スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

お金の基礎を学ぶということ

2009年12月11日 16:24

昨日は、私が主催するお金の勉強会「リーマンインテリジェンス」でセミナーをしてきました。

セミナーのテーマは「家計マネジメント」

私が自ら実践するお金との向き合い方について、熱く伝えてきました。


これまでの開催してきた投資系のセミナーに比べて、今回は「家計」という地味なテーマです。

忘年会シーズンとも重なり、集客はなかなか難しいと思っていましたが、

おかげさまでほぼ満席となり、参加者の方には窮屈な座席レイアウトとなってしまいました。

主催者泣かせのドタキャンも一人もおらず、私が主催する真面目なセミナーらしく、まじめで真摯な方ばかりが参加してくださいました。




セミナーの中身は、企業の財務諸表を家計におきかえて作成し、その数字から家計診断をするというもの。

難しいように聞こえますが、数字が大キライとおっしゃっていた参加者の方も、「大変よく理解できた」と太鼓判を押してくれました。

まずは実在する会社の損益計算書(P/L)と貸借対照表(B/S)をネットからダウンロードして、皆さんに見てもらい、ホンモノの財務諸表の読み方を説明します。

そのあと、家計版P/L、B/Sを配布して、皆さんに埋めてもらいます。

そこから浮かび上がる数字や、健全度合いのバロメーターをレクチャー。

数字が読めるようになってきたところで、ホンモノの企業の財務諸表を分析する練習。

「稼ぐ」「守る」「増やす」のバランスとは、どういう概念かを説明。

企業と家計の財務諸表の大きな違い、「確定申告」と「源泉徴収」について説明。

最後に私の大好きな「わかるとできる」の話をさせてもらって、終了。

 


仕事帰りのお疲れのところでしたが、皆さん熱心に電卓をたたいて、数字と向き合っておられました。

私は最初から思っていましたが、

やっぱり、「家計」という地味なセミナーに来ていただける方は、お金に対してしっかりした考えや取り組みをされている。


家計とはお金の勉強でいう「基礎」

お金を稼ぐテクニックに走る人が多い中、そんな「応用」ばかりに目を向けず、「基礎」をしっかり学ぶ姿勢は、お金の勉強会を主催する私としては、大変嬉しく思える瞬間でした。

基礎なき応用は身につかない。

基礎があるから応用が活きるんです。

また機会があれば、満足度100%の評価を頂いた、私の家計マネジメントセミナーにお越しください。

 
(資産を築く人のメソッド、「稼ぐ」「守る」「増やす」のバランスを図解で講義)




セミナーのあとの懇親会も、なんとも嬉しいことに、ほぼ全員の方が参加してくれました。

たぶんつまらないセミナーとか、勉強会だったら、サァーッと帰ってしまうと思うんですよね。

懇親会では、家計の話の続きが出たり、

保険の話、

不動産の話が出たり、

FXや株の話、

日本経済・世界経済の話、

税金の話などなど、お金の勉強会の飲み会らしく、マネー談議が飛び交っていました。

リーマンインテリジェンスでは、ここんところいろいろあったので、ちょっと今回の開催を心配しておりましたが、参加者の方の笑顔の解散を見て、ホッと一息しました。

平日の夜11時過ぎまでお付き合いくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。



お金の勉強会というと、

いかがわしい

怖い

敷居が高い

怪しい

勧誘されそう

騙されそう

・・・

いくらでも不信が募ると思うのですが、

私自身はここまでリーマンインテリジェンスを運営してきて、確信していることがあります。



すべては主催者しだい


私がしっかりと、

「誠実で」

「まじめで」

「ギラギラしない」


という姿勢を貫いていけば、どんどん素敵な人たちが集まってきてくれる。

そして、私が出し惜しみすることなく全力でアウトプットすれば、集まってきてくれた人たちも私に協力してくれる。

これは私が起業するときも同じだと思っています。


今回は裏方に徹してくれた共催者のSONさん、ありがとう。
スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。