スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

「家づくり」ってやっぱりいいね

2010年04月11日 12:21

「家づくり再び」のカテゴリでの、最後の記事になります。


親父が定年退職するのを機に、神戸の実家を売却して、滋賀県にUターンすることになった両親。

その滋賀での家づくりに、2008年の11月から、私も微力ながらお手伝いしてきました。

1年半の計画を経て、家が完成し、両親の新たな生活が始まりましたが、この週末、その家の完成を見てきました。



風通しも採光も抜群で、都会の生活ではありえない開放感あふれる家。

木の香りが素晴らしく、伝統工法で建てられた自然住宅です。

ちょっと、都会の街並みではありえない贅沢なつくり。

かといって田舎臭い家じゃなくて、和風モダンの超カッコいい家。

ただただため息が出る、そんな家でした。

ちょっと、手前ミソですが(汗)


やっぱり新しい家を見るのは大好きで、

ワクワクしながらあちこちを物色してしまいました。



ここに至るまで、

もともと両親は某有名ハウスメーカーで建てることをほぼ決めていましたが、いろいろあってリセット。

ハウスメーカーではなく、地元の工務店にお願いしたいという両親の意向を受けて、父とともに滋賀県の工務店を探しまくりました。

何社も会って、フィーリングや予算をつき合わせていき、たどりついた安土建築工房さん。

私自身はもともと、自分の家づくりのときに、「チルチンびと」をよく読んでいたので、個人的にその会員であるこの工務店にお願いできたら、木のカッコいい家ができるだろうなーと思っていました。

でも、当然高いだろうし、高嶺の花と思っていました。

また、今回建てるのは両親であって、もちろん住むのも両親。

私の好みではなく、両親が好むかどうか?がすべてでした。



でも、社長さんが金額面でも頑張ってくださり、

設計担当者と両親との相性もバッチリ。

結果的に想定もしていなかった、「長期優良住宅」としての新居が完成しました。

母が何気に言った、

「今回、安土建築工房さんに建ててもらって、ほんとよかったわ。」

の一言が、私にとって何よりも嬉しい一言でした。

両親には、この立派な家で、

田舎のゆったりとした時間の中で、広い空間でのびのびと、土をいじりながら、

健康で豊かな生活をおくってもらいたいと思います。




生まれ育った神戸(六甲道)の実家がなくなるのは少し寂しいかな?と思っていたのですが、震災で一変した実家の周りは、昔の面影はまったくなく、あまり寂しさはないです。

小学校も中学校も震災で建替えられましたし、

よく遊んだ街並みも、公園もまったくありませんので、

神戸の実家の周辺が、「ふるさと」という実感がほとんどありませんからね。。


琵琶湖でよく遊ぶ私にとっては、これからは滋賀が第2の故郷になります^^

スポンサーサイト




ブログランキング参加中!クリック応援いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。