきりと数値化できるもの、ロジックに判断できるものを掲げてきました。

一番分かりやすいのは「お金」に換算することです。

例えば、「36歳までに3000万円つくる」

のような目標です。

達成したか、しなかったかが、はっきり分かります。



しかし、このやり方でやってきたのに、結果が出せなかった。

以降もこのやり方で続けていいのだろうか?

うまくいかないときは、やり方を変えて再度トライする必要がある。

そして、やり方は成功している人を真似るに限る!


数値化しにくい目標も取り入れてみよう。

人間くさい部分。

キライじゃないけど、結果の判断が曖昧になるので、目標には組み入れていなかったもの。

人脈形成

自己変革

健康

時間

価値感

家族への愛情

まわりへの感謝

折れない心

・・・・・

といったお金で手に入らないもので、意識して目標に掲げることで、弱い自分への戒めになるようなもの。

こういった、数値換算が困難なものに目標を持ってみようと思う。


これまで目標の本質的な部分に「お金」を据えてきた私ですが、この太い幹は残したまま、自分の「人間力」を高める目標も織り交ぜ、うまく融合させて行きます。

まあ、「お金」を得ようとすると、結果的に「人間力」が必要なワケですから、これまでもそれに取り組んできたワケですけど、

今回は例えば、

■37歳までに人の悪口を言わない人間になっている。

■会社以外にお茶や食事、酒を酌み交わせる友人が50人できている。

■健康を意識して、体力維持に努め、心身ともに365日折れないカラダができている。

なんかを入れてみよっと!!



それにしても、毎年のことながら、自分の誕生日(9月30日)は仕事が忙しいです。。

なんたって、上期末の締め日ですからね。

学生時代は考えもしなかった、この9月30日の意味。

まあ、3月31日生まれよりはマシか・・・?





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。