スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

今年の目標を振り返って

2007年12月31日 06:50

今日で2007年が終わりますね。


今年は生まれてはじめて、年初に目標を立てました。

芦屋に家を建て、目標を見失った私が、少しづつ次の目標を見つけられるように、その一歩として、はじめて一年の計を立てました。

それは、

「自分で稼いでみること」

「ゴルフに挑戦すること」

この2つでした。


自営業で身を立てた父の影響か、サラリーマン生活をしていると、自分の力で稼いでいるという気になれず、会社に対して自分の時間を売っている、まさに時間の切り売り生活を強く感じるようになっていました。

そこで今年は、何か自分で会社以外の収入源を見つけることにチャレンジしよう!そう決起したのです。

決起したはいいケド、何をどうスル?

本をいっぱい読みました。

アイデアが浮かぶまで待ってても、何も変わらないので、何か新しいことを始めようと思いました。

そこで手を出したのが、ブログ。。。

今年の1月からすぐにブログ始めました。ブログで、アフェリエイトやったら稼げるらしい・・・

ところがどっこい、しばらくやってみると、案の定、さっぱり。

でも、ブログを通じて、会社以外の仕事と関係のない人、年代の大きく離れた人、外国に住んでる人、とにかく色んな人と知り合えたことが、当初の目的とは異なる魅力となり、1年間やり続けるモチベーションを持てました。

そして、当初の目標であった、収入については・・・


やりましたよ。

会社以外で稼ぎました。ブログで。

時給に直して、だいたい150円くらいの稼ぎですが・・・・・(泣

でもいいんです。目標はしっかり達成しましたから。


もうひとつの目標、「ゴルフに挑戦」

会社から、義理の親父から、友人から、、、多くの誘いを受け続けていましたが、これまでやらず嫌いだったゴルフ。

今年、結果としてやりましたよ。

まったくクラブを握ったことのない私が、コースデビューしました。

このゴルフの話はまたじっくりさせて頂くとして、私の一年の計は2つともしっかりと目標を達成しました。


そういう意味でも、とても充実した、いい一年を過ごせたと思っています。

皆さんは今年の目標達成できましたか?


来年私は年男です。

何だか、大きな転換期を迎えるようなそんな予感がします。

今年以上に、さらに高い目標を掲げて、充実の一年になることが何だか楽しみです!!



では皆さま、今年一年の本当にお世話になりました。

どうぞ、よいお年をお迎え下さい。

スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

投資が先、消費は後

2007年12月29日 12:50

「投資が先、消費は後」

私の崇拝するこのメッセージを、人生最大の消費(買い物)である、「家の購入」で実践しようという考え方があります。

不動産投資のプロ中のプロ、「はちみつさん」の「家はタダで買え」が、まさにそれです。
(はちみつさんは、すでにブログは閉じられていますが、過去記事は残してくれています。家はタダで買えのカテゴリ内の記事はとても参考になります。)

この考え、発想を私も家を建てる前に知っていたら、実践したかも知れません。

私は「家」については、もう消費行動を起こしてしまったので、これからの消費、「車」などは、「投資が先、消費は後」のルールに則って、実践していくつもりです。


このルールの家購入版(家
はタダで買え)を実践しようとしている人がいます。

apakoさんです。

強い意思で、家購入を「投資が先で消費は後」で実践されようと、頑張っておられます。


「消費」はとても楽しいものです。お金を使うという行動はその時は非常に大きな快感をもたらします。

それに比べて、投資は我慢を伴います。特に最初のうちは、消費欲と自制心の戦いです。

多くの人は消費欲に身を任せ、先に消費行動を取り、そして一時的な快楽を味わいます。

そうすれば、その後に待っているのは、またお金のない世界。

次の消費まで、セッセこ、セッセこ、働いて、お金を貯めなくてはならないのです。

まさに人生のラットレース。

この繰り返しの人生を送っている人が、世の中の大半です。私も今はそうです。。。


私は欲しいものがあるときは、いつもこの言葉を思い出して、

「今買うべきか?」

を自問自答します。

だいたいは、今買わなくてもいいものが多いですね。

そうと分かったら、消費よりも先に投資をします。


早く私も、

「投資で得たお金で消費をする生活」

が実現したいな~





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

「いつか一発当ててやる!」って、いつ?

2007年12月28日 02:59

先日、お金持ちになる人は、「大きく勝つ」よりも、「大きく負けない」ことに取り組んでいると言いました。

それを聞いて、もしかすると、

「お金持ちは守る資産があるから、そう考えるんだろ。守るべき資産が少ない俺たちには当てはまらんよ。」

そう、考えられた方もいらっしゃるかも知れません。

私もそう思っていました。そして、まず資産をつくるために、「大きく勝つ」ことを、血眼になって求めていました。

しかし、それでは人生のラットレースから抜け出せません。(あまり好きな表現ではありませんが、、、)

いつもいつも、大きく勝つ戦略ばかりで、勝てた人を見たことがありません。

たまに友人と興じる麻雀で、いつも思います。


「そんな亀みたいな人生、楽しいか?もっと、どーんと大きいことやって花火あげてこそ、男やろ!!」

コレ言う人、多くないですか?周りに居ませんか?

そういう人ほど、大損こいてます。

「いつか一発当ててやる!一発逆転・・・」

少なくとも私の周りでは、逆転した人見たことないです(汗


賢い、強い投資家は、負けない戦略で確実にリターンを得続けるのです。
(この続けるが大事!)

そして、負けない戦略で得たリターン資産を、大きく勝つ戦略に投じるのです。

これって、ホント当たり前のことなんですが、実際にできる人は少ないです。

私もまだまだ、うまくできません。心のどっかで「一発当てて・・・」が残っているのでしょう。。。


私の好きな言葉です。

「投資が先、消費は後」

お金が生んでくれた、新たなお金で、欲しいものを買おう。

先に消費をしていては、人生いつまでたっても豊かになれない・・・


このことを、人生最大の買い物と言われる「家の購入」で実践する話を次回に。

私ももっと早く、こんな勉強ができていればなぁ・・・いや、別のことで実践しよう!(一人ごと)




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

あなたは投資家?それともバクチ打ち?

2007年12月26日 12:02

ここ最近、株価が低迷しています。

株価が上がりやすい時期と言われる12月なのに、大幅続落です。

今年の前半の勢いでいくと、日経平均も2万円代に突入確実と言われてましたが、今年の夏の「サブプライム」で一気に市場が混乱しましたね。

当初日本は関係ないと思っていましたが、各金融機関の決算でその被害が発覚し、いまだに引きずっています。

この問題による市場の冷え込みや、原油高に端を発する物価の上昇で、政府が景気減速の見解を出しました。

いざなぎ越え、ゆるやかに景気拡大、これからは上向く・・・根拠もなく、このように楽観視してきた人たちが狼狽しています。


私の株式資産ももちろん目減りしました。

しかし、私のポートフォリオでは株の資産減少を、住宅ローンの金利が補うことになっています。

昨年から続いた金利上昇が、ここに来て止まりました。

このままだとしばらくが上がらない、上げられないと関係筋は言っています。

長期金利は逆に下がっています。

これから金利は上がる一方だと、銀行や世間の風潮に呑まれて、住宅ローンをあわてて固定金利へ変更した人がどれだけ多いことか。。。


所有する資産はその価値変動の特性が、反対のものを組み合わせるというのが投資の基本です。

つまり、片方が値下がりしても、片方が値上がりするので、値下がりの損を帳消しできる・・・といったような。

私の場合、住宅ローンは完全に不動産投資の一部だと考えているので、変動金利で組んでいます。

景気がこの先上昇していけば、金利も必然的に上がり、ローン負担は増加するでしょう。これは家計的に痛いです。つまりマイナスの資産になってしまいます。

しかし、景気が上向けば、所有している株式の価値は上昇します。これはプラスの資産です。


その逆は現在のように株価が下落し、ローン金利は上げどまり(もしくは低下)です。


お金持ちになる人は、「大きく負けない人」と言われています。

人間は貪欲な生き物ですから、「大きく勝ちたい」と常に思っています。

しかし、勝負に勝つのは、いつの時代も、「勝つ人」ではなく「負けない人」です。

正式には「負け続けない人」。

プロ野球のペナントレースで優勝するのは、”連勝するチーム”じゃなく、”連敗しないチーム”です。

麻雀でトップを取る人は、”役満をあがる人”ではなくて、”振り込まない人”です。


きく勝つ戦略ばかり考えている人は、投資家ではありません。バクチ打ちです。

負けない戦略を考えられる人は、強い投資家です。



しかし世の中のお金儲けの話は、大きく勝つ戦略がほとんど。その方が、華がありますからね。

「1年で資産を10倍にするファンド」

と、

「元本を割れを限りなくゼロにし、5%運用するファンド」

では、間違いなく前者の方が売れるでしょう。株を買っただけで自称「投資家」を名乗る、バクチ打ちの方に・・・

そして、そのファンドを買った人の大半は、大きく損を出してしまうでしょう。

本当の意味での投資家や、金持ちになる人は、後者のファンドを買うのです。


負けないことの大切さを学べば、お金持ちに近づけると私は思っています。

決して派手ではありませんが、以前お話した、「収入を増やす前に、支出を減らせ」に類ずるところがあるかも知れませんね。


負けない戦略については、まだまだおもしろい話あります。
次回に。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

家づくり奮闘記コンテストで賞をもらいました!

2007年12月24日 20:20

嫁の実家に帰っておりましたので、久しぶりの更新になってしまいました。

今日はクリスマスイヴ。

子供たちへ、クリスマスの演出に精を出していると、なんと僕にも、思いもしなかったクリスマスプレゼントが届きました。


「家づくり奮闘記コンテスト」で、どうやら”奨励賞”に選ばれたみたいです^^

正直なところ、ブログのアクセスアップを目的としてリンクしていたので、コンテンストがどうとか、あまり感心を持っていませんでした。

参加しているブログを見ると、スゴい人たちばかりだったので、そもそも賞をもらうなんて、論外と考えていましたし・・・

さすがに驚きました。

事務局から届いたメールを見て、最近よく聞く「当選詐欺じゃないか?」とも思いました。

「おめでとうございます!あなたに高級国産車が当たりました。受領するか辞退するか3日以内にご返答ください。受け取る場合には、税金、保険、登録諸費用などで40万円ほどの実費が必要です」

といった詐欺が流行っていると聞いてましたから・・・


すでに家づくりブログとしては終了し、「マネー」と「生き方」を語るブログになってたのに、これまでの”建てるまでブログ”のコンテンツが評価されたようです。

クールな私もやはり評価を受けると嬉しいもの。思わぬプレゼントに感激しました。

”建てるまで”のコンテンツに多くの方が、興味を持って頂いたおかげで、今のブログが存在しています。


いずれにしても、投票してくださった方、感謝申し上げます。
(ちなみに私の投票した方も同じく奨励賞に入っており、これまた感激!)

”建てるまで”から、いつも応援してくださった皆さま、ありがとうございます。

そして、最近の記事にも共感頂き、応援頂く多くの皆さまにも感謝です。

今後も、皆さんの懐にグサりと来るような(役に立つとはいいません・・・)、マネー、生き方、泥臭い生活設計の記事を書きますので、よろしくお願いしますね。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

大企業病

2007年12月19日 06:44

大企業に勤めていると、危機管理意識が完全にボケてしまいます。

これは公務員も同じかも知れません。

会社の母体が大きいと、給料体系が景気にあまり左右されないので、世の中の経済動向がどうなっているのか?なんてことは他人事で、あくまでニュースとして見ているだけ。

自分の実生活とは無縁のものと考えてしまいます。

私の勤めている会社は、特に景気に左右されない保守系の会社ですので、周りの同僚は皆、景気動向や自分の将来の人生設計に無関心です。

その組織の中に居れば、一生安泰だと思っているからです。


この大企業病は実に恐ろしく、自分の人生設計を会社に委ねていますから、自分自身の経済的自立ができません。

高度経済成長の時代ではそれで良かった。国が、自治体が、会社が守ってくれましたから。

今の時代で大企業病にかかると、まじでヤバイです。

自分や家族が病気になったり、会社が外資に買収されたり、つまり、今までのように「普通に働く」ことができなくなった時に、そのヤバさが露呈します。

下手すると、家計破綻です。


もちろん私も、自営業の方や会社経営されてる方、中小企業に勤めていて、会社の業績に大きく給料が左右される方に比べれば、生活の危機管理は不足していると思います。

なるべく自分が大企業病にかからないように、日頃アンテナを高く張っているつもりで居ますが、やはり実収入に影響がなければ真剣さの度合いが違います。

大企業病にかからないよう、なるべく多くのワクチンを、ネットや、本、会社以外の人づきあいを通じて自分自身に投与しています。


日本はかつて一人当たりのGDPが世界のトップでした。

ところが今は14位。来年は間違いなく20位以下になるそうです。

すでに日本は経済大国ではありません。(いつまでのそう思っている人もある種の大企業病ならぬ、経済大国病です。)

日本の経済規模はこの10年間で全く変わっていません。アメリカは2倍近くになっているのに、日本は成長していないのです。まさに失われた10年です。

なのに世間では、「いざなぎ越え」といって、景気の長期拡大を唄っています。

それどころか、世界で最も早く高齢化が進み、少子化で生産パワーが減少しています。

人口が減る・・・生産力が落ちるのに景気の長期拡大は望めるのでしょうか?

中国、インド、ブラジル、ロシア・・・みな人口超大国です。もちろんアメリカも人口は増加しています。

日本も高度経済成長期は人口が増えていました。


こういった現状を自分自身でしっかりと認識し、自立した人生設計を描くことを必要がありますね。

大企業病、経済大国病、他人依存症に侵されている人たちは、早く自分が病気に感染していることに気付き、ワクチン打つ必要があります。

ちなみに会社の上司や同僚、まして経営トップの方々は、そんなワクチンを絶対に紹介してくれません。
ワクチンを投与され、大企業病が直ってしまったら、会社の言いなりに、都合よく働いてくれる人が居なくなってしまいますから。。。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロガーはナル?

2007年12月16日 00:56

前回の記事で再認識したのですが、

やっぱりブロガーはある種、ナルが多い。

私も含めて(笑

ナルシスト・・・自分に自信があってこそ、ありえる姿であって、私はいい意味に捉えています。


前回の記事に頂いたコメントでも、「アクセス数が多い」=「多くの人に見てもらってる」と思ってるからモチベーションが保てるって言う人が多かったです。アクセス0の日があったら、やめちゃうかもって言う人も^^

私もまったくその通りです。アクセスゼロなら間違いなくやめると思う。


以前、Howpaでも書いたことがあるのですが、

ブログを書く人は、自分の考えや、周りで起きたことを記事にして、

「多くの方に読んでもらいたい」、「私の記事を見て欲しい」

と思っている。

「それってナルシストでしょ?自分好きの人たちやね。」

そう妻に言われました。


確かに私も自分で若干、ナルと思う節あり・・・(汗

自分のナル度合いをチェックしてみた↓↓
http://www.callmekomi.com/cgi-bin/checknar/type.cgi



・・・・・

やっぱり「キムタク級」のナルシストだった。。。


うーん、いいでしょう。キムタクなら許そう。

ルー○芝とかだったら、どうしようかと思った。(結構好きだけど)


こうなりゃ、「Gackt級」までナルを極めるしかないな!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログのモチベーション

2007年12月14日 01:16

多くのブロガーが一度は感じること、

「モチベーションの維持」


ブログを読む人の多くが、ブログを書く人だそうですので、私のブログを見てくださる人もブログを持ってらっしゃる方が多いと思います。

皆さんはブログ継続の一番のモチベーションは何ですか?

1.ランキング上昇

2.アクセス数

3.アフェリエイト収益

4.コメント数

5.自己満足(
自分の考えの整理や、思考のメモ代わり)

私のモチベーション維持の要素はこの5つくらいです。


順位をつけるとすれば、どうでしょう?

ブログを始めた最初の頃は、間違いなくアフェリエイトでしたね。

んで、「建てるまでブログ」のクライマックス付近でランキングが上位に食い込んでいた頃は、ランキングでした。その時はアクセスも多かったので、アクセス数もやる気をもたらしてくれました。

今は、基本的には「自己満足」なのですが、正直なとこ一番嬉しいのはやっぱりコメントですね^^

特にブログ復活後は、下書きなしで、率直な自分の考えを飾らずに書くように心がけているので、そんな記事に頂くコメントはかなり嬉しいものがあります。


最近はお金に関する少し難しい記事が続きましたので、コメントがあまり頂けませんでした。

その時につくづくコメントが嬉しいと再認識しました。


ブログ友達の雲太さんが以前に面白い記事を書いていました。

”理路整然と書かれた
記事はコメントがつきにくい”

なるほど、確かにそうだと思いました。

ほかの人のブログ見ても、コメントしようと思うブログはどちらかと言うとスキがある。

コメントしにくい記事はスキがない。。。

と、同時に僕の記事だ。と思いました。

私は淡々と文章を書きます。仕事でもクールでドライなヤツと言われます。。。

でも、笑わせるような記事は書けないし、性格的になかなかあほになれない私ですが、自分のブログだし、ムリに演じず、自分スタイルで行こうと思います。


ブログの平均寿命って、どれくらいなんだろう???





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

お金はキレイなところが好き

2007年12月12日 00:21

以前にもうひとつのブログでこんな記事を書いたことがあります。

大掃除が近いので、再アップしてみます!


「お金の扱いが上手な人」

「単なるケチ人間ではなく、なぜか人生を楽しんでる風に見える人」

「そんな大金持ちじゃないけど、なんかお金が貯まってそうな人」



こんな人、あなたの身近にいませんか?

一人ぐらいは思いつくんじゃないでしょうか?

もしかしたら、それは私だという人もいるかも知れません。



その人の家に行ったことがありますでしょうか?

思い出してみて下さい、その人の家を。

とにかくシンプルだったはずです。建物や間取り、趣味がシンプルだと言ってるのではなく、家の中に物(モノ)が少なかったはずです。

そして家具も少ない。

マネーの達人の家は共通して、モノが少ないのです。



収納が上手、それもあります。

しかし、達人はもっと源流から異なります。

余計なモノを買わない
ので
、家の中がモノであふれない。

モノがないから収納しておく家具も少ない。

こういった構造です。

家の中のモノが少ない、シンプルな家の持ち主は「マネーの達人」になる素質にあふれているか、すでに達人のどちらかです。


そして、もう1点。

達人の家の中の掃除が行き届いているはずです。


マネーの達人の家は「シンプル」で「キレイ」。

当然モノが少ないから、掃除もしやすく、手が行き届くのです。



「お金はキレイなところが好き」

聞いたことあるんじゃないでしょうか?

この格言を聞いて、

「家をキレイにしておけばお金が寄ってくるので、ちゃんと掃除しよう!!」

と、とらえる方もいらっしゃると思いますが、逆です。

「お金が貯まる」⇒「「余計な支出をしない」⇒「本当に必要なモノだけ買う」⇒「家の中がモノであふれない」⇒「掃除が行き届く」⇒「家がキレイ」

つまり、お金が貯まる人になれば、勝手に家がキレイになるのです。

「お金はキレイなところが好き」というのは、そういうことなのです。

家にお金を呼び込みたかったら、家がシンプルになるよう収納スペースに気を配って下さい。そして何より本当に必要なモノだけ買いましょう。

風水や占いより現実味がありますよっ!!




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

家の資産価値は低い方が嬉しい?

2007年12月10日 07:47

自分が購入した不動産(土地、家、マンション)、評価額は高い方が嬉しいですか?

自分の家の資産価値を高めたいと考えるのは一般的ですよね。

でもこの問題、よーく考えてみますと、売却するとき以外は、自分の家は資産価値が低いことを願っていることに気付きませんか?


どういうこと?

まず購入する時を考えてみましょう。

買うときは少しでも安く購入したいので、その資産価値を堂々と認めることはしません。

それどころか、場合によっては、価値が低いことを主張して値段を下げようとします。


次に住み始めると、

資産価値が高いと固定資産税評価額が高くなります。つまり税金を多く取られます。

ですから、固定資産税の評価額の調査官が来たときは、自分の家は価値が低いと主張します。


そして永年住み、自分が年老いて、相続を考えた時、

資産価値が高いと、固定資産税と同じで、相続税評価額が上がりますので、税金を多く取られます。

相続税は固定資産税の比でないくらい、高い税率です。

ですから、誰もが自分の不動産(土地・建物)の資産価値を下げることに躍起になります。

相続対策で借家(アパート)を建てる人が多いのも、その土地の資産価値を低下させることが目的です。


自分の家を売却するときだけが、唯一、その資産価値を最大限に高め、少しでも高く売りたいと取り組みます。

夢であったマイホームを手に入れ、自分の中で、素晴らしい家であることを誇りに思っているのに、住んでしまえば、なんと誰もが資産価値が低いと主張し始めるのです。

私の友人に、家を新築後、しばらくして固定資産税評価額の調査官が来たとき、家の中をさんざん散らかして、汚い家を演じ、価値が低いことを一生懸命PRしたという話もあります。

なんか、ちょっとむなしい気もしますが、おもしろいですね。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

購入したはずなのに・・・

2007年12月08日 00:54

久しぶりの家(不動産)ネタを書きます。


私は家を建てるために、高いお金を出して、土地を購入しました。

そうすると、自治体(芦屋市)から固定資産税の請求がくるようになりました。

芦屋に家を建てる前は神戸に中古戸建を持っていましたが、もちろんその時も神戸市から固定資産税の請求は来ていました。

そうです。不動産を所有すると、固定資産税という名の家賃(地代)が請求されるのです。

前から思ってたんですが、

これって、賃貸と一緒じゃないの?


それで、私が将来歳をとって死んでしまったら、子供や身内に相続することになりますが、相続税をガッツりと、今度は自治体じゃなく、国から請求されて・・・

払えなかったら、物納ですから、土地は国に取り上げられます。

日本の相続税制度は3代で全財産がなくなると言われるほど、高い税率です。


言いたいのは、自分で購入した(手に入れた、自分のものにした)
つもりの土地。

実は、国が所有する土地を、自分が生きている間、使わせてもらうために、保証金を入れた(購入したつもり)だけで、借地に過ぎないのです。

そして毎年、固定資産税という名の地代を払って、私が死んで使わなくなったら(誰も相続しなかったら)、国に返すのです。

仮に子供が相続すれば、もう一度高額な保証金(相続税)を国という大家さんに払うのです。

ちょっとむなしくなるような現実を書きました。


でもいつも思うのですが、相続税って何なん?

金持ちはいつまで経っても金持ちという、格差を無くすための制度なんでしょうが、税制の基本原則に「二重課税の禁止」というのがあります。

不動産を購入するには、不動産取得税を払いますし、
維持するために、固定資産税も払います。
高価な貴金属を購入するときは消費税も払っていますし、
現金を残すにしても、すでに所得税は支払い済みです。

そんな資産に対して、当人が死亡すると、また課税される・・・

それも、これまで払ったどの税金よりも高い高い税率で。。。

二重課税じゃないのかなぁ。。。

これじゃ、日本の資産家たちは、みんな、資産保全のために海外に流出してしまうわけです。

どうも、海外では相続税制度は廃止していたり、廃止の方向を検討している国が多いそうです。

この制度のせいで、不動産の評価額というものも、考え方歪んでいるような気もします。

その話はまた後日。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

構えて、打って、的を絞れ!

2007年12月06日 22:10

前回、「準備」することの大切さを記事にしました。

しかし、この「準備」というもの。

あくまでも「行動」することの前段に位置して、はじめて大切なのであって、「準備」単体では何の意味もありません。

「行動する人」は、「準備」がとても大切ですが、
「行動しない人」にとって、「準備」はムダです。


そう、準備したら必ず行動しないと意味がない・・・

日本人には残念ながら、この傾向が多いそうです。

将来の安定した生活や、万が一に備えて、貯金をする。これは準備です。

しかし日本人の多くは、棺桶に持って入るお金が世界でも飛びぬけて多いそうです。

つまり、使い方を知らない。行動がない。

他にも、自分のスキルアップや、将来のキャリアアップのために資格を取る人はとても多い。(準備)

しかし資格取得後、、、何年経っても、同じ職場で、ずっと何も変わらない仕事、生活をしている人がほとんどだそうです。(行動がない)


”使わない知識(お金)は、持っていないのと同じだ”

私はそう思っています。


その準備を何のためにしているのか?

つまり目標が明確でないと、準備から行動に移りません。

極論ですが、目標をしっかり見据えていれば、準備なしで行動に移っても、まったく問題ないと思います。

多くの成功した起業家は、「まず行動!」と口をそろえて言います。


私も、とにかく行動、実行しよう。

「俺は自分がやりたいことが見つかったら、いつでもやってやる!」

そんな「○○になったらやる」じゃなくて、今やれることを全力ですぐにやろう。


愛読書から私の大好きな言葉。

”構えて、的を絞って、打つ” 

んじゃなくて、


”構えて、打って、的を絞ろう”


自分に置き換えると、

夢を大きく持って(構えて)、

とにかくやってみて(打って)、

ダメなら何が原因か考えて(的を絞る)、

また構えよう!!





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

準備

2007年12月05日 07:32

ちょっと前に「下書き」の話題でも触れましたが、私は小心者ですので、何事においても準備に余念がありません。


準備とはスポーツに置き換えれば”練習”です。

スポーツ選手は本番で良い結果を残すために、しっかりと準備(練習)をします。

一説によれば、準備(練習)9に対して、本番1の割合といわれるほど、準備に時間が割かれます。


それに対して、私たちサラリーマンはどうでしょうか?

サラリーマンにとっての準備とは何でしょう。

明日の仕事の確認?会議の資料づくり?使用する道具の手入れ?

・・・いえ、違います。

それらは準備ではなく、ただの段取りです。

準備とは、「本番で良い結果を残すための取り組み」つまり、スポーツ選手なら練習やトレーニングです。

サラリーマンの準備も、「本番で良い結果を残すための取り組み」でなくてはなりません。

つまり、自身のスキルを上げるための自己啓発がそれに相当します。

職種によって異なるとは思いますが、例えばそれが英会話であったり、ビジネス講座であったり、様々な資格取得であったり。。。

そうです、自己投資です。

日本のサラリーマンはこれらの準備(自己投資)に割く時間が極めて少ないそうです。

スポーツ選手の9:1に比べて、サラリーマンは0.1:9.9 くらいかも知れませんね。

時間に追われて、自己投資する時間がないというのが、理由だそうです。

「そんな時間がつくれない。。。忙しい。。。」

最も簡単な言い訳ですね。やる気がないだけです。


私は万全とは言えませんが、もうすぐ来るであろう”本番”に向けて、しっかりと準備しています。

私の”本番”は今のところ、サラリーマン生活においては存在しません。

私の目標へのステップに”本番”があります。

小心者なので、いくら準備しても足りないと思いますが、今できる準備をしっかりやります。


「寸法は3度測れるが、布地を切るのは1回だけだ」





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

お金と人生の責任

2007年12月03日 18:55

お金を儲けること、稼ぐこと、増やすこと、貯めること、語ること、考えること、使うこと、管理すること、

これらにやましいイメージを持つ必要はありません。

後ろめたい気分になることも一切なしです。

逆に、お金に積極的に関与しようとするその姿勢は、お金に対して、人生に対して責任ある行動をしていると私は感じます。


お金の管理を人任せ(嫁任せ、旦那任せ)にしている人は、誰かに人生を委ねているのと同じ。

つまり、私の嫌いな ”従属的意識” 。

誰々が○○してくれない=「してくれない病」の持ち主です。

自分の人生に責任を持っていない人ではないかと思います。


私のブログを見てください。

アフェリエイトをしていますね。

ブログやホームページを運営していない人はよくご存知ではないかも知れませんが、ブログを使ってお金を稼ぐ取り組みをしているのです。

「アフェリエイトは純粋にサイトに来てくれた人に失礼な感じがする。」

という方もいらっしゃいます。

私はそうは思いません。

広告をクリックすれば、私に報酬が入るような仕組みになっているのですが、サイトに来てくれた人から報酬をもらうわけではありませんから。


サラリーマンは会社という組織の中で、組織のブランド名を借りてビジネスをし、お客様に商品を買って頂いて、会社は潤う。

その潤いの一部を給料という形で会社から報酬を得る。

サラリーマンという人種は、お金を稼ぐ手段において、その個人のブランド力、信用力はほとんど意味がありません。(職種にもよると思いますが)

ほとんどが会社の名前のおかげで、仕事ができているのです。

つまり、会社に依存している。従属しているのです。


ところがアフェリエイトは違います。

自分の書く記事に興味を持つ人が増え、アクセスが増えてくると、アフェリエイト収入も少しづつ増えます。

増えるにはどうしたらいいか、考えます。

アイデアはいろんな方から教えて頂いたり、ご支援頂いたりしますが、そこには誰かに従属した意識はありません。

自分で考えて稼いでみる。

自分の人生を、自分の責任で歩もうとしている証だと思うのです。

多くのブロガーがアフェリエイトに取り組んでいる姿を見て、皆工夫されており感心します。

騙されていると感じることは一切ありません。

それどころか、その人はお金に対する周りの変な偏見から逃げずに、真剣にお金について考え、自分の力で稼ごうとしている素晴らしい人だと感じます。

自分の人生に責任を持っている人だと思います。


ちなみにアフェリエイトとは、自分が知らない間にクリックして、知らぬ間に請求が来るような、悪徳商法のことを言うのではありません。

私はアフェリエイトを勧めているのではなくて、

お金から逃げずに、自分でお金を管理し、自分の人生に責任を持つことを今日は論じました。





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

お金が好きですか?

2007年12月01日 00:11

今日もお金の話をします。
この手のマネー啓発は止まりませんよ。。。(笑


あなたはお金が好きですか?


日本もようやくこの手の質問に「ハイ、好きです!」と答えられる風潮が出てきました。

一昔前でしたら、「私はお金が好きです」なんて言おうものなら、

「アイツはカネ、カネ、カネ。。。金の亡者だ。友達にはなりたくないな。」

だったでしょう。

今でもそんな人は山ほどいますケド。。。


もちろん私はお金が大好きです。

なぜ好きかって言いますと、お金持ちになりたいからです。

厳密に言うと嫌なことをして生きたくない、つまり好きなことをして生きたいからです。

別に貧乏しているワケでもないし、貧乏して育ったワケでもありません。

単純にお金が大好きです。

だって好きなものが買えますし、好きなことが経験できる。

お金を稼ぐために嫌なこともしているけど、しなくてもよくなる。

こんな素晴らしいものはない。

もちろん、すべてとは思ってませんが、今はお金の素晴らしさを語ります。


お金は生き物です。

こちらが好きにならないと、好きになってくれません。

恋愛と同じです。

こちらが好きになって、私の方に振り向いてもらうために一生懸命努力します。工夫します。知恵を絞ります。

そうすると、相手も私の存在が気になり始めるのです。


犬の嫌いな人のところに、犬は近寄りません。

子供の嫌いな人も同じです。

でも犬の好きな人のところには、こっちが呼んでもないのに犬が近寄ってきます。

子供もそう。


見栄を張って、

「お金なんかキライ」

とか、

「お金?そんなのカンケィ、ねえ!」

とか、

「お金がすべてじゃないぜ」

と、

お金から逃げている人のところには絶対にお金は寄ってきません。


お金持ちになりたいなら、まずは、お金を好きになることです。

ホントは好きなのに好きと言えない人も、まずは、「お金が好きです!」と言うところから始めましょう。

ホントにお金がいらない人は別ですが・・・

(そう言える人は、88歳で10億寄付したおばあちゃんのように、資産をどーんと寄付できるような人だ。)





ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。