スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

あの日はもっと寒かった・・・

2008年01月17日 05:46

あれから13年の月日が流れました。

神戸に生まれ育ったものにとって、忘れられない日であることは今さら説明の必要はありません。

今日はいつもより早く起き、5時46分にこの記事をアップしました。

あの日は今日よりも、もっと寒い日でした・・・


私はその日、当時住んでいた実家が全壊しました。

長くつらい避難生活を経験しました。

そして2年前、ご存知の通り、全壊した自家とは隣の街である芦屋に家を建てました。

その芦屋に家を建てるブログを始めたときにも書きましたが、家に対する強い執着を持ったのは、もちろんその経験によるものです。

この経験は私のすべての概念を変えました。

形あるものはすべて壊れる(可能性がある)・・・

絶対安全なものなど存在しない・・・

それまでの、「なるようになる・・・」の考え方は一変し、

人生のすべてにおいて、トラブルが起こることを前提にして行動するようになりました。

リスクについて常に備えるようになりました。

否定的な言葉で言えば、”臆病者”になりました。

これまでの私のブログを読んでくれた人なら分かると思いますが、常に先を読み、リスク回避をいつも考えるようになったのは、「あの日」があったからです。

いい面も悪い面もあります。

常に先を読んでいますから、大きな失敗はしなくなりましたし、自分自身が思慮深くなりました。

このことは仕事や、人生のあらゆるステージで多いに役立っていると感じます。

ただ、常にリスクに怯えていますので、心が休まるときがありません。

これから先も、この性格とうまく付き合っていかなければなりません。


私はその経験を何かの形で、記録に残したいと常々考えていましたが、そのような機会もなく、13年の月日が経ちました。

つらい避難生活と、仕事上でのトラブルが重なり、私はその翌年に精神的に病んでしまいました。

自律神経がやられ、鬱病になりました。

そのときのトラウマからか、あの経験を深く掘り起こして、記憶を辿るのは自分の中でタブー視していました。

過去の暗い話を思い出すのではなく、未来の明るい話をして、前向きに取り組みたい!

そう思って、その経験を避けてきたように思います。


しかしちょうど1年前に、このブログというツールを手にして、今の私は決起しました。

薄れ行く記憶の中で、まさに今年しか、「記録」に残せるチャンスはない。そう思いました。

ブログなら残した記録を多くの人にも見てもらえる。

あの体験を手記にまとめよう。


今年の年頭にそう決起し、少しづつ準備を進めてきました。

私の3つ目のブログです。

普通のサラリーマンですので、3つものブログを同時運営できるほど、時間や能力もありません。

私の独善的なマネー啓発を楽しみにしてくれている方が、いらっしゃれば申し訳ないのですが、しばらくは、このブログの更新をストップし、この手記に注力します。

この手記は、おそらく1~2ケ月くらいのボリュームになると思いますので、その間は、このブログからはお別れです。

ここに遊びに来て下さった方も、何かの縁ですので、ぜひ私の手記を覗きに来て下さい。


「私だけは大丈夫、そう思ってました」
ぜひ、よろしくお願いします!!
スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

お金を楽しく語りたい!

2008年01月15日 06:55

これまで多くのお金の記事を書いてきました。

以前とあるブログ友人に、コメントしたことがある内容なのですが、

私はお金のことを、もっと堂々と語れる世の中になって欲しいと思います。

釣りやゴルフ談議のように趣味のひとつとして・・・

女性なら、おしゃれやショッピング、料理の話のように・・・


私は会社でも、友人とプライベートの遊びでも、お金について語ります。

もちろん稼ぐ話もあれば、増やす話、使う話、貯める話、お金の持つ意味などなど

最初の頃は、

「お前、またお金の話か・・・」

とさげすんだ口調で言われました。

でも私は本当にお金のことが好きなので、気にせず、これまでもその仲間と接してきました。

そうすると、近年になって個人投資家の増加に伴い、投資や運用にマスコミが脚光を浴び始めたり、住宅ブームでマンションや戸建を買いたいという時期になって、私にお金のことを聞いてくるようになったのです。

「どの株が儲かりそう?」

「得な住宅ローンってどんなん?」

動機はどうであれ、お金に興味を持って、堂々と話ができるように世間がなってきたことは、私にとって嬉しいことです。


私はお金のことをもっと知りたいと思って、当時「お金のプロ」と呼ばれていた「ファイナンシャルプランナー」の資格取得に挑戦しました。

そして資格取得後、今の仕事ではまったく関係ないのですが、名刺に”ファイナンシャルプランナー”の肩書きを入れ、堂々と「私はお金のプロです。」と言ってきました。

最近では、私がお金の話をしても、周りの人は「またか・・・」と言わなくなってきました。

逆に先ほど述べたように聞かれることが増えました。

聞かれる→調べる→またお金のことに詳しくなる→またお金が好きになる→ますますお金のプロになる→また聞かれる

いわゆる得意の連鎖です。


日本がお金の話をすると「やましい」ことのように扱われるのは、日本古来の美徳かも知れません。

完全に教育の問題ですね。

何が儲かるとか、何がトクとかではなくて、私が勉強したお金に対する考え方を、また少しずつ記事にしていこうと思います。

誰もがお金と楽しく向き合えるように!



いつまでもお金が苦手でいいですか?
今年こそFP資格にチャレンジ!!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

強くても生き残れない?

2008年01月12日 01:55

ここ2年ほど、自分の中の思考がドラスティックに変化しています。

ものの見方、価値観が、これまでと大きく変わってきたのです。

それとともに、私の生活スタイル、人との接し方、話し方も変わりました。

急激な変化に親しい友人からも、「変わったな~」とよく言われます。

しかし、多くの人は「変わったな」と言われることを好まないようです。

髪型や体型、服装のことではなく、その人の内面、性格などを「変わった」と指摘されると、

「そんなことない、俺は昔からこうだった。」

なぜ、変わったと言われるのは嫌なのでしょうか?

人間は成長するのですから、変わって当たり前。

変化して当たり前。

変化は成長している証だと考えています。


最近はこの「変化」を楽しむようになってきました。

自分自身が大きな変化をしている。

どこまで変化し続けることができるのだろう。

世はまさに激変の時代。

この変化の潮流に合わせて、自分も変化し、成長していきます。

まわりから「変わったなー」と言われれば、

「おぉー、そうやろ、成長してるからなー^^」

と返すことにしています。


どうも人間は変化を好まない動物のようです。

できるだけ今の「暮らし」、「手法」、「考え」を、”変えたくない”のです。

変えた結果、失敗するかも知れないし、経験したことない変化であれば恐怖心が芽生えます。

今のやり方でやってれば、少なくとも失敗はしません。

その結果、変化を恐れるようになったみたいです。

やっかいなのは、変化を好まない人種は、自分の周りの人にも変化をしてもらいたくないと考えていることです。

「そんなことは危険だから、やめたほうがいい。」

「そんなのやっても成功しない。」

「そんなのもう遅い。」

なんだかんだと理由をつけて、自分のまわりの人が変化しようとしたら、それを止めるのです。

自分が変化に取り残されるのが怖いのでしょう。


私は変化を歓迎します。

そして、どんどん変化(進化)していくつもりです。


『進化論』で有名なダーウィンの、私の好きな言葉

「この世で生き残るのは、最も力が強いものではない。最も賢いものでもない。最も変化に対応できるものだ」

最強と言われた恐竜は滅びたが、変化に順応できたゴキブリは生き続けた。

最も賢い動物と言われる人間も、変化しなければ滅びてしまう・・・




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

口先男

2008年01月09日 07:14

私はスピーチが好きです。

人前での挨拶、自己紹介、プレゼンテーション、司会、これらは好きというか、自分の中ではどちらかというと得意なゾーンに入ります。


昔からそうでした。

子供の頃はとにかく、目立ちたがり屋・・・

小さい頃はカラダが小さかったので、本能的に目立つことばかり考えてたのかも知れません。

また、社交的なひとつ年上の兄の背中に埋もれるのがイヤで、そうしていたのかも知れません。

決して社交的な人間ではなく、人見知りもする方なのですが、なぜか人前で臆することなくしゃべることができます。


小学校卒業の時に、そんな私に担任の先生から話がきました。

「中学校の入学式で新入生代表で挨拶しなさい」

私は第二次ベビーブームで、とても人数の多い世代です。

中学の新入生は全部で430人ほど。

これに在校生や、父兄、教職員を合わせて、何人いるかわからないくらい、とにかく満員の体育館で、校長先生の前でスピーチしました。

もちろん入学式の前から、何度も中学に行って、原稿のチェックやリハーサルをやりました。

緊張はしましたが、うまくできた記憶があります。

そのときの自信が、今のスピーチ能力に自信をつけたのかなと思っています。


それ以来、スケールがグンと落ちますが、学生時代の飲み会、コンパの企画や司会は、ほとんど私。

嫌いじゃないので、率先してやってました。

入試、バイト、英検などで多くの面接を経験しましたが、面接をしくじったと思ったことはありません。

もちろん、今の会社の入社面接もお手のモノ♪でした。

学生時代は遊びまわっていた落ちこぼれ学生だったんですが、面接の翌日、就活担当の先生から、

「キミ、面接で何を言ったんだね??」

「エっ?なんかヤバイこと言ってましたか??ちゃんとPRできたと思ってたんですケド」

「違うよ、素晴らしい学生をウチに送り込んでくれてありがとう、って言われたよ」

「え、マジっすか?」

「キミ、学校では寝てるばっかりで、しゃべったことないからビックリしたよ」

「ははは・・・」

「なかなか要領いいんだね」

(はい、要領はいいです・・・内心)


社会人になってからも相変わらず、飲み会や、結婚式のスピーチは必ずと言っていいほどオハチが回ってきます。

仕事でもプレゼンテーションや、講師、会議の司会進行は私の独壇場です。


今思うと、いい能力が知らぬ間に身についたなと思っています。

日本人は謙遜の人種ですので、自己PRが下手だと言われています。

それに比べて私はその逆。

PRしすぎ。しかも実態よりも少し誇張してPRする。

だいたい、こんな記事書くあたりもそんな性格が書かせているんでしょう(汗

ある意味、うまくこの性格を利用しながら、口と実態に乖離がないように、行動力を鍛えて行こうと思います。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

自社株は買うな

2008年01月07日 06:41

お金持ちになる人は、大きく勝つことよりも、大きく負けない。

そして、

一発大きく儲けるのではなくて、小さく儲け続・け・る

さらに、

儲け続・け・るには、投資が先で、消費は後

こんなことを論じてきました。


具体的にリックルハングは、大きく負けない戦略をどのようにとっているのか?少しお話します。

ひとつは前にも記事に書きましたが、住宅ローンを変動で組んで、国内株式との資産組みをしています。

ここでいう国内株式は、住宅ローンとの連動ですので、長期保有が大前提です。

住宅ローンのように30年にもわたる長い期間では、その経済環境は大きく変動します。

景気上昇局面では金利が上昇し、ローンの金利負担が大きくなります。

しかし、株価は景気とともに上昇し、そのローンの金利上昇負担分を補ってくれるハズです。

逆に、景気停滞局面では金利は低下し、ローンの負担は変わりません。現在の超低金利の恩恵をフルに活用できます。

ところが株価は思うように上がらず、下手すると元本割れですが、住宅ローンで低金利をむさぼっていますから、仕方ないでしょう。


もうひとつ、大きく負けない戦略として、株式投資の銘柄選択ですが、

自分の会社の業界には投資しません。

もちろん自社株買いは絶対にしません。

自業界の株や、自社株は、その会社の業績分析がし易いので、つい投資したくなるかも知れませんが、私はオススメしません。

例えば、自社株。

自分の会社の業績が良ければ、給料やボーナスは上がります。

それとともに株価も上がって、二重のウハウハですね!!

ところが、自社の業績が低迷したらどうしましょう・・・??

給料は軒並み10%カット。ボーナスは50%カット。。。家のローンやばいよ~

それに追い討ちをかけるように、自社の株価は急降下。

株を売って、生活の足しにしたくても、もはや損失が大きすぎて売るに売れず、いわゆる塩漬け。


大きく負けないためには、資産の一部が下落したときに、その下落を補う資産を持つことが大切です。

そういう意味では、自社の業績が落ちたときに、活躍しそうな会社(業界)の株を買っておくのです。

極端な話、自分の会社が潰れたら、喜ぶ会社を探すのです。

ここでは単純に自社のライバル会社に投資するのではありません。

業界にもよりますが、その業界でひとつの会社が負け組みになったということは、その業界のマーケットが縮小している場合が結構多いのです。その場合、ライバル会社自体も行く末危ない可能性があるのです。

例えば、今ゲーム業界で一人勝ちの「任天堂」と、そのライバルの「ソニー・コンピュータエンタテインメント」を見たとき、有り得ませんが、ソニーが家庭用ゲームから撤退したとします。

そうなれば、ライバルの任天堂は株価が大きく上がるかと言えば???です。

会社が事業を撤退したり、計画を断念したりするのは、ライバルに叩きのめされて勝ち目がなくなった場合と、市場が縮小してその業界の将来性に期待が持てなくなった場合が考えられますが、主に後者の方が多いのです。

ですから、私は自社の業界の株式は買いません。


こんな感じで、相反する値動きをするものを組み合わせることが、大きく負けない投資です。

投資では当たり前のことで、「分散投資」と呼ばれていますが、なかなか実践できません。

やっぱり誰もが、大きく勝ちたいですから。。。



ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

大きく上昇、小さく下降

2008年01月05日 23:47

嫁の実家から帰還してまいりました。

長かった休みも、明日で終わり。

休みの間、生活のリズムがムチャクチャです。。。

年頭に誓った早起きはできるかな~???


ところで、、、年始だというのにお年玉相場・ご祝儀相場どころか、とんでもなく株が下がってますねー。

まあ、予想はしていた展開とは言え、ここまで下がるとはオドロキです。

買い頃になってきた欲しい銘柄があるので、1月下旬のアメリカの金融機関の決算を見て、仕込んでおきたいと思います。

ピンチは最大のチャンス!!


年末に続いて、「大きく負けない思考」について考えます。

大きく負けないためには、大きく負ける人のマネをしないことが大切です。

大きく負ける人に最も多い傾向は、「目指せ、一発逆転!!」です。


人間誰しも、運気があります。

私は特定の宗教を信じているわけではありませんが、人生においてその運気(バイオリズム)は存在すると思っています。

そう、必ず、運のいいとき、悪いとき、流れのいい時期、悪い時期ってあります。

皆さんも日頃、

「今日はツイてるぜ」「最近、絶好調だ!」

「ここんとこ、ロクなことない」「最近何やってもうまく行かないから、厄払いでも行かないと・・・」

って、よく言いますよね。

まさにバイオリズムです。


大きく負ける人の特性は、例えば、投資で続けて損失が出ているとき(運気が落ちているとき)に、その損失を取り返そうと、リスクの大きい、ハイリターン投資に手を出す。。。

すなわち、一発逆転を狙うのです。

運気の落ちているときに大勝負に出ても、大やけどを負うだけです。

そして、その後にやっと巡ってきた上昇気運の際には、軍資金が枯れており、上昇気流を掴めないまま、再び運気を落としていくのです。


逆に、お金持ちの人は人生のバイオリズムを掴んで、このように行動するそうです。

運気が落ちているときは、何もしない。

投資であれば、取引しない。

もしくは退場する。(損失の小さいウチに売却して、逃げる)

そして、運気の回復を見ながら、上昇気運になってくると、一気にその上昇の波に乗り、大きく儲ける。


逃げ上手。

これは最も難しい能力かも知れません。

私も逃げなければ・・・と分かっていながら、なかなか行動に移せず、次の上昇気流でイマイチ高いところまで昇れず、上昇下降を繰り返しています。。。

大きく上昇、小さく下降、再び大きく上昇、ちょっとだけ下降。。。そうやって少しづつでも、上昇して行きたいものです。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

今年の目標

2008年01月03日 01:46

今日は、個人的な目標達成のために書かせて頂きます。


【今年の目標】

1.早起きの習慣を身に付ける。

◆平日は6時起き

◆愛犬の散歩はサボらない(嫁にお願いしない。もし朝の犬の散歩で嫁に負担をかけたら1000円積み立てる)

◆朝の時間を自分自身への投資に使う


2.会社以外の収入を、去年の3倍に増やす。

◆アイデアが出るまで待ってないで、いろんなことにチャレンジして可能性を試す

◆時間をうまくマネジメントして、自分の時間、家族の時間を能動的に創出する

◆会社以外に、人脈をどんどん広げて、多くの人の意見や考え方をしっかりと聞き、よいものはどんどん取り入れ、影響を受ける。そして、自分の意見もどんどんぶつける。


今年は大きくは、この2つを必ず実現させよう。


一つ目の目標は皆さん、「プププっ」と思われるかも知れませんが、これまで何度もくじけてきた目標で、私自身トラウマになっていたタブーな目標でした。

ここ数年、自分自身の意思に少しずつ強さが出てきたので、そろそろできるかなと思い、今年の目標に掲げました。


私はこれまで早起きする人を尊敬していました。

自分は夜型なんだと思い込み、だから朝は仕方ないと自分自身に言い訳をしていました。

ところが、世の偉人、成功者たちは総じて、朝型人間なのです。

その事実は、私自身、分かる気がしました。

朝起きる人は、何と言っても意思が強い。

その意思の強さは、人生の成功には必要不可欠だと思うのです。

朝起きるために、「夜早く寝る」というのも強い意思が必要です。

テレビ、ネット、酒など夜更かしは楽しい。

朝起きられない人(私)は、誘惑の多い夜に「寝る」という意思が弱く、結果、朝起きられないのです。

私は朝起きられない以上、成功はしないと自分に言い聞かせて、今年、そのトラウマを解消します。

この目標は、12月からずっと今年の目標として考えていたのですが、別に年が明けるまで待ってる必要はないと思い、思いついた即日からすでに実行開始しています。


2番目の目標は昨年からの継続目標です。

昨年スタートした、会社以外の収入源確保計画。つまり我が家に流れ込む川(支流)の数を増やす計画の一環です。

今年もどんどん変化を恐れずチャレンジして、結果に結び付けたいと考えています。


ブログを通じて、ここに遊びにきて下さる皆さまにも、こうやって公言することで、いろいろ知恵を頂いたり、応援、励ましを頂くことで、有言実行したいと思います。

私ごとで恐縮ですが、皆さま、今年一年また応援とご協力お願い致します。

お願いばかりではいけませんので、何か私にできることあれば、私も協力させていただきまーす^^





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

あけましておめでとうございます

2008年01月01日 15:09

あけましておめでとうございます!

昨年はブログを始めたことがキッカケで、自分が大きく変わったと感じます。

とても充実した一年でした。ブログに遊びに来て下さった皆さま、本当にお世話になり、ありがとうございました。


今年はねずみ年。

私の年です。。。


ヤバいです。ついに12年ぶりに年男が巡ってきました。

35歳になり、最近、自分自身に大きな変化を感じていますが、年男の今年はその変化が更に大きくなり、飛躍の年になりそうな気がしてなりません。

まさに満を辞して、私の年が来たとでもいいましょうか・・・?


さて、私の大きな目標達成のためには、今年1年は何をすべきか?

もう1年の目標は決まっています。

そのことはまた後日公言しようと思います。

女子ゴルフで史上最年少で賞金女王に輝いた上田桃子プロのように、目標を公言し、その実現のために自分を追い込む、いわゆる「有言実行」型で、今年も必ず目標を達成し、夢を現実に引き寄せますよ!

このやり方は今まで私自身のモチベーション維持や、目標達成意欲を向上させる手段で使っていましたが、今年はブログというツールも手に入れていますから、フル活用したいと思います。


今日の芦屋は、寒さは厳しいのですが、空を見上げると、ぬけるような快晴です。

厳しい現実(寒さ)に悲観ばかりしてないで、空(夢)を見て晴れやかに過ごす、そんな一年にしていくつもりです。


皆さんとともに、今年が素晴らしい一年になりますように!!

本年もよろしくお願い致します。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。