口はひとつ、耳はふたつ

2008年07月13日 21:55

コミュニケーションで最も大切なことは、「聞くこと」

誰からもそんなことを言われ、ありとあらゆる本にも書かれ、当たり前のように教えられてきました。

しかし、多くの人はコミュニケーションにおいて、「聞く」ことよりも、「話す」ことに時間を割いています。

聞くことの大切さは誰もが知っていますが、皆しゃべることに必死です。

相手の話を聞きながら、次に自分がしゃべることを考えている。

正確にいうと、相手の話は聞いていない。


私は営業職ですが、営業マンは往々にして、よくしゃべる。

しゃべりすぎです。

その商品の良さ、自社の優位性、今購入することのメリット・・・

必死になって説明します。

はっきり言って、お客さんは聞いていません。

ひどい人になると、お客さんの話が終わらないうちに、

「あー、それはですね・・・」

と、話を上からかぶせます。

最悪のコミュニケーション。

そして、自分の用意してきた主張が全部話せると、

「うーん、今日はいい商談ができた。」

と意味なく満足。

相手は不快です。買ってくれるはずなどありません。

ひと昔前だと、

「なんか必死だし、かわいそうだから買ってあげようか。。うるさいし、早く帰って欲しいし・・・」

ってなこともあったかも知れませんが、今は聞かない営業マンはまず売れない。


仕事だけじゃなくて、人間関係においてもそうです。

人の話を聞かず、自分のことばかりしゃべる人。

身の回りに必ず一人はいますよね。

しかも、パッっと思いつきますよね。

すぐに出てくるくらい不快に思ってるンですね。

こんな人と永い付き合いをしたいと思いません。

逆にあなたの仲の良い人。

何気なく仲が良いだけじゃないんですよね。

あなたの話をよく聞いてくれるんです。

だから仲がいいんです。

誰からも人気のあるあの友人は、話を聞くのが上手ですよね。


「話すことより聞くことの方が大切」

こんな、当たり前ですがとても大事なことを、神様は人間のカラダを作るときに教えてくれています。

だって、人間のカラダは、「口がひとつで、耳はふたつ」じゃないですか。

by 金持ち父さん


私もひとつ話したら、最低でもふたつは聞くぞ。

人気者は天性の才能だと思っていましたが、「聞く」ことで、もっと人間力を高めることは可能なハズだ!




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ